洗濯便利グッズは100均で揃えよう!用途別にみるおすすめアイテム20選!

洗濯便利グッズは100均で揃えちゃおう!用途別おすすめ20選!

まりや

100均のクオリティーは昔と比べるとずいぶん上がり、100円とは思えないほどの機能を兼ね備えた洗濯アイテムも揃えることができるようになりました。洗濯は頻繁に行う家事なので、便利な商品でサッと済ませてしまいたいですよね。そんな願いを叶える100均の洗濯便利グッズ20選を用途別にご紹介します。

手洗いで使える100均洗濯便利グッズ6選

えりそでブラシ

ワイシャツの襟や袖というのは皮脂汚れなどで頑固な汚れが付着しやすい部位です。特に白色の衣類は汚れが目立つので、絶対に落としたいですよね。そんなときに活躍してくれるのがダイソーの『えりそでブラシ』です。上から洗剤を入れることができ、ふたの部分を押すと洗剤を出しながらブラシでこすることが可能です。いちいち洗剤を取り出す手間が省けるので、ピンポイントの汚れを見つけたら積極的に洗いたくなりますよ。

曲がる洗濯板

最近は洗濯板を使用しているかたはいないかもしれませんが、使用してみると結構優れものであることがわかります。今回ご紹介するセリアの『曲がる洗濯板』は、その名の通りグネグネ曲げることが可能です。昔の洗濯板は平な堅い板でしたが、こちらは指を入れる穴もあり、衣類にあわせるようにして洗えます。

素材はポリエチレンで、若干硬さも残しているので扱いやすく、サイズもコンパクトなので旅行などにも気軽に持って行くことができます。『洗濯機を使うほどじゃないな』と感じる量の汚れ物に使用してみてください。

シリコーン ハンディやわらか洗濯板

こちらは手荷物タイプの洗濯板で、ダイソーの『シリコーン ハンディやわらか洗濯板』です。素材はシリコンですのでとても柔らかく、手にも収まりやすい大きさとなっています。衣類を洗濯板にこする従来の洗浄方法を一新して、洗濯板を衣類にこすることでさらに汚れを落としやすくなったうえ、優しい洗い心地を実感できます。

洗濯板部分はブラシ状と波型状の2種類の形状に分かれているので、汚れに合わせて洗い方を変えることが可能です。こちらも持ち運びに便利なコンパクトサイズですので、旅行先に気軽に持って行けますよ。

オレンジ棒石けん

みなさんは棒石鹸を使用したことがあるでしょうか?固形の洗濯用洗剤で、液体のように垂らして使うのではなく、衣類に直接塗り付けて使用します。

汚れが気になる襟や袖に塗って手洗いしても良いですし、簡単な汚れなら塗ってそのまま洗濯機に入れてしまっても構いません。セリアの『オレンジ棒石鹸』はオレンジの成分でしつこい汚れもしっかりと落としてくれますので、食べ物の飛びはね跡や泥汚れなどにも最適です。

エリ・そで洗濯せっけん

次はダイソーの棒洗濯石鹸ですが、こちらにはなんとケースがついています。内部のパーツに棒石鹸をセットし、底を指で押すと棒石鹸が出てくる使用になっている優れものです。持ち手があるので手を汚さずに使用できますし、収納のしやすさも抜群です。

固形石鹸は水に濡れるとどんどん溶けてしまうという難点があります。しかし、ケース付きなら必要以上に水に濡れてしまうこともないですし、収納中も湿気から守ってくれます。初めから入っている容量は少ないですが、手洗いの頻度が少ないかたには十分な容量ではないでしょうか?また、違うメーカーの固形石鹸をこのケースに合うようにカットすれば、ケースは半永久的に使用することができるので、ひとつは買っておきたい商品です。

スニーカーブラシ

靴の洗濯は意外と面倒なので、スニーカーなどは洗ったことがないかたも多いかもしれません。しかし、キャンドゥの『スニーカーブラシ』を使用すれば、靴の洗濯が楽しくなりますよ!適度な持ち手の長さなので、内側の奥までしっかりと洗うことが可能ですし、ブラシの毛の密度が高いので細かな汚れも落とします。

100円でこの使いやすさなら最高のパフォーマンスではないでしょうか?先ほどご紹介した棒石鹸を靴に塗ってから洗うと、さらに汚れを落としやすくなりますのでぜひ試してみてください。

洗濯機で使える100均洗濯便利グッズ5選

洗濯ネット

100均には洗濯ネットの種類が豊富にあり、衣類に合わせてサイズや形を選ぶことができます。洗濯ネットはネットに入れた衣類を傷み型崩れから守ってくれますし、ゴミやほこりを寄せつけないようにしてくれます。それだけでなく、装飾品がついているような衣類は、洗濯ネットに入れることでそのほかの衣類を守ることもできるのです。

たかが洗濯ネットと思われがちですが、使用するのとしないのでは衣類の寿命にも大きくかかわるアイテムなんですよ。そんな洗濯ネットのおすすめはダイソーの『洗濯ネット』で、ネットの目が細かくファスナーがスムーズに動くのが特徴です。さらには、ネットが2重になっているので衣類をしっかりと守ってくれますし、洗濯ネット自体もとても丈夫な商品となっています。

くず取りネット浮型

View this post on Instagram

@kumiko_shがシェアした投稿

洗濯機には衣類の糸くずやホコリを取ってくれるネットがついていますが、古くなってくると穴が開いたりして本来の役目を果たしてくれないことがあります。その場合は洗濯しているのにも関わらず、逆に衣類にゴミが付着して汚れてしまうことがあるので、くず取りは必須とです。こちらの『くず取りネット浮型』は、浮のような形状のネットで、洗濯機に入れるだけでゴミをキャッチしてくれます。衣類のごみの付着が気になりだしたら使用してみてください。

汚れ落とし洗濯ボール

ダイソーの『汚れ落とし洗濯ボール』は、洗濯機の中に入れていつも通りに洗濯するだけの商品です。それだけで衣類が絡みにくくなり衣類の傷みを抑えてくれますし、汚れ落ちのムラがなくなります。

もし粉末洗剤を使用しているなら、粉末の溶け残り防止にも役立ち、いつもより洗剤の量を少なめにしても洗浄力を保てるという素晴らしい機能を兼ね備えています。こんな簡単な使用方法でこれだけの効果があるので、ぜひこの驚きを体験してみてください。

カラーサイン付 洗濯槽クリーナー

長年使用している洗濯機は洗濯層の裏側に汚れがたまり、カビが生えてしまっている場合もあります。これを放置していると衣類にカビが移ったり、洗濯機の呼称を招くこともあるので、定期的なメンテナンスが必要となります。

そこで登場するのがセリアの『カラーサイン付 洗濯槽クリーナー』です。水を張った洗濯機に粉末を入れて2~4時間放置するだけで洗濯層をピカピカにしてくれます。洗濯層が掃除できる商品は数多くありますが、こちらの商品が優れているのは色がついているところです。

粉末が水に溶けた瞬間は青色ですが、放置しているとどんどん透明に変わっていきます。完全に青色が消えたら洗浄完了の合図ですので、放置する時間が分かりやすくとても使いやすくなっています。しかも1度使用すると防カビ効果もあるので、しばらくはカビを心配する必要もありません。粉末もさっと水に溶け、無駄な手間をかけずに洗濯層の掃除ができます。

洗濯機防音マット

アパートなどにお住いの場合、洗濯機の振動は意外と気になるものです。特に古い洗濯機を使用していると、下の階や隣の部屋にガタガタと響いてしまっているかもしれません。それを改善してくれるのがダイソーの『濯機防音マット』です。洗濯機の下にひくだけでしっかりと安定させ、振動をかなり軽減させてくれます。

心配な場合は2枚敷きにすればさらに防音効果アップになります。また防音だけでなく、洗濯機の重さによる床のへこみや傷防止にも役立てることができますので、洗濯機の音が気になっていないかたにもおすすめできます。

干すときに使える100均洗濯便利グッズ6選

洗濯便利グッズは100均で揃えちゃおう!用途別おすすめ20選!

ココソラキャッチハンガー

100均のハンガーの種類は多岐にわたり、用途や好みによって選択肢が豊富です。そのなかでおすすめしたいのが、セリアの『ココソラキャッチハンガー』です。ハンガーのフック部分がグリップになっているので、物干しざおにかけているときに風で飛んで行ってしまうこともありませんし、握りやすく取り込みやすさも抜群です。アームがスライドするので肩幅を衣類のサイズぴったりに調節することもできますし、バーの部分にフックがついているのでスカートも一緒にかけることも可能です。

室内干し専用ハンガー

雨の日や風邪が強い日は、部屋干しを余儀なくされることがありますよね。そのときに意外と部屋にハンガーをかけられるスペースがなかったりしませんか?『ハンガーをひっかけるには心もとないスペースしかない…』というときに活躍してくれるのが、ダイソーの『室内干し専用ハンガー』です。こちらは鴨居に引っ掛けて使用することで、8本のハンガーをかけることができる商品です。かなり強力に鴨居を挟むので、簡単には落下せず重さが片側に偏ってしまってもしっかりとホールドしてくれます。

やわらかラバー付きピンチフィッシュ/10個

洗濯物を干すときに気になるのが衣類についてしまう洗濯ばさみの跡ではないでしょうか。風に飛ばされないよう強力に止めることは大切ですが、ナイーブな生地は洗濯ばさみで傷んでしまうかもしれません。ダイソーの『やわらかラバー付きピンチ』はゴム製ですので衣類に跡が付きにくく、さらには滑り止めになるのでしっかりと挟むことも可能です。魚のデザインがなんともかわいいのでお子さんからも人気で、通常の洗濯ばさみより長めなので使いやすいと評判です。10個で100円なのも嬉しいですね。

強力まくら干し

枕の洗濯が難しいものがありますが、定期的に天日干しをすることで衛生面を保てます。そのときに重宝するのがセリアの『強力まくら干し』で、枕を挟むように固定し、そのまま物干しざおに干すことができるようになっています。ある程度の大きさまで対応できますので、クッションやぬいぐるみなどの天日干しにも使用可能です。濡れていても全面を一気に乾かすことができるので、雑菌の繁殖の心配もありませんよ。

ズボンハンガー

ズボンを干すときは、筒状に干すと早く乾かすことができるので2ヶ所どめより4ヶ所以上がおすすめです。ダイソーの『ズボンハンガー』は大きい洗濯ばさみが4つついていて、しっかりとズボンを挟みながら筒状に広げて干すことができます。Gパンなどの厚めの生地に最適なハンガーです。

シューズハンガー

意外と干す場所に困るのがスニーカーなどの靴です。外履きなら地面に置いてそのまま乾かしてしまってもいいですが。お子さんの上履きなどはなるべく地面にはつけたくないですよね。そのときに活躍するのがキャンドゥの『シューズハンガー』です。靴の履き口をひっかけて干せますの、水切れもよく風を当てやすく早く乾かせるようになっています。2個目を下に連結させることもできるので、スペースの節約もできますよ。

アイロンがけに使える100均洗濯便利グッズ3選

アイロンクッションシート

アイロン台とは違い、折りたためてコンパクトにしまうことができるのがダイソーの『アイロンクッションシート』です。簡単なものをさっとアイロンがけしたいというときに、活躍してくれること間違いなしでしょう。クルクルとまとめてしばれるよう、ひもがついているのも嬉しいポイントです。

スーパーアイロンあて布

アイロンがけでよくある失敗は、衣類に地下でアイロンをかけてしまい生地がてかてかに光ってしまうことです。これを防ぐには当て布が必要となるります。そこでおすすめしたいのが、ワッツの『スーパーアイロンあて布』です。

ハンカチなどを使用しているかたもいるかもしれませんが、こちらは大きなサイズとなっているので使用しやすく、スーツなどを全体的に覆うことが可能です。また、メッシュ素材なのでスチームの通りがよく、下が透けて見えるのも使いやすいポイントとなっています。

アイロングローブ

この投稿をInstagramで見る

@i_mokoがシェアした投稿

衣類をハンガーにかけたままアイロンがかけたいというときに最適な商品が、ダイソーの『アイロングローブ』です。グローブのように手にはめて、かなりの厚さと適度な柔らかさでアイロン台のように使用することができるのです。アイロンをかけたい部分の裏からアイロングローブを当て、表からはアイロンを当てることで衣類を挟み、予想以上にしっかりとシワを伸ばすことができます。

100均には洗濯を楽にしてくれるグッズがいっぱい!

洗濯便利グッズは100均で揃えちゃおう!用途別おすすめ20選!

何でもそろう100均ですが、そのなかでも洗濯アイテムの種類の豊富さは素晴らしいものがあります。今まで存在も知らなかったような意外な便利アイテムもあるので、新商品を見つける楽しみもありますよね!安く便利な商品を手に入れて、日々の洗濯を快適に楽しく行えるきっかけにしてみてください。