靴の汚れ|洗濯機VS手洗いどちらが良い?最適な靴洗い方法をご紹介

靴の汚れ|洗濯機での洗い方と手洗い方法どちらが良い?

明日可

汚れた靴を洗うのは、時間もかかりますし「少し面倒だな」と感じることがありませんか?実は靴は洗濯機で洗うことができます。靴を洗濯機で洗う際のポイントやコインランドリーに設置されている靴専用の洗濯機『スニーカーランドリー』靴を手洗いする方法も詳しくご紹介します。

靴は洗濯機派?手洗い派?

靴の汚れ|洗濯機での洗い方と手洗い方法どちらが良い?

自宅の洗濯機でも洗うことのできる靴ですが、「洗って大丈夫なのか?」と不安になりますよね。靴は手洗いしたほうが安心ですが、洗濯機のほうが楽に洗えます。靴を洗濯機で洗うか、手洗いするかどちらも詳しくみていきましょう。

洗濯機で靴を洗おう

「靴は洗濯機で洗うことができる」と聞いて、びっくりした人もいるでしょう。確かに、高級な革靴は手入れも必要で洗濯機で洗うのは難しいですが、スニーカーやキャンパス生地のものは洗濯機で洗うことができます。「洗濯機で洗えるなら洗いたい!」という意見もある一方、「洗濯機が汚れる」「壊れそう」などの心配もありますよね。洗濯機で靴を洗うポイントをみていきましょう。

靴の汚れ|洗濯機での洗い方と手洗い方法どちらが良い?

洗濯機で靴を洗う前のポイント

靴は衣類とは違い、そのまま洗濯機に放り込んではいけません。洗濯機だけでなく、靴も傷む恐れがあります。では、安心して洗濯機で靴を洗うポイントを詳しく説明します。

あらかじめ靴底の汚れは落としておこう

靴底の汚れは洗濯機に洗うまえに、軽く払い落としましょう。挟まっている小石などのゴミや汚れを落とします。そのときに、使用済の歯ブラシなどを使用すると楽に取ることができます。泥などで洗濯機が汚れてしまったり、小石が洗濯機に入り込むのを防ぐことができます。

靴紐や中敷きは外す

湿気対策、臭い対策として靴に中敷きを敷いているときは、洗濯する前に事前に取り外しておきましょう。洗ったあと、乾かすときに中敷きは外すので最初に取っておきます。靴紐も同様です。靴紐は編み方が特殊な場合、洗濯をすると縮んでしまう可能性があります。

靴用の洗濯ネットを使う

靴や洗濯機を傷めないように、洗濯機で洗うときには靴を洗濯ネットに入れて使います。靴用の洗濯ネットも販売していますし、それにはクッションも入っており、洗濯する際の靴への衝撃を和らげてくれます。さすがに、そのままの状態だと洗濯機がガコガコうるさいので、洗濯ネットで予防しましょう。

液体洗剤を使用する

洗濯機で靴を洗うときには、液体洗剤を使用するようにしましょう。粉末洗剤だと溶け残りの心配もあります。液体洗剤は基準の量より多めに入れ、水の量も多めにしましょう。そして、通常コースで洗濯します。

日陰干しをする

洗った靴は直射日光の当たらない、風通しのよい日陰に干すようにしましょう。そうすると、靴を傷めず縮むこともなく乾かすことができます。厚手のスニーカーのようななかなか水気が取れずに乾かない靴は、干す前にタオルで水気を取ってから干すようにしましょう。

靴を洗濯機で洗うために準備するもの

  • 洗濯する靴(洗濯機で洗えるもの)
  • 小石をとるブラシ(歯ブラシなど)
  • 衣類用の液体洗剤
  • 靴用の洗濯ネット

靴を洗濯機で洗う手順

  • STEP.1
    靴の中敷きと靴紐を外す
    洗う前に、中敷きと靴紐を外しておきます。そうすることで、洗濯するときに隅々にまで水が行きわたります。乾かすときに中敷きは外すので、先にはずしておくことで紐の周りなども均一に乾かすことができます。また、紐は洗濯した後に外すと水を含んだ後だと、なかなか外れず大変なので、洗う前に外しておくようにしましょう。
  • STEP.2
    小石をとる
    靴の底についた泥や小石は、洗濯する前に歯ブラシやブラシで落としておきましょう。そのままの状態で洗濯機に入れてしまうと、小石などが詰まるなど、故障してしまう可能性もあります。また、靴の底だけでなく、靴の中に入り込んでいる砂も最初に取っておいてください。
  • STEP.3
    靴を洗濯ネットに入れる
    洗う靴は、洗濯ネットに入れて洗いましょう、靴、靴紐と中敷きで別々にネットに入れても構いません。
  • STEP.4
    通常モードで洗う
    洗濯は液体洗剤を使い、普段よりも少し多めの量を使用しましょう。そうすると、より汚れが落ちます。
  • STEP.5
    干す
    洗った靴は、風通しがよく直射日光のあたらない場所で干します。靴は専用のシューズハンガーがあるので、それを使うと簡単に干すことができます。一緒に洗った靴紐や中敷きも小物干し用のハンガーを利用して干してください。

靴を洗濯機で洗う際の注意点

洗えない靴は洗わない

すべての靴を洗濯機で洗うことはできません。スニーカーや上履きは問題ありませんが、革靴やハイヒール、ミュール、ブーツは洗うことができません。靴だけでなく、洗濯機も傷む恐れがあるので注意しましょう。

漂白剤は使用しない

漂白剤を使用すると、汚れた靴を白くなると思いがちですが、靴を洗濯するのに漂白剤の使用はやめましょう。スニーカーのゴムの部分が傷む可能性もありますし、スニーカーの汚れは土なので、漂白剤を使用しても白くはなりません。

靴用のハンガーを使用しよう

靴を干すときには、靴用のハンガーを使用しましょう。100均でも販売していますし、安く購入することができます。

中敷きが紙の場合は洗わない

まれに、靴の中敷きが紙でできているものがあります。その場合は、水で洗ってしまうと破けたり、ボロボロになってしまうことがあるので、絶対に洗わないようにしてください。

衣類と一緒に洗わない

欧米などでは、衣類と靴を一緒に洗うこともありますが、やはり汚れが移ってしまうことを考えても、衣類と一緒に靴は洗わないようにしましょう。衣類とは別に、靴だけで洗濯してくださいね。

靴を手洗いしよう

靴の汚れ|洗濯機での洗い方と手洗い方法どちらが良い?

靴を洗うために準備するもの

  • 靴を洗う用の洗剤(中性液体洗剤)
  • ブラシ、スポンジ
  • 歯ブラシ
  • 靴が入る大きさのバケツ

靴を手洗いする際の洗剤の選び方

靴を洗う際には、靴用の洗剤を選ぶようにしましょう。衣類用の洗剤で洗う人もいますが、汚れがひどいと洗剤では落としきれないことがあります。ひどい汚れに対してもきれいに落とすためには、靴用の洗剤がおすすめです。ちなみに固形の洗濯石鹸もスニーカーを洗う時に便利ですよ。

靴を手洗いする手順

  • STEP.1
    紐を外す
    紐がついてある靴は、洗う前にすべて外しておきましょう。紐も汚れがついていますし、靴に通したままだと紐の裏に汚れが残ったりすることがあるので、必ず外してから洗うようにしてください。
  • STEP.2
    軽く洗う
    汚れがひどい靴の場合には、洗う前に軽く汚れを落とします。バケツにぬるま湯を入れ、中性の液体洗剤を溶かします。その後、靴の汚れがある部分に直接洗剤をつけて洗い、ぬるま湯に浸します。

    つける時間の目安は10~20分程度にしておきます。長く浸しすぎると、皮製のものやデザインのスニーカーなどは靴の生地を傷める可能性があるので、注意しましょう。つけ洗いをするときは、紐も一緒に浸しておくと汚れが落ちやすくなります。

  • STEP.3
    ブラシで洗う
    ブラシを使って、靴を丁寧に洗います。最初に外側をスポンジで洗います。合皮の靴の場合には、ブラシで擦ってしまうとひび割れの原因になる可能性もあるので、注意してください。そしてつま先やかかと、靴底といった汚れがひどい部分はブラシを使って汚れを落とします。

    ブラシだときれいに落とせない細かい部分は、歯ブラシを使うと簡単に落とせます。ちなみに、紐はもみ洗いをするか、軽くスポンジで洗うようにしましょう。

  • STEP.4
    すすぎをする
    ブラシで汚れを落とした後は、流水でしっかりすすぎます。洗剤の成分が靴に残らないように、しっかり洗ってすすいでくださいね。靴に洗剤の成分が残ってしまうと、生地を傷める原因にもなったり、皮膚が荒れる原因にもなります。また、布製のスニーカーの場合には、洗剤の残りが黄ばみの原因にもなるので気をつけましょう。
  • STEP.5
    陰干しする
    しっかりすすいだ後は、風通しがよく直射日光の当たらない場所で陰干ししましょう。早く乾くように、直射日光を当ててしまうと、ゴムが劣化したり合皮にひび割れができたりするので、時間がかかっても陰干しするようにしてください。また、干すときは平置きするか、靴用のハンガーを利用してくださいね。

手洗いした靴を早く乾かす方法

タオルや新聞紙を詰める

洗濯機に比べて手洗いした場合には、脱水が十分にできていない場合があります。そのため、乾くまでにかなり時間がかかってしまいます。なるべく早く乾かしたい場合には、すすぎ後にタオルで靴に含まれている水分を十分に吸い取ります。靴の中に新聞紙やキッチンペーパーを詰めておくと、乾きが早くなりますよ。

洗濯機の脱水機能を使う

手洗いした靴をしっかり乾かすためにも、洗濯機の脱水機能を利用しましょう。靴の中にタオルを詰めて脱水を行うことで、靴の型崩れを防ぐ働きがあります。洗濯槽に沿わせるように洗った靴をおいておくことで、洗濯槽へのダメージを極力減らすことができます。

靴がびしょびしょ!早く乾かさないとやばい?靴の乾かし方6選!!靴を上手に乾かす方法6選!濡れたまま放置は雨染み・臭い・カビの原因に

靴専用の洗濯機がコインランドリーにあるって本当?

自宅の洗濯機でなくても、コインランドリーには靴専用の洗濯機「スニーカーランドリー」があります。比較的大きなコインランドリーには設置されていることが多いので、自宅のコインランドリーにあるかどうかでチェックしてみましょう。

Godspeedさん(@hidekey72)がシェアした投稿

靴専用洗濯機「スニーカーランドリー」の特徴

一度に複数の靴を洗うことができる

靴専用洗濯機「スニーカーランドリー」は、一度に2~4足の靴を洗うことができます。手洗いより手間をかけず、洗濯槽に設置されたスパイラルブラシと底面にある補助ブラシで、靴の汚れを綺麗に洗ってくれます。

洗剤は自動で出てくる

ほとんどのコインランドリーでは、洗剤の持ち込みが当たり前でしたが、このスニーカーランドリーは靴専用の洗剤が自動で入るようになっています。そのため、洗剤を持ち込みう必要がなく、靴についた頑固な汚れや臭いもしっかり洗い流してくれます。

時間を短縮できる

これまで、靴洗いというと洗濯から乾燥まで時間がかかりましたよね。朝洗っても、濡れた状態で乾かして、夕方に乾くということもあったでしょう。しかしスニーカーランドリーを利用すると、靴の洗濯に20分、そして乾燥に最短で20分です。

1時間もあれば、靴の洗濯から乾燥まで全て終えることができます。もちろん、スニーカーランドリーは洗濯と乾燥に分かれているので洗濯のみの使用も可能です。朝スニーカーランドリーで靴を洗って、そのまま家に帰って干すというのでもいいですね。

「追加脱水ボタン」がある

厚手のスニーカーなど、なかなか乾かない生地に関しては、洗濯後に追加で脱水することができる「追加脱水ボタン」があります。洗濯が終わった後、1時間以内にこのボタンを押すことで、追加で2分間の脱水が可能になります。手洗いだとなかなか脱水することのできない生地でも、乾くのを早めることができます。

靴専用洗濯機「スニーカーランドリー」の料金と時間

ちいやさん(@kanau_tcak)がシェアした投稿

靴を洗うための洗濯機は、20分間で200円です。普通のコインランドリーと変わりはなく、洗濯を行ってくれます。子ども用のシューズなどは15~20分もあれば綺麗になりますが、バスケットシューズやテニスシューズといった木綿のものは汚れが落ちにくく、スニーカーランドリーの設定を40分にしておくといいでしょう。

また、靴用の乾燥機も20分100円で使用することができ、しっかり乾燥もしてくれるので、なかなか乾かない靴も早く乾かすことができます。生乾きのままではカビや嫌な臭いの原因になる可能性もあるので、乾燥機で乾かすことをおすすめします。

靴専用洗濯機「スニーカーランドリー」の手順

  • STEP.1
    スニーカーランドリーの中に洗濯する汚れた靴をセットする
  • STEP.2
    料金を投入して、洗濯が終わるのを待つ

とても簡単ですよね。もし近くのコインランドリーでスニーカーランドリーが設置してあるなら、ぜひ試してみてください。

洗濯機やコインランドリーを使って、靴を綺麗にしよう

あんずさん(@lucy_yoi)がシェアした投稿

子供たちが毎週末持って帰ってくる靴や下履き、洗うのは大変だと感じていませんか。でも洗わないわけにもいかないですよね。そんなめんどくさい家事を簡単にしてくれるのが、洗濯機を使って靴を洗う方法です。

もちろん手洗いのほうが安心できるということもあるかもしれませんが、たくさん靴を洗わなければいけない場合などには活用してみるのもおすすめです。また、コインランドリーでの靴用洗濯機でもいいですよね。手洗いに比べて、洗濯機は脱水をしっかりしてくれるので、乾く時間も早くなりますよ。ぜひ一度、試してみてくださいね。