生理の血をキレイに落とす洗濯方法とおすすめの洗剤10選!

ナプキンの上に置かれた血に見立てたキャラクター

araou編集部

生理の日に血がうっかり漏れてしまって、パンツやズボン、スカートなどを汚した経験があるのではないでしょうか?血はなかなか落ちなくて困りますよね。そこで今回は、生理の血をキレイに落とす洗濯方法と、おすすめの洗濯洗剤をご紹介します。

生理のシミって洗濯で落とせる?

生理のシミって洗濯で落とせる?

生理でできたシミは、洗濯で落とすことができるのでしょうか。

ついてすぐなら簡単に落ちる

生理のシミは、水溶性の汚れなので、水に溶けやすい性質です。そのため、ついてすぐなら簡単に落とすことができます。

時間が経ってしまうと落ちにくくなる

生理のシミは、長い時間放置するほど、血液中のたんぱく質が化学反応を起こして硬化してしまい、落ちにくくなります。

洗濯する前に洗濯表示タグを確認する

洗濯する前に洗濯表示タグを確認する

衣類には水洗いできるものと、できないものがあります。そのため、洗濯する前に必ず、洗濯表示タグを確認しましょう。洗濯機や桶のマークが洗濯表示タグに表示されていれば、水洗いできます。

反対に、洗濯表示タグにバツがついていたら、水洗いができないため、自宅で洗うことはできません。その際はクリーニングに出しましょう。

水洗いできないのに洗ってしまうと、繊維がボロボロになってしまったり、色落ちしてたりするので、注意してください。

生理の血がついたらまずは水洗いする

生理の血がついたらまずは水洗いする

生理の血がついてすぐの場合、まずは水洗いをしましょう。水溶性の汚れなので、水洗いだけでキレイに落ちることがほとんどです。30℃以下の水か、ぬるま湯を使ってください。

お湯は逆効果になるので使わない

生理の血を落とすのに、お湯は逆効果になることを覚えておきましょう。お湯を使うと、洗浄効果が高まるイメージですが、血液には逆効果になります。

血液は、赤い色素とたんぱく質でできていて、たんぱく質はお湯に触れると、固まる性質を持っています。生理の血を落とすときは、お湯は使わないでください。

外出先などは応急処置で対応する

外出先などは応急処置で対応する

外出先などで、すぐに水洗いができないシーンってありますよね。そんなときは、ひとまず応急処置で対応しましょう。

乾いた布かティッシュで血液の水分を拭き取る

まずは、ハンカチやタオルなどの布またはティッシュで、生理の血がついた部分をトントンと叩いて、血液の水分を拭き取ります。

このときに、生理の血を広げないためにも、こすらないように注意しましょう。

濡らしたハンカチなどで軽く叩いて血液を吸い取る

ハンカチやタオルなどを濡らして、シミを上からトントンと叩きます。このようにすることで、ハンカチやタオルに血液が移って、衣類の血液が取れます。

もし、石鹸があるなら、ハンカチやタオルに石鹸を染み込ませた方が、より血液を吸い取る効果が高くなります。石鹸を使った場合は、最後にすすぐのを忘れないようにしてくださいね。

水洗いだけで落ちないときの生理のシミの落とし方

水洗いだけで落ちないときの生理のシミの落とし方

水で洗っただけでは落ちない生理の血を落とすには、どうすればいいのでしょうか。

中性洗剤を使う

水洗いだけで生理のシミが落ちないときは、中性洗剤を使って落としましょう。

【中性洗剤を使った生理のシミの落とし方】

  • 手順1
    生理の血がついた部分を水に濡らす
  • 手順2
    衣類を裏返して、生理のシミがついた部分の下にハンカチやタオルを敷く
  • 手順3
    コップや洗面器などに水を溜めて、中性洗剤を混ぜて洗濯液を作る
  • 手順4
    歯ブラシに洗濯液を付けて、シミの上からトントンと叩く
  • 手順5
    生理のシミをハンカチやタオルに移す
    ※生理のシミの外側から内側に進めていくことで、広がるのが防げます
  • 手順6
    汚れが落ちたら、洗面器に水を溜めてすすぐ
  • 手順7
    もしまだ生理のシミが残っているようなら、3~5を繰り返す
  • 手順8
    生理のシミが完全に落ちたら、普段通りの洗濯機で洗濯する

時間が経った生理のシミを落とす5つの洗濯方法

時間が経った生理のシミを落とす5つの洗濯方法

時間が経った生理のシミは、中性洗剤で洗うだけでは落ちないこともあります。

時間が経ってしまった生理のシミは、血液が固まってしまって、中性洗剤だけで落とすのは難しくなるのです。

そこで、中性洗剤より強力な方法で生理のシミを落とす方法を、5つご紹介します。

酸素系漂白剤で予洗いをする

酸素系漂白剤は、単体で使っても、シミ抜きの高い効果が期待できます。洗濯する前に、酸素系漂白剤で予洗いすることで、血液のシミを落としやすくなりますよ。

【酸素系漂白剤で予洗いする方法】

  • 手順1
    生理のシミがついた部分を、水でできる限り洗い落とす
  • 手順2
    酸素系漂白剤を、生理のシミがついた部分に直接塗る
  • 手順3
    放置せずに、そのまま洗濯洗剤を使って、普段通りの洗濯をする

セスキ炭酸ソーダでつけ置きする

セスキ炭酸ソーダは、界面活性剤が入っていないエコ洗剤として知られているものです。重曹よりアルカリ性が強いため、洗浄力が高いのが特長です。普段の掃除にも使うことができます。

つけ置きすることで、より洗浄効果を発揮します。セスキ炭酸ソーダでつけ置きをして、生理のシミをキレイにしましょう。

【セスキ炭酸ソーダでつけ置きする方法】

  • 手順1
    洗面器などに水を入れ、セスキ炭酸ソーダを溶かす
  • 手順2
    生理の血がついた衣類を洗面器に入れて、約2時間ほどつけ置きする
  • 手順3
    汚れた部分をつまみ洗いをして、普段通りの洗濯をする

セスキ炭酸ソーダは、シルクやウールなどは、生地が傷む可能性もあるため使わないようにしましょう。ゴム手袋を使うことをおすすめします。

オキシドールで予洗いする

オキシドールは「過酸化水素」と呼ばれる物質の水溶液で、たんぱく質を分解してくれる働きを持っています。揮発性が高いため、必ずしも使用後に水ですすがなくてもいいのが便利なポイントです。

【オキシドールで予洗いする方法】

  • 手順1
    ハンカチやタオル、歯ブラシなどにオキシドールを含ませる
  • 手順2
    生理のシミがついた部分を叩いて汚れを落とす
  • 手順3
    普段通りの洗濯をする

オキシドールを使うときは、独特の刺激臭がするため、必ず換気をしてください。また、頻繁に使うと、アンモニア臭が衣類についてしまうため、普段使いはおすすめしません。

大根おろしで予洗いする

大根おろしで予洗いすることで、生理のシミを落とすこともできます。大根おろしに含まれている酸素のジアスターが、たんぱく質を分解する働きがあるためです。

このジアスターで、生理のシミを落とすことが可能です。

【大根おろしで予洗いする方法】

  • 手順1
    大根おろしを作る
  • 手順2
    大根おろしをガーゼで包む
  • 手順3
    生理のシミがついた部分に、汁がつくようにトントンと叩く

コンタクトレンズの洗浄液でつけ置きする

コンタクトレンズを洗う洗浄液でも、生理のシミを落とすことができます。

コンタクトレンズにつく汚れはたんぱく質が多いため、洗浄液にはたんぱく質を分解してくれる酵素が含まれているのです。そのため、生理のシミにも効果が期待できます。

【コンタクトレンズの洗浄液でつけ置きする方法】

  • 手順1
    衣類についたシミの部分に、コンタクトレンズの洗浄液をつけて、1時間程度つけ置きをする
  • 手順2
    普段通りの洗濯をする

生理のシミを落とすときにおすすめの洗剤

生理のシミを落とすときにおすすめの洗剤

生理のシミを落とすときに、どの洗剤を使えばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。そこで、生理のシミを落とすときにおすすめの洗剤をご紹介します。

【花王】マジックリン ハンディスプレー

『花王』の“マジックリン ハンディスプレー”は、キッチンのしつこい油汚れを掃除するのに大活躍する洗剤です。

マジックリンは、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」という成分が含まれているので、血液を落とすことができます。

しかし、マジックリンには種類がいくつかあります。生理のシミを落とすときは、マジックリン ハンディスプレーではなくても落とすことはできますよ。しかし、アルカリ性でないと血液は落ちないので、注意してくださいね。

    【生理のシミを落とすのに適している商品】

  • マジックリン(アルカリ性)
  • マジックリン ハンディスプレー(アルカリ性)
  • ワイドマジックリン(弱アルカリ性)
  • キッチンマジックリン(弱アルカリ性)
  • ガラスマジックリン(弱アルカリ性)
    【生理のシミを落とすのに適していない商品】

  • フローリングマジックリン つや出しスプレー(中性)
  • バスマジックリンシリーズ(中性)
  • トイレマジックリンシリーズ(中性)

マジックリンは、皮膚への刺激が強いため、使うときはゴム手袋の使用をおすすめします。

【グラフィコ】オキシクリーン

『グラフィコ』の“オキシクリーン”は、酸素系漂白剤です。時間が経った生理のシミも、オキシクリーンで予洗いすることで落とすことができます。酸素の泡でシミを浮かせて、キレイに落としてくれますよ。

また、オキシクリーンは、生理のシミ以外にも、家中の掃除にも使える商品です。生理のシミのためにも掃除のためにも、1本置いておけば安心ですね。

【地の塩社】アルカリウォッシュ

『地の塩社』の“アルカリウォッシュ”は、セスキ炭酸ソーダのことです。セスキ炭酸ソーダは強いアルカリ性の粉末で、水に溶けやすいのが特長です。

アルカリ性は、生理のシミを落とすのに有効的な成分なので、しっかりと落としてくれます。布ナプキンを洗うときにも使えるので、少しぐらいの生理のシミなら簡単に落とせるでしょう。

【花王】ワイドハイターEXパワー<液体タイプ>

『花王』の“ワイドハイターEXパワー<液体タイプ>”は、酸素系漂白剤です。色柄物や窒素を含んだ繊維にも使える、過酸化水素による漂白剤です。

過酸化水素は、衣類の繊維を傷めることなく、シミや汚れの色素を壊してくれます。そのため、洗濯する前に予洗いするだけで、衣類を傷めずに生理のシミを落とすことができます。

【小林製薬】血液汚れ落とし用洗剤・サラサーティ ランジェリー用洗剤

『小林製薬』の“血液汚れ落とし用洗剤・サラサーティ ランジェリー用洗剤”は、おりものシートや、ナプキンなどを販売している“サラサーティ”の、血液汚れ落とし用の洗剤です。

生理のシミを落とす専用の洗剤なので、時間が経った汚れでも、しっかりと落としてくれます。使い方は、20分間つけ置きするか、洗剤を生理のシミに直接塗って、軽く揉み洗いするだけです。

ワンタッチタイプキャップで開けやすく、塗布しやすくなっています。また、ボトルに目盛がついているので、一目で使う量が測れるのも便利です。

【ブルーキー】ブルーキーネット

『ブルーキー』の“ブルーキーネット”は、シミや汚れをしっかりと落としてくれる固形の石鹸です。生理のシミだけでなく、汗の黄ばみや泥汚れ、化粧品汚れなど、ほとんどの汚れを落としてくれる優れものです。

固形石鹸がネットに入った状態のため、そのまま汚れがついた部分にこすりつけて洗えます。洗濯する前に、ブルーキーネットで予洗いしておくだけで、落ちにくい汚れもしっかりと落としてくれます。

【アズマ工業】レディース専科

“レディース専科”は、120年という長い歴史がある掃除メーカー『アズマ工業』から販売されている、血液やおりもののシミを落とせる専用洗剤です。

たんぱく質汚れに効果的で、生理のシミだけでなく、エリや袖の汚れ、食べこぼし、汗の汚れ落としにも効果があります。

直接汚れた部分に塗ってから、あとは洗濯機で通常通り洗うだけなので簡単です。ひどい汚れの場合は、つけ置きして洗えば、より高い効果が期待できますよ。

【旭化成ホームプロダクツ】女性のための洗剤 洗濯洗剤 部分用泡タイプ

『旭化成ホームプロダクツ』の“女性のための洗剤 洗濯洗剤 部分用泡タイプ”は、香料、着色料、腐敗剤、蛍光剤などが一切入っていない無添加で、低刺激のやさしい泡タイプの洗剤です。

冷水でも高い洗浄力を発揮します。生理のシミに直接泡をかけて、約2分間おいてから通常の洗濯をするだけで、キレイになりれます。血液がひどい場合は、ぬるま湯に約10分間つけ置きしてから洗うと効果的です。

さらに、生理のシミ以外にも、エリや袖口の頑固な汚れや、口紅、ファンデーションなどの汚れも落としてくれます。

【花王】ロリエ ランジェリー 泡洗剤

『花王 ロリエ ランジェリー 泡洗剤』は、生理のシミや、おりもの汚れを落としてくれる洗剤です。時間が経った頑固な生理のシミも、しっかりと泡で分解してくれます。

生理のシミに泡をプッシュして、そのまま洗濯機に入れるだけで落とせるので、手間いらずな便利な洗剤です。

【Dr.Beckmann】ドクターベックマン ステインリムーバー(しみ抜き剤)ステインデビルス 1

『Dr.Beckmann(ドクターベックマン)』の“ステインリムーバー(しみ抜き剤)ステインデビルス 1”は、うっかりついてしまったシミや汚れを落としてくれるシミ抜き剤です。

『Dr.Beckmann』は、落ちにくいシミが簡単に落とせると、ドイルの人々から圧倒的な支持を受けている、シミ取り専門のブランドなのです。

血液はもちろん、ミルク、アイスクリーム、卵などの汚れも落とせます。水洗いやドライクリーニングでも落としにくいたんぱく質のシミを、10分間つけて洗うだけで簡単に落とせます。

部分汚れ用おすすめ洗剤ランキングTOP20!!食べこぼしや襟周りのシミを落とそう部分汚れ用おすすめ洗剤ランキングTOP20!!食べこぼしや襟周りのシミを落とそう

生理のシミを落とすには早めの対策がカギになる

生理のシミを落とすには早めの対策がカギになる

生理のシミを落とすには、できるだけ早く落とすことが大切です。すぐに水洗いや洗剤を使って洗うようにしましょう。

もし外出先ですぐに洗えない場合は、応急処置をして生理のシミが衣類に付着しないようにすることが必要です。それを心がけることでキレイにできますよ。

衣類を長持ちさせるためにも、とにかく生理のシミは放置しないようにしましょう。

血液は時間が経ったら落ちないの?6つの洗濯方法とおすすめ洗剤5選!血液は時間が経ったら落ちないの?6つの洗濯方法とおすすめ洗剤5選!