【加齢臭をスッキリ落とす!】洗濯物に残った臭い加齢臭の原因と対策法

【加齢臭をスッキリ落とす!】洗濯物に残った臭い加齢臭の原因と対策法

Hiroko

加齢臭が気になる方は、洗濯物の臭いが取れないとの悩みを持っていることがあるでしょう。枕カバーやTシャツなど、肌に直接触れるものは特に加齢臭の臭いが染みついてしまいますよね。この記事では、加齢臭がついた衣類などの洗い方や、臭いを取るための洗剤をご紹介します。

洗濯しても臭いが取れない加齢臭とは

加齢臭の原因になるのは「ノネナール」という物質です。人は40歳前後になると、活性酸素を抑える抗酸化力が低下するため、皮脂成分が酸化されてノネナールが発生しやすくなってしまいます。

加齢臭といえば、男性のイメージが浮かぶと思いますが、女性でも加齢臭を発生します。女性の場合、加齢とともに抗酸化作用がある女性ホルモンのエストロゲンが低下するのが原因です。

洗濯しても臭いが取れない加齢臭とは

加齢臭が洗濯しても落ちにくい理由

加齢臭が気になって何度も洗濯したのに、なかなか落ちないのはなぜなのでしょうか。

加齢臭の臭いのもとになる成分とは

加齢臭が何度洗濯しても落ちないのは、加齢臭の臭いの元が水で落ちにくい皮脂やタンパク質だからです。加えて、皮脂が衣類などに染み込み、繊維に絡みつくとさらに落ちにくくなってしまいます。

注意
洗濯で落とすことができない加齢臭は、繊維にどんどん蓄積されて何度洗濯しても臭いが取れなくなってしまうのです。そして、その加齢臭は空気に触れて酸化することにより、黄ばみの原因にもなります。

加齢臭が発生する場所

加齢臭が発生するのは、頭部、耳の後ろ、首、脇、胸、背中などです。臭いは自分では気づきにくいものですが、何日か使用した枕カバーを確認して臭いがしたら、それは加齢臭かもしれません。

加齢臭が臭い移りしやすいものとは

加齢臭が染み込みやすいものはどのようなものが挙げられるでしょう。

肌着やワイシャツなどの衣類

肌着やワイシャツなど、直接肌に触れるものは加齢臭がつきやすいです。特に、襟元などは加齢臭が発生する場所に近いので、臭いが染み込んで取れにくくなります。また、加齢臭は脇や背中からも発生するため、白いTシャツなどは臭いが染み込みやすく、皮脂が酸化して黄ばんでしまうことが多いです。

枕カバーやシーツなどの寝具

加齢臭が臭い移りするものといったら、まず最初に「枕カバー」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。枕は加齢臭が発生する頭部や首、耳の後ろなどが直接触れるものです。さらに、触れる時間が長いため、加齢臭が蓄積されて強い臭いを放つのです。

洗濯物に加齢臭がしみついたときの取り方

加齢臭がついた洗濯物は、水洗いでは臭いが落ちにくいため、臭いが気になるようになったら洗濯方法を見直さなければなりません。どのような方法で加齢臭を落とせば良いのかを、早速解説していきます。

洗濯物に加齢臭がしみついたときの取り方

加齢臭を取るのに効果的な洗剤選び

まずはじめに、加齢臭を取るためにはどのような洗剤を使用すれば良いかを知っていきましょう。

皮脂汚れ落としに適している弱アルカリ性の洗剤を使う

加齢臭の臭いを取るためには、洗浄力が高い弱アルカリ性の洗剤が適しています。加齢臭の原因は酸化した皮脂なので、酸性とは反対の性質の洗剤を使って落とさなければなりません。

洗濯をするときに使う洗剤は基本的に、デリケート洗いに適している中性洗剤と、肌着やタオルなどの一般的な洗濯物に使う弱アルカリ性洗剤です。

MEMO
洗剤を選ぶ際は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤ではなく、一般の洗濯物を洗うための弱アルカリ性洗剤を選びましょう。

除菌もできる酸素系漂白剤を使う

加齢臭の臭いがなかなか取れない、または黄ばみが気になるときにおすすめなのが、酸素系漂白剤です。酸素系漂白剤は、汚れを落とす働きのほかに除菌効果も期待できますから、臭いの原因になる菌を除菌して、臭いも取り除いてくれますよ。

酸素系漂白剤を使用する際は、その効果をより高めるために40度程度のお湯を使用します。お湯に酸素系漂白剤を溶かして、その中に洗濯物を浸して30分ほど置きます。30分経ったら、お湯を捨てていつものように洗濯機で洗いましょう。

つけ置き洗いするだけで臭いが落ちやすくなるので試してみてくださいね。

クエン酸や重曹などを使う

加齢臭の気になる臭いには、酸性の成分のクエン酸を使うのもおすすめですよ。クエン酸を柔軟剤の代わりに使うと、洗濯物の汚れと臭いを洗い流し、柔らかく仕上がります。

また、アルカリ性の重曹を使い、加齢臭の元になる皮脂汚れを落とすのもおすすめです。

MEMO
重曹には消臭効果もあるため、いつも使っている洗剤に重曹を加えると、汚れとともに加齢臭の嫌な臭いを取り除いてくれますよ。

加齢臭を洗濯で落とすときのポイント

洗濯物に加齢臭を染み込ませないためには、いくつかのポイントがあります。また、洗濯の際に少し工夫するだけで、黄ばみ汚れや臭いが落ちやすくなりますよ。

洗濯機と洗濯物

洗濯物を放置しない

加齢臭を洗濯物に染み込ませないためには、脱いだ洗濯物をできるだけ早く洗うことです。加齢臭がついた衣類などは、放置してしまうと皮脂が酸化して嫌な臭いを発生させてしまいます。また、酸化した汚れは落としにくくなってしまうので、注意が必要です。

特に、肌に直接触れる肌着などは、放置すると臭いも汚れも落ちにくくなってしまいます。

注意
シーツや枕カバーは就寝中にかいた汗と加齢臭が一緒になると、雑菌を繁殖しやすくなるため、放置せずすぐ洗濯しましょう。

洗濯表示を確認してぬるま湯を使う

皮脂汚れは水で落としにくい汚れです。そのため、加齢臭の染みついた洗濯物はぬるま湯を使って洗濯すると汚れが落ちやすくなります。お湯を使う場合は、必ず洗濯表示を確認して使用できるお湯の温度を確認しましょう。

つけ置きで汚れを浮かせる

洗濯物の加齢臭を落としやすくするためには、40度以上のお湯に少量の弱アルカリ性の洗剤を混ぜてつけ置きすると良いですよ。

お湯を使うことで、汚れが浮き上がってきて、汚れや臭いが落ちやすくなります。つけ置き時間は汚れによって多少の調整は必要ですが、長くつけすぎると生地を傷める原因になってしまうため、30分程度が適当です。

30分程経ったら、つけ置きして汚れたお湯を捨てて洗濯機で洗います。

つけ置き洗いのときはもみ洗いは厳禁

つけ置き洗いをしたとき、汚れが浮いてきますので、汚れたお湯を捨てて新しいお湯と洗剤を入れましょう。何度か繰り返して、汚れが浮かなくなったらつけ置き洗いは終了です。

注意
汚れを落としたいからと、もみ洗いすると生地を傷めることになるため避けましょう。

加齢臭の臭い移りにおすすめの洗剤10選

加齢臭の匂いや汚れを落とすためには、皮脂汚れ落としに適した弱アルカリ性の洗剤が適しています。さらに、消臭効果がある洗剤を選ぶことで、気になる加齢臭を取り除くことができますよ。

【Heulie】Rinenna#2 WhiteMusk

つけ置きするだけで衣類の汚れや臭いを落としてくれる「つけ置き専用」の洗剤です。洗濯物につく黄ばみや黒ずみ、臭いはからだから出る皮脂汚れなどのタンパク質が原因です。加齢臭の臭いや汚れを落とすため、「タンパク質分解酵素」をブレンドしています。

汚れによって洗剤を変える必要がないため、家族全員の洗濯物をこれひとつで洗うことができます。

【LION】トップ スーパーNANOX ニオイ専用

諦めていた嫌な臭いを消臭・防臭してくれる臭い専用のコンパクト洗剤です。独自成分の「MEE」と新しく配合した「ナノ消臭酵素」によって、加齢臭を分解して取り除いてくれます。

さらに、消臭成分入りの香料によって、服を着ている間も臭いが出ません。洗濯することで、洗濯槽も菌やカビ、臭いから守ってくれる働きもポイントです。

【LION】消臭 ブルーダイヤ

酵素がからだから出るタンパク質の汚れを分解し、漂白成分が洗濯物に染みついた臭いも分解して消臭してくれる洗剤です。加齢臭消臭成分とフラボノイド成分を配合しているため、気になる臭いをしっかり落としてくれますよ。

漂白成分は酸素系なので、色柄物にも使えます。また、再生可能な植物由来の洗浄成分である「MES」を使用しているため、地球環境に優しい洗剤になっています。

【花王】アタック 高浸透バイオジェル

浸透洗浄成分を配合して、加齢臭の元になる皮脂汚れをスッキリ洗ってくれる洗剤です。浸透洗浄成分が繊維の奥までしっかり届くため、加齢臭だけでなく食べこぼしなどの汚れも落としてくれますよ。

蛍光剤を配合しているため、色柄物を洗う際は色落ちに注意が必要です。ドラム式洗濯機にも使えるので、加齢臭の気になる臭い対策に使ってみてくださいね。

【花王】アタック 高浸透リセットパワー

『花王』のワイドハイター EXパワーとの共同開発でつくられた洗剤です。除菌・消臭成分を配合しているため、加齢臭や靴下などの頑固な皮脂汚れや黄ばみに効果を発揮します。

つけ置き洗いをすることで、さらに汚れ落ちが良くなりキレイに洗い上がります。漂白剤・柔軟剤入りですから、白さと柔らかさもこれ1本で実現しますよ。

【花王】アタック 消臭ストロングジェル

衣類に染みついた臭いを香りでごまかさない洗剤です。「尿臭ブロッカーEX」と「高浸透洗浄成分」を配合し、加齢臭や体臭、汗、汚れをしっかり落として清潔にしてくれます。

蛍光剤が配合されているため、綿や麻の淡色の衣料は白っぽくなってしまうことがあります。また、色落ちする可能性があるものは洗濯の前に目立たない部分で確認しましょう。

【P&G】アリエール サイエンスプラス7

ダブルの漂白剤を配合しているため、こびりついた頑固な汚れをしっかり落とし、消臭までしてくれる洗剤です。加齢臭の気になる臭いや、靴下やユニフォームの泥汚れ、シャツの襟や袖の黄ばみなどに適しています。また、食べこぼしや油のシミも落としてくれますよ。

洗濯をしながら、洗濯槽のカビや雑菌の繁殖を抑える働きもあるため、衣類に洗濯槽の汚れを移しません。

【興和堂】ヌーラO2

クリーニング店などのプロが愛用しているしみ抜き剤を、家庭用の酸素系洗浄剤として開発しました。加齢臭などの衣類に染みついた臭い・汚れ・黄ばみ落としを目的とした洗剤です。

『興和堂』のヌーラO2は、酸素量が非常に多いため、お湯に入れるとたくさんの細かい泡が出ます。衣類をつけて置くだけで、細かい泡が衣類のすみずみまで行き渡って汚れを落としてくれますよ。

【ベネフィットイオン】bois-sDS 40+

日本初の体臭のタイプに合わせた消臭目的の洗剤です。日本人の体臭を8つに分けて、その臭いに合わせた洗剤をつくりました。8つの体臭は臭いそのものが違うため、それぞれにアプローチの方法が異なります。

気になる臭いや汚れにスプレーを吹きかけて5分置きます。5分で消臭が完了するので、すぐに洗濯機で洗いましょう。

【みつばちロード】魔女っ粉 洗濯補助洗浄剤 加齢臭用

寝具や衣類などについた加齢臭を洗い落としたいとの主婦の声から生まれたのが、この「洗濯補助洗浄剤」です。洗濯の際に、スプーン1杯加えるだけで、加齢臭の嫌な臭いを取り除きます。

天然自然由来の消臭・抗菌成分である「柿渋エキス」を配合し、蛍光剤・着色料・漂白剤・界面活性剤を一切使用していないため、人にも環境にも優しいところがおすすめですよ。

加齢臭対策におすすめの対策

洗濯物に加齢臭を染み込ませないため、加齢臭対策におすすめの方法をご紹介します。

枕カバーにタオルを敷いて毎日洗う

枕カバーは毎日使うもので、加齢臭が出る頭や首などに触れるものです。加齢臭を染み込ませないためには、毎日取り替えて洗濯することが必要です。枕カバーは数枚用意して毎日交換すれば清潔に保てます。

もしも、毎日取り替えるのが面倒な場合は、大きめのタオルで枕を巻いて使いましょう。そのタオルを交換すれば、枕カバーに臭いが染み付きにくくなりますよ。

柔軟剤などで香りを加えすぎない

加齢臭は独特な臭いがするため、香りでごまかそうとして強い香りがする柔軟剤などを使うとかえって変な臭いになってしまうことがあります。香りがついている洗剤や柔軟剤を使う場合は、きつすぎない香りのものを選ぶようにしましょう。

洗濯のコツをつかんで加齢臭を取り除こう

加齢臭は、歳を重ねていけば誰でも発する臭いです。原因の皮脂汚れが蓄積していくと、なかなか臭いが取れなくなってしまいます。加齢臭が気になるようになったら、洗濯方法を一度見直すと良いでしょう。

そして、気になる臭いを取り除くために、今回おすすめした洗剤を活用して、加齢臭を落とし、気持ち良く過ごしてくださいね。