ニットを洗濯するときの方法を伝授!伸び縮みを防ぐ為にコツとおすすめグッズをご紹介

ニット セーター

Hiroko

ニットを洗濯するとき、どのような方法で洗濯していますか?お気に入りのニットはできるだけ長く着たいですよね。この記事ではニットを洗濯する時に注意するべきこと、洗濯の手順を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ニットを洗濯するときに注意すること

ニット タグ

ニットを洗うとき、いくつか注意しなければならないことがあります。それらを確認せずに洗ってしまうと、縮みや傷みの原因になってしまいます。

洗濯表示を確認する

ニットを洗濯するとき、はじめにやるべきことは家庭で洗えるか「洗濯表示の確認」をすることです。もし桶のマークにバツがついていたら、自宅で洗濯できないものなのでクリーニングに出すようにしましょう。

桶のマークに手の表示がある場合は手洗いできるものという意味です。そして、桶マークに数字が書かれていたらそれは水の温度のこと、桶の下に横線が入っている場合は洗濯の処理の弱さを意味します。

横線がないものは洗濯機で洗えるもの、横線が1本の場合は洗濯機で弱い処理ができるもの、横線が2本の場合は洗濯機で非常に弱い処理ができるものという意味です。

ニットの素材を確認する

ニットの素材には、ウールやシルク、レーヨン、キュプラなど様々なものがあります。キュプラ、シルク、レーヨン、アセテートなどの素材は家庭で洗うと繊維がだめになってしまう恐れがあります。

また、繊細なレースやスパンコールなどの装飾がついているものも家庭での洗濯には不向きなので、クリーニングに出すようにしましょう。

ニットの洗濯に適した洗剤を用意する

一般的な衣類を洗濯するとき、基本的には弱アルカリ性の洗剤を使用しますが、ニットを洗う時にこの洗剤を使用すると繊維が固まってしまうことがあります。ニットを洗う場合はおしゃれ着洗い専用の中性洗剤を使用するようにしましょう。

洗濯する前に色落ちしないか確認する

洗濯する前に、中性洗剤をニットの目立たない部分につけて5分程置き白いタオルなどで軽く押さえます。そのときにタオルにニットの色が移ったら色落ちするものということになります。

その場合は自宅で洗うなら他のものと一緒に洗うのは避けたほうがいいでしょう。また、色落ちが激しそうなものに関しては家庭で洗うのを諦めてクリーニングに出しましょう。

目立つ汚れは先に落としておく

本格的に洗う前にニットを確認し、目立つ汚れがあった場合は先に落としておきましょう。食べこぼしなどや袖、襟の汚れは中性洗剤入りのぬるま湯を使って優しくつまむようにして汚れを落とします。

この方法で落ちなかった場合は、洗剤入りのぬるま湯に浸してつけ置きし、汚れ部分を重点的に押し洗いして汚れを落とすといいでしょう。

シミ汚れがひどく、中性洗剤で落ちなかった場合は「酸素系漂白剤」を溶かしたぬるま湯につけ置きします。この場合も、使用する前に目立たない場所で色落ちしないか確認することを忘れないようにしましょう。

毛玉や型崩れを防ぐため洗濯ネットに入れる

ニットを洗う際は、摩擦から守るために洗濯ネットに入れるようにします。また、ニットに入れないで洗うと型崩れしてしまう恐れがあります。

大きすぎると中で動いてしまい毛玉や型崩れを起こしてしまうため、ネットの大きさはニットを2つ折りにたたんだときにちょうど納まるくらいのものを選びましょう。また、ニットを洗濯ネットに入れる際は、汚れがついていると思われる袖や襟の部分を外側に出るようにたたみましょう。

ニットの洗濯方法2種類と手順

ニット 洗濯機

洗濯前の注意点が分かったところで、早速ニットの洗濯方法をニットを洗濯機で洗う場合と手洗いする場合を詳しく解説します。

ニットを洗濯機で洗うときの手順

洗濯機

最近は洗濯機で洗えるニットが増えてきています。また、一般的な洗濯機には弱水流洗いが搭載されているので、洗濯機で洗えるニットの場合は挑戦してみましょう。

洗濯機のコースは弱水流洗いを選択

ニットを洗濯機で洗うときは、「ドライコース」や「おしゃれ着コース」などの弱水流洗いのコースを選びます。洗濯機によってどのコースを選択すれば良いかが異なるため、取扱説明書を確認してから洗濯を始めるようにしましょう。

ネットに入れたニットをぬるま湯を張った洗濯機に入れる

ウールは水や40度以上のお湯が苦手なため、ニットを洗う場合の水の温度は30度程度が最適です。30度程度の水におしゃれ着用の中性洗剤を入れて先に溶かしておきます。その中にネットに入れたニットを全体が浸かるように入れましょう。

ふんわり仕上げたい場合は柔軟剤を使用

ニットをふんわりとした風合いで仕上げたいときは、すすぎの際に柔軟剤を使いましょう。柔軟剤には衣類を柔らかくする効果のほかに静電気を防止する効果もあります。特にウールのニットは季節によっては静電気が起きやすいため、柔軟剤で予防するといいでしょう。

脱水は短時間で済ませる

洗濯が終わったら脱水ですが、ニットを脱水する場合は毛玉や型崩れを防ぐために洗濯ネットに入れたまま行いましょう。洗濯機の脱水時間の一番短い時間を選択します。脱水時間の目安は30秒から1分です。

ニットを手洗いするときの手順

手洗い

次にニットを手洗いするときに用意するものと手順です。洗濯機で洗えないものや手袋やマフラーなどの小物は手洗いでキレイにしてみましょう。

ぬるま湯と洗剤を用意する

手洗いでニットを洗うときは、洗面器や桶に30度程度のぬるま湯を入れたものに中性洗剤を入れ溶かします。その中にニットを裏返し、汚れやすい袖や襟の部分を洗いやすいように表に出してぬるま湯に浸しましょう。

しわや縮みを防ぐため優しく押し洗いする

洗剤を入れたぬるま湯にニットを浸し、30秒ほど置くと全体に洗剤が浸透します。肌荒れトラブルを防ぐため、ゴム手袋をしてニットを押し洗いしましょう。強い力で洗ってしまうと、繊維が絡まって縮みの原因になるため優しく押し洗いします。

ぬるま湯を交換してよくすすぐ

30~40回ほど押し洗いしてから、ぬるま湯を新しくしてニットをゆっくり上下にゆすってすすぎます。柔軟剤を使用するときはこの時に入れましょう。

ニットをネットに入れて短時間脱水する

すすぎが終わったらぬるま湯を捨て、ニットを軽く押して水分を落とします。さらにニットをバスタオルに包んでから水分を吸い取りましょう。そして、ニットを洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水します。

このときも洗濯機で洗うときと同じで30秒から1分程度にしないと型崩れの原因になってしまいます。

ニットを洗濯した後は干し方に気をつけよう

ニット 干す

洗濯が終わったらニットを干します。このとき、上手に干さないと伸びてしまうので注意が必要です。

ニットを干すときのコツ

洗濯が済んだらニットを早く干すようにしましょう。乾燥機を使うと型崩れしたり縮んだりするため避けましょう。

干す場所は、日焼けや変色からニットを守るため、直射日光が当たらない風通しの良い場所に陰干しが基本です。洗濯したニットは水を含んで重くなっているため、ハンガーにかけて干すと首周りや袖が伸びてしまうことがあります。また、肩のあたりにハンガーの跡がついてしまうので干し方に工夫が必要です。

ニットを干す方法

ニットを干す時に重要なのは「伸びないように干す」ことです。また、セーターやカーディガンなどの大きなものは平干しするのが一番きれいに乾く方法です。

小物に関しては、帽子は中に乾いたタオルと詰めて形を整えるようにして干すとキレイに仕上がります。また、マフラーは物干し竿を2本平行にして、またがせるようにして干しましょう。

平干し用のネットを使用する

セーターなどの大きなものを干す時に便利なのが平干し用のネットです。セーターなどを広げて平らに干すことができるため、型崩れせず乾かすことができます。かなり大きいので干す時にスペースをとってしまいますが、使用しないときは畳んでコンパクトにできるものもありますよ。

お風呂のふたの上で干す

お風呂のふたを使えばニットを平らに干すことができます。お風呂のふたの上にバスタオルを敷いてその上にニットを広げておきましょう。しばらく経つとニットの水分がタオルに移るので、時々様子を見てニットを裏返してバスタオルも新しいものと交換するといいでしょう。

タオルを巻きつけたハンガーに干す

ニットをハンガーにかけると水の重みで襟周りや裾が伸びてしまう恐れがあります。そのため、大きいニットをこの方法で干すのはおすすめできません。軽くて小さなものであれば、ハンガーにタオルを巻きつけたものを使って干す方法があります。

このとき、セーターなどは袖を垂らしたままだと伸びてしまうため、ハンガーをもう1本用意して袖だけかけるか、物干し竿に袖をかけるようにして干しましょう。

ニットの洗濯に役立つおすすめグッズ10選

ニット 洗剤

次にニットを洗濯するときに使う洗剤と乾燥させるときの平干しできるネットをいくつかご紹介します。どのようなものを使ったら良いか迷っていたらぜひ参考にしてみてくださいね。

ニットの洗濯におすすめの洗剤5選

ニットを洗うときは一般の弱アルカリ性の洗剤ではなく、おしゃれ着用の中性洗剤で洗います。ここでは、おすすめの中性洗剤を5点ご紹介します。

【LION】アクロン

洗うだけで洗濯や着用のダメージからニットを守ってくれるのが『アクロン』です。毛玉や伸びやよれからニットを守り、洗いながら整えてくれます。

泡切れが良いため洗浄成分が衣類に残りにくく、洗濯機のおしゃれ着洗いコースで洗うときは1回のすすぎで良いため、節電・節水や時短になりますよ。

公式サイトはコチラ

【花王】エマール

『エマール』は、「カタチコントロール洗浄」で洗うたびに形を整え、洗濯ダメージを与えずに汚れや汗をしっかり落としてくれます。ニットがよれる原因は、繊維が摩擦などで変形してしまうためです。『エマール』は、その繊維をしなやかにして整えるため形がしっかり戻ります。

公式サイトはコチラ

【P&G】ボールド おしゃれ着洗剤

柔軟剤入りで良い香りが広がる『ボールド おしゃれ着洗剤』は、ニットを優しくキレイに洗い上げる洗剤です。洗濯機でも手洗いでもこれ1本でニットが柔らかく仕上げるため、手間いらずと人気です。甘くリラックスすることができるわくわくベリー&フラワーの香りも良いですよ。

公式サイトはコチラ

【Naturelab】ラボン おしゃれ着用洗剤

100%植物由来の洗浄成分で肌にも環境にも優しい『ラボン おしゃれ着用洗剤』は、柔軟剤配合で洗い上がりがふんわりする洗剤です。ラボンシリーズの柔軟剤と同じ香りで、室内干しをしても嫌なニオイ菌を防ぎ、香りが楽しめます。また、洗うことでニットの型崩れや伸びを防ぎます。3種類のラインナップで好きな香りを選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

公式サイトはコチラ

【NISHIKAWA】エコベール デリケートウォッシュ

人と地球に優しいブランド『エコベール』のデリケートな衣類を洗うために作れらた洗剤です。エコベールの洗剤は、再生できる植物とミネラルから作られていて、肌への負担が気になる着色料や香料が無添加で、イギリスのアレルギー協会では敏感肌の人に薦められる洗剤と言われています。

公式サイトはコチラ

ニットを干す時におすすめの洗濯ネット5選

洗濯が終わったニットは平干しすると形が崩れません。平干し用のネットも色々なものがありますので、ここではおすすめの洗濯ネットを5つご紹介します。

【ダイヤコーポレーション】ダイヤ お部屋で平干しネット

バックルで留めると全長66cmの大きなアーチ状になる洗濯ネットです。この大きなネットの上に洗濯したネットを置くだけでニットの平干しができるため、便利です。

使用後は丸めてコンパクトなサイズにすることができるため、狭い場所にも収納しておくことができます。また、自立するので室内での利用もでき、直射日光の当たらない部屋の空いてるスペースに置いて乾かすことができるので便利です。

公式サイトはコチラ

【ダイヤコーポレーション】折りたたみいろいろ物干しネット・2段

約69cmで2段式になっている平干しネットです。ラウンドガードつきなので、風でネットが傾いてもニットが落ちにくくなっています。また、2段のネットは分けて使うことができるため、洗濯物が少ない場合は1段だけで使用することができます。使わないときは丸めて収納ポーチに入れておけるため、かさばりません。

公式サイトはコチラ

【ダイヤコーポレーション】ダイヤ お風呂で平干しネット

浴槽を使ってニットを平干しすることができる洗濯ネットです。組み立ての必要はなく、本体を広げて浴槽に置くことでニットの陰干しができますよ。2つ並べて使えば大きな洗濯物にも対応でき、使ったあとはねじりながら丸めると約30cmとコンパクトになります。ニットの平干しのほか、型崩れしやすいカーディガンなどにもおすすめですよ。

公式サイトはコチラ

【ロッツ】Lot’s 物干しネット 洗濯ネット

72cmの大きな3段式の洗濯ネットです。1段ずつにストッパーがついていて、ニットが落ちないようになっています。ストッパーは衣類に跡をつけないような配慮もされているため安心です。フック部分は竿を挟み風が吹いても落ちにくくなっているので、安定して干すことができますよ。使用後は畳むことができ、コンパクトに収納することができます。

【Desirable】デザイアブル 主婦が選んだ 物干し ネット

3段式でメッシュ生地になっているため風通しが良く、ニットがずり落ちないように幅広の滑り止めがついている洗濯ネットです。大きなニットも干せる77cmのワイドな平干しネットで、フック部分はハサミ式で風に飛ばされないようにロック機能がついていますよ。

ニットを長持ちさせる方法

ニット ハンガー

ニットの洗濯方法をご紹介してきましたが、ニットを長持ちさせてキレイに着るためにできることをいくつかご紹介します。洗濯方法と合わせて知っておくことで、お気に入りのニットを長く着ることができるため、覚えておくと良いですよ。

ニットを着たらブラシをかける

ニットを着たら、服についた汚れをブラシで落としましょう。外に出ると目に見えないホコリやチリなどの汚れがついています。また、摩擦によって繊維が絡まりかけている場合もあります。

ブラシをかけるときは、網目の方向に沿って汚れを払うように優しくブラッシングしましょう。繊維をほぐすようにしてホコリを払うイメージで行うことがポイントです。決して強くこすらないようにしましょう。

何日も続けて着ないようにする

ニットに毛玉ができるのは摩擦が原因です。着用中に腕を振って歩く時に脇が摩擦により擦れる、鞄が当たって擦れるなど様々な摩擦がかかり、毛玉ができてしまうのです。そのため、ニットは着れば着るほど毛玉ができるということになります

お気に入りのニットを長持ちさせるためには1枚のニットを続けて着ないことです。1度着たら何日か休ませておくことで長持ちさせることができますよ。

着用後はすぐ収納しない

1日着用したニットは汗やホコリなどで汚れています。ブラシをかけてホコリを払ったら、湿気を飛ばすためにすぐに引き出しにしまわないで、ハンガーにかけましょう。長時間かけていると型崩れや伸びの原因になるため、湿気を飛ばしたらたたんでしまいましょう。

ニットの季節

毛玉やしみは早めに取る

毛玉が目立つようになったら早めに取り除くことが大切です。毛玉を取るときは引っ張って取らず、繊維が絡まっている部分の根元から小さなハサミを使って切り離します。このときに毛玉のまわりの生地を切らないように注意しましょう。

また、しみなどの汚れについても早めに対処しないとカビや変色の原因になってしまいます。まず、汚れている部分を乾いたティッシュなどでつまむように拭き取ります。次に、汚れた部分の裏に乾いたタオルやティッシュペーパーを当て、汚れている部分を上から叩くようにして汚れを裏のタオルに染み込ませるようにしましょう。

汚れを落とすときは決してこすってはいけません。また、アンゴラやカシミヤは家庭でのしみ抜きは困難なので、クリーニングに出すようにしましょう。

ニットの洗濯の頻度を知る

ニットを洗う頻度ですが、2~3回着用したら洗うようにするといいでしょう。ニットを着た日は前述したように、汚れがついたらすぐに取ること、脱いですぐに収納しないこと、着た日はブラシをかけるようにすることに注意すれば、ニットは頻繁に洗わなくても大丈夫です。

ニットを正しく洗濯して長持ちさせよう

ニットの洗濯方法と干し方について解説してきました。ニットの種類によっては家庭で洗濯でき、注意して干せば型崩れせず乾かすことができることがお分かりいただけたと思います。

ニットをきれいに洗うための洗剤と平干しできる洗濯ネット、着用後のケアについても合わせてご紹介しましたが、ぜひこれらを活用して上手にニットを洗ってお気に入りのニットを長持ちさせてくださいね。