『Shark(シャーク)』からコードレススティッククリーナー““EVOPOWER® SYSTEM ADV”が新発売!日本専用の上位モデルとして2021年10月下旬に登場

Hiroko

2020年8月に発売された『Shark(シャーク)』の“EVOPOWER® SYSTEM”は、使い勝手の良さと高い掃除能力で好評を得た新コンセプトのシステムクリーナーです。今回、日本専用に新開発された上位モデルのコードレススティッククリーナーが発売されることになりました。

『Shark(シャーク)』の通販ページはこちらから!

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

『Shark(シャーク)』が日本専用に開発したコードレススティッククリーナー

『Shark(シャーク)』が日本専用に開発したコードレススティッククリーナー

2020年8月に『Shark(シャーク)』から発売された新コンセプトの“EVOPOWER® SYSTEM”は、シンプルでスマートなデザインながら、強力な吸引力が特徴のシステムクリーナーです。

ワンタッチでハンディタイプのクリーナーとして使えるところや、長い髪の毛やペットの毛が絡まないブラシレスパワーフィンなど、優れた機能を搭載し人気を博しています。

そして今回、日本専用に新たに開発された上位モデルの“EVOPOWER® SYSTEM ADV(エヴォパワーシステム アドバンス)コードレススティッククリーナー”の発売が決まりました。

『Shark(シャーク)』EVOPOWER® SYSTEM ADV 開発の背景

『Shark(シャーク)』EVOPOWER® SYSTEM ADV 開発の背景

日本市場に参入して4年目の『Shark(シャーク)』。『Shark(シャーク)』の“EVOFLEX ”は、「パイプが曲がる画期的な掃除機」として2018年秋に発売されました。

中でも、ハンディクリーナー“EVOPOWER®”シリーズのスタイリッシュでシンプルな見た目は、出したままでも部屋の雰囲気を損ないません。すぐ手に取れるところに置いて、ゴミに気づいたときにすぐ掃除できる点や、軽くてパワフルな掃除力も多くの人を満足させています。

2020年8月に発売されたコードレススティッククリーナー“EVOPOWER® SYSTEM”は、「サッと取り出して、サッと掃除できる」“EVOPOWER®”の新しい掃除機の価値観を取り入れ、ユーザー満足度96%(※)という高評価を得ています。

MEMO
『Shark(シャーク)』が実施したユーザー満足度調査の結果によるもの。(EVOPOWER SYSTEM に満足しているか、という問いにとても満足、やや満足と回答したユーザーの比率)

『Shark(シャーク)』は、このようなユーザーからの高い評価に満足せず、常により良い掃除機を届けるためにはどのような進化が必要かを考えています。

『Shark(シャーク)』“EVOPOWER® SYSTEM ADV”のアップグレードした主な6つの機能

『Shark(シャーク)』“EVOPOWER® SYSTEM ADV”のアップグレードした主な6つの機能

今回発売される“EVOPOWER® SYSTEM ADV”は、現行モデルの強み・改善点を踏まえ、日本の顧客のためだけに開発された上位モデルです。

気持ち良く掃除できるポイントを踏まえ、基本機能はそのままに掃除によるストレスを取り除きました。

『Shark(シャーク)』独自の新開発ヘッド「ハイブリッドパワークリーン」の特徴

「ハイブリッドパワークリーン」は、『Shark(シャーク)』独自のパワーフィンとソフトローラーを組み合わせたブラシロールを搭載した新開発ヘッド。この進化したヘッドは、これまで以上に高い掃除力を実現します。

  • ブラシロールが床に密着し、ごみを逃さず取り除く
  • 太いブラシロールによって、パワーフィンの動きをサポート
  • パワーフィンの幅や角度を見直し、ゴミ取り性能を45%アップ
  • ヘッドカバーの改良によって、壁際のゴミを強力に除去
  • ブラシロールにモーターを内蔵し、ヘッドをコンパクト化

進化したヘッドは、ハンディ部分が1kg未満の製品の中でも最も強力な吸引力。フローリングはもちろん、カーペットや畳などのあらゆるゴミをしっかり取り除きます。

さらに、長い髪の毛やペットの毛もブラシロールに絡まないので、ストレスなく掃除できてお手入れも簡単です。

シーンで使い分けられるる3モード搭載

ゴミが気になるけれど、ペットが掃除機の音を怖がる、家族がリモートワーク中なので掃除機を使うことをためらってしまう。そんなことがあるかもしれません。

また、共働きで昼間に掃除できない方は、掃除機の音が気になりますよね。今回発売された“EVOPOWER® SYSTEM ADV”は、シーンに応じて3つのモードを搭載しました。

普段の掃除の際は「標準モード」。夜に掃除したい、音に敏感な子どもやペットがいるご家庭におすすめの「エコモード」を使用すれば、音を抑えた掃除ができます。

大きめのゴミや大量のゴミを掃除したいときや、短時間で掃除したい場合は「ブーストモード」で一気に掃除できて便利です。

部屋に出したままにしておける洗練されたデザイン

掃除したいときにサッと取り出して使えるよう、デザインにこだわっています。スリムなデザインはそのままに、さらに洗練されたデザインを実現。

日本のデザイン会社と一緒に開発したデザインと、マットな質感で部屋に違和感なくなじむような4色を採用。部屋に馴染む色合いとシンプルでスマートなデザインなので、収納場所に困らず使いたいときにすぐ使えます。

正面からダストカップが見えないようになっているため、部屋の雰囲気を損なわないところも◎。

使いやすい操作ボタンやステータス表示

電源ボタンとダストカップボタンの形状を変更して配置を調整することで、誤操作を防いでいます。

さらに、バッテリーインジケーターのデザインを変更し、エコモード/ブーストモードのアイコンを追加。

使いやすさを追求した変更によって、さらに扱いやすい掃除機となっています。

現行モデルより33%長くなった駆動時間

長時間の掃除が可能になるように、標準モードで最大32分の駆動時間を実現しました。

現行モデルに比べると駆動時間が33%長くなったことで、バッテリー切れの心配を軽減。ダブルバッテリーなので、バッテリーが切れてもドックで充電中のもう一つのバッテリーに交換すれば、掃除を続けられます。

すべてのアクセサリーがドックに収納可能

現行モデルではミニモーターが収納できませんでしたが、新モデルはすべてのアクセサリーをドックに収納できるように。

付属のアクセサリーは、手を使わずにドックからワンタッチで付け外し可能。豊富なアクセサリーで家具のすき間や家具の上、ソファーなどあらゆる場所を掃除できます。

現行モデルから継続する便利な6つの機能

現行モデルから継続する便利な6つの機能

今回発売される『Shark(シャーク)』のコードレススティッククリーナーは、現行モデルに搭載されている便利な機能のいくつかをそのまま継続しています。

  • 専用ドックに置くだけで自動的に充電スタート
  • あらゆる方向に動くヘッド
  • ボタン一つでパイプが曲がる「FLEX機能」※CS651JOR / CS651JBLのみ
  • ボタンをつまむとハンディクリーナーに変形
  • ワンタッチでごみ捨て可能。お手入れも簡単
  • 「布団用ノズル」、「ブラシ付き隙間用ノズル」などアクセサリーを豊富に付属

『Shark』の掃除機の代名詞ともいえる「FLEX機能」ははじめとした基本機能をしっかり搭載。

新しい掃除機を購入するとき、「使いにくかったらどうしよう」と不安になる人も多いかもしれませんが、基本機能がそのままな分、スムーズに買い替えできます。

『Shark』ユーザーは、「この機能やっぱり便利!」と感じながら使用できるはず。もちろん初めて『Shark』の掃除機を使う人にもおすすめの商品です。

『Shark(シャーク)』の新コードレススティッククリーナーが待ち遠しい!

『Shark(シャーク)』の新コードレススティッククリーナーが待ち遠しい!

現行モデルに搭載されている便利な機能と、新しく採用された機能により、部屋中をしっかり掃除できるようになった『Shark(シャーク)』の“EVOPOWER® SYSTEM ADV”。

2021年10月下旬から、全国の家電量販店と『Shark(シャーク)』公式オンラインストアで購入可能です。

アップグレードしたコードレススティッククリーナーで、気持ち良い掃除をしてくださいね。

【2021年最新】『シャーク』の掃除機おすすめ機種12選!売れている理由と選び方もご紹介

画像提供:PRTIMES