手洗い洗濯が良い4つの理由!手洗い推奨の衣類を洗濯機で洗う方法もご紹介

手洗い

城間千裕

洗濯機は各家庭に1台は当たり前になっている今の時代、『手洗い』で洗濯したことはなかなか無いですよね。でも、実は手洗いの方がお洋服が綺麗に長持ちしたり、覚えておくと旅先や災害時にも役に立ちます。とても簡単なうえメリットがたくさんありますので、これを機に手洗いの洗濯方法を習得しましょう!

洗濯表示、見たことありますか?

お洋服やシーツについている『洗濯表示』のタグ。一度は見たことがあると思いますがその通りにお洗濯したことがある人は少ないかもしれません。2016年12月から洗濯表示が変更になったのはご存知ですか?その前に、記号の意味すら分からない…というあなたに、まずは洗濯表示の基本的な意味をご紹介します。

洗濯表示の記号と絵の意味合い

基本的な5つの基本記号があります。

  • 家庭洗濯(桶のマーク:家庭で洗える。桶に手をいれるマークなら手洗い)
  • 漂白(△マーク:漂白剤の種類)
  • 乾燥(□マーク:乾燥機を使えるかどうか)
  • アイロン(アイロンの形をしたマーク:アイロン仕上げの温度)
  • クリーニング(〇のマーク:クリーニングに出せるかどうか)

上記に加えて、付加記号と数字で文字ではなく記号と数字で強さや温度を表示しています。

  • 家庭洗濯…記号の中は、洗濯液の上限の温度。線が多いほど優しく洗いたい衣類
  • 漂白…斜め線があるものは、酸素系漂白剤のみOK
  • 乾燥…縦線や横線でそれぞれに合う干し方を意味します
  • アイロン…記号の中の・で数で温度が異なる
  • クリーニング…記号のアルファベットで使える種類を表示

消費者庁HP

この新しい洗濯表示記号は、携帯のホーム画面に張り付けたり、印刷して洗濯機の近くに貼っておくと便利ですよ。

洗濯表示で綺麗にお洗濯!簡単に分かる洗濯表示の意味新しい洗濯表示(洗濯マーク)を確認して正しくお洗濯!3つのポイントをチェック

面倒くさがりさんはアプリで楽々洗濯方法を判定!

絵で大体のイメージは掴めても、全部覚えることは難しいですよね。毎回調べるのが面倒なかたは、洗濯方法に迷う時に便利なアプリ『これ洗える?』を使ってみましょう!洗濯表示を選択していくと、洗濯方法を判別し、おすすめの干し方まで教えてくれる優れものです。帰省先や旅行先でお洗濯するときに役立ちます。

お家で洗えるものを意味するマーク

前述した家庭洗濯の桶のマークに、×がついていなければ家庭で洗えるものになります。最近では、『おうちクリーニングコース』ができる洗濯機も多いので、手洗い表示されていても洗濯機で洗える可能性があります。

スーツ・ニット・フォーマルウェアなど、「クリーニングにしか出せない」と思っていたものもご自宅で洗えるかもしれません。ご自宅の洗濯機の説明書を読んでみましょう。

洗濯機で洗えない衣類!実はこんなにあります

洗濯表示に、×と記載があるものは家庭では洗えません。水に濡らすと変化する・縮む性質がある素材は、プロに頼みましょう。クリーニング代を節約しようと、無理に洗い着られなくなってしまうかもしれません。そうなる前に必ずチェックしましょう。

モヘヤ・アンゴラ素材の衣類

毛足が長い素材は、抜けたり絡みやすい素材です。水に浸けることで変化しやすいので、せっかくのおしゃれ着も型崩れしてはショックが大きいので、自宅での洗濯に不安がある場合はクリーニングに出しましょう。

革製品

革は、水に浸けることによって縮んでしまったりシワが出てしまいます。また革そのものの色が出て他の所に色が移ってしまうことがありますので、やはりプロに任せるのが1番安心です。

シルク・レーヨン

繊維が細かいため、家庭では扱いにくい素材のひとつです。洗濯洗剤や乾燥機などを用いることによって色落ちや縮みが起こりやすくなり、日光を直接浴びると黄色く変色してしまうので、こちらもクリーニングをおすすめします。

手洗い推奨のお洋服を洗濯機で洗う手順

手のマークが表示されているものは、手洗い推奨です。でも、時間が無いときや疲れて手洗いする気が起きないときも…。そういった場合、洗濯機に手洗いコースやお家クリーニングといった洗濯コースがあれば大丈夫です!機能が優れている洗濯機はあなたの代わりをしてくれます。

人気のおすすめ小型洗濯機11選!選び方のポイントもご紹介

『手洗いコース』に変更する

普段使っている洗濯コースは、標準・おいそぎ・念入りなど「汚れの度合い」によって変えていると思います。ご自宅の洗濯機に、手洗いコースがえらべるようになっていたらラッキーです。そのコースを選ぶと、優しく洗うように水流が弱く脱水時間も短いので、衣類を傷めずに自動で洗いあげてくれます。

おしゃれ着用洗剤を使用する

CMでも「おしゃれ着洗い」といった洗剤メーカーのフレーズがよく流れていますよね。昔はクリーニングに出していたようなフォーマルなおしゃれ着もご自宅で洗濯する人が増えている証拠です。

普通の洗濯用洗剤は「弱アルカリ性」です。弱アルカリ性の洗剤は洗浄力が高いのが特徴ですが、その洗浄力の高さから、色あせなど衣服に負担がかかってしまうことがあります。デリケートな衣類はおしゃれ着専用洗剤を、「弱アルカリ性」洗剤は、普段着を洗濯機で洗うときに使用しましょう。

【新発売】ラボン ルランジェよりオシャレ着用洗剤「シャレボン」が8月1日より発売開始!【新発売】ラボン ルランジェよりオシャレ着用洗剤「シャレボン」が8月1日より発売開始!

意外な効果も!洗濯ネットをうまく使おう

普段着などと一緒におしゃれ着を入れて洗濯する場合、他のものと絡まる可能性があるので必ず洗濯ネットに入れましょう。

大きな洗濯ネットに、下着やおしゃれ着をまとめて入れて安心していませんか?ひとつにまとめて洗濯してしまうと、洗剤が行き届かず汚れが落ちにくくなる結果となってしまいます!衣類1枚に対して、洗濯ネットひとつを使った方が汚れ落ちしやすいのです。少し手間はかかりますが、小さめの洗濯ネットを複数使い、ストッキング1枚でも洗濯ネットひとつにきちんと入れましょう。

いまさら聞けない洗濯ネットの使い方とポイント!乾燥機は使用できるの?

手洗い30とタグ表示にある衣類は手洗いが無難

手洗い30と洗濯表示のあるものは、やはり手洗いをしてあげましょう。手洗い指定をしている洗濯表示のなかでも、一番デリケートな素材につくマークですので、長持ちさせるためにも手洗いがおすすめです。このマークがついているものは、ゴシゴシ洗わず「つけ置き洗い」が適していますので洗うのも簡単です。

    「つけ置き洗い」の手順

  1. 洗面台にぬるま湯をためて、それに見合った洗濯洗剤を入れる
  2. 30分以上つけ置きする
  3. 優しく押し洗いをする
  4. 軽く水を切り洗濯ネットに入れて、「ほんの10秒くらい」脱水する
手洗いコース ワンポイント
汚れは水が冷たいほど汚れが落ちにくく、ぬるま湯やお湯だと汚れが落ちやすくなります。特に冬場は、洗いのときはお風呂の残り湯を使うと効率が上がりますよ!最新の洗濯機には温水洗浄ができる洗濯機もありますので、買い替えを検討している方にはチェックしたい機能です。

手洗いって大変?実は旅先でもかなり役立つ

洗濯石鹸

最低限の衣類だけでOK!荷物が減って移動が楽に

旅行するには、スーツケースが必須ですよね。最近のホテルやコンドミニアムには、長期滞在者や出張するビジネスマンのために洗濯機を設置しているところも多くあります。そのため、最小限の荷物だけで身軽に旅行できるようになります。

もし、「旅先に洗濯機が無い」「あるけど混んでいて使いたい時間に使えない」という時は、手洗いで洗濯すればお金をかけず洗濯できますよ。旅先でも洗いやすく乾きやすい、ポリエステルやナイロン、リネンがおすすめの素材です。

毎日肌に触れる下着やブラも手洗いで清潔

「つけ置き洗い」でご紹介した流れと大体同じです。脱水はおすすめしませんので、新しいバスタオルで水を吸い取ってあげるだけで十分です。形を整えて干すだけで完了です。

洗濯洗剤には、汚れを分解する・浮かす成分が入っているのでゴシゴシする必要はありません。優しく押してあげるだけで汚れや皮脂汚れが取れます。これなら、ささっと旅の途中でもできそうですよね。

新生児連れ旅行にも役立つ!

年末年始や夏休みなど、実家に赤ちゃんのお披露目をしに帰るご家庭も多いはず。赤ちゃんの衣類は、大人と分けたいですし、旦那さん側の実家だとどうしても洗濯機を借りるのも気を使いますよね。そんなときも役立つ、手洗いで赤ちゃんのお洋服もお洗濯をしましょう。

下着やブラ同様、つけ置き洗いで赤ちゃんの衣類も綺麗に清潔に保てます。洗剤は、赤ちゃん用の無添加洗剤がおすすめです。手洗いをすることを前提で旅行の準備をすれば、着替えの多い赤ちゃんの荷物も減り一石二鳥です。

赤ちゃんでも安心な洗剤って?避けたい成分無添加のおすすめ10選!

お風呂に入るついでにささっと洗える

お家で手洗いをするなら洗面台にぬるま湯をためて行うのが一般的ですが、旅先では洗面台は一つしかないので、洗顔や歯磨きができないと家族が困ってしまいますよね。それなら、お風呂場でさっと洗いましょう。コンディショナーをつけている間や、お子様と一緒にじゃぶじゃぶ手洗いを教えてあげるのも楽しみになりますよ!

araou編集部

旅先での手洗い体験談
荷物は最小限で、汚れたら洗う考えでしたが肝心の洗濯洗剤を持参するのを忘れ…近くにコンビニもなかったので、ホテルに備え付けの手洗い石鹸で当日着た衣類を手洗いをしたことがあります。

翌朝、バリバリっとした仕上がりに乾いており着心地は最悪でした…。翌日、携帯用の衣類洗剤を購入し同じように手洗いをしてみたら、洗濯機で洗ったいつものふんわりとした仕上がりに。代用できると思ってもダメなこともあるのです。

手洗いするときのおすすめ便利グッズ3選!

軽くて汚れが落ちやすい洗濯板(ウォッシュボード)

洗濯板というと、おばあさんが洗濯機が無い時代に使っていた大きな板をイメージするかもしれません。でも、今は時代に合わせた軽くてコンパクトな洗濯板が市販されており、名称もおしゃれに「ウォッシュボード」としているメーカーもいます。

このアイテムを使うと、手でゴシゴシするより汚れの落ち具合が断然違いますし、手もあまり疲れないのです。食べこぼし、土汚れなど、ひどい汚れがついたとき洗濯機に入れる前洗いに使うのもおすすめですよ。

洗濯機をまわすほどの量ではない…もう今日は洗濯しちゃった…なんて時にとても便利で、お風呂の残り湯があれば、さっと洗えますので家庭にひとつは持っておきたいアイテムです。

諦めていたしつこい汚れも落ちる洗濯ブラシ!(ウォッシュブラシ)

靴の中を洗うブラシは持っていても、手洗い洗濯専用ブラシを持っている人は少ないでしょう。メーカーによって違う素材を採用していますが、どれも汚れを掻き出しやすい素材ですのであまり力を入れなくても汚れを落としてくれます。

【サンコー】洗濯ブラシ

特殊繊維が、汚れを掻きだします。子供がつけた鉛筆や袖の皮脂汚れも軽くこするだけで落ちるそうです。

フレディ レック ウォッシュブラシ

女性でも握りやすい形状で、力を入れなくても汚れが落ちやすい豚の毛を使用しています。しつこいYシャツ汚れに効果的。数ヶ月使用しても、衣類も痛まないと高評価の製品です。

洗濯機で落ちなかったしつこい汚れも、洗濯ブラシで手洗いすると落ちた!という口コミも多いので、建築業界など仕事着が土汚れで困っている、毎日外での部活動をしているお子様がいるご家庭にもぜひ使って欲しいアイテムです。

オンラインショップはコチラ

コンパクトで色々使える!洗濯桶(ウォッシュ)タブ

こちらも、おばあさんが大きなたらいでしゃがんで手洗い…をイメージしがちですが、今は持ちやすい取っ手付き&楕円系の洗濯桶があります。移動しやすく、お風呂の残り湯があればさっとお風呂で押し洗い、靴もまるごと入るので汚れたらベランダで前洗いなどがストレスなく持ち運べて用途がたくさんありますよ。

  • 普段なかなか洗えないぬいぐるみの除菌
  • お風呂のおもちゃ等を一気につけ置き洗い
  • 台所用品をまとめて除菌したい時にも
  • わんちゃんの足を洗いたい時に
  • 生後1ヶ月の間のベビーバスとして

  
取っ手付きなので、手軽にベランダやキッチンまで持ち運べ、底栓がついているので排水もその場で楽々でき、楕円形で靴やおもちゃもまるごと・細長い調理器具も入れやすいのがポイントですね。

手洗いってメリットが多い!これを機に普段の生活に取り入れよう

便利な今の時代、「ピっとボタンを押せば完了」する家電が多いですね。たまには、『手洗い洗濯』にシフトすることでそれが『エコ』な行動になります。手洗いをするって、大きなたらいに冷たい水を貯めてひたすらゴシゴシ…というイメージがあるかもしれません。

でも、ぬるま湯+優しく押し洗い、というシンプルな方法で汚れは落ち、エコに繋がりです。手が荒れる・力作業というイメージが強いですが、便利グッズもたくさん発売されているのでそれを活用しながら、ご自宅で手洗い習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

旅先はもちろん、停電時・災害時でも役立ちますので、家族のためにも自分のためにも豆知識としてぜひ覚えておいてくださいね。