ジーンズの正しい洗い方を伝授!洗い方やおすすめの洗剤も紹介

ジーンズの正しい洗い方を伝授!洗い方やおすすめの洗剤も紹介

araou編集部

誰しも一本は持っているほど定番のアイテムジーンズですが、洗濯をすると色落ちや色移りをすることもあるため、扱いに手こずる人も多いようです。そこで今回は、ジーンズの基本的な洗濯方法をご紹介します。正しい方法で洗えば、良い状態をキープし長期間楽しめますよ!

ジーンズを洗った方が良い理由

ジーンズは買ったときの色合いや風合いを保つため、洗わない方が良いと思っている人も多いようです。しかし、ジーンズを良い状態で履き続けるためには適度に洗ってメンテナンスをすることが大切です。

洗わないと生地が劣化する!洗って長持ちさせよう

ジーンズを洗わないで汗や汚れを放置しておくと、生地が劣化しやすくなってしまいます。お気に入りの1本を長く楽しむためにも、きちんと洗濯をするようにしましょう。

衛生的に着用するためにもジーンズは洗う

ジーンズを洗った方が良いもうひとつの理由として、衛生面が挙げられます。ジーンズを長らく洗わないと、汗や皮脂などの汚れで匂いも気になりますし、清潔感が失われてしまいます。せっかくおしゃれをしても不潔だと台無しですよね。

ジーンズを洗うときに気になるポイント

ジーンズを洗うときに気になるポイント

ジーンズをいざ洗うとなると、いろいろと気になる点があるかと思います。次にジーンズを洗うときの疑問にお答えします。

色落ちしないか気になる

ジーンズの特徴として色落ちがあります。ジーンズは色落ちを楽しむアイテムでもありますので、洗濯をするときは、自然な色落ちになるように洗っていきましょう。

色落ちしやすいジーンズを洗うときは、ほかのものとは別に洗うようにしてください。

MEMO
また、着用するときも履き始めは色移りする可能性がありますので、色移りしやすい淡い色の服とのコーディネートは避けた方が無難です。

生地が縮むのを防ぎたい

ジーンズは水に濡れて乾く過程で縮む性質があります。この「洗うと縮む」という性質は、ジーンズに限ったことではなく、綿素材の衣服全てに当てはまる特徴ではありますが、ジーンズを洗うときはある程度縮むことを理解して洗うようにしましょう。

ジーンズを洗う頻度・回数・タイミングは?

ジーンズを洗う頻度は特に決まりはありません。しかし、あまり長らく洗濯しないと汚れや匂いが気になってしまいます。そのため、汗をかきやすい人や暑い時期は最低でも月に1回程度、匂いが気になる場合は、週に1回は洗濯するようにしましょう。

また、洗う頻度によりジーンズの状態が違ってきます。履いたらその都度、もしくは週に1回ペースなど短いスパンで洗う場合は、どうしても多少の色落ちは否めません。しかし、清潔な状態で身に付けられますし、汗や皮脂汚れによる生地の劣化を防げます。

月に1回ペースだと、ジーンズにシワや色落ちした部分(ヒゲ、アタリ)をつけられるため、ジーンズらしい風合いを楽しめます。しかし、匂いが気になる可能性もあるので、汗をかきやすい時期はもう少しこまめに洗う、消臭剤を使って匂いケアをするなど何かしらの対策をすると良いですね。

MEMO
それぞれメリット、デメリットがありますので、ご自分の好みに合わせて洗う頻度や回数、タイミングを決めるのがおすすめです。

ジーンズを洗うときの注意点

ジーンズを洗うときの注意点

ジーンズを洗うときは、いくつか注意点がありますのでご紹介します。

ジーンズのみで洗う

ジーンズを洗うときはほかの衣類と一緒に洗うことは避け、ジーンズ単独で洗うようにしてください。なぜなら、ジーンズに使われている染料は色落ちや色移りしやすい特徴があるからです。そのため、ほかの衣類に色が移ってしまう可能性があります。

MEMO
もし、どうしても他の衣類と一緒に洗いたいという場合は、ジーンズを裏返して洗うようにして色落ち、色移りを抑えるようにしましょう。

生ジーンズのファーストウォッシュは水洗いをする

ジーンズを製造するとき、生地を固くして加工しやすいように糊が使われます。多くのジーンズは、この糊を洗って落とし乾燥機にかけて縮めた状態で売られています。

洗わず糊がついた状態で売られているノンウォッシュデニム(生デニム)は、特にジーンズ好きな人の間で人気です。糊が効いた固い状態で履くことで、メリハリのあるシワや折り目をつけられるからです。

もし、お手持ちのジーンズがノンウォッシュの生デニムの場合は、履き始める前にまず水洗いをするようにしてください。

なぜ履き始める前に水洗いするのかというと、デニムは洗濯・乾燥によって縮む特徴があるので、履き始めてから洗うと履いたときに付くシワの位置にズレが生じてしまい、キレイな色落ち(アタリ)が出にくくなるからです。

洗い方は、40度くらいのお湯で5分程度洗濯機で洗い、およそ10分すすぎます。脱水までかけたら、すぐにジーンズを裏返して乾燥機に入れて乾燥させます。

家庭にある乾燥機でも良いのですが、乾燥温度が低く生地が固いまま縮みきらないため、コインランドリーのガス式乾燥機にかけることをおすすめします。ガス式乾燥機は乾燥温度が高いので、1回の乾燥で生地を縮められます。乾燥時間は30分くらいでOKです。その後は、天日干しをしましょう。

乾燥機は使わない

生デニムのファーストウォッシュの際は、乾燥機を使って一旦縮める必要があるのですが、通常ジーンズを洗うとき乾燥機は使用しません。乾燥機で乾かしてしまうと、どんどん生地が縮んで自分のサイズと合わなくなってしまいます。

洗剤はジーンズ専用か蛍光増白剤・漂白剤不使用のものを選ぶ

ジーンズを洗う洗剤を選ぶときは、ジーンズ専用か蛍光増白剤や漂白剤を使っていないものを選びましょう。

注意
蛍光増白剤や漂白剤は、洗濯物を白く洗い上げるための成分なので、ジーンズがどんどん白くなってしまいデニム生地の魅力が失われてしまいます。

ジーンズを長持ちさせる洗い方(洗濯機)

ジーンズを長持ちさせる洗い方(洗濯機)

それでは、ジーンズの洗い方をお伝えします。まずは洗濯機を使った洗濯方法です。

ジーンズを裏返して洗濯機に入れる

まず、ジーンズを裏返して洗濯機に入れてください。色移りを防ぐために、ほかの衣類とはわけて洗うようにしましょう。

ジーンズに適した洗剤を入れる

次に洗剤を入れます。洗剤は、ジーンズ専用かおしゃれ着洗い用洗剤、蛍光増白剤や漂白剤の入っていないものを使用してくださいね。

注意
しっかり洗いたいからと、洗剤を多めに使用するはおすすめできません。それぞれの洗剤の適量を守りましょう。

時短モードで洗う

ジーンズは洗うことでインディゴ染料が落ちてしまうので、できる限り短時間で洗い上げましょう。時短モードを使用したり、洗い、すすぎ、脱水それぞれの時間を短く調整して、色落ちしないよう工夫してください。

干すときは縦横に軽くひっぱる

洗い終わったジーンズは、干す前にウエストや膝の部分を中心に軽く縦横にひっぱって形を整えます。ひっぱったり、軽くぱんぱんと伸ばすように形を整え直してから干すと、美しい形状をキープできます。

日陰に干す

ジーンズを直射日光に当てて乾かしてしまうと、日に焼けて色落ちしてしまいます。乾かすときは、室内や日陰に干すようにしてください/

ジーンズは逆さにして干すのが正しい?今すぐ知りたい干し方4つのコツを伝授!ジーンズは逆さにして干すのが正しい?今すぐ知りたい干し方4つのコツを伝授!

色落ちを防ぎたいときは手洗いをする

色落ちを防ぎたいときは手洗いをする

色落ちを最小限に抑えてジーンズを洗いたい場合は、手洗いをおすすめします。

洗濯桶の水に洗剤を入れる

水に各洗剤の適量を入れます。このとき、お湯を使わず必ず水を使うようにしてください。お湯だとジーンズが色落ちしやすく、縮みもおこりやすくなってしまいます。

ジーンズを入れて10分つけ置きする

洗剤を溶かした水に約10分浸して、液体をジーンズの生地に浸透させます。これだけでも汚れや染料が落ちて、水が黒っぽく濁るのがわかります。

MEMO
ジーンズの色落ちを最小限に抑えたい場合は、擦らずつけ置きだけに留めておきましょう。

水を入れ替えてすすぐ

タライや桶の中の水を、2回ほど入れ替えてジーンズをすすぎます。

泡がなくなるまで全体を流す

2回すすいでも洗剤の泡が残っているようなら、再度すすいでください。泡がなくなればOKです。

洗濯機で脱水する

洗い終わったら、洗濯機で約1分脱水します。長時間かけるとシワができてしまうので、短時間でOKです。また、最初に洗濯槽にジーンズを沿わせてから脱水するとシワを最小限で抑えられますよ。

日陰に干す

ジーンズの形を整えたら、ハンガーにジーンズをかけて干しましょう。このとき、プンチハンガーでジーンズを筒状にして干すと、空気の通りが良くなって早く乾きます。干す場所は、ジーンズの日焼けを防ぐために室内で干すのがおすすめです。

MEMO
外で干す場合は、直射日光の当たらない日陰に干すようにしてくださいね。

ジーンズを洗うときにおすすめの洗剤11選

ジーンズを洗うときは、洗剤選びも重要です。おすすめのものを11種紹介するので、参考にしてみてくださいね。

【ライオン】アクロン

アクロンは、衣類の色合いやシルエットを保ちながら、やさしく洗えるおしゃれ着専用の洗剤です。シルキータッチ成分配合で、繊維をコーティングし摩擦から生地を守ってくれるため、お気に入りのジーンズを長く楽しめますよ。乾いた後に香りが残りにくい徴香タイプです。

公式サイトはコチラ

【花王】エマール

エマールは「カタチコントロール洗浄」で、伸びとヨレを整えて洗うので、繊維がしなやかになりきれいなカタチが長持ちします。さらに、洗浄成分が繊維の奥に浸透して、汚れやニオイをスッキリ落とすのに色あせも防ぐので、キレイな色合いをキープできます。

公式サイトはコチラ

【ランドリン】WASH 洗たく用洗剤

ランドリンWASH洗たく用洗剤は、無添加処方(蛍光増白剤、漂白剤、鉱物油、漂白剤、パラベン不使用)、洗浄成分も100%植物由来で、赤ちゃんの衣類にも使えるほど安心して使える洗剤です。少ない量でもきれいに洗えるので、すすぎ1回でもOKです。48時間抗菌で、部屋干ししても嫌な匂いが気になりません。

公式サイトはコチラ

【P&G】ボールド 香りのおしゃれ着洗剤

衣類を香りで包みながら洗える柔軟剤入りおしゃれ着用洗剤です。型くずれや洗濯ジワを防ぎながら、ふわっと柔らかく洗い上げます。甘くて爽やかなベリー&フラワーの香りが長続きするので、香りを楽しみたい人にもおすすめです。

公式サイトはコチラ

【WAREHOUSE & CO.】DENIM-WASH VINTAGE

大豆脂肪酸と水をナノレベルの粒子にして汚れを分解するという、新しい液体タイプのデニム用洗浄剤です。オーガニックな素材でできているので、肌にやさしいのはもちろんのこと、地球にもやさしい製品だといえます。ジーンズの生地についた皮脂汚れや不純物だけを取り除くため、デニムの色あせが防げるのです。こだわりのジーンズも安心して洗えますよ。

公式サイトはコチラ

【Freddy Leck】デニム用洗剤

ベルリンと東京に実在するカフェ&コインランドリー「フレディレック・ウォッシュサロン」が考えたデニム専用の洗剤で、デニムの手洗い・つけおき洗い用に作られています。お気に入りのデニムの色落ちを抑えながら、やさしく洗えるので、ジーンズの風合いを長らく楽しめますよ。

公式サイトはコチラ

【桃太郎ジーンズ】ジーンズ用洗剤

桃太郎ジーンズプロデュースのヤシ油を元に作られた洗剤です。蛍光増白剤や漂白剤不使用なので、ジーンズの色あせを防ぎながら洗えます。無香性なので、ジーンズに香りを付けたくない人におすすめです。

公式サイトはコチラ

【THE LAUNDRESS】デニムウォッシュ

THE LAUNDRESSは、ニューヨークで誕生した衣類ケア専門のブランドです。環境にも配慮しながらしっかりと汚れを落とし、ジーンズをやさしく洗い上げます。。ノンウォッシュデニムには、ダークデタージェントがおすすめです。

公式サイトはコチラ

【児島ジーンズ】ジェイウォッシャー

ジェイウォッシャー×児島ジーンズのジーンズ専用洗剤です。蛍光増白剤を使用せず、界面活性剤も極めて少ないため、ジーンズの色落ちを防ぎます。泡があまり出ないので、すすぎも簡単ですよ。自然分解しやすい原料で作られており、自然にもやさしくジーンズを洗えます。

【サムライジーンズ】雷石鹸

サムライジーンズがプロデュースした雷石鹸は、生地に負担をかけずやさしく洗いながら、余分な汚れをしっかり落とせます。原料に大豆油を使用し、蛍光増白剤や漂白剤を使わず無添加で作った粉末状の石鹸です。

公式サイトはコチラ

【domal】ブルージーンズ専用洗剤

ヘアカラーの色落ち防止にも使用されるアミノ酸誘導体を配合し、色落ちしやすいブルージーンズのキレイな色をキープできます。原料は99%分解できるものだけを使用し、環境への配慮もされています。洗濯機でも手洗いでも使用可能です。

デニム専用のおすすめ洗剤10選!かっこよく色落ちさせるための洗濯方法とはデニム専用のおすすめ洗剤10選!かっこよく色落ちさせるための洗濯方法とは

正しく洗って、ジーンズライフを楽しもう!

ジーンズは「洗わない方が良い」という意見もありますが、正しく洗うことで生地を清潔に保ち、良い状態をキープできます。また、ジーンズに合った洗剤を使うことでジーンズらしい色合いや風合いを長らく楽しめますので、ぜひ今回ご紹介した洗剤で気になるものがあれば試してみてくださいね!

S_17おしゃれの鉄板アイテム”ジーンズ”どうやって収納してる?コンパクトで綺麗な収納方法をご紹介!