ポリウレタンってどんな生地?素材の特徴と洗濯時の取り扱い方法を知ろう

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

城間千裕

ポリウレタンは、私たちの衣類やバッグに実はとても多く使われている生地です。デニムパンツからスマホケース、その他様々な製品に採用される重宝されるポリウレタン素材の特徴とメリット・デメリットを探ってみましょう。

ポリウレタン生地の特徴とメリット

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

ポリウレタンは、1940年頃ドイツで開発された、5~10倍の伸縮性を持つゴムのような生地です。合成皮革のコートや、伸縮性のある衣類やスポーツウェアに使われているのがポリウレタンです。

フェイクレザーといわれることもあり、皮のような質感に見えるのに安く手に入れられるということで人気が高まっています。フェイクレザーのバッグやブルゾンなら、本革製品より手に入れやすい価格です。ユニクロの大人気シリーズであるデニムパンツやヒートテック製品にも使われている素材です。

伸縮性のある素材で用途は様々

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

ポリウレタンは、天然ゴムの代替品として開発されたものです。正式名称はスパンデックスと呼ばれます。伸縮性があるうえ、天然ゴムの5倍~8倍の強度がありますので、ポリウレタンを2~3%配合したデニムは、買ったその日から伸びて身体にフィットし、履きやすいのです。

伸縮性があり強度もあるので、スポーツウェアをはじめ下着、レオタード、ガードル、水着、靴下、ストッキングなどにも多く使われている素材です。

軽くて乾きやすい

ポリウレタンの良い点はまだまだあります。お洗濯して乾くまでの時間が早いということです。これは天気の悪い日や、部屋干しするときには特に嬉しいメリットですね。軽くて乾きやすいので、洗濯して着回せますので旅行のときに持っていく衣類としても重宝します。ポリウレタンの軽さは、バッグやシューズに採用されています。

衝撃強度が高い

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

後ほどご紹介しますが、縦・横の引っ張りに強いちぎれにくい性質を持っています。抗張力が高いため、シューズのインソールや保護カバーやケースの素材としても採用されています。

他の素材と混ぜて使うことができる

コットンをはじめ、レーヨン・ポリエステルの異素材との相性も良いので、様々な素材と配合されています。また、バッグの内部コーティングや革風のパンプスなどにも生かされています。

ポリウレタンがよく使われる衣類

続いては、ポリウレタン生地がよく使われる衣類や場面をご紹介します。伸縮性があるので、スポーツの場面でも採用されている素材です。よく似た名前で「ポリエステル」素材は、日本で最も多く生産されている化学繊維です。名前は似ていますが、ポリエステルにはない伸縮性が大きな魅力の素材です。

ポリエステル 生地ポリエステル生地の特徴は?扱い方を知って上手に取り入れよう!

スポーツウェア

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

スポーツをするには伸縮性は必須です。そうなるとポリウレタンの出番ですね。スポーツウェアはコットンのみだと、汗を吸って乾かす時間がかかったり汗で重たくなってしまいスポーツには不向きです。そこにポリウレタンを配合すると、吸湿性、伸縮性、身体へのフィット感がアップし、ストレスなく動けるようになります。スポーツの場面でもなくてはならない素材なんです。

有名スポーツメーカー『アンダーアーマー』も、従来にはなかったポリウレタンを5%配合した『チャージドコットン』を発売し、スポーツウエアの機能性はそのままに、着心地まで追求しています。

公式サイトはコチラ

下着類

伸縮性といえば、下着にも必要な機能ですね。体型の変化にも対応できますし、脱いだり脱ぐときにストレスを感じません。例えば、コットン100%のブラジャーを想像してみてください。

吸湿性と着心地は素晴らしいかもしれませんが、伸びないので着けるときにストレスになりますよね。そこにポリウレタン生地を2~3%配合するだけで、伸縮性がプラスされた着心地も良い下着になります。

「ストレッチ」と書かれている衣類に使われる

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

ユニクロのストレッチパンツをはじめ、「ストレッチ」とネーミングの付いているストレッチウェアには必ずと言っていいほど、ポリウレタンが使用されています。ストレッチ性があると、スポーツ以外でも家事をするにも楽ですし身のこなしもスムーズになります。

デニムやズボンは、デザインも重要ですが着心地もポイントです。ごわごわして動きにくいデニムより、履きやすいデニムの方が結果として支持を受けているのです。

デニム=コットンでできているイメージかもしれませんが、最近のデニムには伸縮性が重要視されているので、ポリウレタンをはじめとした合成繊維が配合されていることが多いです。

城間千裕

幅広い世代に人気のユニクロですが、特に子育て中のママに大人気だそうです。理由は、子供と一緒に行く外遊びや公園は「動きやすいパンツが必須」だからです。

子供に服を汚されてもユニクロの低価格商品ならそこまで気にならず、フィット感も叶えてくれるデニムは子育て中ママに絶大な支持を得ています。冬になるとヒートテック&ストレッチが叶うヒートテックストレッチフリース長袖も発売されます。

スマホケースやスピーカー

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

ネット通販で「PU素材で滑りにくい」「PUケースは手にフィットします」などでスマホケースをアピールしています。PUとはポリウレタンの略したものです。衣類や下着以外のスマホケースにも多様されているほど、滑りにくく丈夫な素材なのです。

このケースを装着してスマホを持つと、フィット感があり動画視聴や長電話をしても滑りにくいと人気です。ポリウレタンの弱点である劣化の早さがスマホケースやスピーカーとしては懸念されますが、劣化を抑える特殊加工コーティングがされています。

軽量バッグ・軽量シューズの実現

ポリウレタンの軽い素材という特徴を生かし、軽量バッグや軽量シューズにも採用されています。スポーツ選手にはもちろん、軽くてクッション性もあるシューズや軽量ランニングバッグなどになくてはならない素材です。

また軽量シューズやバッグは、お年寄りにも嬉しい効果をもたらします。靴が軽くなることで「歩くのが楽になった」と高評価を得ています。バッグも以前のものより軽くなることで、外出も億劫にならず気軽に出かけることができますよね。

ポリウレタン生地のデメリット

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

伸縮性もある上に丈夫なポリウレタン、悪いところはないように思えるほど優秀な生地ですがそのデメリットをご紹介します。

水に弱い

ポリウレタンは、水に弱い性質を持っています。ポリウレタン製品は、製造したそのときから空気中の水分に反応し加水分解が始まり、その製品寿命は2年~3年といわれています。ポリウレタンが配合されたジャケットやバッグの表面が、ぽろぽろ剥がれてきた経験はありませんか?空気中の水分で劣化してしまった結果です。

湿度・温度の変化に弱い

水分に弱いので、湿気や温度変化にも弱いデリケートな生地です。温風で乾かす乾燥機にかけると必ずと言っていいほど縮んでしまいますので、お気をつけください。

紫外線に弱い

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

水、湿度に弱いポリウレタンは紫外線の刺激にも弱いのでお洗濯の際も注意が必要です。春~夏の紫外線はかなり強いので、部屋干しか影干しをして大切に扱いましょう。

ポリウレタン100%の衣類は劣化が早い

ポリウレタンの弱点が色々ありましたね。ポリウレタン配合比率が5%くらいならまだ良いのですが、100%ともなると劣化がさらに早くなります。着用していても、しまっていても毎日劣化が進みます。

ポリウレタン100%、もしくは配合比率が高い製品はダメになるのが早い性質だと理解したうえで購入しましょう。

ポリウレタン生地の取り扱い方

ポリウレタンの性質の次は、お洗濯や汚れた場合の対処方法をお伝えします。少しの心がけで劣化をおさえ長く使えるようになりますよ。

水に濡らしたままにしない

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

ポリウレタンは水に長時間触れたままだと加水分解が進みますので、雨に濡れたりジュースをこぼした場合はすぐに拭き取りましょう。自然乾燥はよくないので、気づいたらすぐに拭いて水分をできるだけ取り除きましょう。押入れやクローゼットにしまう場合も、衣類圧縮袋に入れて湿気を遮るか、湿気取りを置いてあげましょう。

洗濯は必ずデリケートコース

ポリウレタン配合製品はデリケートなので、できれば手洗いがおすすめですがお洗濯も可能です。洗濯ネットに入れて、他の衣類との摩擦を極力さけるようにしましょう。お洗濯も、デリケートコースか手洗いコースを選択するのを忘れないでください。水に弱いので、汚れを落としたいからといってつけ置き洗いも厳禁です。

ポリウレタン生地についた汚れを取るには?

おしゃれ着用の洗剤を薄め、清潔なタオルに含ませ拭き取りましょう。汚れが取れたら、洗剤成分を拭い去るようにきれいなタオルで拭きとりましょう。

防水スプレーを活用する

せっかく気に入って購入した洋服やバッグ、長持ちさせたいですよね。そんなときは、防水スプレーを活用しましょう。こちらをかけてコーティングすることで、劣化スピードを遅らせることができます。ポリウレタンに使えない防水スプレーもありますので、下記製品がおすすめです。

【3M】スコッチガード™ 防水スプレー 速効性

公式サイトはコチラ

まとめ ポリウレタン生地の特徴を知って上手におしゃれを楽しもう!

ポリウレタンってどんな生地?その特徴とデメリットをご紹介

いかがでしたか?普段何気なく使っているモノや衣類に、ポリウレタンが使われているのが分かりましたね。性質が知るとどのように扱ったらいいか分かってきますので、もしボロボロになったら割り切って処分しましょう。

着心地を向上させたり、機器を保護する素材やスポーツウェアなど私たちの生活に欠かせない素材といっても過言ではありません。劣化が早く寿命が短いのが難点ですが、その分低価格で革風のジャケットを着られると考えたらお得かもしれません。

お洗濯や湿気に注意しながら扱うことで劣化を防ぐことができますから、デリケートなポリウレタン製品を、大切にしながら賢くおしゃれを楽しみましょう!