【2021年最新】『シャーク』の掃除機おすすめ機種12選!売れている理由と選び方もご紹介

『シャーク』は、日本では2018年に発売が始まった掃除機ブランドです。発売からまだ3年ですが、さまざまな優れた機能と使いやすさで一気に人気が出てきています。この記事では、そんな『シャーク』の掃除機の特徴とおすすめ機種をご紹介します。

目次

アメリカで売上ナンバーワンの『シャーク』の掃除機とは

アメリカの『シャークニンジャ』の掃除機の人気ブランド『シャーク』は、アメリカでは他の有名メーカーを抑えて売上ナンバーワンの掃除機です。

消費者のニーズに応えるために、手に届きやすい価格で革新的な製品を販売することを理念とした『シャーク』。ブランド名『シャーク』は、初めて発売した掃除機がサメの形に似ていたのが由来でつけられました。

『シャーク』の掃除機が大人気で売れている理由!

『シャーク』の掃除機は2018年7月の発売以来、人気の掃除機として知られるようになりました。なかでも、パイプが曲がるタイプの掃除機のテレビCMを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

では、『シャーク』の掃除機が日本で人気があるのはなぜなのでしょうか。その理由をわかりやすく解説していきます。

日本の住環境に合わせて作られている

アメリカで大人気の『シャーク』が日本でも売れているのは、日本の住環境に対応するモデルが多くあるためです。

日本の家屋は大きくて広いアメリカの家とは異なり、狭くて物が多い特徴があります。そのため、アメリカ製の大きい掃除機だと小回りが効かず、パイプも長く使いにくいのです。

一方、日本の住環境に合わせて開発された『シャーク』は、パイプが曲がって家具の下のような狭い場所を掃除できるため、使いやすいと注目され始めました。また、コンパクトに収納できる点も狭い日本の家で重宝される理由と言えます。

アタッチメントが豊富

海外製の掃除機は、アタッチメントが豊富です。『シャーク』も同様で、家具の隙間の奥まで届くブラシや布団専用のクリーナー、床面の素材に合わせたブラシなどたくさんのアタッチメントがあります。

大きいブラシでは届かない狭い場所が掃除できるなど、掃除場所に適したアタッチメントが豊富なのは嬉しいポイントです。

用途に合わせて使い分けられる

『シャーク』の掃除機は、用途に合わせて使い分けることができるよう、スティックタイプ、ハンディタイプ、スチームタイプ、ロボット掃除機があります。

広い部屋を掃除したい場合はスティックタイプ、車の中や机の上を掃除したいときはハンディタイプなどと使い分けられて便利です。部屋の広さや掃除したい場所によって適した掃除機を選べるのも人気の理由と言えます。

『シャーク』の掃除機の種類と特徴

『シャーク』が人気な理由を解説しましたが、次は種類別に掃除機のタイプをご紹介します。自分に合った機種はどれなのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コードレススティック

『シャーク』の掃除機の中で代表的な機種がこちらのコードレススティックタイプです。『シャーク』を有名にしたパイプ部分が曲がって家具の下の掃除がしやすい機種は、テレビCMで目にしたことがある方は多いかもしれません。

2種類のブラシを内蔵したヘッドを搭載しているので、ヘッドを交換しなくてもどんなシーンでも手軽に掃除できます。

ハンディクリーナー

ハンディタイプのクリーナーは、EVOPOWERシリーズとサイクロンハンディの2種類があります。EVOPOWERシリーズは、スティックタイプのクリーナーと同等のモーターを搭載しているため、吸引力は劣りません。

サイクロンハンディは、大容量のごみを一度に吸い込めるタイプで、ボタンひとつでごみを簡単に捨てられる便利な機能があります。さらに、ダストカップなどが水洗いできるため、お手入れが簡単なのも魅力です。

スチームモップ

スチームモップは、掃除機では落とせない頑固な汚れを100度以上の高温ドライスチームで拭いて落とす掃除機です。高温スチームで汚れを溶かし、洗剤を使わなくてもバクテリアや細菌を99.9%除去できます。

水洗いできるマイクロファイバー製のパッドは、ボタンひとつで取り外しできて水洗い可能。汚れたパッドを触らなくて済むのが良いですね。

ロボット掃除機

『シャーク』のロボット掃除機は、他社のものと比べるとリーズナブルな価格帯です。2つのブラシで髪の毛やホコリなどをしっかり吸い込みます。

180分の充電で約60分掃除ができ、大容量のダストカップは取り外して水洗いできるため清潔に使えるのも嬉しいポイントです。

『シャーク』のスティッククリーナーおすすめ4選

スティックタイプのクリーナーは、掃除中に腰をかがめることなく家具の下を掃除できる便利な機能がついたもの、スタイリッシュな見た目のものなどがあります。

マルチフロア対応│【Shark】 EVOPOWER SYSTEM コードレススティッククリーナー FLEXモデル CS501J+

「FLEX機能」という、ボタンひとつでパイプが曲がる機能を搭載したスティックタイプのクリーナーです。これで、腰を曲げることなくソファーの下などを楽に掃除できます。

あらゆる床に密着してごみをしっかり吸い取る新開発の機能、「ブラシレスパワーフィン」を採用し、一度に多くのごみを取り除きます。さらに、ダブルバッテリーで、1つのバッテリーはいつもドックで充電できるため、駆動時間を気にせず長時間掃除できるのも安心です。

布団用や家具のすき間用のノズルなど付属のアクセサリーは種類が多く、部屋中のあらゆる場所をキレイにします。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

フローリング専用│【Shark】 EVOPOWER SYSTEM コードレススティッククリーナー CS200J

フローリング専用の空気の流れと床面との密着性を追求した独自のヘッドで、ごみをしっかり吸い込んで取り除きます。

ヘッドが軽くあらゆる方向に動くので、すいすい掃除できてストレス知らず。ボタンを押すとハンディタイプになるため、ハンディ掃除機を別に用意する必要がありません。

パイプが曲がる機種ではありませんが、スリムなフォルムなので家具の下など狭い場所でもスムーズに掃除できます。ダストカップやハンドルが邪魔にならないのでサッと家具の下をキレイにできて便利です。正面からカップが見えることがないので、お部屋の雰囲気を損なわないところもポイント。

スタイリッシュなデザインで、専用ドックに置くだけですぐに充電。思い立ったときに、取り出してすぐ掃除できます。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Shark】 充電式サイクロンスティッククリーナー CH966J

毎日の掃除にちょうど良い機能がしっかり備わったシンプルなスティックタイプのクリーナーです。フローリングや短い毛足のカーペットに最適な新開発のヘッドを搭載し、掃除の効率をアップさせ、パワフルな吸引力でごみを強力に取り除きます。

ノズルを外してハンディとしても使用でき、付属のミニモーターヘッドを取り付ければ、布団用クリーナーとしても活躍してくれますよ。

ダストカップとフィルターは取り外して水洗いできるため、清潔に使い続けられるのも◎。

美しい色とシンプルなデザインで、付属のアクセサリーとともにスタンドに立てておけるので場所を取りません。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Shark】 Shark EVOFLEX S30 充電式コードレスクリーナー

“EVOFLEX”に搭載されているヘッドは、独自構造の「デュオクリーン」。2層のブラシが大きなごみから細かいごみまでしっかり吸ってくれます。

“EVOFLEX”の最大の特徴は、「マルチフレックス」という折れ曲がる構造のパイプです。掃除の最中にボタンひとつでパイプが折れ曲がるため、腰をかがめなくても家具の下を簡単に掃除できます。また、パイプを折ってコンパクトに収納可能なので、狭い場所への収納に便利。

バッテリーは着脱式で2個付属なので、万が一掃除の途中でバッテリーが切れても安心です。また、付属のアクセサリーが豊富なので、布団やソファなどあらゆる場所を掃除できますよ。

掃除中の空気はハウスダストやアレルギー物質を除去したものなので、子どもがいる家庭でも安心。ボタンひとつでごみに触れることなく捨てられるのも嬉しい機能です。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

『シャーク』のハンディクリーナーおすすめ3選

ハンディタイプのクリーナーは、ちょっとした掃除に使えて便利なうえ、吸引力が強く快適です。

【Shark】EVOPOWER EX 充電式ハンディクリーナー WV406J

こちらは、日本のユーザーからの声をもとに開発されたモデルです。これまでの同じタイプのものより2倍の吸引力を実現し、強力にごみを吸い取ります。

標準モードの他に吸引力が強いブーストモード、子どもの昼寝中や夜など大きな音を立てたくないときにおすすめのエコモードと、シーンによって使い分けできる3つのモードを搭載。

付属のフローリング用延長ノズルを使えば、床掃除もできるマルチなハンディクリーナーです。日本の住まいに馴染むように設計されたシンプルでコンパクトなデザインが特徴で、マットな質感とこだわりのカラーも魅力のひとつとなっています。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Shark】Shark EVOPOWER W35 充電式ハンディクリーナー

こちらは内蔵リチウムイオンバッテリーが2つのダブルバッテリー搭載で、長時間の掃除でも充電切れの心配がありません。車の中の掃除などすぐ充電できない場所での掃除も安心です。

3段階のバッテリーゲージが、バッテリーの充電・交換のタイミングをお知らせ。ごみを捨てるときはボタンひとつでOKで、ごみを触らなくてよいので衛生的です。さらに、フィルターとダストカップは取り外して水洗いできるのも良いですね。

本体を置くだけで充電が開始されるドック付属で、スタイリッシュでシンプルなデザインが部屋に馴染みます。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Shark】 充電式サイクロンハンディクリーナー CH951J

デュアルサイクロンを搭載し、直線的で多くの空気を作り出すことで、掃除の効率化を実現し、ごみを詰まりにくくしたハンディクリーナーです。

一度に多くのごみを吸い込むことができる大容量タイプ。髪の毛が絡みづらいブラシロールを搭載したミニモーターヘッドは、汚れや髪の毛をはたきながら除去します。ペットの抜け毛や布団、マットレスなどの掃除におすすめです。

本体をドックに置けばすぐ充電が開始されるので、使いたいときにすぐ使えて便利。アクセサリーもドックに収納できます。

ごみ捨てはボタンひとつで手に触れることなく済ませられて衛生的。ダストカップとフィルターは取り外して水洗い可能です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

『シャーク』のスチームモップおすすめ4選

独自のスチーム技術と使いやすさを大切にして開発されたスチームモップは、100度を超える高温度スチームで、掃除機では取れない頑固な汚れもしっかり落とします。

2-IN-1

こちらは、モップとハンディが一体となった『シャーク』のスチームモップの最上位モデルです。

取り外しがスムーズにでき、水分と汚れを吸うマイクロファイバーと頑固な汚れを取り除くスクラブ素材の2つの素材でできた専用パッドで、キッチンの油汚れや洗面台の水垢、浴室のカビ取りなど多岐にわたって掃除可能。汚れの度合いによってスチームの量を調整できるのも便利な機能です。

モップの長さは日本人の平均身長に合わせて設計されているため、長時間掃除していても疲れにくくなっています。

付属のホースは細かい場所の掃除に、衣類用のスチーマーは衣類のシワ取りなどのお手入れに使えますよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Shark】 GENIUS ジーニアス スチームモップ

キッチンや洗面所、浴室など、汚れた床を徹底的に掃除してくれる、床掃除に特化したスチームモップです。

床の種類に合わせてスチームの量が調整できるため、床の素材を傷める心配がありません。通常のヘッドのほかに、床の四隅にフィットする三角のヘッドを付属。

水洗いできる専用パッドで頑固な汚れをしっかり取ります。水だけで頑固な汚れが落とせるので安全です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Shark】スチームモップ

スチームモップ初心者におすすめなのは、『シャーク』のスチームモップの中では最も軽量なこちらです。

コンパクトサイズのヘッドで小回りが効くため、届きにくい場所でも簡単に掃除できます。掃除中や収納するときに自立するので便利です。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Shark】ハンディスチームクリーナー

気になったときにすぐ使えるハンディタイプのスチームモップです。普段の掃除ではなかなか落ちないキッチンの油汚れや浴室のカビなどを、スチームのパワーでしっかり落とします。

スチームが出るまで30秒というクイックスタートで、すぐ掃除にとりかかれるのが嬉しいポイント。使用するのは水だけなので、化学物質の残留の心配がありません。

付属のアクセサリーを使ってサッシの間などの細かい箇所や、衣類のしわ取りもできて便利です。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

『シャーク』のおすすめロボット掃除機

最後に、ロボット掃除機のご紹介です。『シャーク』のロボット掃除機にはどのような特徴があるのでしょうか。

【Shark】EVOROBOT

『シャーク』のロボット掃除機は、革新的なセルフクリーニングテクノロジーを搭載し、ブラシロールに絡みついた髪の毛などを掃除中に自動で取り除きます。

また、大容量のダストカップは取り外して水洗いできるため、清潔を保つことが可能です。

最長60分掃除できるリチウムイオンバッテリーを搭載。低電力になった際は、ロボット掃除機が自動的に充電ドックへ戻るので、手間いらずです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

『シャーク』の掃除機の選び方

『シャーク』の掃除機の選び方

ここまで、『シャーク』の掃除機の特徴とタイプ別のおすすめ機種をご紹介しました。どの機種もそれぞれ使いやすい機能がありますが、どのようなポイントに注意して掃除機を選べばよいのでしょうか。ここでは、『シャーク』の掃除機の選び方を解説します。

掃除機の種類で選ぶ

『シャーク』の掃除機は、コードレススティックタイプ、ハンディタイプ、スチームモップ、ロボット掃除機と大きく分けて4つのタイプがあります。

それぞれの特徴を見極めて、掃除場所に合わせた種類を選ぶのがおすすめです。

床掃除を主にしたい場合は、床掃除専用の機種を選べば床のごみをしっかり吸ってくれます。

また、狭い場所を掃除したい場合はハンディタイプがおすすめですが、そのハンディタイプの機種の中に延長ノズルが付属しているものがあります。

この機種であれば、ハンディタイプとして使え、延長ノズルを付けてスティックタイプのように使うこともできるのです。

共働きで昼間は家に誰もいない家庭には、自動で掃除してくれるロボット掃除機がおすすめ。

タイプ別の特徴、機種の解説を参考にしてどの種類がニーズに合っているか、検討してみてくださいね。

ヘッドで選ぶ

『シャーク』の掃除機を選ぶとき、ヘッドの形に注目しましょう。ヘッドの種類によって適した掃除場所が異なるので確認して掃除機を決めてくださいね。

デュオクリーン・クリーナーヘッド

『シャーク』の独自ヘッド「デュオクリーン・クリーナーヘッド」は、異なる2種類のブラシを内蔵したヘッドです。このヘッドは床の種類によってヘッドを替える必要がないため、手を止めることなく掃除できます。

「デュオクリーン・クリーナーヘッド」は、大きなごみから細かいチリまで対応できるのが魅力です。2種類のブラシとモーターが内蔵されているため少し重さがありますが、モーターの力で自走するので楽に掃除できますよ。

マルチフロア用ヘッド

マルチフロア用ヘッドは、先ほどご紹介した“EVOPOWER SYSTEMのFLEXモデル CS501J”と、“FLEXモデル CS401J”に搭載されています。

こちらのヘッドはどのような床でも高い吸引力を発揮。髪の毛やペットの毛が絡みにくい「ブラシレスパワーフィン」を採用し、掃除機自身がヘッドを掃除してくれるためお手入れが不要です。

フローリング用ヘッド

住んでいる部屋がすべてフローリングなら、フローリング用ヘッド搭載の機種がおすすめです。『シャーク」では、フローリング専用モデル“CS200J”に搭載されています。

このヘッドは、床面との密着性を追求した独自の設計です。空気の流れを利用し、床の上でキャッチしたごみを逃さず吸い込みます。

アタッチメントで選ぶ

『シャーク』の掃除機には、さまざまなアタッチメントが付属していて、用途によって掃除のバリエーションが増えます。

購入の際は、掃除の目的によってどのようなアタッチメントが必要かチェックしましょう。

隙間用ノズル

ソファーやベッドの下、テレビの下などの狭い場所の掃除に便利なのが「隙間用ノズル」です。

家具と家具の間など、隙間のごみやホコリをかき出しながら吸い取るために、ブラシを取り付けることもできます。

マルチノズル

「マルチノズル」という小型のブラシは、髪の毛やペットの毛、細かい汚れを吸い取るのが便利なポイントです。

カーペットやカーテンなどに絡みついた毛を吸い取るのに適したブラシで、枕や毛布、衣類など幅広く使えます。

ミニモーターヘッド

ミニモーターヘッドは強力なモーターを搭載し、カーペットやソファー、布団などに深く入り込んだアレルゲンを除去します。

また、布団や枕に絡みついた髪の毛や汚れなど、細かいごみをしっかり掃除できますよ。

布団用ノズル

横幅が広い布団掃除のためのノズルです。布団のカバーなど、柔らかい布を吸い込まずにごみだけ吸引できるよう、長細い溝が側面についたノズル。

布を吸い取らず、ごみをしっかり吸ってくれるため、カーテンやカーペット、座布団、マットレスなどさまざまな布製品の掃除に使えて便利です。

フローリング用延長ノズル

ハンディクリーナーに取り付けることができる細長いノズルです。長さは最長45cmまで伸ばすことができる、先端に柔らかい素材を使用したノズル。

このノズルを使えば、スティックタイプの掃除機のように立ったまま床掃除ができるほか、ソファーの下や手が届かない高い場所の掃除が可能です。

抗アレルゲンホコリ取りノズル

“EVOFLEXシリーズ”に付属されている、アレルゲン粒子や微細なホコリを吸い取るブラシです。角度調整できる構造なので、エアコンの上などの高い場所も掃除できます。

最も繊細な表面からアレルゲン粒子を除去できるように作られているため、アレルギーが気になる方におすすめです。

スクラビングブラシ

充電式サイクロンスティッククリーナーに付属しているスクラビングブラシは、ラグやカーペットなどの布製のアイテムの表面に入り込んだホコリや糸くずをかき出すのに適しています。

バッテリーの持ちで選ぶ

長時間掃除したい方には、バッテリーが2個ついているタイプがおすすめです。『シャーク』の掃除機は、一部のモデルを除き多くの機種が2個のリチウムイオンバッテリーが付属しています。

掃除中に1つのバッテリーを使っていても、もう1つは充電されたままです。もしも使用中のバッテリーが切れてしまっても、充電中のバッテリーを使えるので安心。

手入れのしやすさで選ぶ

『シャーク』は、日本人のニーズに合わせた商品を開発し販売していますが、日本では「ダストカップが取り外せて水洗いできるものを」との声が多かったと言います。

『シャーク』の掃除機は、ダストカップやフィルターが取り外せて水洗いできるものがあります。掃除しているとどうしてもダストカップやフィルターが汚れるもの。

取り外せるタイプのものならお手入れがしやすく、簡単にキレイにできます。

『シャーク』の掃除機で快適な毎日を!

アメリカで売上ナンバーワンの『シャーク』の掃除機は、独創的でパワフル。豊富なアタッチメントや柔軟に曲がるパイプなど、日本の住宅に合わせた機能が満載です。

デザインにもこだわり、部屋に置いていても違和感の少ないスタイリッシュな見た目も魅力のひとつ。

『シャーク』の掃除機で毎日の掃除を快適にし、手軽におうちをキレイにしましょう。

【2021年最新・徹底比較】コードレス掃除機おすすめ10選|人気メーカーや紙パック式も