真夏の準備はお早めに!エアコン特集

【2022年最新】キャニスター掃除機おすすめ人気20選!選び方・メーカー別の特徴

池田真由美

キャニスター掃除機は、パワフルな吸引力が持続するため、メインの掃除機として活躍します。ただたくさんの商品が販売されているため、どれを選べばいいのか迷ってしまうもの。この記事では、キャニスター掃除機の特徴と選び方、おすすめの商品などをご紹介します。

掃除機の種類別おすすめ人気ランキングはこちらから!
【2022年最新】掃除機の種類別おすすめ人気ランキング45選!使いやすさにこだわった選び方のポイントも

掃除機をお試しでレンタルするなら『家具のレンタル CLAS(クラス)』で!
家具のレンタル CLAS(クラス)

目次

キャニスター掃除機の特徴

キャニスター掃除機の特徴

キャニスター掃除機の主な特徴は、以下の3つです。

  • ダストボックスの容量が大きい
  • パワフルな吸引力を維持できる
  • 手元が軽いため掃除がしやすい

ダストボックスの容量が大きい

キャニスター掃除機のダストボックスは、スティック掃除機に比べて容量が大きいため、多くのゴミを吸い取れます。

スティック掃除機のダストボックス容量が約0.25Lに対して、キャニスター掃除機は1Lを超える大きいものもあります。そのため、ダストボックスの容量が大きい分、スティック掃除機と比べると、広範囲を掃除できます。

【2022年最新】スティック掃除機のおすすめ人気15選!選び方・メーカー別特徴

パワフルな吸引力を維持できる

キャニスター掃除機の多くは、コード式になっています。常にコンセントにつないで使うため、途中で電源が切れる心配もなく、パワフルな吸引力が持続するのが特徴です。

強力な吸引力で、時間を気にせず掃除ができるため、広い部屋や複数の部屋を一度に掃除できます。

【2022年最新】吸引力の強い掃除機おすすめ人気20選!最強の掃除機はどれ?

手元が軽いため掃除がしやすい

キャニスター掃除機は、本体に車輪がついていて、実際に持つのはヘッド部分のみです。重いモーターやバッテリーは、集じんタンクに内蔵されているので、ヘッド部分はとても軽くなっています。

そのため、手元が軽く、動かしやすいのが特徴です。広い範囲を長時間掃除していても、手に負担をかけることなく掃除できます。

ヘッドやノズル部分は自由に動かせるため、狭いすき間や家具の下などの細かい部分も掃除しやすいです。

キャニスター掃除機の選び方

キャニスター掃除機の選び方

キャニスター掃除機は、さまざまなメーカーから数多くのモデルが販売されています。そのため、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

ここでは、キャニスター掃除機が選びやすくなるポイントをご紹介します。

集じん方式で選ぶ

キャニスター掃除機の集じん方式は、大きく分けて紙パック式とサイクロン式の2つです。

紙パック式は、専用の紙パックを集じんタンクに付けて、その中にゴミが吸い込まれる仕組みです。溜まったゴミは、紙パックごと取り外して捨てるだけなので、手を汚さずにゴミを捨てられます。

また、紙パックがフィルターの役割をしているため、定期的なお手入れが不要なのも嬉しいポイントです。

ただし、紙パックは使い捨てのため、ランニングコストはかかってしまいます。掃除をしたら毎回ゴミを捨てるわけではありませんが、少なからずランニングコストがかかることを覚えておきましょう。

【2022年最新】紙パック式掃除機おすすめ人気14選 | サイクロン式との違いやメリット

一方、サイクロン式は、ゴミが内蔵されているダストカップに溜まる仕組みになっています。ゴミが溜まっても吸引力が落ちにくいのが特徴です。

ダストカップに溜まったゴミは、ワンタッチで捨てられるものが多いので、手を汚さずにゴミを捨てられます。ただ、捨てるときにゴミが飛び散ったり、舞い上がったりしやすく、ダストボックスやフィルターのお手入れが必要なのはデメリットともいえます。

しかし、サイクロン式は、吸引力が落ちにくく、紙パックなどのランニングコストがかからないので経済的です。排気される空気がキレイなので、赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心して使えます。

【2022年最新】サイクロン掃除機おすすめ人気15選|コードレスやキャニスターを徹底比較

電源方式で選ぶ

キャニスター掃除機は、コンセントから直接電源を供給するコード式と、充電して使うコードレス式があります。

コード式なら、コンセントに挿して使うため、長時間使っても吸引力が落ちないため、運転時間を気にせず掃除できます。また、バッテリー交換や充電などは必要ありません。

ただし、コード式は、コードが届く範囲しか掃除できないため、使用できる範囲が限られてしまうのがデメリットです。近くにコンセントがない場所は、コードレス式の掃除機の方が向いています。

キャニスター掃除機といえば、コード式が一般的ですが、最近ではコードレス式も多くなってきています。キャニスター掃除機の特徴である高い吸引力はそのままで、コンセントが近くにない場所でも使えます。

満タンに充電しておけば、20~30分ほどは運転できるので、普段の掃除には十分でしょう。連続運転時間や充電時間は、商品によって異なるので、購入前にチェックしておくことが大切です。

【2022年最新・徹底比較】コードレス掃除機おすすめ人気10選|人気メーカーや紙パック式も 【2022年最新】安くておしゃれなコードレス掃除機おすすめ人気9選!5,000円以下のものも

ヘッドの種類で選ぶ

ヘッドの種類によっても、吸引力が大きく変わってきます。掃除する場所によっても使えるヘッドが違うため、最適なヘッドを選ぶのがポイントです。

ここでは、主流のタービンブラシとパワーブラシ、自走式パワーブラシ、フロアブラシを見ていきましょう。

タービンブラシは、フローリングに最適なヘッドです。ヘッドに内蔵されているブラシを風の力で回転させて、ゴミを吸い取ります。モーターが内蔵されていない分、ヘッドが軽く、価格が安いのが特徴。

パワーブラシは、内蔵されたモーターによってブラシが回転するので、床の細かいゴミなどをかき出しながらゴミを吸い取ります。掃除する床面を選ばないので、家中で使えるのが嬉しいポイントです。

自走式パワーブラシは、ヘッドを軽く押すだけで、前進するのをサポートしてくれるので、楽に掃除できます。摩擦抵抗が大きいと、押す力が必要になりますが、自走式なら軽く押すだけなので、軽い力で掃除できます。

フロアブラシは、回転ブラシではなく、幅広く細長いブラシをヘッドに搭載しています。回転しないため、ゴミをかきこむ力は劣ってしまいますが、上記の3つのヘッドに比べて、軽くて扱いやすいため、高い場所の掃除にもピッタリです。

吸引力を重視して選びたい場合は、「吸引仕事率」に注目する

キャニスター掃除機の吸引力を重視するなら、「吸引仕事率」にチェックして選びましょう。一般的にワット数で表記されることが多く、数字が大きくなるほど吸い込む力が強くなります。

ただし、吸引仕事率は、ヘッドの種類や使う床面によって変わるため、あくまで目安程度に捉えましょう。

機能性で選ぶ

少し前までのキャニスター掃除機は、シンプルなものが多かったですが、最近では機能性が高いモデルも多くなっています。

フローリングが多いなら、掃除機をかけることで拭き掃除したようにピカピカにしてくれる「拭き掃除用ブラシ付き」がおすすめです。ゴミを吸い取ると同時に、拭き掃除もしてくれるので、掃除の手間が軽減されます。

また、ペットを飼っている家庭なら、クリーンセンサーが搭載されているものがおすすめ。クリーンセンサーが搭載されていると、見えないゴミやハウスダストを検知して知らせてくれます。本体に付いているランプの色で確認できるため、よりキレイに掃除できます。

静音性にも注目する

掃除機の運転音が気になる方は、騒音レベルにも注目しましょう。キャニスター掃除機は吸引力が高いため、他のタイプに比べると騒音レベルが高くなります。

そのため、早朝や夜に掃除機をかけることが多い方は、騒音レベルもチェックしておくと安心です。

【2022年最新】音の静かな掃除機おすすめ人気18選!赤ちゃんがいるお宅でも安心

キャニスター掃除機のメーカー別特徴

キャニスター掃除機のメーカー別特徴

キャニスター掃除機を販売しているメーカーはいくつもあり、それぞれのメーカーによって異なる特徴を持っています。ここでは、人気7社の特徴を見ていきましょう。

東芝

『東芝』の掃除機は、キャニスタータイプやスティックタイプ、サイクロンタイプなど、さまざまな種類が展開されている「トルネオ」シリーズを展開しています。

トルネオシリーズは、軽くてコンパクトなので、取り回しがしやすくなっています。

また、騒音レベルが低いのも特徴です。昼間は忙しく、夜に掃除機をかける方が多い方にもおすすめです。

【2022年最新】『東芝』の人気おすすめ掃除機13選!軽いのにパワフルな吸引力が持続

ダイソン

『ダイソン』のキャニスター掃除機は、パワフルな吸引力が持続するのが特徴です。サイクロン式なので、吸引力が変わらないのも魅力。

また、パワフルな「ダイソンデジタルモーター」が搭載されていて、高速回転をすることで、ゴミと空気を分離して、キレイな空気を排出します。ヘッドの種類も豊富なので、家中のさまざまな場所を掃除できます。

【2022年最新】『ダイソン』の人気おすすめ掃除機12選!「吸引力が落ちない」有名メーカーをチェック

パナソニック

『パナソニック』のキャニスター掃除機は、独自の機能が多様に搭載されているのが特徴です。

目には見えない非常に細かいハウスダストまで検知してくれる「クリーンセンサー」や、髪の毛やペットの毛がブラシに絡みにくい「からまなブラシ」などの便利な機能が多数あります。

高い機能性や、お手入れを簡単にしたい方におすすめです。

【2022年最新】『パナソニック』人気おすすめ掃除機19選!最新機種からロングセラーモデルまで

日立

『日立』のキャニスター掃除機は、パワフルな吸引力とキレイな排気が特徴です。ヘッド内の圧力を動きに合わせて調節して、ゴミを効率よく吸い取ってくれます。

また、軽さに特化したモデルが多いです。軽量なキャニスター掃除機を探している方は、「パワかるサイクロン」や「かるパック」シリーズをチェックしてみましょう。

【2022年最新】『日立』掃除機の人気おすすめ13機種をご紹介!種類別の特徴も

シャープ

『シャープ』のキャニスター掃除機は、独自技術の「プラズマクラスター」が搭載されているのが特徴です。

掃除機をかける際に、プラズマクラスターイオンが発生して、空気中の菌やウイルス、アレル物質の作用を抑制して、キレイな空気を排気してくれます。

吸引力の高さと騒音レベルの低さも、他のメーカーに負けていません。

【2022年最新】『シャープ』の人気おすすめ掃除機15選!幅広いラインナップから自分に合った機種を選ぼう

三菱電機

『三菱電機』のキャニスター掃除機は、排気される空気のキレイさが特徴です。

ヘッド部分にアレル物質を抑制する「アレルパンチ植毛」や、0.5μm以上の非常に細かいゴミも逃さない独自の「クリーン排気システム」が搭載されています。

また、家具の下などの狭い場所も掃除しやすい「フラッドヘッド機構」や、簡単に操作できる「かるすまグリップ」など、操作性が高いのも魅力です。

【2022年最新】『三菱』のおすすめ掃除機8選|「ニクい」ほど快適に掃除ができる機能が充実!

アイリスオーヤマ

『アイリスオーヤマ』のキャニスター掃除機は、リーズナブルな価格帯なのに、吸引力と機能性が高いことが特徴です。さらに、自走式パワーヘッドで、軽い力で押すだけでスイスイと進み、しっかりとゴミを吸い取ります。

また、コンパクトだけではなく、本体やホースが立てられるので、すっきり収納できるのも嬉しいポイントです。

アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】

【2022年最新】『アイリスオーヤマ』の人気おすすめ掃除機13選!目的に合わせて使いやすいアイテムを選んでみよう

【紙パック式】キャニスター掃除機おすすめ人気10選

【紙パック式】キャニスター掃除機おすすめ人気10選

まずは、紙パック式のキャニスター掃除機のおすすめ10機種をご紹介します。

【三菱電機】TC-GM1J-N

『三菱電機』の“TC-GM1J-N”は、本体重量が2.1㎏と非常に軽量なので、軽々持ち運びできます。軽さとパワフルな吸引力を兼ね備えているので、楽に家中の掃除をすることが可能です。

ヘッドは自走式パワーブラシを採用しているので、軽い力でグングンと吸い込み、長時間使っても疲れにくいのが嬉しいポイント。

また、ヘッドが平らになるフラットヘッド構造なので、ソファや家具の下も移動させずにそのまま掃除できます。

ゴミが溜まってもスムーズに風が流れるように、独自の風路構造なので、たくさんのゴミが吸い取れて、交換する回数も減らせます。

紙パックの交換の際も、驚くほど楽でスッと入れるだけでOK。

さらに備長炭を配合しているのでニオイをしっかりと脱臭して、アレル物質を抑制してくます。

軽い。軽すぎる。
ちゃんと吸い込む。排気が臭くない。ゴミがたまってもそこまで吸い込み量は落ちない。

本体が凄く軽いので、本体を片手で持って掃除していますがまったく疲れません。

猫を6匹飼っているので、毎日掃除機をかけています。
ほとんどのゴミは猫の毛と猫砂です。
吸い込みが落ちるまで、約1ヵ月くらいです。
活性炭の純正パックを使っているので、掃除機特有の排気臭はほぼ無いと言って良いです。
捨てるときもゴミの舞い上げはないので、ペットを飼っている人向きではないでしょうか。

出典:Amazon/Amazonカスタマーさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【三菱電機】TC-FXF7P-T

【第2位】三菱電機 Be-K TC-FXF7P-T

『三菱電機』の“TC-FXF7P-T”は、2.4㎏の軽量ボディで、楽々持ち運びができるキャニスター掃除機です。本体だけでなく、ブラシやパイプ、ホースも軽いので、階段や天井、棚上なども掃除機を持ったまま掃除できます。

高い脱臭効果が期待できる備長炭配合の「炭脱臭紙パックMP-9(3層)」と、モーター周りの「高性能クリーンフィルター」、「洗える抗菌アレルパンチフィルター」のクリーン排気システム構造で、微細なハウスダストも約99%以上も捉えてくれます。

手元部分には、棚の上などを掃除するのに便利な「すみずみブラシ」が装着されているので、細かい部分もしっかり掃除できます。

三年前くらいに買った海外メーカーの2万くらいのコードレスのサイクロンスティック掃除機をずっと使用してましたがこれがヒドイ!
店員さんに勧められて吸引力が落ちないならと買ったのに、始めから吸引力が弱いし使うごとにゴミ捨てなきゃ吸えないし、捨てる時にゴミは舞うし…。
それでも勿体ないと使用してましたが最近になってさらに吸引力が落ちたので色々レビュー見たり調べたりして紙パック掃除機に戻しました。
結果大満足です!!サイクロンに比べると安めなのに吸引力はしっかりしてるし紙パックなので捨てる時にホコリは舞わないし(^^)昔の掃除機のように重いのかなと覚悟してましたがコンパクトで軽くて驚きました!
隅のホコリもしっかり綺麗に取れます。コードで動きづらさはあっても全然満足のいく仕事ぶりです!買い替えてよかったー!

出典:Amazon/Amazonカスタマーさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【日立】かるパック CV-KV70G

『日立』の“かるパック CV-KV70G”は、本体2.7㎏と軽量かつコンパクトなので、持ち運びが楽々です。しかも吸引仕事率は600Wなので、パワフルな吸引力でゴミをキャッチします。

独自設計の高性能ファンモーターと、ヘッド部分から排気口までの空気の流れをスムーズにしているため、強力な吸引力を実現。

ヘッド幅を狭くすることで、前だけでなく、左右からもゴミを引き寄せるため、壁際や隅のゴミもしっかり吸い取ってくれます。さらに、ヘッド部分に付いている回転ブラシは、簡単に取り外しでき、水洗いができます。

また、ワンタッチでパイプの長さを調節できたり、ホースがねじれにくかったり、手元の操作でヘッドが左右90℃に曲がったり、ヘッドを浮かさずに奥まで掃除できたりと、使いやすさにもこだわりが満載です。

実家でD社のサイクロン掃除機で米粒を「掃き掃除」していました。集まった米粒は手で拾っていました。
ユーザーならわかると思います、この悔しさ。

この掃除機をかけてみたらパチパチパチパチ!といって吸いまくってます。
「まだ少し残っているな」と疑っていたら、元からあったフローリングの小傷でした。

・掃除機の性能に依存する余計なことに気を使わなくて良くなった
・鋭角でもヘッドの張り付きがよく、テーブル下もストレスフルになった
・結果、掃除時間が短くなった

掃除機はデザイン性ではなく実用性で選ぶのがいいんだと反省しました。

出典:Amazon/ゆうじさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【日立】CV-KP300G

『日立』の“CV-KP300G”は、電源コードを引くと、紙パックが振動する機能を搭載。使用するたびに紙パック内に付着した微細なチリを落とす機能で、目詰まりを防いでくれます。

また、独自の高性能なファンモーターを搭載しているのもポイントで、約650Wの吸引仕事率を実現。ヘッド部分から排気口まで空気がスムーズに流れるので、吸引力が落ちにくいのも魅力です。

また、動かす力や床面の種類を自動で検出して、ブラシやモーターの回転数を抑制する機能も搭載しています。強力な吸引力をキープしつつ、消費電力も抑えられるのも嬉しいポイント。「かるふきブラシ」も付いているので、拭き掃除も同時に行えます。

ヘッドは気密性を高めていて、ジェット吸引に対応しており、操作感の軽さと吸引力のパワフルさを兼ね備えています。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【パナソニック】MC-PJ20G

『パナソニック』の“MC-PJ20G”は、本体重量が2.7㎏と軽量ながら、吸引仕事率600Wの強力なのが特徴です。

モーターが搭載されたパワーノズルによって、家具が多かったり、間口が狭かったりしても、小回りを効かせながらスイスイ掃除できます。

パワーノズルには、隙間や高い場所を掃除するのに便利な「親子のノズル」と、「ふき掃除」が搭載。

「親子のノズル」は、ヘッド部分のペダルを踏むだけなので簡単。ふき掃除は、マイナスイオンが発生して、静電気を抑えられるため、フローリングのほこりやゴミをしっかりと吸い取って、拭き掃除をしたような仕上がりになります。

また、床上30㎝までの浮遊しているハウスダストをノズルの上方向から集めてキャッチ。小さいお子さんや、ペットがいる家庭でも安心ですね。

以前使っていた古い機種よりもだいぶ軽く、吸い込む力もかなり強いです。
電気屋の店員さんには部屋の掃除くらいならスティックタイプで充分と言われたのですが、紙パック式であることや吸い込む強さと、スティックタイプとは違い充電を気にせず掃除できるのが気に入っています。
どちらのタイプかかなり迷いましたが、スタイリッシュさや店員さんの推しよりも自分の生活スタイルや好みに合わせた方が満足度が高いと思います。

出典:Amazon/ふゆくいなさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【パナソニック】MC-PK21A

『パナソニック』の“MC-PK21A”は、2.7㎏の軽さと580Wの吸引力を兼ね備えたコンパクトモデルです。

「エアダストキャッチャー」機能が付いているので、床上30㎝に浮遊しているハウスダストをエアロノズルの上方向から吸気・集じんして、キャッチ。

「抗菌酵素加工フィルター」と、「アレル物質抑制加工フィルター」によって、排気される空気のキレイさも工夫されています。

一体感のあるボディ形状と、ピングゴールドの高級感のあるシェルデザインが、とてもおしゃれ。

ちょうどいい値段で購入できて、普通にしっかり吸い込んでくれるし、見た目も可愛いし、紙パックの取り付けも簡単でシンプルで、普通に大満足しています。毎日一緒にお掃除してくれて愛着沸いてます。

出典:Amazon/丸子さん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【東芝】VC-PH65A-W

『東芝』の“VC-PH65A-W”は、ハンドルが前に付いているので、楽に持ち運べます。

自走式ヘッドを採用しているため、軽い力でもスムーズに移動でき、フローリングを掃除するのにおすすめです。ヘッド部分は、丸洗いが可能なため、清潔な状態を保てるのも嬉しいポイント。

また、まっすぐ握れるグリップで楽にひねれるので、方向展開もスムーズにでき、壁際までしっかり掃除できます。

ヘッド部分はフラットになるので、ヘッドを浮かせることなく、ソファや家具、ベットの奥まで届き、約6.5㎝の隙間まで使用可能。

サイクロン(D社)Be**(M社)東芝と使い分けてますが、あまりにもM社の掃除機が吸い込まなくてイライラするので東芝の掃除機に買い替え。M社製品レビューでは吸引力あるとされてますが吸い取りません。
(猫砂など3往復位しないと完全に吸い取らない)我が家は7匹の猫を飼っていますが、猫砂・カリカリ食べ残し全て一発で吸い取ってくれます。そこは流石、東芝だな~と感心します。昔より軽くなったし、コードの出し入れ煩いけど音は一昔前よりは静かになってます。寧ろ、サイクロンD社と変わらない気もします・・・。吸引力の数字を気にする方が居ますが、まず我が家のようなペット沢山の家庭でない限りはこの掃除機で十分だと思います。

出典:Amazon/MKさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Miele】掃除機 COMPACT C2 SDCO 4 CLEAN MEISTER

ドイツの家電メーカー『Miele』の“COMPACT C2 SDCO 4 CLEAN MEISTER”は、「驚きの吸引力」「とにかく排気がキレイな排気性能」「長く変わらない高性能」を兼ね備えた最上位モデルです。

掃除機本体の気密性と、最適な空気の流れを確保するノズルの形状など、全体にこだわることで驚きの吸引力を実現しています。床面に合わせた6段階のパワーを切り替えることも可能。

モーター保護フィルターとソフト構造のダストバッグ、排気フィルターのエアクリーンシステムで、排気を徹底的にろ過するので、排出されるのは清潔な空気だけ。

また、自動で開閉する蓋つきのダストパックは、ゴミに触れずに交換できるのも嬉しいポイントです。一度吸い込んだほこりやハウスダストなどは舞い出ることもなく、直接ゴミに触れる心配もありません。

豊富な付属品で、家中のゴミやハウスダストをしっかり掃除できます。吸引力の高さと、排気のキレイさにこだわりたい方におすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【アイリスオーヤマ】IC-B102

『アイリスオーヤマ』の“IC-B102”は、シンプルで使いやすく、フローリングやカーペット、畳などに対応し、パワフルな吸引力でゴミを吸い取ります。

グリップ部分にある吸引力調節レバーを使えば、2段階に吸引力を調節できます。

ヘッドには軽いフロアブラシを採用し、約2.9㎏と軽量な本体なので、家具の隙間を縫うような動きもスムーズにでき、本体を持ちながら階段掃除も可能。

付属のすきまノズルを使えば、高い場所やサッシの掃除にも使えます。

さらに、パイプの長さをワンタッチで調節できる「長さ調節ボタン」や、本体背面についているハンガーにパイプのフックでコンパクトに収納できたりと、使いやすさにも優れています。

予想以上の商品です。余分な機能がなく、コストパフォーマンスが高いことがわかります。これぞ掃除機です。

出典:irisplaza/chi10panさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】

【山善】紙パック式 掃除機 クリーナー ZKC-300

『山善』の“ZKC-300”は、連結パイプを採用しているので、掃除する場所に合わせてサイズを変えて使えます。

本体背面には、パイプを固定できる挿し込み穴があるので、収納スペースを取る心配もありません。

サッシや壁際などの掃除がしやすい付属のすき間ノズルは、連携パイプに固定できるため、無くしにくいのも嬉しいポイント。電源をオン・オフするだけとシンプルな操作なので、簡単に使えます。

床用吸い込み口は、水で丸洗いできるので、常にキレイな状態で使用可能です。

シンプルでリーズナブルなキャニスター掃除機を探している方におすすめ。

総合的に悪くない製品かと思います。
1、ヘッドが小さめで使いやすい。2、結構軽い。3、吸引力も平均レベル。4、紙パックも標準的な仕様。5、取り回しにやや難あり。6、手元スイッチではないので不便。総合的(機能性、価格)を考えればこの価格で、良くぞここまで無駄な機能を切り捨て、安価な製品を生産できたと関心します。山善さんは、電気ヒーターにおいて、ファンが非常にパワフルで、素晴らしい製品を製造しおりましたので、そのノウハウを期待し、今回購入しました。

出典:Amazon/オウムマニアさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【サイクロン式】キャニスター掃除機おすすめ人気10選

【サイクロン式】キャニスター掃除機おすすめ人気10選

続いて、サイクロン式のキャニスター掃除機のおすすめ10機種をご紹介します。

【東芝】VC-C7A

『東芝』の“VC-C7A”は、本体重量2.2㎏と驚きの軽さを持つ、サイクロン式のキャニスター掃除機です。2つの気流を駆使した「デュアルトルネードシステム」で、99%以上の吸引力が持続します。

さらに、パワフルな気流でゴミを圧縮するので、ネット部分に付着するゴミを減らし、ゴミ捨てが簡単になります。フィルターとダストカップは、丸ごと水洗いが可能。

軽い力で動かせる「自走式カーボンヘッド」と、自然な角度で楽に握れる「新らくわざグリップ」で、掃除の負担を軽減できるのが嬉しいポイントです。

付属の「お手入れブラシ」と「すき間ノズル」を使えば、さまざまな場所をサッと掃除できます。

ダイソンかマキタとか、悩んでお店まで行きました。しかしダイソンだって充電池を2年ペースで交換。それ以外のコードレス掃除機はパワーがなさ過ぎて。
では、もう一度今までの掃除機のなにが嫌か考え直して、重さ!軽い奴を探そうと。
サイクロンで小さめのこのタイプなら片手持ちでいけるかもと購入しました。
大正解で掃除機には初の愛着まで感じます。
ゾウのようなスタイルから目を付けたら更に可愛くなりました!

出典:Amazon/Amazonカスタマーさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【日立】パワかるサイクロン CV-SP900J

『日立』の“パワかるサイクロン CV-SP900J”は、本体重量2.5㎏のコンパクトサイズで、300Wの吸引仕事率を持っています。

ヘッドの前方にはLEDライトが付いているため、掃除する部分が照らされて、見やすくなっています。今まで見えにくかったゴミも浮かび上がらせてくれるので、細かいゴミまでしっかりと掃除可能。

ブラシには「からまんブラシ」を採用し、ブラシの先端をループ状にすることで、髪の毛やペットの毛などが絡まりにくくなっています。ブラシ部分に絡まりにくいため、お手入れも楽々です。

さらに、ヘッドの前後の動きに合わせて、後ろのフラップが開閉する「シンクロフラップ」を採用。ヘッド内の圧力を調節して、床にヘッドが張り付くのを防ぐので、取り回しがしやすく、引くときもゴミを吸い取ってくれます。

パイプの長さは、ヘッドを踏んで、手元のレバーを引くだけで調節可能。

ダストカップに溜まったゴミを捨てるのはワンタッチ。ダストケースは分解でき、ブラシもヘッドから取り外しできて、水洗いできます。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【日立】パワーブーストサイクロン CV-SV90H

『日立』の“パワーブーストサイクロン CV-SV90H”は、強力なファンモーターとブーストサイクロン構造で、400Wのパワフルな吸引力が持続。

運転音は59dBと低いレベルなので、音を気にせず掃除機が使えるのが嬉しいポイントです。

補集率は99%で、微細なゴミやほこりもしっかりとキャッチ。

ダストボックスに集まったゴミは、ワンタッチで捨てられるだけではなく、空気の流れで圧縮しながらキャッチしているため、ゴミ捨て回数を減らせます。

ホースは、細くて軽い、しなやかな潤滑剤配合の硬質樹脂を採用し、ひっかかりを軽減しています。

吸引力も良く、使いやすいです。やはり日立の製品は良いです。 

出典:楽天/mountain2001さん

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【シャープ】EC-CT12

【第1位】シャープ サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C

『シャープ』の“EC-CT12”は、高速旋回気流によって、ブラシをパワフルに回転させて掃除します。フローリングや畳のから拭きもでき、「HEPAフィルター」で非常に微細なほこりも吸い取ってくれます。

フィルターのお手入れはつまみを回すだけだったり、ワンタッチでダストボックスが取り外しできたりと、お手入れがしやすいのも嬉しいポイント。

エコモードを搭載していて、掃除する動作や床の材質に合わせて、吸引力を自動的にセーブしてくれます。

1年使用のダイソンのコードレス掃除機と5年使用のパナソニックの紙パックをメインで使ってましたが、パナソニックが壊れた為、繋ぎのつもりで購入しました。

値段が1万切る掃除機には期待してなかったのですが、良く吸います。小鳥を飼っているので餌が床に落ちている事がありますが、ダイソンでは弾いてしまっていたのですが、これでは全て吸ってくれます。
また埃もガンガンに取ってくれるので、非常に掃除が楽しみになります。

またダイソンに比べお手入れがかなりラクです。

この掃除機はコスパ良すぎです。

出典:Amazon/こーさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【アイリスオーヤマ】IC-C102-W

『アイリスオーヤマ』の“IC-C102-W”は、吸引力が持続するので、微細なゴミやほこりを逃さずキャッチしてくれます。吸引力は強と弱の2段階に調節可能で、手元で簡単に切り替えが可能。

握りやすいハンドルで操作がしやすく、掃除がスムーズにできるので、長時間掃除しても疲れにくいです。

ワンタッチで長さを変えられるパイプは、48.5㎝から75cmまで調節できるので、掃除する高さに合わせて、簡単に調節できます。

また、フィルターは目詰まりしにくいため、吸引力が落ちにくいのも嬉しいポイントです。ダストカップはボタンを押すだけのワンタッチゴミ捨てが可能で、水で丸洗いもできます。

掃除機本体の重量は、非常に軽くて、コンパクトサイズなので、持ち上げたままの階段掃除や、高い場所の掃除も軽々。

ホースは背面にも底面にも固定できる箇所があるため、ホースを立てた状態で収納できます。

コードレス掃除機を希望していたものの
〇重たい 〇稼働時間の制限 〇バッテリーの劣化
等々のデメリットを知り購入を諦める。

トルネオとアイリス、最後まで悩みましたが
この商品に布団用掃除ヘッドを追加購入することに。

少々、音はうるさいですが吸引力も軽さも大満足です。

出典:Amazon/淑之助さん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】

【パナソニック】MC-SR590K

『パナソニック』の“MC-SR590K”は、本体重量2.6㎏、アタッチメント重量1.5㎏かつ、コンパクトなサイクロン式のキャニスター掃除機です。

ヘッド部分には、絡んだ髪の毛やペットの毛を自然に除去してくれる「からまないブラシ」を採用しているので、お手入れが軽減されます。

マイナスイオンが発生するので、静電気を抑制して、フローリングの菌まで引きはがして、まるで拭き掃除をしたかのようにツルツルに。

クリーンセンサー搭載で、約20μmの目では見えない微細なハウスダストまで検知して、ライトで知らせてくれるので、ゴミを残しません。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【iwoly】B12

【第8位】iwoly キャニスター B12

『iwoly』の“B12”は、回転ブラシが付いていないヘッドが採用されているため、髪の毛やペットの毛が絡まりにくいです。フローリングやカーペット、畳など、さまざまな床面に対応しています。

ダストカップの容量は約1.5Lで、ワンタッチで中身が捨てられるので、手が汚れません。また、ダストカップが汚れた場合は、分解して水洗いできます。

複数のノズルが付いているので、ソファや高い場所の掃除も簡単にできるのが嬉しいポイントです。

ゴミを吸い込むと本体内でくるくる回っているので掃除できているのがよくわかります。吸い込み力も十分に強く大きめのゴミもよく吸い取ってくれます。アタッチメントがいくつか付属しているので掃除したい場所ごとに変えることが可能。こちらも付け替えるだけなので簡単です。ダストボックス内に溜まったゴミもワンタッチでダストカップが外せてこまめに捨てれます。紙パック式と違ってゴミが本体に残っていないのは精神衛生上気持ちいいです。音は大きめですが夜中に掃除しなければ吸い込んでる感があって問題ないと思います。あと本体は大きめです。

出典:Amazon/トロンさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【ELEZON】サイクロン式 20000Pa 強力吸引 軽量 コード式 D100

『ELEZON』の“D100”は、本体重量3.3㎏の軽さと、超パワフルな吸引力を持ったキャニスター掃除機です。

ヘッドには、幅広い細長いブラシを採用しているため、操作しやすく、床を傷付ける心配もありません。平らになるので、ソファや棚の下もスムーズに掃除可能。

握りやすいグリップや伸縮パイプ、ノズルを組み合わせることで、天井やカーテンの上、通気口など、高い場所でも掃除が簡単です。

電源スイッチとコード収納スイッチは、掃除機本体にあるため、ポンと踏むだけで操作できます。

ダストカップは1.5Lの大容量なので、ゴミ捨てを頻繁に行う必要がなく、手間がかかりません。フィルターとダストカップは水洗いできるので、常にキレイな状態で使用可能です。

もともと吸引力とコードレスに拘って、ダイソンと日立を使用していたけど吸い口に糸や髪の毛が絡みつくことが多くローラーの回転が悪くなると吸い込みも悪くなり管理が面倒。とにかく作業中にストレスを感じない昔あったコードレスでない吸引力があって且つローラー式でない単純構造のものを探していた。思っていたものが見つかった。吸引力があって先端のブラシはワンタッチで出し入れできる。管理は楽。今のところトラブルなく良く吸い込んでくれている。たまったごみはワンタッチダイソン方式。音はするけどこれは掃除機、気にならない。価格からして国産品ではなさそうだけど、耐久性は届いたばかりで何とも言えないが、シンプルな構造だけに期待はもてる。重さに関しては重くはないが軽く感じるほどでもない。ポイントポイントの移動をしながらコードが邪魔しない範囲でコロコロ転がしたり、必要な時は持ちながら使っている。色は品がないけど我慢。

出典:Amazon/tomoさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【ダイソン】Dyson V4 Digital Absolute(CY29 ABL)

『ダイソン』の“Dyson V4 Digital Absolute(CY29 ABL)”は、クリーナーヘッド2点と掃除ツール5点が付属されているため、さまざまな場所を掃除するのに便利です。アタッチメントを付け替えれば、布団や高い位置の掃除もできます。

2層に配列されたサイクロンで、パワフルな遠心力を生み出せる「2 Tier Radial™ サイクロンテクノロジー」を搭載。毎分で最大11万回転する独自の「ダイソン デジタルモーターV4 搭載」で強力な吸引力を実現しています。

約0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%キャッチして、キレイな空気を排出できるのも魅力的。

また、360度回転する可動式ハンドルや、倒れても自動で起き上がる「セルフライティング機能」などを搭載しているので、操作性も抜群です。

ヘッドもホースも電源ケーブルまでいかつくて重いのですが、吸引力の力強さと音が静かさが良かったです。バッテリーではないので時間も気にしなくていいのが良いです。

出典:楽天/あーすえこっとさん

楽天市場
Yahoo!ショッピング

公式サイトはこちらから!


【三菱電機】TC-EM2X-W

『三菱電機』の“TC-EM2X-W”は、2.4㎏の軽量ボディで持ち運びも楽々。

自走式パワーブラシで、0.5μm以上の微細なゴミやほこりを99.9%以上を逃さずに、キャッチしてくれます。

グリップは軽い力で操作できるので、段差や階段などの掃除の際は、ヘッドを浮かせての方向転換が楽にできるのです。

ヘッド部分はフラットになるので、高さ10㎝までなら掃除でき、ソファやベッド、家具の下の掃除がスムーズに。

サイクロンボックスはシンプルな構造で、ダストボックスは丸洗いOKなので、お手入れがしやすいです。

10年以上使ったサンヨーの掃除機が壊れたため購入しました。使ってみてまずは軽さ、扱いやすさに驚き!流行りのダイソンのスティック型も持っていますが、家中を掃除するには重くて、やはりキャニスター型が軽くて良いです。コードは柔らかくて取り回しがしやすいです。ティッシュ取り替え式のフィルターも気に入っています。非常に良い買い物で満足です。

出典:Amazon/Amazonカスタマーさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

キャニスター掃除機で上手に掃除するコツ

キャニスター掃除機で上手に掃除するコツ

キャニスター掃除機は、ただ掃除機をかけるだけでも掃除できますが、コツを抑えることで、仕上がりが変わります。

最後に、キャニスター掃除機の上手な使い方のコツを3つご紹介します。

少しゆっくりしたリズムで動かす

掃除機をかける際は、早く動かすと吸い込みが悪くなるため、少しゆっくりしたリズムで動かすのがおすすめです。1往復にかける時間は、5~6秒がベストといわれているので、意識してみましょう。

また、掃除機を1回動かす距離は、自分の身長の半分くらいにするのがベスト。大きく動かしてしまうと、ヘッドが床から浮くため、吸い込みが悪くなります。

カーペットや絨毯は念入りに掃除する

ほこりが溜まりやすく、ダニが発生しやすいカーペットや絨毯を掃除する際は、念入りにしましょう。縦方向と横方向のどちらも、掃除するのがおすすめです。

まずカーペットや絨毯の毛を立てるように動かして、次に立てた毛を戻すように毛の流れに合わせて動かすことで、吸い残しが少なくなります。

月に1回はヘッドやダストボックスをお手入れする

キャニスター掃除機を使っていると、ダストボックスがいっぱいになったり、ヘッドに髪の毛やペットの毛などが絡まったりすると、吸引力が落ちます。

そのため、月に1度くらいの頻度で掃除機のお手入れをするのがおすすめです。

中には、ヘッドやダストボックスが水で丸洗いできるタイプもあるので、お手入れの手軽さを求める方はチェックしてみてください。

キャニスター掃除機はパワフルな吸引力と軽さが魅力!

キャニスター掃除機はパワフルな吸引力と軽さが魅力!

キャニスター掃除機は、パワフルな吸引力と軽量さから、多くの家庭でメイン掃除機として活躍しています。ただし、キャニスター掃除機には、さまざまなメーカーから数多くのモデルが販売されているので、比較しながら選ぶのがおすすめです。

キャニスター掃除機を選ぶ際は、集じん方式や電源方式、ヘッドの種類、性能、機能性、静音性などに注目して選んでいくことが大切。

自宅や自分の掃除方法に合ったキャニスター掃除機を見つけて、毎日の掃除を快適にしてくださいね。

掃除機の種類や機種の比較ポイント5つ!おすすめ人気18機種もご紹介

掃除機をお試しでレンタルするなら『家具のレンタル CLAS(クラス)』で!
家具のレンタル CLAS(クラス)

ご紹介したキャニスター掃除機一覧

araou編集部

本記事でご紹介した記事は、以下の通りです。商品名をクリックすると商品紹介にジャンプします。

紙パック式キャニスター掃除機
【三菱電機】TC-GM1J-N
【三菱電機】TC-FXF7P-T
【日立】かるパック CV-KV70G
【日立】CV-KP300G
【パナソニック】MC-PJ20G
【パナソニック】MC-PK21A
【東芝】VC-PH65A-W
【Miele】掃除機 COMPACT C2 SDCO 4 CLEAN MEISTER
【アイリスオーヤマ】IC-B102
【山善】紙パック式 掃除機 クリーナー ZKC-300

サイクロン式キャニスター掃除機
【東芝】VC-C7A
【日立】パワかるサイクロン CV-SP900J
【日立】パワーブーストサイクロン CV-SV90H
【シャープ】EC-CT12
【アイリスオーヤマ】IC-C102-W
【パナソニック】MC-SR590K
【iwoly】B12
【ELEZON】サイクロン式 20000Pa 強力吸引 軽量 コード式 D100
【ダイソン】Dyson V4 Digital Absolute(CY29 ABL)
【三菱電機】TC-EM2X-W

自分にピッタリの掃除機を見つけるなら!
掃除機の種類別ランキングはこちら!
掃除機の種類別ランキングはこちら!