部屋干しの臭いを撃退しよう!生乾き臭の解消方法を伝授

部屋干しの臭いを撃退しよう!生乾き臭の解消方法を伝授

Tomomi

梅雨や冬の寒い日に洗濯物を部屋干しする方も多いと思います。でも乾いた衣服を着たときに、生乾きのような臭いがすることってありませんか?「せっかく洗ったのに…」少し落ち込んでしまいますよね。今回は、そんな生乾き臭を予防かつ撃退する方法をご紹介します。

部屋干ししたときの嫌な臭い「生乾き臭」の原因とは?

洗濯で落としきれない衣類の汚れや雑菌

普段の洗濯で、衣類などをきれいに洗ったはずなのに汚れや雑菌が完全には取れていない場合があります。残ってしまった汚れやすすぎきれなかった洗剤が残っていると、乾かしている間に菌が増殖し、臭いの原因となります。

湿度が高くなる部屋干しの環境

干す時間がかかるほど、つまり濡れた状態が長く続くほど衣類についているわずかな雑菌でも繁殖します。風通しの悪い梅雨の時期の部屋干しは、湿度が高くなり衣類が乾くまでどうしても時間がかかります。このようにして繁殖してしまった雑菌が臭いの原因となります。

生乾き臭を解消するためには、できるだけ雑菌を増やさずに早く乾かすことが重要です。

臭いを予防しよう!生乾き対策のポイント

 

洗濯前に気をつけること~とにかく菌を増やさない

洗濯する前の汚れた衣類、使用したタオルなどにはたくさんの菌がついています。洗濯の前は極力これらの菌を増やしてはいけません。濡れたタオルをそのまま洗濯機やカゴの中に入れていませんか?

洗濯するまではハンガーやタオル掛けなどに広げてかけておきましょう。そのときに消臭スプレーをかけておくのも良い方法です。脱いだ服などの濡れていない洗濯物でも、洗濯機に直接入れるのではなく網目の大きな通気性のよいカゴに入れておき、雑菌が繁殖するのを防ぎましょう。

洗濯時に使用する洗剤の選び方

THE LAUNDRESS JPさん(@thelaundressjp)がシェアした投稿

除菌・抗菌効果のある洗剤を使う

臭いの原因となる頑固な汚れをしっかり落とすことが最も重要なので、まずは洗浄力が高いものを選ぶことが大前提です。そして、部屋干しでは乾燥時間が長くなり、日光による殺菌が期待できないため、除菌や抗菌作用のある成分を含む洗剤を選びましょう。

部屋干し用の洗剤も多く販売されています。部屋干し用の洗剤は、除菌作用が高く生乾き臭を防ぐ効果が期待できます。

また、粉末洗剤と液体洗剤どちらを選べばよいか迷う方もいらっしゃると思います。一般的には粉末洗剤のほうが洗浄力が高めといわれていますが、色落ちや色褪せを起こす可能性もあります。子供さんのいる家庭などで、泥汚れや食べこぼしなどの頑固な汚れのついたものを洗濯する場合が多いのか、色の濃い衣服などを洗濯する場合が多いのか、用途にあわせて選んで下さいね。

消臭・防臭効果のある柔軟剤も

柔軟剤の香りにこだわりのある方も多いかもしれませんが、生乾き臭を抑えるには、消臭効果の高い柔軟剤を使うようにしましょう。好みの香りの柔軟剤であれば、商品によっては部屋の中もいい香りになるというメリットも得られるかもしれません。

ただし、消臭効果を増やそうとして柔軟剤を多めに入れることはNGです。効果を最大限に発揮させるためには用法容量を守って使用しましょう。

環境と時間が勝負!効果的な乾かし方と干し方

すまいるさん(@smilehome.1219)がシェアした投稿

洗濯が終わったら素早く干す

朝いちばんで洗濯機を回しても、その他の家事に追われて干すのが後回しになってしまったり、急いで外出してしまって帰宅して慌てて干した、なんて経験ありませんか?

脱水まで終わった後、洗濯物を洗濯機の中に入れたままにしておくと、そこは雑菌の温床となってしまいます。湿度が高い場所は、雑菌がとても増えやすいのです。洗濯が終わったらすぐ洗濯物を取り出して干しましょう。

また、菌の繁殖を抑えるには干し方も大切です。できるだけ洗濯物の表面が重ならないように干さなければなりません。部屋の中ですので干し方には少し工夫が必要です。以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 両端に一番長いものを、真ん中には短いものを吊るすアーチ干しにする
  • 生地が重ならないように太めのハンガーを使用する
  • 長い洗濯物はМ字の形になるジャバラ状に干す
  • 干している途中で洗濯物の表裏をチェンジする

除湿機を使用する

除湿機を使用すると、部屋の湿度を下げ洗濯物を早く乾かすことが可能です。除湿機は洗濯物の真下に置き、窓を閉めて除湿しましょう。閉め切った狭い部屋で乾燥させるのがポイントです。

扇風機またはサーキュレーターを使う

ちっちさん(@mc88_ismart)がシェアした投稿

洗濯物に風が当たると、洗濯物の周りの空気が風によって入れ替わり、空気が水分を吸収しやすくなり速く乾くため、扇風機やサーキュレーターの使用はとても有効であり、手間をかけずに乾燥を速める方法としてはおすすめです。湿った空気と乾いた空気が入れ替われば良いので、「弱」モードで十分です。風は下から当てるのがポイントです。

乾燥機にかける

部屋干しをせずに乾燥機を使用することは、高温の下で早く乾かすことが可能なので生乾きの嫌な臭いを防ぐためには効果的です。ただ、乾燥機の使用は服を傷めてしまう可能性も否定できません。厚手の乾きにくい衣類やタオル類など洗濯物から選んで使用するのが良いでしょう。

乾燥機は高温で除菌効果も期待できるため、少し湿った状態で出してその後部屋干しするという方法もあります。低温度の設定で10分程度乾燥機にかけてから部屋干しすると、衣類の傷みを抑えて乾燥時間を短縮することが可能です。

また、浴室乾燥機能を使うのも効果的です。浴室に洗濯物を干すとリビングなどの部屋に干す必要がないため、その分のスペースが有効に使えますね。浴室自体の乾燥もできます。使用する場合は、乾燥前に浴室内の水滴などをよく拭き取ることがポイントです。

洗濯機のお掃除も忘れずに!

洗濯槽の汚れも嫌な臭いの原因になります。汚れや雑菌、すすぎきれなかった洗剤が残っていると洗濯物についてしまいます。洗濯槽が汚れたままだと何度洗っても結局雑菌がつくことになり、臭いは消えません。定期的に洗濯槽のお掃除をするようにしましょう。

洗濯槽の掃除には、洗濯機メーカーが推奨する洗濯槽クリーナーを用いることもひとつの手ですが、普段の家のお掃除でも使う重曹を用いることもできます。経済的にもよいですね。

洗濯層の掃除には重曹がおすすめな4つの理由!5つの手順でスッキリ清潔洗濯槽の掃除には重曹がおすすめな4つの理由!5つの手順でスッキリ清潔

また、いつもの洗濯の際にに洗濯物と一緒に入れるだけで洗濯槽を掃除し、同時に洗濯物の消臭もできるという優れものもあります。

編集部いちおしアイテム!

【テイクネット】洗濯爽快

いずれの方法も洗濯機が縦型かドラム型かによって商品タイプや使用方法が異なりますので、購入の際は注意しましょう。

臭いがついてしまったら?臭いが取れないときの対処法

臭いがつかないように気をつけたつもりでも、すでに衣類に臭いがついて取れない場合、お気に入りの洋服でも着てお出掛けするのにもちょっと気分が沈んでしまいますよね。ここでは、洗濯やお出掛けの際に、ひと手間をかけることでしつこい臭いを取る方法をご紹介します。

プラスワンアイテムで臭いを除去しよう

熱湯

スマイリータカコさん(@kuurotaco)がシェアした投稿

赤ちゃんの哺乳瓶や、よだれかけなどを煮沸消毒するという話を聞いたことがある人も多いと思います。これは、まだ菌に対して免疫力のない赤ちゃんのために、赤ちゃんが口に入れたりするものから菌を除去する方法です。

衣類に対しても、生乾き臭の原因も元は菌なので、同じように熱湯を使って洗濯物を高温にし、雑菌を死滅させることができます。厚手のタオルなど、頑固な臭いの場合は煮沸しましょう。手順は次のとおりです。

  • STEP.1
    大きめの鍋にお湯を沸騰させ、洗濯物を入れる。
  • STEP.2
    お湯が吹きこぼれない程度の火力で5分程度ぐつぐつと煮立たせる。トングなどでときどきかき混ぜる。
  • STEP.3
    火を止めた後、鍋の蓋をして30分程度浸す。
  • STEP.4
    その後いつもの洗濯をする。

ポリエステル、シルク、ウール、その他プラスチック製品が使われている衣類を高温で熱すると縮む可能性があるので、煮沸消毒は控えましょう。煮沸ができない衣類の場合は、次の方法も効果的です。

  • STEP.1
    大きめのバケツに50度程度のお湯を入れ洗濯物を入れる
  • STEP.2
    そのまま30分程度浸し、その後いつものように洗濯をして干す。

熱湯を扱うときは、くれぐれもやけどに注意してくださいね。

アルコールスプレー

除菌用のアルコールスプレーも簡単な消臭アイテムです。脱水が終わった洗濯物にアルコールスプレーをかけるだけで、雑菌の繁殖が抑えられ生乾き臭を除去することができます。ただし、柔軟剤の香りも消えますので注意してくださいね。

使用するアルコールスプレーは、純度が高く殺菌作用に優れているものがおすすめです。生乾き臭の除去だけでなく、ウイルス対策、キッチン用品やペット用品の消毒、車内の消臭など、様々な用途に使用できるので大変便利です。

編集部いちおしアイテム!

酸素系漂白剤

Ayaさん(@aya_s_lifestyle)がシェアした投稿

洗濯の際に、普段使用している洗剤と同時投入するだけで消臭効果を狙えるのが酸素系漂白剤です。酸素系漂白剤は、中に含まれる酸素が汚れに反応し、油汚れや皮脂汚れを分解する働きがあります。

生乾き臭を除去する目的のほか、洗剤では届かない汚れを落としたい場合や、Tシャツやワイシャツをもっと白くしたいという場合には、粉末タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。

編集部いちおしアイテム!

【花王】ワイドハイターEXパワー 粉末タイプ

クエン酸

酸素系漂白剤と同様に、洗濯の際に追加投入するだけで消臭効果が期待でき、しかもコストパーフォーマンスが最高なのがクエン酸です。多くの洗剤がアルカリ性であるのに対してクエン酸は酸性であるため、洗剤では落としきれない臭いにも効果を発揮します。

スーパーやドラッグストア、今では100円均一ショップでもよく見られるようになったクエン酸は何よりお手軽です。普段のお掃除に使っている方は、特別なものを買い足す必要はありません。ただし、洗濯洗剤とクエン酸を同時に入れてしまうと中和してしまうので必ず柔軟剤入れに投入することだけ気をつけましょう。

時間がないときの応急処置には?

外出のために着替えようとした際、「衣服が部屋干しの後の生乾き臭がするけど時間がない!」という場面もあるのではないでしょうか。そんなときは、応急処置として次にご紹介する2つの方法を試してみましょう。

ドライヤー

ドライヤを用いて臭いを飛ばし除去する方法です。衣服が入るポリ袋とドライヤーを用意し、袋の底の角の部分をハサミで切り取ります。そこに衣類を入れて、ドライヤーの口を差し込みます。袋の口も、空気が漏れないようにしっかりとめて、ドライヤーの風を当てましょう。袋にたまった熱が嫌な臭いを和らげてくれます。

消臭スプレー

September16さん(@___september16___)がシェアした投稿

衣服に消臭スプレーをかけるのは、いちばんシンプルな対処法ですよね。消臭成分を含む細かい水滴が繊維の奥まで届くので、スプレーするだけで洗濯直後のような消臭効果が得られます。誰しもひとつはお家に常備しているアイテムではないでしょうか?

2つの方法はどちらも、汗をかいたり雨などの水分を含むと臭いが戻るため、あくまで応急処置として試してくださいね。

部屋干しもコツを掴めばメリットがたくさん!

充英アートさん(@jueiart)がシェアした投稿

生乾き臭がついてしまう、リビングに干すとスペースが狭くなってしまい見た目も悪いなど、デメリットが目立ちがちな部屋干しですが、メリットもたくさんあります。

悪天候でも大丈夫

雨の日はもちろん、冬の日が出ない寒い一日や、強い風が吹いて洗濯物が飛ばされそうな日でも室内に干しておけば、急な雨に慌てることはありません。帰宅時間が遅れてしまっても洗濯物のことを心配せずに済みます。

花粉、ホコリ、黄砂、PM2.5から衣類をを守る

天気のよい日に洗濯物を外に干すと、乾いた洗濯物もパリッとして気持ちいいですね。しかし、実は一年中何らかの花粉は飛んでいるし、黄砂の季節などは、黄砂が洗濯物にも付着してしまいます。部屋干しはそんな付着物から洗濯物を守ってくれます。

衣類の傷みを防ぐ

紫外線には殺菌作用がありますが、同時に衣類も日焼けをしています。お気に入りの洋服が色あせたり、繊維が傷んでしまったりするのは嫌ですよね。大切な洋服は部屋干しすると安心です。

冬は加湿器代わりになる

冬場は部屋の中も乾燥します。そんなときは、加湿器を使用しなくても部屋で湿った洗濯物を干せば、洗濯物が加湿器の代わりになり、乾燥予防に役立ちます。

今は人々のライフスタイルが多種多様で、洗濯の仕方もそれぞれです。忙しい日々の中、部屋干しに切り替えれば、人によっては家事のストレスを減らすことも可能です。生乾き臭を予防、撃退するコツを掴んで、毎日の洗濯を快適に行えるとよいですね。