赤ちゃん用の洗濯洗剤人気のおすすめ10選!無添加でお肌に優しく安心して使用できる

赤ちゃんに使うならコレ!赤ちゃん用洗濯洗剤おすすめ10選!

MAHOKO

赤ちゃんの肌はとってもデリケート。今回は、赤ちゃんに合った洗濯洗剤の選び方や洗い方、おすすめの洗濯洗剤をランキング形式でご紹介します。「肌に優しくて刺激の少ない洗剤を選んであげたい!けれど、たくさん種類があって迷ってしまう…。」そんな親御さんは必見です!

赤ちゃんのための洗濯洗剤選びは慎重に!

赤ちゃんに使うならコレ!赤ちゃん用洗濯洗剤おすすめ10選!

赤ちゃんの肌は大人の肌とは違い、とてもデリケートです。そのため、洗剤もお肌のことを考えて選んであげることが大切です。まずは、赤ちゃんの肌について知っておきましょう。

赤ちゃんの肌の特徴

ふっくらもちもちしていて、とても気持ちがいい赤ちゃんのお肌。でも実は超がつくほどの乾燥肌です。生後3ヶ月くらいから皮脂の分泌量が減りだし、乾燥の原因となります。見た目にはみずみずしいので乾燥肌というイメージはないかもしれませんが、10歳くらいまでこの状態は続きます。

また皮膚の厚さは大人の半分程度しかなく、傷つきやすいので注意が必要です。赤ちゃんの肌がデリケートといわれるのは、赤ちゃん特有の皮膚の発達状態や成長する時期だからです。

赤ちゃんの皮膚の機能のついて

赤ちゃんは外部の刺激から肌を守る「バリア機能」が大人と比べて皮膚の厚さが半分程度しかなく、まだまだ未発達です。

バリア機能が未熟だと免疫センサーが大人よりも過剰反応になり、ちょっとした外からの刺激にも反応してしまいます。さらに、よだれや汗などを拭き取るときの摩擦などは、バリア機能を一層低下させ炎症の原因になります。

赤ちゃんの肌を守りましょう

スキンケアをすることは赤ちゃんにとって、大人がする以上にとても大事なことです。スキンケアをきちんとすれば乾燥や紫外線から肌を守ることができ、乾燥しないことで肌荒れを抑制することもできます。乾燥しやすい冬だけでなく、1年を通してたっぷり保湿をしてあげましょう。

またスキンケアの他に、洗濯洗剤を吟味して選んであげましょう。直接肌に触れるベビー服に残留した刺激物質が原因で、肌が荒れたりかぶれたりすることがあります。赤ちゃんのお肌を守ることができるのは、ママとパパです。もちもちツヤツヤな肌を維持するために、洗濯洗剤の選び方を学んでいきましょう。

赤ちゃん用洗濯洗剤の選び方

赤ちゃんに使うならコレ!赤ちゃん用洗濯洗剤おすすめ10選!

世の中に出回っている一般的な洗濯洗剤の中には、赤ちゃんにとって肌トラブルの原因になる成分が含まれているものがあります。「ベビー用」「無添加」と、表記されている物を選んでおけば安心!というわけではないので注意が必要です。何が無添加なのか?どんな成分が含まれていて、赤ちゃんにとってどんな成分がよくないのか?を知ることから始めましょう。

気をつけるべき成分

赤ちゃんにとって刺激の強い成分、避けたい成分を紹介します。

界面活性剤

市販の洗剤の大半に含有されている「界面活性剤」ですが、「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」の2種類があります。天然界面活性剤はサポニンやペプチドなどのように、もともと自然界の中に存在する物質のことで、皮膚への刺激は少ないです。

一方、合成界面活性剤は人の手で科学的に作られました。洗浄力をアップするために強力な成分を含ませています。人の肌への刺激も強く、すすぎ残しが肌から浸透するほどといわれています。赤ちゃんの敏感な肌に触れる服に成分が残っていると、肌荒れや湿疹が出ることもあるので注意が必要です。

蛍光増白剤

「蛍光増白剤」は紫外線を吸収して汚れや黄ばみを消し、衣類を白く保つ役割を果たしています。少量が繊維に付着していても重大な影響はないとされていますが、アレルギー反応を引き起こす可能性があるとの報告もあります。不安を感じるようであれば、乳児の間だけでも蛍光増白剤を含んでいない洗剤を選ぶことをおすすめします。

合成香料

洗濯洗剤には香り成分が含まれている物が多くあります。「いい香りの方が、リラックスできて赤ちゃんも喜ぶはず!」と思うかもしれませんが、香りがするということは洗濯後に残留する成分が多いということです。赤ちゃんの肌に刺激を与える可能性もあります。

また、産まれたばかりの赤ちゃんは目はぼんやりとしていて視力が弱いので、ママのおっぱいを匂いを頼りに見つけると言われています。香りが強いと、おっぱいの香りを見つける妨げになるかもしれません。できれば、香り成分の入っていない洗剤を選ぶようにしましょう。

抗菌剤

抗菌剤には色々な種類のものがありますが、主な働きとして繊維に残ってばい菌のたんぱく質を除去し、殺菌するという効果があります。そのため、まだバリア機能が未発達な赤ちゃんには刺激が強く肌荒れを起こしてしまうかもしれません。できれば避けるのが安全ですが、どうしても肌着に残るばい菌が気になる場合はしっかりとすすぎをしましょう。

無添加洗剤の落とし穴

Tane_yoneさん(@tane_yone)がシェアした投稿

お肌の弱い赤ちゃんのためにベビー用洗濯洗剤や無添加洗剤を選ぶ方が多いと思います。しかし、無添加だからといって油断は禁物です。「無添加」「赤ちゃんのお肌にやさしい」と書かれていても、実際には普通の合成洗剤と変わらないくらいの成分が含まれているものもあるからです。

無添加洗剤は、せっけんを主成分とするものも多くありますが、それだけではありません。「無添加」の定義はとてもあいまいで、商品によっては、1種類の添加物が入っていないだけでも無添加とうたっているものもあります。また、添加物の含有量が1%未満の場合は、成分欄に記載する義務がないため、成分表だけでは判断しづらい商品もあるので注意が必要です。そんなときは、純石けん分100%の洗剤を選ぶようにしましょう。

黒カビが発生しやすい

洗濯石けんは洗浄力もあり肌にも優しいので人気があります。しかし、カビが生えやすいのが難点です。石けんかすが出やすくそれが餌となり黒カビが発生しやすい環境を作ってしまいます。黒カビはアトピーやアレルギーの原因になることもあるので、定期的に洗濯槽の掃除をするようにしましょう。

いつから大人と一緒に洗濯できる?

同じベビー用洗剤を使うなら、特に分けて洗濯をしなければいけないということはありませんが、大人の新品の服にはホルムアルデヒドがついていたり、取りきれなかった汚れが赤ちゃんの服について肌荒れの原因になったりするので、少なくとも生後1ヶ月までは分けて洗濯する方が多いようです。

赤ちゃん用無添加洗濯洗剤のおすすめ10選!人気のあるものはどれ?

【サラヤ】アラウベビー洗濯用せっけん

赤ちゃん用の衣類やおむつだけでなく敏感肌の方も使うことができる、無添加石けん+天然ハーブのアラウ、ベビー洗濯用です。ラベンダーとスペアミントの天然成分が含まれていて香りをかぐだけでもリラックスできます。

また、溶解性に優れた液体なので速やかにすすぎもでき、合成界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、合成香料、着色料、保存料は無添加です。柔軟剤が入っていないのにふっくら柔らかに洗い上がります。赤ちゃんの食べこぼしや母乳・ミルクで汚れてしまったときにも、手肌をいたわるアロエエキスが配合されているので手洗いのときも安心です。

公式サイトはコチラ

洗濯洗剤アラウの成分は?気になるカビや臭いも徹底解明!arau.(アラウ.)洗濯用せっけんの成分と効果に迫る!カビが発生しやすい原因と臭いについても徹底解明

【ミヨシ石鹸】無添加 ベビーの肌着洗いせっけん

純石けん成分として30%脂肪酸カリウムを使用しています。人工的な香りはなくほのかに石けんの香りがします。水と石けんのみで作られているので、アトピーや敏感肌の方も使うことができます。

赤ちゃんのミルクや食べこぼしの汚れもやさしく洗い上げ、繊維もささくれ立ちません。そしてこちらの洗濯洗剤は、ボトルも優れています。片手で液を計量することができ、育児中は赤ちゃんを抱っこしたり片手がふさがることが多いので大助かり!片手でお洗濯スタートまでスムーズにできます。

公式サイトはコチラ

【P&G】さらさ

蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加の洗濯洗剤です。自然由来の洗浄成分なので、きちんと洗い上がるのに、柔らかな仕上がりになります。また、洗浄成分に「高活性オーガニック酵素」が配合されているので、汚れをしっかり落とし衣類本来の白さに洗い上げます。皮膚科医の監修のもと肌テスト済なので、赤ちゃんの衣類にも安心して使うことができます。

公式サイトはコチラ

さらさ 無添加 洗濯洗剤さらさの衣料用洗濯洗剤は無添加でやさしい!成分を詳しく知ってから使ってみよう

【ピジョン】赤ちゃんの洗たく用洗剤ピュア

ベビー用品メーカーとして広く知られているピジョンが「育児の楽しさ・幸せと赤ちゃんの安心・安全」をコンセプトにしたベビー用洗濯洗剤です。洗剤残りの心配がなく、水通しのときから使うことができます。ピジョンが規定している衣類の洗剤残りテスト、皮膚刺激テスト、アレルギーテストをクリアしており、無着色、無香料、無漂白剤、無リン、無蛍光剤で天然植物由来の洗浄成分を使用しています。

公式サイトはコチラ

【サラヤ】ヤシノミ洗たく用洗剤

ヤシノミ由来の洗浄成分で汚れをしっかりと落とし、蛍光増白剤・漂白剤・香料・着色料・抗菌剤は無添加です。また、排水後は微生物によって分解されるので、環境にもやさしく、赤ちゃんの衣類にも安心して使うことができます。皮ふ刺激テスト済です。

公式サイトはコチラ

【エコベール】デリケートウォッシュ

エコベールは1979年環境活動家によって、ベルギー北部のマーレーという町で誕生しました。サステナブル(持続可能)なエコクリーナーブランドとして欧米を中心に知名度をあげてきました。植物とミネラル原料をベースとしたエコロジカルな洗浄剤の開発・製造に努めており、作られる洗剤はすべて植物などの自然由来の成分。下水場や浄化槽などで分解され自然に帰ります。

公式サイトはコチラ

エコベール 洗濯洗剤『エコベール』の洗濯洗剤は地球とお肌に優しい!5種のラインナップを一挙公開

【エコストア】ランドリーリキッド

ミネラル成分が豊富に含まれた大地で生産される「エコストア」の商品は、ニュージーランドでは90%以上の店舗で選ばれている有名ブランドです。濃縮タイプの液体洗剤で、お肌にやさしく衣類を清潔に仕上げます。もともとニュージーランドや日本では洗剤類には成分を全部表示する義務はありませんが、エコストアでは全成分を表示しています。ボトルもサトウキビを原料にした再生可能な容器を採用しており地球環境にも配慮しています。

公式サイトはコチラ

【サラヤ】ハッピーエレファント液体洗たく用洗剤

天然酵母の発酵によって生み出される天然の洗浄成分(ソホロリピッド)と食品成分のみでつくられた刺激成分ゼロの安心の洗剤です。合成界面活性剤・蛍増白光剤・漂白剤・着色料・香料は無配合なので、赤ちゃんや敏感肌の方も安心して使うことができます。皮ふ科医が行った皮ふ刺激テスト済みです。天然成分100%ラベンダー&ティートゥリーのさわやかな香りで癒されます。

公式サイトはコチラ

【メイドインアース】液体石鹸

天然のココヤシの実を原材料にしています。純石けん分のみの液体洗剤です。製法プロセスを12回段階も繰り返しているので高い洗浄力あり、匂いもほとんどありません。最大の特徴としては食器用、掃除用、例えばバスルームや床、窓ガラスの掃除などとにかく何にでも使うことができます。1本でさまざまな用途があるというのは便利ですね。

オーガニックコットン製品のメーカーがこだわって作ったこともあり、配合成分に合成界面活性剤はゼロ。しかし、乳酸菌・納豆菌・酵母菌をミックスして独自手法で仕上げた「善玉菌酵素」がしっかり汚れを落としてくれます。洗浄力は高く洗い上がりはふんわりとします。アトピーの方も安心して使うことができる洗剤です。

公式サイトはコチラ

【ネオナチュラル】neobaby善玉菌酵素洗たく洗剤

ネオベビー洗剤は、合成界面活性剤ゼロで(石けん成分0.5%以下)乳酸菌・納豆菌・酵母菌・こうじ菌を合わせて独自製法で発酵させ特殊な酵素を使用したエコ洗剤です。赤ちゃん洗剤によくある洗濯石鹸でも合成洗剤でもなく、酵素で汚れを分解(第3の洗剤)します。

お肌にやさしく、赤ちゃんやアトピーの方も安心して使うことができます。酵素で汚れを分解するので洗濯槽までピカピカに!洗濯物へのカビの再付着を防ぎます。また、衣服に残った皮脂汚れや合成界面活性剤が酸化してできる黄ばみもネオベビー洗剤は、元に戻してくれます。独自で栽培したラベンダーとカモミールエキスが入っていて、ふんわりとさわやかな洗い上がりになります。

公式サイトはコチラ

意外にも!?赤ちゃんも使ってOKな一般用洗濯洗剤3選

今まで赤ちゃん専用の洗濯洗剤や無添加の洗濯洗剤をご紹介してきました。では、一般用の洗濯洗剤は使ってはいけないのでしょうか。「赤ちゃんが使っても問題ないか?」の問いに各社ホームページのQ&Aには「赤ちゃんにも使用できる」との回答がありました。

ですが、先述したように、汚れが落ちやすく香りが残る物は界面活性剤や香料が多く含まれています。判断をきちんとするためにも、効果だけに惑わされず成分をよく見て判断することが大切です。

【ライオン】 スーパーNANOX

ナノックスは、黄ばみ・黒ずみ・臭いの原因となる皮脂汚れを浮かして、ナノレベルで汚れを分解します。濃縮タイプなのでボトルは小さくなっています。ナノックスの界面活性剤含有率は約53%。
濃密ディープクレンジング処方採用。新しい洗い方‘塗布放置洗浄’を行うことで、手強い汚れも落とします。

公式サイトはコチラ

【ライオン】ハイジア

プラスイオン抗菌成分が衣類に吸着し使い続けることで抗菌成分の吸着量が増加し、徐々に抗菌力が高まっていきます。皮膚の角質や食べこぼしなどのタンパク汚れに効果の高い洗浄成分を配合しており、酵素によって汚れが小さく分解され除去されます。衣類の菌は栄養源がなくなるので増えにくくなり、洗い続けることで抗菌力がアップします。

公式サイトはコチラ

洗濯洗剤におすすめ!トップの種類を詳しくご紹介トップの洗濯洗剤まとめ!液体から粉末タイプ・部分用まで一挙公開

【花王】アタックNeo

忙しい方におすすめの洗剤です。わずか5分の洗浄時間とすすぎ1回で真っ白に洗い上げます。また、新しい洗浄成分ウルトラアニオンが皮脂汚れやニオイを落とします。
これからの梅雨シーズンでも、抗菌効果が高いので部屋干しでもにおいません。

公式サイトはコチラ

R_56 アタック 洗剤花王の『アタック』洗剤の種類一覧!違いの比較や使い方・口コミをチェック

赤ちゃんの洗濯物の洗い方

ネットに入れて洗濯を!

ベビー服はデリケートな素材でできているものが多く、洗濯機で洗うと傷んだり、縫い目がほつれてしまうことがあります。その部分が赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまうこともあるので、ネットに入れて洗濯することをおすすめします。

うんちの汚れは

時間が経つと落ちにくくなってしまうので、早めに洗います。そのまま洗濯機には入れず汚物を拭き取ってから手でもみ洗いをします。がんこな汚れのときはぬるま湯に少量のベビー用洗濯洗剤を溶かし、つけおき後に他の洗濯物と洗うようにしましょう。

ミルクのしみの落とし方

ミルクや母乳の汚れの原因はたんぱく質です。たんぱく質は時間が経つと固まってしまい水に溶けにくくなるので、できるだけ早くお湯で洗います。たんぱく質を分解する酵素の入った洗剤で30~40度のぬるま湯で洗うと効果的です。また、汚れ部分に重曹をぬって歯ブラシでこする方法もあります。

洗濯槽の掃除をしましょう

赤ちゃんの肌の天敵、黒カビを除去するためにも月に1度は洗濯槽の掃除をしましょう。洗剤の使用量を守り、余分な石けんカスのこびりつきを防ぎます。また、カビの繁殖を防ぐために洗濯機に濡れたバスタオルなどを入れたままにしないということも効果的です。

干すのは天気予報を見てから!

SUZUKI HOUSEさん(@szk_house)がシェアした投稿


太陽の光には殺菌効果があり、雑菌の繁殖を防ぎます。さらに漂白効果もあるので服についてしまったシミなどもだんだん目立たなくすることができます。天気がいい日はついつい外干しをしてしまいますが、まずは天気予報を確認しましょう。

花粉や黄砂、PM2.5などの赤ちゃんにとって有害な物質が付いてしまう恐れがあります。特にPM2.5の粒子はとても細かく、手で払うくらいでは取り除くことはできません。体内に入ってしまった場合は呼吸器系などに悪影響を及ぼすこともあります。日本気象協会のホームページで分布予測が確認できるので、洗濯物を干すときの目安にしましょう。

注意すべきこと

洗剤は規定量を守る

ベビーの衣類などを洗濯するときは、規定量を守るようにしましょう。規定量より入れすぎてしまうと、残留洗剤となってしまう可能性もあります。また、すすぎも大切です。洗剤の成分をしっかりと落としましょう。

皮膚のかぶれや肌荒れを起こしてしまった

赤ちゃんが洗濯した服に触れてかぶれや肌荒れを引き起こした場合、洗剤だけでなく洗濯方法も見直してみましょう。

  • お風呂の残り湯を使っていないか(雑菌がたくさんいます。)
  • 洗剤のすすぎ残しはないか(溶け残りが衣服について刺激になります。)
  • 洗濯機に詰め込みすぎていないか(洗剤が溶けきらない原因になります。)

また、無添加表示なのに界面活性剤が使われていることも多々あります。よく注意して見ましょう。

赤ちゃんが服をなめてしまった

服の袖などをなめたりするのは成長の過程なのでしょうがないことです。神経質になることはありませんが、残留洗剤が口に入ってしまっていないかは気になるところ…。洗濯をするときは洗剤の量を減らし、すすぎの回数を増やすなどして、残留洗剤が残らないようにしましょう。

赤ちゃんのお肌のために私たちができること

産まれたての赤ちゃんのお肌を守ることができるのは育てる親だけです!日々の赤ちゃんのお世話をしながら、洗濯のことまで気を使うのは大変なことだと思います。ですが、最近は赤ちゃんの時期に肌をどれだけケアしていたかによって、大人になったときの肌質に影響があるとも言われています。できるだけ肌にやさしく刺激の少ない洗剤を選ぶことで肌ストレスをなくしてあげましょう。

赤ちゃんの服以外にも?水通しの必要性と洗濯機を使う場合、手洗いの場合の方法水通しを赤ちゃん用品にする必要性と理由!洗濯機と手洗い方法比較