無‌香‌料‌洗‌剤‌お‌す‌す‌め‌ラ‌ン‌キ‌ン‌グ‌10‌選!‌メ‌リッ‌ト‌や‌選‌び‌方‌も‌ご‌紹‌介‌

無‌香‌料‌洗‌剤‌お‌す‌す‌め‌ラ‌ン‌キ‌ン‌グ‌10‌選!‌メ‌リッ‌ト‌や‌選‌び‌方‌も‌ご‌紹‌介‌

araou編集部

人工的な香りが苦手、柔軟剤の香りを楽しみたいという方には、無香料の洗剤がおすすめです。ただ、香りがある洗剤の方が多いのでどの洗剤が良いか迷う方も多いでしょう。今回は、無香料洗剤のメリットや選び方と合わせて、おすすめランキング10選をご紹介していきます。

無香料洗剤を使用するメリット

無香料洗剤を使用するメリット

洗剤を香りで選ぶという方もいるでしょう。洗剤特有の香りが苦手な方もいるはずで、そのようなときに無香料洗剤が最適です。無香料洗剤を利用する3つのメリットを見ていきましょう。

人工的な香りが苦手な人におすすめ

香りが付いている洗剤が一般的ですが、洗剤特有の人工的な香りが苦手という人も中にはいます。まだまだ種類は少ないものの、無香料洗剤は香りが苦手な人におすすめです。

MEMO
香りがついていなくてもしっかりと洗ってくれるので、苦手な洗剤の香りとおさらばできますね。

洗剤の強い香りで周りに迷惑をかけなくなる

洗剤の香りは、商品によっては強すぎることもあります。自分では良い香りと思っていても、通勤中や仕事中などに知らず識らずのうちに迷惑をかけているかもしれません。

MEMO
無香料洗剤なら、香りで迷惑をかけることはありません。

柔軟剤の香りを邪魔しない

好きな香りの柔軟剤を使っているなら、柔軟剤の香りを楽しみたいですよね。洗剤にも香りが付いていると、せっかくの香りが半減してしまうでしょう。

MEMO
無香料洗剤は洗剤自体に香りがないので、柔軟剤の香りだけになります。お気に入りの柔軟剤と組み合わせて洗濯に使ってみましょう。

無香料洗剤の選び方

無香料洗剤には、洗剤のタイプや洗浄力、成分などが異なるいくつかの商品があります。使いやすさや汚れがしっかり落ちるかなどに違いが出てくるので、選び方のポイントをおさえて洗剤選びをしましょう。

洗剤のタイプで選ぶ

洗剤には、液体・粉・ジェルボールといったタイプがあります。タイプによっては、使いやすさや洗浄力などが異なるので、まずは自分に合う洗剤のタイプを選びましょう。

液体タイプ

無香料洗剤の選び方

液体タイプの洗剤は、水に溶けやすいので、扱いやすさが魅力です。無香料洗剤でも液体タイプが多くなっています。節水や時短にもつながり、コストパフォーマンスや効率にも優れています。

粉タイプ

無香料洗剤の選び方

粉タイプの洗濯洗剤は、液体タイプに比べて量が多いです。ひとつで数百回洗濯できる商品もあり、洗濯回数が多い方に適しています

注意
ただ、液体タイプよりも水に溶けにくいので、溶け残りがないように水量の調節に気を付けましょう。
粉末洗剤粉末洗剤の洗浄力は最強!?溶け残りを防ぐ方法とおすすめ洗剤7選!

ジェルボールタイプ

無香料洗剤の選び方

ジェルボールタイプは、液体タイプや粉タイプのように計ることなく、洗濯機に入れるだけで洗濯ができます。洗濯に手間をかけたくないという方はジェルボールタイプを選んでみましょう

注意
注意点として、熱や湿気に弱いので保管場所に気を付ける必要があります。日の当たらない場所など適切な場所に保管しましょう。

洗浄力で選ぶ

洗浄力を見極めるポイントとして、弱アルカリ性や中性といった液性に注目しましょう。衣類へのダメージにも違いがあり、おしゃれ着を洗いたいときや頑固な汚れを落としたいときなど目的に合わせた洗浄力にこだわることが大切です。

汚れに強い弱アルカリ性

弱アルカリ性の洗濯洗剤は、酸性の汚れをしっかり中和して落としてくれます。日常的につく汚れはほとんど酸性なので、普段使いに最適な液性です

MEMO
汚れによってはアルカリ性のこともあるので、弱酸性の洗剤も用意しておくと、様々な汚れに対応できます。

衣類ダメージに強い中性

中性の洗剤は、衣類に優しく、負担をかけずに洗濯することができます。ニットやシルクなどの素材の衣類はデリケートなので、中性洗剤が最適です。

MEMO
衣類によって使い分けられるように、弱アルカリ性と中性両方をそろえておくと安心ですね。
洗濯せんざい,中性洗剤中性洗剤おすすめ10選と特性を徹底分析!洗えるのはおしゃれ着だけではない?

成分で選ぶ

無香料洗剤の選び方

洗剤には、基本的な成分に加えて、漂白剤や柔軟剤、蛍光剤などの成分が配合されている場合があります。どのように洗濯物を仕上げたいかによって最適な成分があるので、プラスアルファの成分にも注目しましょう。

洗浄力の強い漂白剤入り

漂白剤入りの洗剤は、洗浄力に優れています。汚れをしっかり落としたい、生乾きの臭いをなくしたいという方におすすめです。

MEMO
部屋干しがメインの方にも適しています。日光の殺菌効果がなくても漂白剤がしっかり汚れや臭いを落としてくれます。
洗濯洗剤,漂白剤おすすめ漂白剤ランキングTOP13!種類別の効果の違いを知って洗濯をもっとスムーズに

ふんわり仕上げる柔軟剤入り

洗濯した衣類やタオルのふわふわ感はとても気持ちよく、洗濯の楽しみのひとつですよね。柔軟剤入りの洗剤は、ふんわり仕上げてくれるだけでなく、柔軟剤を用意する手間やコストも節約できます

注意
洗濯洗剤と柔軟剤を別々に使う場合よりは効果が劣るので、あくまで“柔軟剤入り”と理解しておきましょう。
【2020年最新!洗濯研究家監修】主婦が選ぶ柔軟剤入り洗たく洗剤12選おすすめランキング【ジェルボール・粉末・液体】【2020年最新!洗濯研究家監修】主婦が選ぶ柔軟剤入り洗たく洗剤12選おすすめランキング【ジェルボール・粉末・液体】

真っ白に輝かせる蛍光増白剤入り

蛍光増白剤とは、衣類の白さを際立たせてくれる成分です。元々衣類にも含まれている成分で、洗剤によって成分を与えることで白さが保たれます。

MEMO
白い服をより白く輝かせたいという方は、蛍光増白剤入りの洗剤を選ぶのがおすすめです。
洗濯洗剤蛍光増白剤って一体なに?メリット・デメリットを知って洗濯上手になろう!

コストパフォーマンスも要チェック

洗剤は毎日の洗濯で使用するので、コストパフォーマンスが悪いと家計に影響を与えるかもしれません。量が多いほどコストパフォーマンスが高いと思いがちですが、1回あたりの量が多いと割高になることもあります。

MEMO
全体の量、1回あたりの量から値段を確認し、コストパフォーマンスをチェックしましょう。

無香料洗剤おすすめランキング10選

香りのある洗剤に比べると種類は少ないものの、多くの無香料洗剤が販売されています。その中でもおすすめしたい10の無香料洗剤をランキング形式でご紹介します。どの無香料洗剤が良いか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

10位 【エコストア】ランドリーリキッド 無香料

  • Amazon参考価格:1,298円(税込)

『エコストア』の“ランドリーリキッド”は、濃縮タイプの無香料洗剤です。香りがないだけでなく、衣類や肌に優しいと評判を集めています。

通常サイズの1Lのほか、500ml、5L、20Lとサイズが分かれているので、お試し利用からまとめ買いまでできるのがうれしいポイントです。

公式サイトはコチラ

9位 【サンベック】サンベックドライ 無香料

  • Amazon参考価格:3,259円(税込)

『サンベック』の“サンベックドライ”は、おしゃれ着専用の無香料洗剤です。ウールやカシミヤ、シルクなどのデリケートな素材に幅広く対応しています。

特徴的な成分として、繊維ケア成分が含まれています。植物成分で汚れや臭いを落としつつ、繊維をしっとりふんわり仕上げてくれます。消臭・抗菌効果もあり、部屋干しにもおすすめです。

公式サイトはコチラ

8位 【エコベール】エコベール ゼロ 無香料

  • Amazon参考価格:1,981円(税込)

『エコベール』のゼロシリーズでは、無香料・無着色の商品を展開しています。洗濯洗剤は、英国アレルギー協会が認定した商品であり、敏感肌やデリケートな赤ちゃんの肌にも優しいのが特徴です。

ウールやシルクなどのおしゃれ着にも使えるので、おしゃれ着用に購入しておくのも良いですね。

公式サイトはコチラ

7位 【アドグッド】ファブラッシュ 衣料用液体洗剤 無香料

  • Amazon参考価格:356円(税込)

“ファブラッシュ 衣料用液体洗剤”は、弱アルカリ性の洗剤で、普段の汚れを取りたいときにおすすめです。ドラム式洗濯機にも使いやすく、つけおき洗いをすれば頑固な汚れもしっかり落としてくれます

成分は生分解に優れた活性剤を使用するなど、環境に配慮しています。エコも大切にしたい方は、ぜひファブラッシュを使用してみてください。

公式サイトはコチラ

6位 【シャボン玉石けん】スノール 5L

  • Amazon参考価格:3,526円(税込)

『シャボン玉石けん』の“スノール”には、香料だけでなく、酸化防止剤や色素なども含まれていません。エコに配慮した洗濯石けんで、衣類や肌と合わせて地球にも気遣っているのが特徴です。

柔軟剤入りではないものの、仕上がりはふんわりやわらかくなるので、肌触りの良い洗濯物にしてくれますよ

公式サイトはコチラ

5位 【ソーダサン】洗濯用洗剤 オーガニック 無香料

  • Amazon参考価格:1,760円(税込)

『ソーダサン』は、ドイツでナンバーワンのシェアを誇るオーガニック洗剤です。着色料や合成香料などを配合していないので、環境に優しい成分になっています。

また、天然由来の洗浄成分によって、高い洗浄力も兼ね備えています。酵素も一切入っていないので、敏感肌の方や赤ちゃんのいる家庭にもおすすめです。

公式サイトはコチラ

4位 【ソネット】洗濯用洗剤 ナチュラルウォッシュリキッド センシティブ 無香料

  • Amazon参考価格:1,760円(税込)

『ソネット』の“ナチュラルウォッシュリキッド センシティブ”は、有機栽培のオリーブ油を使用した天然由来の洗剤です。植物成分のみを使用しているので、衣類や肌、環境すべてに配慮されています。ふんわり仕上がる洗い上がりの良さも魅力です。

公式サイトはコチラ

3位 【ファーファ】フリー&超コンパクト液体洗剤 無香料

  • Amazon参考価格:456円(税込)

『ファーファ』の“フリー&超コンパクト液体洗剤”は、サンプリングを行った医師の94%が「周りに勧めたい」と回答しています。

香料のほか、着色料や蛍光増白剤、漂白剤も含まない無添加洗剤です。香料を極限までゼロにしつつ、抗菌成分によって臭いが発生しないようにしてくれます。500mlのコンパクトなサイズは収納に便利ですね。

公式サイトはコチラ

2位 【ファーファ】液体洗剤 香りひきたつ無香料

  • Amazon参考価格:768円(税込)

『ファーファ』の“香り引き立つ無香料”は、柔軟剤の香りを引き立てるために香料を配合していません。香りが苦手な方はもちろん、柔軟剤の香りを楽しみたい方におすすめです。

無香料なだけではありません。ニオイ汚れを落とす洗浄力や生乾き臭を防止するダブル抗菌防臭も兼ね備えたオールラウンドな無香料洗剤です。

公式サイトはコチラ

1位 【サラヤ】ヤシノミ 洗たく洗剤 濃縮タイプ

  • Amazon参考価格:436円(税込)

『サラヤ』の“ヤシノミ 洗濯洗剤”は、ヤシノミ由来の成分を使用しています。浸透力の高さが特徴で、繊維に残ることがなく、洗剤除去率99%を誇ります。皮膚刺激テストもしており、肌に優しい洗剤を使用したい方にもおすすめです。

公式サイトはコチラ

無香料洗剤で香りを気にせず衣類を洗濯しよう

無香料洗剤は、人工的な香りが苦手な方や柔軟剤の香りを楽しみたい方などにメリットがある洗剤です。商品を選ぶ際には、洗剤のタイプや洗浄力、成分のほか、使い続けられるようにコストパフォーマンスも重視しましょう。

無香料洗剤のおすすめトップ10を参考にして、自分に合った無香料洗剤を選んでみてくださいね。

無香料 柔軟剤無香料の柔軟剤人気ランキングTOP13!強い香りが苦手な方におすすめ