洗剤に入っている『蛍光増白剤』って何?メリット・デメリットを知って洗濯上手になろう!

洗剤に入っている『蛍光増白剤』って何?メリット・デメリットを知って洗濯上手になろう!

まりや

みなさん、蛍光増白剤をご存知でしょうか?洗濯洗剤に含まれている成分ですが、効果が発揮できる場面を知らないと、大切な衣類を傷めてしまうかもしれません。今回は蛍光増白剤のメリット・デメリットと、おすすめの洗濯洗剤をご紹介します。

蛍光増白剤とは?

洗剤に入っている『蛍光増白剤』って何?メリット・デメリットを知って洗濯上手になろう!

蛍光増白剤は染料

蛍光増白剤は紫外線を吸収することで、青白い光に変えることができる染料です。この青白い光を「蛍光」というため、蛍光増白剤は「蛍光染料」とも呼ばれることがあります。ブラックライトを当てると、青白く光るのが特徴です。

多くの市販されている白物衣類は、染色の工程でこの蛍光剤によって処理をされています。天然の繊維は、本来黄色がかかった白のものが多く、真っ白さを出すためには染色をしなければいけません。清潔感の高い白色を出すため蛍光増白剤で染色され、私たちの手元に届くのです。

しかし、この白さは染料ですので、洗濯などを繰り返すたびに少しずつ落ちていき、白さが低下していきます。真っ白さを継続させるためには、蛍光増白剤入りの洗剤で洗い、再度染色する必要があります。

漂白剤との違いって?

衣類を白くさせると聞くと、漂白剤を思い出しませんか?衣類の白を際立たせるという意味では蛍光増白剤と同じですが、その原理は大きく異なります。蛍光増白剤は紫外線を吸収することで目に見える青白さを作り出します。そしてその傾向が明度を低下させることなく、青色の補色となる黄色を打ち消し、白さを際立たせるのです。

一方漂白剤は、シミや黄ばみの原因となった色素を科学的に落とし無色へと変化させ、消臭効果や除菌も期待できます。このことから、蛍光増白剤は白色を保たせる効果が高く、漂白剤は汚れを落として白くさせるものだということがわかります。使用する最適な場面も異なるため、洗濯時には気をつけたいポイントです。

漂白剤漂白剤を洗濯に取り入れよう!種類別の効果や正しい使い方をご紹介

使用上の注意点

紫外線が必要

蛍光増白剤は紫外線を吸収することで力を発揮しますので、ある程度日光に当てるか蛍光灯の下にいれば問題はありません。しかし、LED蛍光灯の下で紫外線の量は通常の蛍光灯と比べると約200分の1となってしまうので、外では白く見えたものが黄ばんで見える現象も起こります。

直射日光はあまりよくない

蛍光増白剤は紫外線を吸収するほど白くなると思いがちですが、一定の紫外線を吸収するとその効力が衰えます。そのため蛍光増白剤入りの洗剤で洗った後は、直射日光を避けて干すようにしましょう。

塩素系漂白剤と併用すると効果が薄れる

衣類をより白くするために蛍光増白剤と漂白剤を併用しようとしても、染める蛍光増白剤と、色を脱色する漂白剤ではお互いの効果を打ち消し合ってしまい、思うように白く仕上げることができません。また、増白剤は塩素に弱く、化学反応を起こしてしまうことも考えられますので、併用は避けましょう。

蛍光増白剤入り洗剤のメリット・デメリット

洗剤に入っている『蛍光増白剤』って何?メリット・デメリットを知って洗濯上手になろう!

蛍光増白剤入り洗剤のメリット

蛍光増白剤のメリットはなんといっても衣類を真っ白く仕上げてくれることです。しかし染料があるがゆえ、洗濯を繰り返すことで染料が少しずつ落ちていきます。白かったシャツやタオルが、汚れてはないのに黄ばんで見えるのは蛍光増白剤が落ちてきている証拠です。

この黄ばみを再度白くするためにはまた染色する必要があり、簡単に染色する方法として、蛍光増白剤入り洗剤の使用が挙げられます。蛍光増白剤入り洗剤で通常通りに洗濯をするだけで、衣類の白さを取り戻すことが可能です。

蛍光増白剤入り洗剤のデメリット

蛍光増白剤はなんでも白くしてしまうので、生成り衣類をそのままの味わいで楽しみたいときの使用が向いていません。また、色柄物の発色も変化させてしまいますので、白色の衣類にのみ使用するのが好ましいでしょう。

さらに近年心配されているのが、蛍光増白剤が肌や環境に与える影響です。蛍光増白剤は食品には使用できず、肌や口に触れる一部の製品にも使用禁止となっています。発がん性があるなどと噂されていますが、実際にはそのような証拠が出ていないのが現状で、今後の研究が気になるところではあります。

ただ、肌が弱い方はアレルギーなどの心配があるので、肌に直接触れるものへの使用や、赤ちゃんの衣類などには使用を避けた方が無難でしょう。

蛍光増白剤はこんなときにおすすめ

蛍光増白剤は、とにかく白いものをより白く見せることに長けています。ワイシャツやタオルなどの白さを際立たせたいものに使用すると効果的です。黄ばんでしまったものでもある程度までは白さを復活させることができるので、古びて見えたものを新しくよみがえらせることができますよ。

こんな衣類は蛍光増白剤の使用を避けよう

天然の色合いを大事にしたい

洗剤に入っている『蛍光増白剤』って何?メリット・デメリットを知って洗濯上手になろう!

蛍光増白剤は汚れを落とす力があるわけではなく、染料として布製品を染めてしまいます。そのため、綿、麻、レーヨンなどの天然の色合いを大切にしている衣類は、元から蛍光増白剤は使用されていないものも多いので、蛍光増白剤入りの洗剤を使用するとナチュラルな風合いがなくなってしまいます。

黒や紺などの濃い色合いを保ちたい

蛍光増白剤を白色以外の布製品に使用したとしても、すぐに真っ白になるということはありません。特に色の濃い黒や紺は数回では影響を受けませんが、繰り返すことで徐々に色があせたようになってしまうので注意しましょう。

洗剤に蛍光増白剤が入っているかの見分け方

洗剤のなかには、パッケージに大きく「蛍光増白剤配合」や「無蛍光」など、蛍光増白剤の有無が書いてあるものがあります。パッケージの表面で見つけられないときは、裏面の成分表を見てみましょう。「蛍光増白剤」や「蛍光剤」の記載があるかないかで判断してください。

蛍光増白剤だけでの販売もある

ネット通販なので探してみると、蛍光増白剤単体で販売されていることがあります。業務用がほとんどですので一般向けではないですが、蛍光増白剤フリーの洗剤と併用することで、白物を洗濯するときだけ使用するなどして使い分けがしやすくなります。

蛍光増白剤入り洗剤と入っていない洗剤6選!

蛍光増白剤入り洗剤3選

まずは蛍光増白剤が入っている洗剤3選を見てみましょう。白さを際立たせることに加え、除菌や殺菌にまで効果のある商品が人気です。

【P&G】アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス

アリエールイオンパワージェルサイエンスプラスは漂白剤なしでも、汚れをしっかり落として白さ際立つ洗濯をできます。この商品は抗菌作用に優れていて、干しているときや着用時の抗菌、そして洗濯層の防カビまでできてしまいます。

また、キャップの改良がされ、注いだ後の液だれを抑える構造となっているのが嬉しいポイントです。

公式サイトはコチラ

アリエール商品を極めよう!目的別におすすめ商品7選のご紹介!!アリエールの洗剤を極めよう!目的別にみるおすすめ商品7選のご紹介

【花王】アタック 抗菌EX スーパークリアジェル

生乾き臭を防ぐことに特化したアタック抗菌EX スーパークリアジェルは、干し幅が1cmでも臭いの発生を防ぎます。それは雑菌の増殖を99%抑制できるからで、しっかりと衣類の汚れを落としていることがうかがえます。

また、酸素系の漂白剤なら一緒に使うこともできますし、すすぎが1回でもしっかりと洗剤を洗い流すことが可能です。さわやかなクリスタルグリーンの香りが特徴となり、気持ちの良い洗濯ができます。

公式サイトはコチラ

R_56 アタック 洗剤花王の『アタック』洗剤の種類一覧!違いの比較や使い方・口コミをチェック

【LION】部屋干しトップ 除菌EX

衣類の汚れはもちろん、菌やウイルスまで落とす洗浄力がある部屋干しトップ除菌EXは、液体洗剤が主流の今でも根強い人気を博しています。

汚れだけでなく菌にもアプローチしてくれるダブル分解酵素と、除臭成分が入っているので、部屋干しでも生乾き臭を抑えますし、汗などをかいて衣類が湿ることによってニオイが戻ってくる、「戻り生乾き臭」まで防いでくれます。

公式サイトはコチラ

洗濯洗剤におすすめ!トップの種類を詳しくご紹介トップの洗濯洗剤まとめ!液体から粉末タイプ・部分用まで一挙公開

蛍光増白剤フリー洗剤3選

次は柔軟剤フリーの洗剤を見てみましょう。色柄物や生成りの衣類にも安心して使用でき。環境に配慮された商品が多いのも特徴です。

【ラボン】柔軟剤入り 洗濯洗剤 シャンパンムーン

洗浄成分は植物由来のみとなっていて、しかもオーガニック認証を受けた植物エキスが厳選して配合されています。セージとタイムの2種類が入り、甘さが強くないフローラルグリーンの系の香りで、ラボンではシャンパンムーンと呼ばれています。

柔軟剤入りなので、洗い上がりやふんわりやわらかで、けれどしっかりと汚れを落とし除菌効果も抜群ですので、おしゃれで優秀な洗濯洗剤となっています。

公式サイトはコチラ

ラボンLAVONS(ラボン)の柔軟剤は香りがクセになる!柔軟剤入り洗剤やシャレボンなど15の商品ラインナップをご紹介

【サラヤ】ヤシノミ洗たく用洗剤コンパクト

肌への優しさが追求されていて、ヤシノミ由来の成分が高い洗浄力と無刺激を両立させています。皮膚の刺激テストもしっかりとされているので、安心して使用できますよ。また、環境への配慮も忘れていませんので、洗濯後の排水後は微生物が分解して何も残ることなく土に返すことが可能となっています。

生乾きの原因となる菌は99.99%除去し、洗濯後の衣類も洗剤除去率99%となっているので、洗剤としての能力もハイスペックとなっています。

公式サイトはコチラ

 
【ファーファ】衣料用粉末洗剤 ベビーフローラル

クマのキャラクターが印象的で柔軟剤が有名なファーファシリーズですが、粉末洗剤があるのをご存知でしょうか?粉末洗剤は溶けづらいイメージがあるかもしれませんが、ファーファの衣料用粉末洗剤は冷たい水にもサッと溶けるようになっていて、衣類に残ることがありません。

蛍光増白剤が入っていない代わりに漂白成分が配合され、真っ白な洗い上がりを実現しています。30年もの間愛された、ベビーフローラルの香りとなっていて、ふんわりと優しく香り洗濯が至福の時間となるかもしれません。

環境への配慮もしっかりとされているので、植物性洗浄成分が配合されている上に、粉末洗剤をすくうスプーンは紙製となって省資源に貢献しています。

公式サイトはコチラ

 
ファーファ 柔軟剤ファーファ柔軟剤充実のラインナップが勢揃い!おすすめランキングBEST5と口コミも

衣類の特徴を見極めて、蛍光増白剤入りを使うか選ぼう

洗剤に入っている『蛍光増白剤』って何?メリット・デメリットを知って洗濯上手になろう!

蛍光増白剤は布製品を染め上げる染料で、白いものに効果的ということがわかりました。洗濯洗剤の成分は意識をしないと気にすることがないかもしれませんが、衣類によって配合されている成分を使い分けることで、より洗濯上手になることができます。衣類の特徴を考えて、蛍光増白剤入り洗剤なのかフリーのものが良いのかを選んでみてください。