うんちの汚れもすっきりキレイに!落とし方を詳しく解説

うんちの汚れもすっきりキレイに!落とし方を詳しく解説

赤ちゃんのうんちのついた衣類や、急にお腹を壊して下着を汚してしまったときなど、うまく洗えずシミが残ってしまった経験はありませんか?うんちの汚れはシミになりやすい頑固な汚れですが、正しい方法で洗えばすっきり落とせますよ!

うんちの汚れやシミが落ちにくい理由

うんちの汚れやシミが落ちにくい理由

うんちのついた衣類は、ふつうに洗濯しただけでは簡単に汚れが落ちません。それはなぜなのか、具体的に解説します。

うんちはいろいろな汚れが混じっているから落ちにくい

うんちの汚れは、いろいろな成分が含まれる「複合汚れ」です。様々な汚れでできている汚れなので、そう簡単には落とせません。

そのなかでも、最もやっかいなのがたんぱく質の汚れです。洗濯の方法を間違えてしまうと、固まって落としづらくなってしまいます。

うんちの汚れは、正しく洗ってキレイに落としましょう。

うんちの汚れをキレイに落とすポイント

うんちの汚れをキレイに落とすポイント

ここでは、落ちにくいうんち汚れをキレイに落とすためのコツをご紹介します。

汚れたらすぐに洗う

うんちは時間の経過とともに固まり、落ちにくくなってしまいます。汚れた衣類はすぐに洗うと汚れ落ちが良くなりますよ。

日光に当てて殺菌する

うんちには、ビリルビンという成分が含まれています。

ビリルビンは、紫外線に当てると色素が分解されるという特徴があるため、日光に当てて殺菌するとシミをキレイに落とせます。

洗濯をしたらすぐに乾かす

洗濯物をすぐに乾かさないと、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。雑菌が増えると、嫌なニオイの原因にもなりますので、脱水まで終わったら、なるべく早く乾かしましょう

うんちのついた衣類を洗濯するときの注意点

ゴム手袋

うんちのついた衣類を洗濯するときには、いくつか気を付けて欲しいポイントがあります。

汚れが残っている場合は熱を加えない

うんちの付いた衣類を洗濯するときは、50℃以上のお湯は使わないようにしましょう。

うんちの中に含まれるたんぱく質は、熱を加えると固まって落ちにくくなってしまいます。キレイに汚れを落とすために、必ず水かぬるま湯で洗ってください。

固形のうんちを取り除くときは必ず手袋をつける

固形のうんちを取り除いたり、うんちのついた衣類を洗うときは、感染症を防ぐためにも必ずゴム手袋を装着しましょう。手に嫌なニオイがついてしまうのも防ぎたいですね。

時間の経ってしまったうんちの汚れの落とし方

時間の経ってしまったうんちの汚れの落とし方

時間が経ってかぴかぴになったうんち汚れは、普通の洗濯では落ちないことも多いです。しかし、いくつか落とす方法があるので、試してみてくださいね。

ぬるま湯で大体の汚れを落とす

まずは、水かぬるま湯でうんちの汚れを落とせるだけ落とします。

もし、大量のうんちがついていたら、先にトイレで流したり、ティッシュなどを使って取り除くと楽ですよ

このとき、感染症を防ぐため、必ずゴム手袋をつけるようにしましょう。

固形石鹸を使って洗う

うんちの付いた頑固な汚れには、固形石鹸が効果的です。洗浄力も高く、シミ汚れもキレイに落とせます。

酵素入りの洗剤につけ置きする

固形石鹸で洗っても汚れが落ちなければ、酵素入りの洗剤につけ置きして、たんぱく汚れを分解するのもおすすめです。

タライや洗濯桶にぬるま湯(40度以下)を用意し、水量に適した洗剤を入れて洗浄液を作ります。

その中に、シミのついた衣類を入れて、1時間程度つけ置きしましょう。シミが落ちていないようなら、さらに1時間くらい置いておいてください。

シミが落ちていれば、そのまま洗濯機に入れて普段通りの洗濯をすればOKです。

酸素系漂白剤につけ置きする

ここまで紹介した方法を試しても落ちなければ、酸素系漂白剤を使用しましょう。液体の漂白剤でも良いですが、粉の酸素系漂白剤の方が汚れ落ちが良くおすすめです。

うんちのニオイが落ちないときの対処法

うんちのニオイが落ちないときの対処法

うんちで汚れた衣類は、シミだけでなく、ニオイも気になりますよね。ここでは、ニオイを落とす方法をご紹介します。

酸素系漂白剤につけ置きする

漂白剤には、塩素系と酸素系がありますが、塩素系は漂白する力が高い分、色柄物には使用不可です。

酸素系は、塩素系と比べると漂白力は劣りますが、繊維への負担も少なく、色柄物にも使用できます。除菌・殺菌力もあるので、ニオイも気になるうんちで汚れた衣類の洗濯に適しています。

  • 手順1
    タライや洗濯桶にぬるま湯(40度程度)を用意し、パッケージに書かれた適量の漂白剤を入れる。
  • 手順2
    1の漂白液の中に衣類を入れて1~2時間つけ置きする。
  • 手順3
    洗濯機に入れて普段通りの洗濯をする。

重曹につけ置きする

重曹には、汚れを落とす働きのほかに、ニオイ物質を吸着し、消臭する効果も期待できます。

  • 手順1
    タライや洗濯桶にぬるま湯(40度程度)を用意し、パッケージに書かれた適量の重曹を加える。
  • 手順2
    1の中に衣類を入れて1~2時間つけ置きする。
  • 手順3
    洗濯機に入れて普段通りの洗濯をする。

消臭効果の高い柔軟剤を使用する

柔軟剤を使うと、洗濯物をふんわり柔らかくし、良い香りをつけることができます。また、柔軟剤の中には、消臭効果の高いものもあるので、ぜひ使用してみてください。

うんちの付いた衣類の汚れ・シミの落とし方

うんちの付いた衣類の汚れ・シミの落とし方

それでは、うんちの付いた衣類の汚れやシミの落とし方についてご説明します。

ゴム手袋をつける

うんちの付いた衣類の汚れを落とすときは、感染症を防ぐため必ずゴム手袋をつけるようにしましょう。手にうんちがついて、ニオイがつくのも防げます。

ティッシュで固形のうんちを取り除くティッシュなどで固形のうんちを取り除く

まだ固形のうんちが衣類に残っている場合は、最初にティッシュなどを使って取り除きます。トイレに流してしまえば、片付けも楽ですよ。

汚れた部分をぬるま湯で洗う

固形物を取り除いたあとの衣類の、汚れたところをぬるま湯(40度程度)を使って洗い流します。

固形石鹸で洗う

ぬるま湯で洗い流し、汚れがある程度落ちたら、固形石鹸を直接塗りつけてもみ洗いするか、歯ブラシに石鹸をつけてゴシゴシ洗いましょう

すぐに対処すれば、ここまでの工程で汚れはだいぶキレイに落とせます。

すすぎを行う

石鹸を使って洗って洗い終わったら、水かぬるま湯ですすぎをします。

洗濯機に入れいつも通りの洗濯をする

すすぎまで行って汚れが落とせていれば、あとは洗濯機に入れて通常通りの洗濯をすればOKです。

酸素系漂白剤を使った落とし方

酸素系漂白剤を使った落とし方

次に酸素系漂白剤を使用したうんち汚れの落とし方を説明します。

ゴム手袋をつける

うんちには雑菌がいるので、ゴム手袋は必ず装着しましょう。

ティッシュで固形のうんちを取り除く

下着などに固形のうんちが残っていれば、先に取り除いてください。

汚れた部分をぬるま湯で洗う

ぬるま湯(40度程度)を使って衣類を予洗いしておきます。

洗濯おけにぬるま湯を用意する

タライや洗濯おけを用意し、ぬるま湯(40度程度)を溜めましょう。

酸素系漂白剤を加える

ぬるま湯(40度程度)を用意し、水量に合わせてパッケージに記載されている分量の漂白剤を加えます。

つけ置きをする

漂白剤を溶かした液の中に衣類を1~2時間程度つけ置きしてください。

すすぎを行う

汚れが落ちていたら、水かぬるま湯ですすぎをしましょう。

洗濯機に入れいつも通りの洗濯をする

すすぎをしたら、洗濯機に入れていつも通りの洗濯をします。ほかの洗濯物と一緒でも大丈夫です。

うんち汚れの洗濯におすすめのアイテム

うんち汚れの洗濯におすすめのアイテム

うんち汚れを落とすのにおすすめのアイテムをご紹介します。

【東邦】ウタマロ石けん

“ウタマロ石けん”の特長は、なんといっても洗浄力の高さです。通常の洗濯では落ちにくいドロ汚れ、エリ袖、メイク汚れなど頑固な汚れもすっきり落とします。

ウタマロ石けんは蛍光剤を配合しているので、黄ばんでしまった衣類も白く洗い上げます

石鹸ウタマロ石鹸で頑固な衣類汚れもきれいに!人気の秘密と使い方から注意点まで大調査

【サラヤ】アラウ.ベビー洗濯用部分洗いせっけん

うんちや食べこぼしなどで、汚れやすい赤ちゃんの衣類やスタイの汚れに強い、純石けん99%の石けんです。ラベンダーの天然精油を配合しているので、ほのかにハーブ調のやさしい香りがします。

洗濯洗剤サラヤの洗剤は肌に優しい地球にやさしい!全ラインナップと口コミをご紹介

【Freddy Leck】ガルザイフェ 衣類シミ抜き用胆汁石けん

フレディレック・ウォッシュサロンとは、ドイツに実在するコインランドリーです。

“ガルザイフェ衣類シミ抜き用胆汁石けん”には、汚れを取り除く働きがある牛の胆汁が配合されています。ドイツで長年愛されているだけあって、汚れ落ちは抜群です。

【花王】アタック 高活性バイオEX

“アタック 高活性バイオEX”は、「スプーン一杯で驚きの白さに!」のキャッチフレーズにもある通り、洗浄力の高いバイオ酵素配合で、繊維の奥の奥の汚れまでパワフルに洗い上げます

皮脂やニオイ、ガンコなシミにも効果的です。

【ライオン】トップ プラチナクリア

4種類の酵素配合で、うんちの汚れはもちろん、食べこぼし、えり袖汚れなど幅広い汚れもキレイに洗い上げます。

界面活性剤、酵素、漂白剤、蛍光増白剤を組み合わせたアクティブクリア処方で、気になる汚れもすっきり落とせます

【花王】アタック 消臭ストロングジェル

うんちのついた衣類は、どうしてもニオイが気になるものですよね。

“アタック 消臭ストロングジェル”は、尿臭ブロッカーEX・高浸透洗浄成分配合の嫌なニオイ汚れに特化した洗剤なので、嫌なニオイの元からすっきり落としてくれます

【花王】ワイドハイターEXパワー

“ワイドハイターEXパワー”は、なかなか落ちないニオイの元から強力に分解します。

つけ置きしたり、洗剤と一緒にキャップ1杯加えるだけで、いつものお洗濯だけでは落としきれない汚れもしっかり落とします

酸素系の漂白剤なので、色柄物にも利用可能です。

【グラフィコ】オキシクリーン

“オキシクリーン”は、衣類のシミや汚れを漂白、消臭、除菌する酸素系漂白剤です。オキシクリーンを溶かすと、酸素の泡をたっぷり放出し、頑固な汚れもはがして落とします

過炭酸ナトリウムから発生する活性酸素が、ニオイ汚れも取り除いてくれますよ。

【サラヤ】アラウ 酸素系漂白剤

“アラウ”の酸素系漂白剤は、刺激の強い合成界面活性剤や塩素系漂白剤を配合していないため、色柄ものや赤ちゃんの肌着にも安心して使えます

肌に優しいだけでなく、気になる汚れやニオイもキレイに落としますよ。天然ハーブ100%のラベンダー油&スペアミント油の香りも心地よいです。

【シャボン玉】 酸素系漂白剤

酸素の発泡パワーで汚れをすっきり落とす漂白剤です。酸素の力で漂白、消臭、除菌もしてくれます

塩素系漂白剤のようなツーンとしたニオイもなく、色柄ものにも使えて使い勝手が良いのも魅力です。

タオル『シャボン玉せっけん』の洗濯用石けんを使って安全で環境に優しい洗濯を!全7つのラインナップをご紹介

うんち汚れも正しい方法で洗えばキレイに落とせる!

うんち汚れも正しい方法で洗えばキレイに落とせる!

うんち汚れは、シミになりやすくニオイも落ちにくい頑固な汚れです。

しかし、正しい洗濯方法で洗えば、汚れもニオイも気にならないキレイな状態に洗い上げることができます。

ぜひ、今回紹介した洗濯方法や、アイテムを使って洗濯してみてくださいね。

赤ちゃん赤ちゃんの衣類におすすめの柔軟剤15選!使用はいつから?大人と一緒でもOK?という疑問を解決! 2020年最新!赤ちゃんも安心おすすめ洗濯洗剤10選&避けたい成分解説2020年最新!赤ちゃんも安心おすすめ洗濯洗剤10選&避けたい成分解説