洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介

洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介

まりや

日中は仕事などで忙しくて、洗濯をする時間が夜しか取れないという方は多いのではないでしょうか?夜に洗濯をすると、悩むのが洗濯物をどこに干すかです。昼間の晴れた日と同じように外干ししている方は、そのメリット、デメリットをご存知ですか?夜の外干しは通常の外干しとは違い、ちょっとした工夫が必要です。今回はお昼の洗濯ができない方のために、夜の洗濯について解説していきます。

夜に洗濯物を外干しするメリット

まずは夜に外干しをするメリットを見ていきましょう。仕方がなく夜の外干しをされていた方には、驚きの発見があるかもしれません。

洗濯物の日焼けによる変色がない

洗濯物を日の当たるところで干せば、その分よく乾きますが、長時間日に当たっていると衣類が日焼けしてしまうことがあります。特に日差しの強い夏場などは、日当たりの良い所で干しっぱなしにしていると危険です。

その点夜間ですと、日光がありませんので干しっぱなしにしてしまっても、衣類が変色するようなことはありません。衣類を日焼けから守りたいなら、夜の外干しというのは最適です。

季節によっては部屋干しよりよく乾く

洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介

夜洗濯をしたら、洗濯物を外に干すか部屋に干すかで悩みますよね。雨でしたら部屋干し一択かもしれませんが、湿度が低いカラッとした空気で風のある日でしたら、外干しの方がよく乾きます。

洗濯物を早く乾かすには風の流れが必要ですが、部屋ですと風の通りを確保するのがなかなか難しいのです。一方、夜間の外干しでも気温が高く風の通りが良い日であれば、昼間の外干しとそう変わらずに衣類を乾かすことが可能です。外の天気や気候を確認して、外干ししてみましょう。

洗濯物に汚れがつきにくい

家が道路に面していたり、工場などが近隣にある場合、昼間は空気中にほこりや排気ガスが多く含まれ、そこに洗濯物を干せば汚れが付着してしまいます。せっかく洗濯をしたのに、すぐに衣類が汚れてしまっては洗濯の意味がないですよね。

しかし夜になれば車の通りも減り、工場も稼働を休止するところが多いので、空気がきれいに澄んできます。そのような環境にお住いの場合は、夜の外干しの方が、衣類を汚れから守ることができます。

夜に洗濯物を外干しするデメリット

なんとなく、夜の外干しはよくないイメージを持たれている方も多いかもしれません。古い習わしで、夜の洗濯はダメだという言い伝えがある地域もあるようです。具体的にどのようなデメリットがあるのか見てみましょう。

洗濯物が乾きにくい

洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介

夜間は日光がないため、どうしても昼間より気温が低くなってしまいます。そのため洗濯物が乾くまでに時間がかかります。湿度の高い日や、無風の夜は朝まで洗濯物が乾かないこともあるかもしれません。なるべく早く乾かしたいときは、夜の外干しは控えた方がいいでしょう。

臭いが発生することもある

夜の外干しは洗濯物が乾くのに時間がかかるため、衣類に雑菌が繁殖してしまうおそれもあります。臭いの原因は、洗濯物に残っている皮脂などの汚れが、生乾きによって増殖してしまった菌と混ざり、化学反応を起こすからです。

そのため、洗濯物が長時間乾かないでいる状態は、臭いが発生する一番の原因となります。洗濯物はできるだけ早く乾かすのが鉄則ですので、なかなか乾かない日の夜の外干しは危険です。

害虫や虫の卵がつくおそれ

夜、街灯に虫が集まっている光景を見たことはありませんか?夜間洗濯物を外に干していると、虫からは家の明かりで衣類が光っているように見え、集まってきてしまうことがあります。白い物は暗闇でも明るく見えるので、衣類だけでなく壁や柵などにも虫が集まってしまうのです。

また、虫は草花や果物の臭いを敏感に感知するので、香り付きの洗剤や柔軟剤を使用していると、その臭いにつられて寄ってきてしまいます。高層マンションなど、比較的高い階層に住んでいる場合はあまり気にしなくてもいいでしょう。しかし、低層階や庭付きの一軒家、近くに公園や森林がある家では、虫の恐怖に脅かされているかもしれません。

洗濯物に虫が付着していただけなら掃えばいいですが、卵を産み付けられてしまうと厄介です。卵の存在に気がつかず取り込んでしまい、タンスの中で羽化してしまうなんてこともあるかもしれません。ベランダで虫を見かけたことがあるなら要注意です。

にわか雨の心配

夜のうちに洗濯を済ませ、朝取り込もうと洗濯物を外に干したままにすると、夜のにわか雨に気がつかないことがあります。寝ている間に雨が降ってしまい、逆に洗濯物を濡らしてしまうなんてことがあるかもしれません。

睡眠時は突然の天気の変化に気を配れないので、外干しする場合は天気予報をチェックするなどの準備が必要です。雨よけの屋根があり濡れる心配がなくても、雨が降ると湿度がぐんと上がり、洗濯物が乾きにくくなるのでおすすめできません。

夜露が降りる場合もある

夜の外干しは、雨が降っていないのに洗濯物が濡れていることがあります。これは夜露のせいかもしれません。夜露とは、空気中の水蒸気が寒暖差などの影響で水滴となり、窓や車など外にある物を濡らしてしまうものです。朝早い時間に、草花が濡れているのを見たことはありませんか?雨が原因でなければ露のせいで起きている現象です。

昼間は暖かかったのに夕方から気温がグンと下がる日に起きやすく、春先や秋の終わりなどによく見られます。夏でも、昼間の猛暑と比べると夜はかなり気温が下がるので、高所であれば夜露の可能性があります。夜露が降りるかどうかはなかなか判断が難しいので、夜露対策は難しいでしょう。

防犯の面で不安がある

特に女性は、外干しすることで盗難などの犯罪が気になるのではないでしょうか?すぐに侵入できるような場所に干していると、変質者に狙われてしまうことがあるかもしれません。

また、洗濯物が干してあるかどうかで、留守か在宅かの判断材料となってしまうこともあるので、洗濯したことが分からないようなるべく人目につかない場所に干すのがおすすめです。1階にお住いの方などは特に、夜の外干しは防犯対策がセットだと思っておきましょう。

夜の洗濯の嬉しいポイント4つ

夜の外干しにはメリットもデメリットもありますが、夜に洗濯することで得られるメリットが大きいため、夜の洗濯を選ぶ方も多いです。夜洗濯の嬉しいポイント4つをご紹介します。

忙しい朝の時間を節約

洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介

朝の時間はどうしてもバタバタしてしまいがちですよね。仕事があったり、お弁当を作らなくてはいけなかったり、子供の見送りがあったりなど、どうにか時間を工面して行動している方が多いのではないでしょうか?

そんな中、洗濯を行う時間を作るとなると、睡眠時間を削らなくていけない場合もあり、洗濯がかなり億劫になってしまいます。その作業を夜のうちに終わらせられれば、気持ちにゆとりもできますので、朝の時間を有効活用できます。

効率よくお風呂の残り湯で洗濯

お風呂の残り湯で洗濯を行っている方も多いですよね。しかし、残り湯を翌日に使うとなると、雑菌の繁殖などが気になるかもしれません。基本的にお風呂の雑菌は洗濯時に洗い流せるので、気にする必要はありません。

しかし時間を空けずにすぐに使用したほうが、気持ちが良いものです。また、すぐに残り湯が使用できれば、温かいお湯で洗濯ができるということです。洗濯洗剤は36℃~37℃くらいで汚れを落としやすくなるので、洗濯物の汚れがいつもよりきれいに落とせてしまいます。

衣類についた雑菌をいち早く落とせる

夜の洗濯は、着ていた衣類をすぐに洗えます。汗をかいた衣類を放置していると、雑菌がどんどん繁殖して臭いの原因になりますので、夏場などはすぐに洗濯をしたいですよね。それを叶えてくれるのが夜の洗濯です。

電気代の節約になることも

これはご家庭の電気料金プランや住んでいる地域によって違いがありますが、夜間は電気代がお得になることがあります。その場合、朝忙しい中洗濯機を回すより、夜間に洗濯を行ってしまうのが節約につながります。また、乾燥機を使用する場合も、夜の方がお得になりますよ。

夜しか洗濯できない方のための、デメリット対処法

仕事の都合などで、洗濯に時間が夜しか取れない方はしっかりとデメリット対策をしましょう。夜の洗濯は昼間の洗濯とは違うということを理解し、周りの環境にも気を配ることがポイントです。

洗濯機の騒音防止法

洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介

夜間の洗濯で気になるのは、洗濯機の騒音です。アパートなどですと夜間の音は大変外に漏れやすく、洗濯機の音は騒音トラブルになってしまうこともあるようです。ご近所トラブルにならないために、洗濯機の音を最小限にする努力をしてみましょう。洗濯機の足元に防音マットや耐震ジェルマットなどを敷いてみると、振動を抑えられかなりの防音が期待できます。

また、洗濯物をパンパンに詰め込んでしまうと洗濯機の振動が大きくなってしまうので、適量を守って洗濯するのがポイントです。騒音トラブルは、ご近所付き合いを上手に行っていると防げる場合が多いものです。近所の住人の方とは良い関係が築けるよう、挨拶などの基本的なことはしっかりとしておくようにしましょう。

干し方に気を配る

夜の外干しで気になるのが、洗濯物の乾くスピードです。早く乾かすことができれば臭いの発生を抑えることが可能ですので、干し方に注目してみましょう。パンツやスカート類は筒状に干すようにして、ハンガーは間隔を開けて吊るすなど、工夫をすれば通常より早く洗濯物を乾かすことが可能です。

風の通りを意識すれば、夜の外干しでもそれなりに早く乾かせるのです。他にも脱水時間を長くしたり、アイロンをかけてから干すなどの方法も効果的です。

しっかりと虫対策をしておく

洗濯物に寄ってくる虫には、カメムシ、蛾、蜂、ゴキブリなどがいます。糞や菌を服につけていくので注意が必要ですが、特に蛾は卵を産み付けていくので、二次被害にあいやすい害虫です。外干ししている洗濯物に虫を寄せつけないようにするのに一番簡単な方法は、防虫剤を一緒に吊るしておくことです。

物干し竿に吊るすタイプの防虫剤がありますので、ドラッグストアやネット通販で探してみてください。また、洗濯物にネットをかぶせる方法もあります。ネットで囲ってしまうことで、虫がつくことを防げます。白色の衣類は内側に干すようにして、虫から見えないようにするのも重要です。

洗濯時に気をつけられることは、香りの強い洗剤や柔軟剤の使用を控えることです。取り込むときは虫がついていないか、卵を産み付けていないかしっかりとチェックすることも忘れずに。

防犯対策で洗濯物が外から見えないようにする

防犯が気になる方は、洗濯物を干す場所に注意してみましょう。外から丸見えになる場所は避け、手の届きにくい高めの場所か、柵に隠れるよう下に干すなど、通常の干し位置とは変えるのがおすすめです。

また、人が通ると明かりがつくセンサーライトの設置などが効果的です。虫対策と同じように、洗濯物の目隠しカバーをつけてしまうのも良いでしょう。これがあれば雨よけにもできますで、にわか雨にも対処できます。

部屋干しにしてみる

天気がすぐれないときは、外干しでなく部屋干しにしてしまうのもひとつの手でしょう。部屋干しは臭いが繁殖してしまうイメージが強いですが、干し方を工夫すれば臭いの発生を抑えられます。おすすめは窓の近くの風が通るスペースや、エアコンを使用している場合はその近くなどです。

除湿器がある場合は、そちらを使用すればより早く乾かすことが可能です。また、部屋干し用の洗剤を使用すると、雑菌の繁殖を抑えられ、あの嫌な生乾きの臭いを発生させません。部屋干しすれば天気に左右されることもありませんし、防犯面でも安心です。冬の乾燥が激しいときは部屋の方がよく乾くこともありますし、洗濯物が加湿器の役割を果たしてくれるので一石二鳥です。

ご自身の環境に合わせた洗濯を!

洗濯物を夜に外干しするメリット、デメリットについて詳しくご紹介しましたが、日中に時間が取れなければ、必然的に夜に洗濯をするしかありません。夜の外干しには確かにデメリットが存在しますが、メリットを上手に取り入れ、デメリットに関してはしっかりと対処することで、昼間と同じように洗濯物の外干しをすることが可能です。

また、外干しにこだわらず、天候や住んでいる地域の環境に合わせて部屋干しを併用することで、洗濯できる幅が広がります。時間を有効活用するために、洗濯や洗濯物の干し方を工夫することが大切です。