洗濯物の白いカス・粉の正体ってなに!?原因や取り方・予防方法を知ろう

洗濯物の白いカスの正体ってなに!?原因や取り方・予防方法を知ろう

araou編集部

これから干そうと洗濯機から取り出した洗濯物なのに、洗われてキレイになっているどころか白いカス・粉がびっしり付いてしまっていたらショックですよね。洗濯物に付く白いカス・粉はなぜ、どうして付いてしまうのでしょうか?その正体や原因、付いてしまった場合の取り方、さらに白いカス・粉を付かないようにする方法も説明します。

洗濯物の白いカス・粉をとる方法の前に知っておきたい正体・原因

とる方法の前に知っておこう!洗濯物の白いカス・粉の正体・原因

洗濯物の白いカス・粉をとる方法を見る前に、その正体や原因は何かをしっかりおさえましょう。正体と原因がわかれば、適切な対処や予防をしやすくなります。ここでは、3つの正体とその原因を解説します。

正体・原因その1 洗剤

洗濯物に付く白いカス・粉の正体で1番多いのが、洗剤です。洗濯の際に入れる洗剤がそのまま残って白いカス・粉になっているケースが大部分で、洗剤が溶けきれなかったり、すすぎが不十分だったりすることが原因になっています。

粉末洗剤を使っている場合に多く、液体やジェルタイプの場合は洗剤が残るようなことはあまりありません。しかし洗剤と洗濯物、そして水の量が合っていないと液体やジェルタイプの洗剤でも白いカス・粉が付いてしまうことがあります。

粉末洗剤冬に起こりがちな粉末洗剤の溶け残りや柔軟剤・液体洗剤の固まり解消法7選! 粉末洗剤粉末洗剤の洗浄力は最強!?溶け残りを防ぐ方法とおすすめ洗剤7選!

正体・原因その2 柔軟剤

洗濯物の白いカス・粉の原因となるものには、洗濯の際に使う柔軟剤があります。洗剤が残ってしまって白いカス・粉になるのと同じように、柔軟剤も残ってしまうと白いカス・粉になって洗濯物に付着してしまいます。

柔軟剤は洗剤ほど白いカス・粉になりにくいものの、洗濯物と水の量に対して適量を超して使ってしまうと残って白いカス・粉になってしまいます。また洗濯機のコースが使用する柔軟剤と合っていない場合も考えられます。

すすぎ1回でOK!洗濯のやり方とおすすめの洗剤ランキングすすぎ1回でOK!洗濯のやり方とおすすめの洗剤ランキング 洗濯機 洗濯物 洗剤洗濯機のためすすぎ・注水すすぎコースとは?使い方やコースに最適なおすすめ洗剤もご紹介

正体・原因その3 洗濯槽の汚れ

白いカス・粉の原因として洗剤や柔軟剤が残っていること以外に、洗濯槽の汚れが付着してしまうことも考えられます。洗濯槽はキレイに見えていても意外に汚れていることは、よく知られています。

洗濯槽を掃除するクリーナーも色々な商品が売られるようになってきていて、数ヶ月に1度はきちんと掃除する人が多くなってきています。洗濯槽の掃除ができていないと洗濯の際に洗濯槽の汚れが洗っている最中の洗濯物に付いてしまうことがあります。

洗濯槽の裏側はみることができないので、特に神経を尖らせて清潔を保つように努力する必要があります。

洗濯槽クリーナーおすすめ13選!効果と綺麗に保つ正しい使用方法洗濯槽クリーナーおすすめ17選!正しい選び方&使い方で汚れを落とす 白い洗濯機洗濯機の掃除は洗濯槽クリーナーでキレイに!使い方とタイプ別おすすめ11選 【洗濯機掃除】誰でも簡単お手軽に!洗濯槽のお掃除方法を徹底解説!

洗濯物の白いカス・粉の取り方と注意点

洗濯物の白いカス・粉の取り方と注意点

洗濯物の白いカス・粉の正体・原因を理解したところで、取り方と注意点を見ていきましょう。取り方がわかれば、洗濯物についた白いカス・粉に悩まされる心配が少なくなります。

注意点も押さえて、正しい方法で洗濯物の白いカス・粉を対処しましょう。

粘着テープやブラシで取り去る

洗濯物に付いた白いカス・粉を取る方法として、まず粘着テープやブラシで取る方法があげられます。

特に量が少ない場合は、粘着テープで取り去る方法が手っ取り早くて確実です。粘着テープで布地を傷めないように注意しながら、丁寧に白いカス・粉を取り去るようにしましょう。

少し白いカス・粉の量が多いときは、ブラシをかけて落とす方法が適しています。「持っていない」という人も多いと思いますが、洋服用のブラシはホコリや花粉を落とすのに大変役に立ちます。

araou編集部

粘着テープよりもダメージを与えないので、デリケートな素材や装飾の洋服の白いカス・粉落としにもおすすめです。
【2021年最新】掃除に便利な人気おすすめコロコロ(粘着クリーナー)10選|使いこなすコツや注意点も解説 人気洋服ブラシおすすめ14選!使い方をマスターして大切な服を長持ちさせるお手入れ習慣を人気洋服ブラシおすすめ14選!使い方をマスターして大切な服を長持ちさせるお手入れ習慣を 洗濯ブラシおすすめ12選をピックアップ!その使い方やお手入れ方法とは?洗濯ブラシおすすめ12選をピックアップ!その使い方やお手入れ方法とは?

洗い直す

白いカス・粉が洗濯物全体に付いてしまっているときは、洗い直す方法でキレイにしましょう。洗濯物を干す前にもう1度すすぎをすると、ひどくない程度の白いカス・粉汚れならキレイに取り去ることができます。

水量多め・水位高めにセットして行なうのが、白いカス・粉をもう1度すすぎをするだけでキレイに取り去るコツです。洗濯機いっぱいの量で洗濯した場合は、量を分けて2運転しましょう。

白いカス・粉汚れがひどい場合はふだん洗濯しているときと同じように洗濯コースで洗い直します。白いカス・粉がある洗濯物の一部分だけについているときは、その部分だけもみ洗いでキレイにする方法が良いでしょう。

これで安心!洗濯物に白いカス・粉がつかないようにする予防方法

これで安心!洗濯物に白いカス・粉がつかないようにする予防方法

洗濯で白いカス・粉がつかないようにするためには、洗剤の量を正しく使うことがポイントです。特に洗濯物の量が多かったり汚れがひどかったりすると、「しっかりと洗濯したい」という意識から洗剤を多く入れてしまいがちです。

しかし、洗濯物に対して決められている以上の洗剤量を投入しても、効果はありません。洗剤が多いと白いカス・粉の原因になるだけなので、入れすぎないようにしましょう。

柔軟剤も洗剤と同じで多くの量を使ったからと言って、より柔らかくふっくらするわけではありません。使用方法に書かれている量をきちんと確認し、しっかりと計って定められている量を使うようにしましょう。

洗濯槽の汚れも白いカス・粉の原因になるので、清潔な状態を保つようにしましょう。きちんとお手入れすると、洗濯槽をキレイに保ちながら洗濯できます。市販の洗濯槽クリーナーなどを使って、定期的に掃除をするようにしましょう。

多すぎる洗濯洗剤が招くトラブルとは?デメリットと適量を入れるコツをご紹介 洗剤を適量より多めに入れるのは逆効果!洗剤の正しい使い方を解説

洗濯物の白いカス・粉とはさよならして洗濯を快適にしよう!

洗濯物の白いカス・粉とはさよならして洗濯を快適にしよう!

洗剤や柔軟剤、あるいは洗濯槽の汚れが、洗濯物に付く白いカス・粉の正体・原因です。

付いてしまった場合でも比較的簡単にキレイに取り去ることができます。

洗剤や柔軟剤を入れすぎたり、洗濯槽を汚れたままにしたりしないように注意して、快適に洗濯をしましょう。