無香料の柔軟剤人気ランキングTOP10!強い香りが苦手な方におすすめ

R_134,無香料 柔軟剤

まりや

柔軟剤は洗濯物をふわふわにしてくれ、静電気の防止も期待できるランドリーアイテムですが、今では香りづけの役割が大きくなり、独自の香りを売りにした商品がヒットしています。しかしここへきて、その香りに待ったをかける声が高まり、ひそかに無香料の柔軟剤に注目が集まっているのです。今回はブームの兆しを見せている無香料の柔軟剤TOP10をご紹介します。

柔軟剤の香り問題

R_134_1,無香料 柔軟剤

柔軟剤の始まり

今では多くの方が使用している柔軟剤ですが、日本での始まりは1962年に発売された“花王ソフター”といわれています。衣類の肌触りを柔らかにしてくれる商品として、その後も各メーカーから柔軟剤が発売されましたが、これといったヒット商品はありませんでした。

そんなとき、柔軟剤ブームを巻き起こすきっかけとなったのが、香りつき柔軟剤の『ダウニー』です。今では柔軟剤の代表格となり、この名を知らない方はいないほどですが、当初はこの強い香りが日本人には受けないとされていました。

アメリカでは1961年から発売されていたダウニーですが、この海外特有の香りは日本人向けではないとし、発売元のP&Gは日本で販売しませんでした。

しかし輸入代理店などから購入した消費者から徐々に口コミで噂が広まり、今まで嗅いだことのない濃厚な甘い香りが支持され、ここまでの大ヒットとなったのです。ちょうど男性も香りを気にする時代となったことも重なり、女性だけでなく男性からも人気を得たことが、香りつき柔軟剤の大ブームが起こった要因だと考えられます。

現在の柔軟剤の問題

柔軟剤の市場は1,000億ともいわれるほど拡大をしていますが、その陰で香りに関する問題が起きているのも事実です。

強い香りが原因で周囲に不快感を当てえてしまう、“スメルハラスメント”と呼ばれる現象が起き、香りつき柔軟剤に嫌悪感を抱く方が増えているのです。さらには健康被害を訴える方もいるなど、無視はできない状態となってきています。

R_134_2,無香料 柔軟剤

人によっては悪臭に感じる

良い香りを感じてもらうための香りつき柔軟剤でしたが、強すぎる香りや、他の香りと混ざることで不快に感じる方が増えています。しかも同じ香りを使用し続けていると臭覚がマヒしてきて、使用量を増やしてしまうことでさらに状況が悪化するということも起こっています。

人によって好みの香りが違うことから、自分にとっては良い香りでも家族や職場の人にとってもそうとは限りません。メーカーが適量としている使用量でも、臭気指数を調べてみると住宅地で出る工場排水を規制するレベルの数値だったという結果があるので、香りの感じかたの違いを理解する必要があります。

健康を害したという報告

2000年代半ばから、柔軟剤の香りによる吐き気や頭痛、咳やくしゃみなどの健康被害を訴える人が増え始め、これまでアレルギーを持っていなかった方にもこの症状が現れるといいます。

また、妊婦の方の”ニオイつわり”などにも悪影響を与え、国民生活センターに寄せられた相談者の7割が、他人が使用している柔軟剤の香りによるもだと訴えているそうです。ただ、詳しい原因を調査しようにも対象が多すぎるため、まだ原因物質の特定に至っていないのが現状です。

無香料柔軟剤の特徴とおすすめしたい理由

このように香りつきの問題が顕著になってきた今、新たに見直されているのが無香料の柔軟剤です。柔軟剤本来の役割に立ちかえり、香りが一切ない柔軟剤が発売されるようになってきました。そんな無香料柔軟剤の特徴とおすすめポイントを見てみましょう。

人工的な香りに敏感な方でも使える

人の臭覚はかなり差があるもので、好みの香りは人それぞれです。そのため人工香料が苦手な方も多く、柔軟剤だけでなく消臭スプレーや香水などの香りが苦手という人もいます。

敏感な方は肌トラブルを起こす場合もあり、柔軟剤の効果はほしいのに、香料の入った商品は使えなくて困っていると方には、ぜひ無香料タイプのものを利用していただきたいです。赤ちゃんやペット用品にも使用しやすいのが特徴です。

男女で気にすることなく使える

甘い香りが好きな方、スパイシーな香りが好きな方、好みは人それぞれですが、特に男女の差は大きく出ます。

家族でひとつの柔軟剤を使用している場合、女性らしい香りですと旦那さんや息子さんが嫌がるため、何本も用紙して洗濯を分けているというご家庭も少なくないようです。無香料タイプの柔軟剤なら香りを気にしなくて良いので家族で共通の1本として使用できます。

ほかの香りと合わせやすい

香りつきの柔軟剤がこれだけ大ヒットしたのは、やはり香りが好きな方が多いということです。ただ、香り好きの方は柔軟剤だけでなく、洗剤の香りもこだわっている場合も多く、さらにはボディソープ、シャンプー、香水など、多くの香りつき商品を愛用している可能性があります。

そうすると複数の香りが混ざって悪臭の原因となるので、柔軟剤くらいは無香料を選ぶことで、ほかの香りだけを引き立たせられます。無香料柔軟剤は、香りつきの商品との相性が抜群なのです。

無香料柔軟剤の選び方

香りつき商品に比べると、無香料柔軟剤はまだ数は少ないですが、徐々に増えてきています。新しく選ぶときに失敗しないよう、次の3つに注目してみてください。

お肌に優しいもの

香料が配合されていないものを選ぶなら、『界面活性剤』にも注目してみてください。肌に刺激を与える成分は香料だけでないので、敏感肌でも赤ちゃんでも使用できるような柔軟剤がおすすめです。

界面活性剤には種類があり、『石油系界面活性剤』は肌のバリア機能に影響を与えてトラブルの原因となる成分です。ただ、石油系界面活性剤にも膨大な種類があるため、パッケージには細かく記載されていないケースが多く、種類を見極めるのは困難です。

そのため、『合成界面活性剤フリー』や『石油系界面活性剤不使用』などと書かれているものを選ぶことをおすすめします。

消臭力、抗菌力をチェック

柔軟剤のもとからある衣類を柔らかくする効果や、静電気を防止する効果のほかに、最近は消臭や抗菌が期待できる商品が出ています。部屋干しをすることが多い方や、体臭のニオイ移りが気になる方などは、これらの効果があるものを選ぶとより効果的な洗濯ができるはずです。

詰め替え用があるか

洗濯をするたびに必ず柔軟剤を使用するのであれば、最初はボトルタイプを買ったとしても、次は詰め替え用を購入した方がコストパフォーマンスに優れています。長く愛用した無香料洗剤をみつけたら、詰め替え用があるかもチェックしておくと、経済的です。

無香料柔軟剤ランキングTOP10

それでは現在発売されている無香料柔軟剤のなかから、おすすめしたい10選をランキングでご紹介します。ぜひ購入の際には参考にしてみてください。

10位【チュチュベビー】柔軟剤

赤ちゃんの敏感な肌にでも使用できる、優しい柔軟剤が第10位です。柔軟剤のメリットである柔らかな肌触りはもちろんのこと、吸水性に優れているのでタオルなどの仕上げ材としても最適です。

さらに天然の“キトサン”を配合して、肌への優しさを追求しているので、赤ちゃんのおしめにも安心して使用できます。防臭効果もあるので、医療分野でも活躍している信頼性の高い柔軟剤です。

公式サイトはコチラ

9位【カネヨ石鹸】無添加柔軟剤 本体 500ml 無香料

強いニオイが苦手な方向けに開発されたこちらの柔軟剤は、液体クレンザーで有名なカネヨ石鹸から発売されています。香料も着色料も配合されておらず、植物由来の成分からできているお肌にも環境にも優しい柔軟剤です。防臭効果や抗菌効果も期待できるので、部屋干しが多くなる梅雨の時期に活躍してくれますよ。

公式サイトはコチラ

8位【ツー・エム化成】無香料柔軟剤 純 800mL

必要最低限の、ありのままの成分だけで作られた無香料柔軟剤『純』は、柔軟剤の原点ともいえます。柔軟剤本来の、衣類を柔らかく肌触りのいいものにする効能に優れ、さりげない使用感がとても使い心地が良いと評判です。無香料ですので、部屋干ししたときに香りが残ってしまうこともないのが嬉しいポイントです。

公式サイトはコチラ

7位【エコベール】ゼロ ファブリックコンディショナー(柔軟仕上げ剤)750ml

第7位はベルギー生まれの無香料柔軟剤、エコベールの『ゼロ』です。植物とミネラルから作られているので、肌への負担が少なく赤ちゃんにも安心して使用できます。その安全性は英国アレルギー協会でも認定されているほどで、敏感肌の方に愛用者が多いのも特徴です。

公式サイトはコチラ

6位【La Corbeille(ラコルベイユ)】オーガニックランドリー 無香料 ノンシリコン柔軟剤600ml

こちらは人気モデルも愛用しているというラコルベイユの、オーガニック柔軟剤です。柔軟剤で洗った衣類を着ている間は、ずっと肌に触れているので、とにかく肌への刺激がないように作られていて、ノンシリコンで界面活性剤は天然植物由来となっています。“衣類の美容液”と謳うほどですので、ストレスを感じない洗濯を体験してみてください。

公式サイトはコチラ

5位【ソネット】ナチュラルランドリーリンス

「環境を守り、お肌をいたわる」その精神から商品を作っているソネット社は、1977年にドイツで生まれました。当時ドイツでは水質汚染が問題となっていたので、環境にやさしい洗剤を作ることにしたのです。

そして現在までその精神を守り続け、肌にも優しい柔軟剤ができました。衣類のニオイや黄ばみ、色あせを防いでくれますし、すすぎ時には残っている洗剤をきれいに取ってくれます。洗濯を繰り返したことでごわごわになってしまった衣類や、洗濯が難しいウールやシルクにも使用できます。

公式サイトはコチラ

4位【サラヤ】ヤシノミ 柔軟剤 600mL

40年以上愛されている日用品メーカーのサラヤは、多くの人が様々な商品を利用しています。変わらないコンセプトと製法で、確かな品質を確立しているので、使用するときの安心感が違いますよね。そして無香料の柔軟剤は、ヤシの実由来の成分で作られ、衣類をふんわり仕上げるとともに吸水性を高められます。

その吸収力は一般的な柔軟剤の2倍となっており、水や汗をしっかりと吸収できるので、衣類がムレたりべたつきを防げるでしょう。肌への摩擦も少ないので静電気が起きずらく、赤ちゃんの衣類にも安心して使用できます。

公式サイトはコチラ

R_110,サラヤ 洗剤サラヤの洗剤は肌に優しい地球にやさしい!全ラインナップと口コミをご紹介

3位【fablush(ファブラッシュ)】柔軟剤 無香料

無香料を売りにしているおしゃれ柔軟剤が、ファブラッシュです。白を基調に差し色に黒が入ったボトルがなんともスタイリッシュで高級感があります。一見香りにこだわりのある柔軟剤のように見えますが、ラベルにも無香料と大きくかかれています。

香りが苦手な方はもちろん、洗剤やフレグランススプレーの香りを楽しみたい方におすすめです。さらに銀イオンが配合されているので、消臭効果が抜群です。香料でごまかすのではなく、ニオイのもとにアプローチしてくれるのが嬉しいですね。

柔らかく仕上げてくれるので、ストッキングなどの滑りが良くなり、履きやすくなるはずですよ。衣類の毛羽立ちや毛玉ができにくいのも特徴です。

2位【P&G】ウルトラダウニー フリー&ジェントル

アメリカでの柔軟剤売り上げNo1で、日本の柔軟剤ブームの火付け役のダウニーに、実は無香料タイプがあるのをご存知でしたか?香りが苦手な方向けのための柔軟剤として、新しいコンセプトのもと香料、着色料が無添加となった環境と肌に優しい製品です。

皮膚科医によるテストが行われているので、敏感肌の方でも安心して使えます。ダウニーと言えば甘い重厚な香りを思い浮かべる方も多いと思いますが、フリー&ジェントルならほかの香りのものとも合わせて使用できますよ。

公式サイトはコチラ

匂いが特徴的!ダウニーの柔軟剤のラインナップをご紹介(ランキング 種類)ダウニーの柔軟剤人気の匂いランキングTOP7!種類別の使い方をマスターしよう

1位【ファーファ】フリー& 香りのない柔軟剤 本体 500ml

クマのキャラクターでおなじみのファーファにも、無香料タイプの柔軟剤がります。肌をいたわるため、香料、着色料、シリコン、抗菌材などが配合されていません。植物由来の成分でできているので肌への刺激がなく、衣類は柔らかく仕上がります。

この『フリー&』はシリーズ化されていて、洗剤もありますのでセットで使用すれば、香りが一切ない洗濯が可能となります。

公式サイトはコチラ

ファーファ 柔軟剤ファーファ柔軟剤充実のラインナップが勢揃い!おすすめランキングBEST5と口コミも

無香料柔軟剤は使い勝手が抜群だった!

柔軟剤は良い香りがヒット商品となりやすいですが、あえて香りのないものに立ちかえった無香料柔軟剤は、時代に逆走しているように見えて、実は最先端を走っているのではないでしょうか?

徐々にではありますがその種類も増え、無香料柔軟剤の中でも、自分好みのものを選びやすくなってきています。香りの好みは人それぞれであることを再認識するとともに、柔軟剤本来の効能を純粋に体感できる無香料柔軟剤に、注目してみてください。