コーヒーの染み抜きは簡単にできる!気をつけたい3つのポイントと方法

コーヒーの染み抜きは簡単にできる!

「あ!コーヒーこぼしちゃった…」なんてことありませんか?お気に入りの服や、絨毯に色の濃いコーヒーの染みがついてしまっては気分も台無しですね。また、白い服や色の薄い洋服は染みが目立ちがちです。放っておいて時間が経ってしまっては、なかなか落ちにくくなってしまうためなるべく早く落とした方が良いですが、どのように染み抜きをしたら衣類を傷めずに染み抜きすることができるのしょうか?今回は、コーヒーの染み抜きの仕方をご紹介します。

コーヒーの染み抜きで気をつけるポイント

コーヒーの染み抜きは簡単にできる!

コーヒーは色が濃いため、色の薄い衣類や絨毯についてしまうととても目立ちます。しかし、コーヒーは水に溶けやすいという特性があるため、早い段階であれば水だけで染み抜きをすることができます。ただし、コーヒーは時間が経つ前に早めに染み抜きをすることがとても大切です。

水で染み抜き

コーヒーの染みは、早い段階であれば水を使って落とすことが可能です。水とあて布を使って、あて布にコーヒーの染みを移すようにポンポンと染み抜きを行うことで、しっかりと落とすことができます。また、水だけでの染み抜き方法は、コーヒーをこぼした直後が最も効果的であるため、早急に行いましょう。

色素が染み込む前に洗剤を使う

コーヒーの染み抜きは簡単にできる!

コーヒーは、時間が経てば経つほど繊維に色が染み込んで取れにくくなります。そのため気が付いたタイミングでコーヒーの染み抜きを行うことが大切です。時間が経って水だけでは取れなくなってしまった場合は、中性洗剤などを使って落としましょう。

また洗剤は、水と一緒に使うことで色を浮かすことができるようになるため、洗剤を原液のまま使うのではなく、先に水でコーヒーの染みをにじませてから使うと、よりきれいに落とせるのでおすすめです。

タイミングが大切

コーヒーだけに限らず、染み抜きはタイミングがとても大切です。時間が経てば経つほど繊維に染み込んでいき、乾いて取れにくくなってしまいます。落ちにくくなった染みを染み抜きするには時間も手間もかかり、衣類のダメージも大きくなります。そのため、気づいた段階で染み抜きを行うことが、衣類のためにも重要です。

しかし、気がついてもその場で染み抜きすることができない状況の場合もあります。その場合は、一度応急処置をし、染み抜きができるタイミングで再度しっかりと染み抜きを行いましょう。

コーヒーの染み抜き方法

「確実に染み抜きするにはどうしたら良いの?」「衣類にはできるだけダメージを与えたくない!」など、染み抜きするうえでの悩みもありますよね?、染み抜きのタイミングによって用意するものや染み抜き方法が異なり、また気を付けたいポイントもありますので、今回は場面別でコーヒーの染み抜き方法をご紹介いたします。

応急処置の場合

コーヒーは色が濃いためとても目立ちやすく、こぼした直後に慌てて拭くという方も多いと思いますが、コーヒーの染みがついてしまった場合、その染みをこするのではなく、まずはおしぼりや布などで、水分をポンポンととることが大切です。

応急処置をする場合でも、まずは余分な水分をしっかりとふき取ってから染み抜きを行いましょう。

    用意するもの

  • 布(またはおしぼり)
  • 当て布
応急処置が必要な場合、持ち物も限られていますよね?今回は外出先でも簡単に染み抜きができるように、当て布と水を使った染み抜き方法をご紹介します。

  • STEP.1
    当て布をコーヒーの染みの後ろ部分にあてます。
  • STEP.2
    布を水で濡らします。
  • STEP.3
    コーヒーの染み部分を、2.で濡らした布でトントンと叩いていきます。
  • STEP.4
    当て布に染みを移すようにすることで、染みをとっていきます。
応急処置で染みがきれいに落ち切らなかった場合は、家に帰ってから洗剤や漂白剤などを使うことで、コーヒーの染みをきれいに落とすことができます。

洗濯機の場合

nahcurah/swhさん(@nahcurah)がシェアした投稿

洗濯機での染み抜きを始める前に、洗おうとしている衣類が洗濯機で洗える素材であるか、また色落ちしない素材であるか、という点を必ず確認してください。そして洗濯機で染み抜きするのは、染みが薄い状態か応急処置をして取れなかった場合だけにしましょう。

なお、染みが完全にこびりついている場合は、洗濯機で洗っても完全には落とすことができない場合が多いので、注意しましょう。

    用意するもの

  • 洗濯用洗剤
  • STEP.1
    洗濯機を使って染み抜きする際、コーヒーの染みが濃い場合には、応急処置でご紹介した方法にしたがって、染みをポンポンと叩き落としてから洗濯を行ってください。
  • STEP.2
    洗濯機で洗濯を行う場合は、はじめにコーヒーの染みに洗濯洗剤の原液を直接垂らし、こすり洗いをしておきましょう。
  • STEP.3
    ある程度染みを落とすことが出来たら、いつも通り洗濯を行いましょう。
コーヒーの染みがついた衣類を洗濯機で洗う場合は、ある程度染み抜きしたうえで洗濯することをおすすめします。染み抜きをせずに洗濯すると、コーヒーの染みが繊維に入り込み、逆に落ちにくくなってしまいます。

手洗いの場合

junさん(@junko5099)がシェアした投稿

手洗いでコーヒーの染み抜きを行う場合は、染みが落ちているか確認しながら、慎重に行うことがとても大切です。応急処置を行った後でも、時間が経てば染みは落ちにくくなってしまうので、こすりすぎて衣類にダメージを与えないように気を付けるましょう。

    用意するもの

  • 台所用中性洗剤
  • 漂白剤
  • STEP.1
    コーヒーの染みの部分に台所用中性洗剤を塗ります。
  • STEP.2
    コーヒーの染みの部分を、水でこすり洗いします。
  • STEP.3
    このときにきれいに落ちていない場合は、漂白剤で漂白してください。
  • STEP.4
    目で見てきれいに落ちていると感じたら、洗濯機で普段通り洗濯を行って大丈夫です。
コーヒーの染み抜きはタイミングが大切ですが、少し時間が経ってしまったものであっても
手洗いの場合はしっかりと落とすことができます。また、色落ちしやすい衣類は手洗いで部分的に洗うことで、色落ちを目立ちにくくすることも出来ます。

しかし、台所用中性洗剤やハイター・漂白剤などは衣類の繊維を傷めてしまうことがありますので、衣類の洗濯表示をしっかりと確認してから使うことが大切です。自宅で染み抜きを行える衣類であるかをチェックすることが、、コーヒーの染み抜きを成功させることにつながります。

コーヒーの染み抜き自宅で取れない場合は?

「気づいたら時間が経ってしまって、染みが取れなくなっていた!」「コーヒーの染みがついてしまったけど、自宅では洗濯をすることのできない素材だった!」など、自宅で染み抜きをすることができない場合はどうしたらいいのでしょうか?

クリーニングに出す

Emi Matsumotoさん(@emimimi.m)がシェアした投稿

自宅で染み抜きをすることができない場合や、お気に入りの衣類にダメージを与えたくない場合は、クリーニングや染み抜き専門店に出して、染み抜きをしてもらうことをおすすめします。

クリーニング店などでは、専用のクリーナーなどを使って、自宅では落とすことのできない汚れもしっかりときれいに落としてくれるため、時間が経って繊維に入り込み沈着してしまった染みであっても、きれいに仕上げてくれます。

また、自宅で染み抜きできるか判断に困ったときは、一度クリーニング店にもっていき、判断してもらっても良いでしょう。

衣類だけじゃなく絨毯などについたコーヒーの染みはどう取る?

「コーヒーをこぼしちゃった!」そんな時は、服だけでなく絨毯や床などにも勢いよくこぼし、染みを作ってしまうことが多いですよね。衣類と比べて、絨毯などはなかなか丸洗いをすることができません。そのため、絨毯についた染みをどのように落としたら良いのか、悩む方も多いのではないのでしょうか?

そこで今回は、絨毯などについてしまったコーヒーの染みの落とし方もご紹介していきます。

アルコールを使う

絨毯にコーヒーをこぼしてしまった場合は、水分をふき取り清潔なタオルでポンポンと抑えてからアルコールをシュッとスプレーして、またタオルで染みを叩き取っていく、という作業を何度か行ってください。これを数回繰り返すことで、コーヒーの染みを取ることができます。

しかし、絨毯の素材によってはアルコールを使えないものがあり、またアルコールを使うことで色落ちしてしまう場合もあります。そのため、アルコールを使う前に、アルコールが使用できる素材なのかを確認することが大切です。

セスキソーダを使う

kobana*さん(@natural_wan_life)がシェアした投稿

100均などでも売っていて手軽に購入することのできるセスキソーダは、頑固な汚れも取ることができる“スーパー洗剤”と言われています。

セスキソーダを使って絨毯についた染みを取る場合は、500mlの水に小さじ1のセスキソーダを入れて良く溶かし、コーヒーの染みにシュッと一吹きしてから、タオルなどを軽く押し当てます。このときにゴシゴシとこすってしまうと、染みが滲んで広がってしまうおそれがあるので気を付けましょう。

コーヒーの染み抜きはタイミングが大切!

コーヒーの染み抜きは簡単にできる!

コーヒーの染み抜きは早めに行うことがとても大切です。コーヒーは色も濃く、こぼしてしまうと染みが目立ちますし、時間が経ちすぎると落ちにくくなってしまいます。。コーヒーの染みを目立ちにくくするためにも、タイミングを逃さずにしっかりとは染み抜きを行いましょう。