汗染みによる黄ばみや臭い対策は万全に!自宅で簡単にできるシミ抜きのやり方

家庭で簡単に汗染みを取る方法って?

暑い時期には、白いシャツの襟元やワキなどに汗染みの黄ばみが気になることはありませんか?お気に入りのシャツだったのに汗染みがついてしまうとがっかりしますよね。自宅でこすり洗いをしてもなかなか落ちずに諦めている方もいるかもしれませんが、黄ばみや臭いが気になる頑固な汗染みも、自宅で簡単に綺麗に落とせます。

また、ちょっとした工夫をすることで汗染みの予防もすることができます。今回は汗染みを簡単に自宅で取る方法についてご紹介します。

汗染みができると服はどうなる?

汗染みが出来てしまった服は、汗くさい臭いがしたり白や色の薄いシャツなどは黄ばみが気になったりすることがあります。例え洗濯機でいつも通り洗濯を行ったとしても、綺麗に汚れが落ちずに黄ばみやシミのようなものが残っていたらそれは汗染みです。

黄ばみができる

衣類についてしまった汗染みでよく気になるのは黄ばみです。この黄ばみは、かいた汗のなかに含まれる油脂が原因で衣類が黄ばんでしまいます。また、汗をかいた直後は濡れてシミのようになるだけでも、時間が経つと黄ばみの範囲が広くなり通常の洗濯では落としにくくなってしまいます。そのため自宅での洗濯も黄ばみを落とす洗濯方法が必要になります。

臭いが気になる

汗染みのできた服は、臭いも気になります。汗染みが出来てしまったということはそれだけ衣類が汗を吸ってしまっているため雑菌が繁殖しやすく臭いも強くなります。普段から少し体臭が気になる方は特に汗染みや、汗染みの付いた衣類の臭いが気になることが多いのです。また、汗染みがつきやすい人の方が臭いも強くなる傾向にあります。

汗染みを落とす前に気をつけるポイント

THE LAUNDRESS JPさん(@thelaundressjp)がシェアした投稿

「汗染みがついてしまったからすぐに落とさないと!」と慌てる前に、衣類の素材や洗濯表記を確認することがとても大切です。汗染みを落とすことだけに気を向けてしまい、洋服を傷めてしまっては大変です。綺麗に汗染みを落とすためにも、気をつけておきたいポイントをいくつかご紹介します。

衣類が色落ちしないか

すぐに汗染みを落としたいところですが、汗染みを落とすには通常の洗濯洗剤よりも洗浄力の強いものを使う必要があります。そのため、汗染みを落としたい衣類が色落ちしないものなのか確かめてから行う必要があります。この場合、白い素材のものなら色落ちテストは必要ありませんが色物の場合は色落ちテストを行うことをおすすめします。

    色落ちテストのやり方
  • STEP.1
    袖の裏側などに洗濯洗剤の原液を付けて、5分ほど待ちます。
  • STEP.2
    その後洗濯洗剤の原液をつけた場所に白い布を当てます。
  • STEP.3
    この時に色が布に移らなければ、そのまま汗染みを落とす作業に入ってください。

もし色落ちしてしまった場合は、手洗いマークがついているものであれば自宅での洗濯は可能ですが、ダメな場合は無理に自宅で洗濯せずにクリーニング専門店へ持っていきましょう。

衣類の生地を確認する

汗染みを落とすには、まず汗染みのついてしまった衣類の生地を確認し洗濯表記を確認することが大切です。生地によってはハイターや塩素系漂白剤を使って生地がパリパリになってしまうことがあります。失敗しては取り返しがつかないため、何の生地でどんなものを使って汗染みを落とすことができるのかしっかりと知る必要があります。

綿

綿は通気性も良く着心地もとてもいい素材ですが、汗を吸いやすく汗染みもつきやすい素材です。特に白い色の衣類は、時間が経つと黄ばみが目立ちます。

しかし、綿は自宅でも洗濯がしやすく中性洗剤・ハイター・塩素系漂白剤などを使うことのできる素材でもあるため自宅でも汗染みを落としやすいというメリットを持ちます。綿は、しっかりと適切な洗濯を行うことで自宅でも黄ばみを落とすことができます。

レーヨン

レーヨンは水に弱く通常の洗濯や手洗いが出来ないのがデメリットです。もしレーヨンの素材に汗染みができてしまったら、部分的に水やぬるま湯を使い洗剤を当てて落とすことができますが、うまく乾かさなければ逆にシミができてしまうことがあります。

そのため、レーヨンの素材に汗染みができてしまったらクリーニング専門店などにもっていき染み抜きをしてもらった方が、生地を傷めることなく確実にシミを落とすことができます。

ポリエステル

汗染みを含めたシミなどが、他の生地に比べて比較的出来にくいのがポリエステルです。通気性が良く吸収性もある素材のため、黄ばみなどは出来にくいのですが汗をたくさんかいた後そのままにしておくと汗染みが出来てしまう場合があります。

ポリエステルの場合は、洗濯表記を確認した上でその衣類にあわせた洗濯を行い汗染みを落としましょう。

汗染みに効果的な洗剤の種類

汗染みはついてしまってから時間がそんなに立ってないものだとすぐに落とすことができますが、時間が経った汗染みはなかなか落とすことができません

時間が経ってしまい落ちにくい汗染みを落とすにはどのような洗剤などが効果的なのでしょうか?おすすめの洗剤とそれぞれの特徴をご紹介します。

中性洗剤

SHOGOさん(@shogo6188)がシェアした投稿

油汚れを効率よく落としてくれるのが中性洗剤です。しかし、中性洗剤は生地にダメージを与えてしまいます。また洗うときにゴシゴシとこすり洗いを行うことでもダメージを与えてしまうため、中性洗剤を使い汗染みを落とす際には酸素系漂白剤と一緒に使うことで、短時間で綺麗に汗染みを落とすことができるためおすすめです。

アルカリ性洗剤

yukinoさん(@yukino_room)がシェアした投稿

セスキ炭酸ソーダなどのアルカリ性洗剤は、皮脂汚れを落とすことに特化しているため汗染みを落とすにも効果的です。アルカリ性洗剤を使って汗染みを落とすには、ぬるま湯を使ってつけ置き洗いをすることで汗染みの原因でもある皮脂を浮かせて汗染みを落とすことができます。

市販のアルカリ性洗剤は粉末タイプの場合が多いため、つけ置き洗いを行う前に汗染みの気になる場所にもみ洗いを行い、その後つけ置き洗い行うとより効果的でしょう。

また、粉末のものを水で溶かし、スプレーにして置いておくことで気になる汗染みに一吹きして落とすことができ手軽に使えるため、洗濯に時間をあまりかけられない方にもとてもおすすめです。

塩素系漂白剤

時間が経ってしまった黄ばみを落とすには、漂白が必要な場合があります。しかし、漂白を行う前にその衣類に漂白剤をつかうことができるのかを確認してから使う必要があります。

漂白剤を使うことのできる場合は、ハイターなどの塩素系漂白剤を使って漂白を行うことで黄ばみや汗染みを綺麗に落とすことができます。ただし、塩素系漂白剤は白地の生地には向いていますが柄物や色物には向いていないため、使用する際は気をつけなければなりません。

漂白剤漂白剤を洗濯に取り入れよう!種類別の効果や正しい使い方をご紹介

それでも落ちない!頑固な汗染みの落とし方

家庭で簡単に汗染みを取る方法って?

上記で汗染みに効く方法をご紹介しましたが、今回はお家で手軽に“中性洗剤”と“漂白剤”を使った汚れがきつくなかなか落ちない汗染みに最適な方法をご紹介します。

  • STEP.1
    38℃くらいのぬるま湯に中性洗剤を溶かします。
  • STEP.2
    汗染みの気になる部分を中性洗剤を少し垂らし、中性洗剤を溶かしたぬるま湯でこすり洗いを行います。
  • STEP.3
    このときに黄ばみが気になる場合は、黄ばみが目立つ部分に漂白剤を使い洗濯を行ってください。
中性洗剤と漂白剤を使うことで、汗染みのついてしまった衣類を自宅でも簡単に洗濯することができます。

気になる汗染みは自宅で落とせる!

夏場は特に汗染みの黄ばみが気になる肌着などに悩まされますが、適切に洗濯を行うことで自宅での洗濯方法でも汗染みを落とすことができます。しかし、大事な衣類にダメージを与えないためにも表記を確認してその素材にあった洗剤を選び、汗染みの汚れを綺麗に落としましょう。

意外と便利な洗濯板の使い方とおすすめ10選!現代でも根強い人気の理由とは