染み抜き方法は種類や素材によって違う!?おすすめ染み抜き剤ランキング10選と専門クリーニング店も必見!

C_164,染み抜き

明日可

「衣類についてしまった染み、どうやったら落ちるのか…」と悩んだ経験はありませんか?食べこぼしや飲みこぼし、また泥汚れ、汗染みなどきれいに落としたいという方へ、種類別の染み抜き方法をご紹介します。また、おすすめの染み抜き剤ランキング10選も合わせてチェックしてくださいね。

目次

染みの種類は大きくわけて3つ

水溶性の染み

水溶性の染みとは、“水に溶ける”染みのことを言います。汚れても水に溶けて取れるので、衣類に染みが残り続けるということも少ないでしょう。

水溶性の染みの例

コーヒー・赤ワイン・ケチャップ・ソース・しょうゆ・みそ汁・ジュース・お茶

油溶性の染み

油溶性の染みとは、“油に溶ける”染みのことを言います。水に溶けにくいという性質があるので、染みのついた衣類を洗濯しても取れないことがあります。

油溶性の染みの例

チョコレート・バター・ミートソース・焼き肉のたれ・ファンデーション・マニキュア・口紅・油性ボールペン

不溶性の染み

不溶性の染みとは、水にも溶けない、油にも溶けない染みのことをいいます。洗濯しても染みは取れず、油溶性の染みよりも落とすことが難しい染みです。

不溶性の染みの例

墨汁・接着剤・サビ・ゲルインクボールペン・ガム

知っておきたい!種類別染み抜きの方法とポイント

カレー

C_164_1,染み抜き

カレーの染みが衣類につくと、洗濯をしてもなかなか落ちず、凹んでしまいますよね。カレーは特に落としにくい染みであり、水溶性と油溶性が混ざり合っています。また、カレーに含まれている黄色い香辛料も非常に落ちにくい染みです。時間が経てば経つほど、染みが取れにくくなってしまうので、衣類についた染みは、なるべく早く落とすようにしてください。

カレーの染み抜き方法とポイント

  1. 染みに洗剤をつける
  2. カレーがついた染みの部分に、台所用洗剤をつけます。普段着の場合は、洗剤を直接かけてもかまいませんが、デリケートな衣類には洗剤を水で薄めて、『染み抜き棒』でつけます。

    商品追加 染み抜き棒

  3. 染みをもむほぐす
  4. 洗剤をかけたところを手でもみほぐします。デリケートな衣類の場合には、歯ブラシを使用して、優しくたたきます。こすりすぎたりたたきすぎると、衣類が傷むこともあるので注意しましょう。

  5. 水ですすぐ
  6. 染みになった部分を水で軽くすすぎます。この作業を繰り返すことで、より染みを落とすことができます。

  7. 漂白剤を使用して染みを落とす
  8. 酸素系漂白剤、オキシドールを準備して染みを落とします。漂白剤を使用すると、衣類の色が脱色してしまう場合もあるので、必ずテストを行うようにしてください。漂白剤は、40~50℃のお湯に入れて2時間そのままの状態にしておきます。

  9. 洗濯をする
  10. カレーの染みが取れた後は、洗濯機で洗ってください。デリケートな衣類なら、手洗いコースやドライコースにするなど、衣類にあったコースで洗濯しましょう。

カレー 染み抜きカレーの染み抜き方法5つを伝授!絨毯のシミも落とせる! 

コーヒー

C_164_2,染み抜き

簡単に落ちるように思えるコーヒーの染みですが、時間が経つと落ちにくくなります。コーヒーは水溶性の染みであり、すぐに処理をするときれいに落ちます。しかし、時間が経つにつれて、漂白処理が必要なほど落ちにくい染みとなるので、早めに落とすようにしてください。

コーヒーの染み抜き方法とポイント

  1. 染みに台所用洗剤をつける
  2. コーヒーの染みができた部分を水で軽く濡らした後、台所用の中性洗剤をつけます。直接かけてもかまいませんし、デリケートな衣類は染み抜き棒を使って優しくつけます。

  3. 染みをもみほぐす
  4. 染みになっている部分を手でもみほぐしてください。デリケートな衣類は、歯ブラシや染み抜き棒を使って、ポンポンと叩いて落とします。

  5. 水ですすぐ
  6. もみほぐした染みの部分を軽く水ですすぎ、染みを確認してください。薄くなっているようなら、繰り返し染み抜きを行います。

  7. 洗濯機で洗う
  8. 染みが薄くなった衣類は、そのまま洗濯機で洗います。まだ染みが残っているようなら、漂白剤を使って落としてみてください。

ワイン

C_164_3,染み抜き

ワインといえば、落ちにくい染みのひとつですよね。しかし、ワインもついてすぐに洗うと落ちることもあります。しかし、時間が経ってしまうと非常に落ちにくくなるので注意してください。

基本的にワインの染みは、漂白処理を行います。家庭で落ちなかった場合は、クリーニング店でほぼ取り除いてくれるので、大切な衣類はクリーニング店に任せることもおすすめします。

ワインの染み抜き方法とポイント

  1. 漂白剤を用意する
  2. 使用する漂白剤は、酸素系漂白剤です。塩素系漂白剤、還元系漂白剤は色落ちしてしまいますので、基本的に使用しないようにしてください。

  3. 漬けおきをする
  4. 洗面器などを使って漂白液を作り、衣類をつけ込みます。

  5. 洗濯機で洗う
  6. つけ込み後は、衣類を洗濯機で洗います。使用した漂白液ごと洗濯機に入れ、衣類にあった洗濯コースで洗ってください。

血液

C_164_4,染み抜き

「怪我をして血がついた」、「いつのまにか血がでていた」など、衣類に血液がついてしまうこともありますよね。血液の染みは、付いた直後なら水で落とすことができますが、時間が経ってしまうと落ちにくくなります。また、衣類の素材によっても落ちやすい、落ちにくいがあります。

血液の染み抜き方法とポイント

  1. 中性洗剤を用意する
  2. 歯ブラシや染み抜き棒を使い、血液の染みの部分に中性洗剤をつけていきます。自宅にアンモニア水がある場合は、洗剤と一緒にアンモニア水も数滴つけることで、より落ちやすくなります。

  3. 水ですすぐ
  4. 洗剤をつけた後、水でよくすすぎ、衣類についた洗剤と血液を洗い流します。

  5. 漂白剤でつけ込みをする
  6. 漂白剤は、酸素系漂白剤もしくは消毒用のオキシドールを使用します。漂白液を作り、つけ込んでください。つけ込む時間は30分~1時間ほどを目安にし、長いほど効果があります。もしくは、酸素系漂白剤のスプレーを直接染みにつけてもかまいません。

  7. 洗濯をする
  8. 染みが取れた後は、そのまま洗濯機で洗濯をします。衣類にあった洗濯方法で行うようにしてください。

血液は時間が経ったら落ちないの?6つの洗濯方法とおすすめ洗剤5選!

ファンデーション

C_164_5,染み抜き

「帰宅後、シャツの襟元にファンデーションがついていた」ということはありませんか?。ファンデーションは油性の染みなので、水で洗うだけではなかなか落ちません。真っ白のシャツなのに、襟元だけが黄色くなってしまうのも嫌ですよね。では、ファンデーションはどうやって落とすのか詳しく説明します。

ファンデーションの染み抜き方法とポイント

  1. ベンジン、もしくはクレンジングオイルを用意する
  2. 油性の染みに有効なのは、ベンジンです。しかし、自宅にない場合には、クレンジングオイルと中性洗剤を混ぜて使ってください。そして、染み抜き棒や歯ブラシを使用して、優しく染みにたたくようにしてつけていきます。

  3. 水ですすぐ
  4. ベンジンもしくは洗剤をつけた部分を、軽く水ですすぎます。

  5. 洗濯をする
  6. 染みが取れた後は、そのまま洗濯機で洗濯をします。衣類にあった洗濯方法で行うようにしてください。

ファンデーションファンデーション汚れの落とし方5つ!落とす際の注意点や付着防止法とは?

ボールペン

C_164_6,染み抜き

ボールペンの染みには、水性と油性があります。ボールペンのインクの種類によっても、染みが落ちる場合と落ちない場合があるので注意してください。

ボールペンの染み抜き方法とポイント

  1. 消毒用のエタノールを用意する
  2. 油性のボールペンの染みには、消毒用のエタノールを使用して落とします。台所用洗剤と消毒用エタノールを同量混ぜて、染み抜き剤を作ります。

  3. 染みを落とす
  4. 染みになった部分を裏返して、タオルやキッチンペーパーを下にひき、染み抜き剤を直接当てます。染み抜き棒に染み抜き剤をつけて、とんとんとたたき、衣類についたインクをタオルに移すようにしていきます。

  5. 水ですすぐ
  6. 染みになっている部分を軽くすすぎます。輪染みが発生した場合には、輪染みの部分に洗剤をつけて、もみほぐすようにして取り除いてください。

  7. 洗濯機で洗う
  8. 染みが取れた後は、洗濯機で洗います。デリケートな衣類の場合には、ドライコース、手洗いコースなどに設定してください。

ボールペンのシミ抜きに必要な正しい洗濯方法や対処法とは?おすすめ洗剤や便利アイテム10選!

墨汁

C_164_7,染み抜き

なかなか落ちないのが墨汁です。「書道の時間、間違えて制服にべったり…」なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?お子さんが衣服に墨汁をつけて帰ってきたら青ざめてしまいますよね。墨汁は、乾いてしまうと非常に落ちにくいものになります。乾いてしまったものはクリーニング店に頼むことをおすすめしますが、乾く前の対応方法をご紹介します。

墨汁の染み抜き方法とポイント

  1. 固形石鹸をこすりつける
  2. 染みができた部分を水で濡らした後、固形石鹸をこすりつけます。

  3. もみほぐす
  4. 固形石鹸をつけた部分をもみほぐし、水で洗い流します。この作業を染みが落ちるまで繰り返し行ってください。

  5. 洗濯機で洗う
  6. 染みが取れた後は、洗濯機で洗います。デリケートな衣類の場合には、ドライコース、手洗いコースなどに設定してください。

服についてしまった墨汁の落とし方って?墨汁が服についてしまったときの落とし方6選!早めの対処が大切

汗・黄ばみ

C_164_8,染み抜き

スーツのワイシャツにつきやすい汗の染みですが、汗は水溶性の染みとなります。家庭で洗濯することで、大半は落とすことが可能ですが、時間が経ってしまい、汗の染みが黄ばみに変色してしまうと、漂白剤を使った対応が必要です。黄ばみは漂白剤処理でないと落とすことができないので、黄ばみになる前に洗うようにしてください。

汗など黄ばみの染み抜き方法とポイント

  1. 中性洗剤を用意する
  2. 襟についた油分を取り除くために、中性洗剤もしくは市販のスポット洗剤、固形石鹸を使います。

  3. 水ですすぐ
  4. 襟に洗剤を付けた後、しっかりと洗い流します。油分が残っている状態だと、黄ばみが発生することもあるので注意してください。

  5. 漂白剤でつけ込みをする
  6. 漂白剤は、酸素系漂白剤もしくは消毒用のオキシドールを使用します。漂白液を作り、つけ込んでください。もしくは、酸素系漂白剤のスプレーを直接染みにつけてもかまいません。

  7. 洗濯をする
  8. 染みが取れた後は、そのまま洗濯機で洗濯をします。衣類にあった洗濯方法で行うようにしてください。

家庭で簡単に汗染みを取る方法って?汗染みによる黄ばみや臭い対策は万全に!自宅で簡単にできるシミ抜きのやり方

丸洗いができないものはどうする?染み抜きの方法を工夫しよう

衣類についた染みなら、丸洗いすることができますがカーペットやソファ、畳などについた場合は、丸洗いすることもできません。カーペットはクリーニングにも出すことができますが、汚れるたびにクリーニングに出していては、手間もお金もかかってしまいます。そこで、家庭で簡単にできる染み抜き方法をご紹介します。

参考 シャツやカーペット、ソファーについたワインの染み抜き方法AllAboutまとめ

【カーペットの染み抜き】コーヒーや紅茶の染み

C_164_11,染み抜き

  1. タオルで吸い取る
  2. カーペットにこぼしてしまったら、すぐにティッシュや乾いたタオルで吸い取ります。ゴシゴシこするように吸い取っては、染みがさらに染み込んだり、広がることが考えられるので注意しましょう。

  3. 中性洗剤を用意する
  4. 洗濯用の中性洗剤を用意して、ぬるま湯に溶かします。そこに乾いたタオルを浸し、固く絞った後、染みの部分をたたくようにして拭きます。

  5. タオルで拭きあげる
  6. 染みが取れた後、タオルを水に濡らし、固く絞り拭きあげます。

マニキュアカーペットに付いたマニキュアの落とし方を伝授!落とす際の3つのルールとは

【マットレスの染み抜き】寝汗の染み

C_164_12,染み抜き

  1. 酸素系漂白剤を用意する
  2. ぬるま湯にタオルと少量の漂白剤をつけてなじませた後、固く絞ります。

  3. たたいて染み込ませる
  4. 絞ったタオルを使って、染みの部分をとんとんと叩きます。マットレスに漂白剤がしっかり染み込むようなイメージです。

  5. 水ですすぎ、再度叩く
  6. 使用したタオルを水ですすぎ、固く絞った後、再度叩くように水拭きをします。

  7. 乾拭きをする
  8. 水に濡れていないタオルを使用し、マットレスに洗剤や水分を残さないように乾拭きします。

マットレスは日々の掃除が大切!パターン別の対処法やカビが繁殖する原因マットレスは日々の掃除が大切!パターン別の対処法やカビが繁殖する原因

【布張りソファの染み抜き】汗染み、皮脂などの油汚れによる染み

C_164_9,染み抜き

  1. 洗剤を用意する
  2. 住宅用の洗剤を用意し、布巾に洗剤を染み込ませます。その後、たたくようにして、ソファに洗剤を含ませます。布巾で染みをこすってしまうと、さらに染みが広がるので注意してください。

  3. 内側へ拭いていく
  4. 輪染みができている場合は、染みを中心に集めるように内側に向かって拭いていきます。

  5. 水拭きをする
  6. 水ですすいだ布巾を固く絞り、水拭きして洗剤を拭き取ります。

【畳の染み抜き】お茶、ジュース、コーヒーなどの染み

C_164_10,染み抜き

  1. タオルで吸い取る
  2. 畳にこぼしてしまったら、染み込まないうちに乾いたタオルやティッシュで吸い取ります。

  3. 食塩をかける
  4. 食塩を用意し、染みの部分に振りかけます。食塩が湿ってきたら、畳の目に沿って歯ブラシでこすり、掃除機をかけます。コーヒーやジュースなどの色が染み付いている場合には、漂白剤をつけてこすり、絞った布で拭き取ります。

  5. 水拭き、乾拭きをする
  6. 染みがなくなったあとは、水拭きと乾拭きを十分に行うようにしてください。

これは便利!市販のおすすめお染み抜き洗剤ランキングTOP10

ここでは、中性洗剤以外のおすすめ染み抜き洗剤をご紹介します。便利なローラータイプやスティックタイプなど、使いやすいものや持ち運びしやすいものもたくさんあります。ぜひご自宅用、持ち運び用など探してみてください。

第10位【Dr.Beckmann】ステインペン

ドイツでNo.1の染みとりブランド、『ドクターベックマン』のステインペンです。ペンタイプなので、気軽に持ち運びすることができ、外出先で服についてしまった染みに対しても、すぐに消すことができます。

特にワインの染みにはおすすめです。ワインの染みは一度ついてしまうとなかなか落とすことが難しいですが、カバンの中にステインペンを入れておくだけで、すぐに対応することができます。

  • 内容量:9ml
  • 対応可能な汚れ:コーヒー・醤油・紅茶・フルーツジュース・ベビーフード・ヨーグルト・トマトソース・ワイン・ファンデーション・口紅など

公式サイトはコチラ

第9位【Dr.Beckmann】ステインローラー

ローラータイプで、衣類を傷めることなく、優しく染み取りができるステインローラーです。デリケートな衣類やドライマーク用の衣類にも使用することができ、水性・油性とどちらの染みにも対応しています。

ローラーヘッド生地を傷めることなく、衣類になじませることができます。その状態で3分置き、湿った布で叩くだけで染みを取り除くことができます。コンパクトなので持ち運びにも便利なのも嬉しいですよね。

  • 内容量:75ml
  • 対応可能な汚れ:油・赤ワイン・ケチャップ・コーヒー・ソース・ファンデーション・口紅・草汁など

第8位【オキシクリーン】オキシクリーン マックスフォース

スプレータイプの強力なオキシクリーンです。濃密ジェルが汚れに浸透し、酵素パワーで汚れを分解します。頑固な汚れや染みに対して、ピンポイントでアプローチすることができるので、洗濯をする前にスプレーし、揉み込むだけできれいに染みや汚れを落とすことができます。

塩素不使用なので、色柄物の衣類にも使用でき、さわやかな香りなのでニオイもすっきりします。しかし、シルクやウール、レザーには使用できないので注意してください。

  • 内容量:354ml
  • 対応可能な汚れ:油汚れ・食べこぼし・泥汚れ・血液など

公式サイトはコチラ

第7位【アインケミカル】ザウトマン シミ取り用 液体洗剤 PRO

ザウトマンは、ココナッツ油脂を主成分とする自然は染み抜き洗剤です。綿や麻、合成繊維はもちろんのこと、シルクやウール、カシミヤといったデリケート素材まで使用することができます。頑固な汚れも直接原液をつけて軽く揉むだけで、すっきり落とすことが可能です。

  • 内容量:240ml
  • 対応可能な汚れ:口紅・血液・油・泥・化粧品・カレー・ケチャップ・調味料・クレヨン・襟・袖口汚れなど

第6位【花王株式会社】ワイドハイターEXパワー ガンコなシミ用

頑固な染み汚れに対しても、手軽に落とすことができるワイドハイターEXパワーです。酸素系漂白剤で、泡で出るスプレータイプとなっています。洗濯前に、染みのついた衣類にひと吹きするだけで泡洗浄成分が浸透し、汚れをスピード分解してくれます。優しい香りで使い心地も抜群です。シャツの汗染みや食べこぼしなどの染みもすっきり落としてくれます。

  • 内容量:300ml
  • 対応可能な汚れ:食べ物・飲み物・水洗いの後の血液・汗染みなど

公式サイトはコチラ

第5位【潮技研】オレンジから造ったシミ抜き剤 衣類のしみとり

天然のオレンジから抽出した“オレンジリモネン”によって、衣類の染みや汚れを分解する染み抜き剤です。繊維を傷めることなく、水性の汚れから油汚れまですっきり落とすことができます。フロン溶剤やベンジンといった公害物質は一切含まれていないので、安心して使用できます。

  • 内容量:240ml
  • 対応可能な汚れ:食べ物・飲み物・朱肉・機械油・口紅・排せつ物・袖口・えり汚れなど

第4位【ライオン株式会社】トップ シミとりレスキュー

水性の汚れと油性の汚れのどちらにも対応している、本格派の染みとり剤です。いつの間にかついてしまった染み、原因のわからない染みに対してもしっかり落とすことができます。また、吸収シートと一緒に使用することで、汚れが広がるのを防ぎ、輪染みもできません。

ウールやシルクといったデリケートな衣類にも使用することができ、自宅だけでなく外出先でも使いやすいサイズとなっています。

  • 内容量:17ml(吸収シート5枚付き)
  • 対応可能な汚れ:コーヒー・しょうゆ・血液・口紅・ファンデーションなど

公式サイトはコチラ

第3位 【株式会社ブルーキー】ブルーキーネット

頑固な汚れもきれいにすっきり落としてくれるブルーキーネットです。ブルーキーは洗浄力の強い洗濯用複合石鹸であり、発売されてから50年たった現在でも根強い人気があります。主成分は天然油脂なので、肌にも優しく安全です。ブルーキーネットを染みになっている部分にこすりつけて洗うだけなので、簡単に使うことができます。

  • 内容量:110g
  • 対応可能な汚れ:化粧品・汗の黄ばみ・土汚れ・調味料・血液・墨汁など

◇第2位【エコベール】ステインリムーバー(部分洗い用洗濯洗剤)

人と地球にやさしい、植物由来の洗浄剤ブランド『エコベール』のステインリムーバーです。ヨーロッパで30年以上愛されているブランドであり、赤ちゃんにも優しい成分で作られています。洗浄力も高く、えりや袖口の汚れ、食べこぼしなどのポイント洗いにおすすめで、自然でやすらぐラベンダーの香りです。

本体にヘッドブラシがついているので、手を汚すことなく染みになっている部分に染み込ませることができます。

  • 内容量:200ml
  • 対応可能な汚れ:皮脂汚れ・調味料・食べこぼしなど

第1位【ライオン株式会社】トッププレケア シミ用

「とんとん」たたくだけで、食べこぼしなどのシミ汚れをきれいに取り除いてくれる、衣類の部分洗い剤です。洗濯機で洗う前に直接シミ汚れに塗るだけで、あとは洗濯機がすっきりきれいに落としてくれます。

ヘッド付き容器なので、必要以上に出ることもなく、手を汚すことなく簡単に塗ることができるのも嬉しいですよね。色柄物の衣類にも使用できますし、赤ちゃん用の肌着にも使用できます。

  • 内容量:160g
  • 対応可能な汚れ:ミートソース・ケチャップ・ソース・カレーなどの食べこぼし・油汚れ・口紅など

公式サイトはコチラ

染み抜き専門のクリーニング店・専門店5選

クリコム

C_164_13,染み抜き

全国24時間対応している、クリーニング宅配のクリコムです。午後2時までなら当日集荷も可能ですし、コンビニを利用することで24時間宅配クリーニングを出すことができます。ネットで簡単に予約するだけでクリーニングに出すことができるので、とても便利ですよね。

クリコムではクリーニング技術だけでなく、仕上がった衣類に対してもこだわりを持ち、シワのないきれいな状態で届けてくれます。

クリコムの染み抜き

特殊染み抜きは、国家資格保持者が担当し、部分漂白・油性処理・染色補正を使いどんな染みでも丁寧に対応します。最新の京都式染み抜き機の導入も行っており、衣類についたカビ、インクの染み、汗や皮脂汚れ、飲み物の染みなど、他店で断られた染みにも対応しています。熟練のスタッフが衣類にダメージが残らないように見極めながら、染み取りを行っています。

問い合わせ

  • 電話番号:03-5387-8866(10:00~17:00/土日祝はお休み)
  • 集荷依頼:https://hi-shuka.jp/collectrequest?userid=takuhai

染み抜き化学研究所

C_164_14,染み抜き

さまざまなメディアで“染み抜き達人”として紹介されている、染み抜き化学研究所です。「染みが全く落ちなければ、料金は1円も頂かない」というポリシーを持ち、どのような染みに対しても衣類を傷めることなく対応してくれます。

特徴

染み抜きしたい衣類は、受付から作業まですべてひとりの職人が担当します。直接打ち合わせをすることも可能なので、気になる点など細かくお伝えすることも可能です。染み抜き成功率が96.8%と高く、クリーニング店で落ちなかった断られた染みも対応しています。

問い合わせ

  • 電話番号:011-863-4374(13:00~18:00/日祝定休)
  • 無料相談フォーム:http://www.simiken.com/mitsu/form.html

不入流 染み抜き屋

C_164_15,染み抜き

他店で断られた衣類にも対応してくれる、不入流 染み抜き屋です。“おもてなしクリーニング”をコンセプトに、全工程を自社工場で担っています。衣類の素材、汚れの成分に詳しい専門家により、お客様の要望や相談にも丁寧に対応してくれます。

宅配で送るだけで、染み抜きが可能かどうか、料金の見積もりを行ってくれます。全国どこからでも可能なのも嬉しいですよね。

特徴

不入流(いらずりゅう)とは、高知に本山を構えている染み抜き技術の流派のことです。一般クリーニングでは落とすことのできない、サビやペンキ、油、血液、汗染みなども最高の品質で対応してくれます。染みがついて数ヶ月経った衣類の依頼も可能です。

問い合わせ

  • 電話番号:0120-71-4343(月~土9:00~17:00/日祝定休)
  • 専用メールフォーム:https://www.shiminukiya.jp/category/1715512.html

クリーニング専科

C_164_16,染み抜き

日本一楽しいクリーニング店を目指している、クリーニング専科です。バラエティ豊かなイベントや企画を実施し、割引やクーポンがもらえるようなものもあります。店内は楽しいイラストであふれており、子どもが大喜びすること間違いなしです。もちろん、宅配サービスもあるので全国どこからでも依頼することが可能です。

特徴

クリーニング専科では、“無料染み抜き”と“有料染み抜き”の2種類あります。落とすのに時間がかからない染みに関しては、無料で対応しており、コーヒーやワインなどの飲みこぼし、黄変染み、汗染みなど落ちにくい染みにたいしては有料となっています。熟練のスタッフが対応し、1週間~1ヶ月で染み抜きの対応を行います。

問い合わせ

  • 電話番号:0120-533-929(9:00~17:00/水曜・日曜・他、休業日除く)
  • メール:https://cleaningsenka.jp/pokesen/contact/xs=_aWdkh0yYhsTb/

匠抜き

C_164_17,染み抜き

クリーニング店で落ちなかった染みをきれいに落としてくれる、染み抜き専門店『匠抜き』です。本当に染みが落ちるのかどうか、無料で診断してくれます。染みに対して細かくカルテを記入した後、匠抜きより見積もりと染み抜きが可能かどうかの連絡があります。クリーニングと染み抜きを一緒に行ってくくれ、保管サービスもあるパックプランもおすすめです。

特徴

依頼された衣類は、修正前と修正後の写真を撮っておくことで、いつでも状態を確認できるようにしています。衣類はすべて手作業で染み抜きを行い、染みの種類や状態、素材の特性などから分析を行い、適切な処置を行います。

また、お見積もりをいただいた段階でどこまで修正できるのか一度テストを行い、その状況に応じて見積もりの連絡をします。作業了承の許可が出るまで、1着1着を大切に保管しています。

問い合わせ

  • メールフォーム:
    https://www.takuminuki.com/rewear/contact/index.php?service=takuminuki

話題沸騰!9割の汚れに対応する“魔法水”の作り方

C_164_18,染み抜き

これまでなかなか落とせなかった染みを、家庭でも簡単に取れるようにするために使用するのが、万能染み抜き剤“魔法水”です。実際にクリーニング店で使用している薬品を家庭にあるもので代用して作ったもので、テレビなどでも話題沸騰です。

参考 9割のシミを消す「魔法水」とは?年5千着扱う専門家が考案livedoorNEWS

万能な染み抜き剤“魔法水”の効果

これまでになかなか落ちなかったカレーの染みやコーヒー、ワインといった食べ物や飲み物の染みの9割に効果があるといわれています。また、血液や汗に対しても同様の効果を発揮します。

“魔法水”の作り方

“魔法水”は、3つの材料で作ります。1つ目は液体の酸素系漂白剤、2つ目は重曹、3つ目が食器用中性洗剤です。

  • 液体の酸素系漂白剤:小さじ3
  • 重曹:小さじ1
  • 食器用中性洗剤:3滴

3つの材料を容器に入れ、軽く5回ほどかき混ぜます。ポイントは「作りたて」ということです。作りたての“魔法水”だと効果も抜群ですが、作り置きはできませんので、落としたい染みがあるたびに作るようにしてください。

染みが取れた後は、水ですすぎ洗濯機で丸洗いしてください。衣類に“魔法水”が残ったままだと、生地の色にも影響を及ぼします。

家庭で落ちない染みは無理せず、クリーニングに出そう

衣類についた染み抜きの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?生地の素材や染みの種類によっても、染み抜き方法は変わってきます。もしきれいにしたい染みがある場合、何が原因でできた染みなのかを明確にすることで、的確な処理をすることができますよね。しかし、すべての染みが家庭で対応できるとは限りません。デリケートな素材であったり、大切な衣類の場合には、無理することなくクリーニング店に染み抜きをお願いしましょう。熟練のスタッフが丁寧に対応してくれます。染みで悲しい思いをしないように、自宅でできる対応方法やクリーニング店への依頼をするなどして、染みを取り除きましょう。