ナイロン素材の衣類やバッグの洗濯方法!汚れはどうやって落とす?

C_106

雨具やアウター、バッグなど、ナイロンは様々な製品に使われています。汚れてしまった場合は、どのように洗濯したら良いのか注意点を含めてご紹介します。是非参考にしていただいて、ナイロンの汚れもキレイに洗濯しましょう!

ナイロンの洗濯!どうしたらいい?

ナイロンが使われている製品は身近に多くあります。洗濯するときはどのようなことに注意したら良いのでしょうか?

ナイロンはどんな素材?

ナイロンは1935年に、アメリカのデュポン社が合成に成功して誕生しました。女性のストッキング用の繊維として使われたのが始まりです。ナイロンは軽くて引っ張りや摩擦などにも強いので丈夫ですし、発色性も良いのでカラーバリエーションも豊富です。

そのため、現在では傘やレインコートなどの雨具やウインドブレーカーなどのアウター、スキーウェアや水着などのスポーツウェア、バッグなど様々な製品に使われています。

洗えるかどうかは洗濯表示をチェック

ナイロンを洗えるかどうかは洗濯表示を見て必ずチェックしましょう。素材がナイロンだけであれば気にせず洗うことができますが、ナイロン以外の繊維も混ざっている場合、洗えないこともあるので水洗いができるかどうかを忘れずチェックしてください。

また、洗濯機を使えるか、手洗いならOKなのかもチェックすることが大切です。手洗いのみのものを洗濯機で洗ってしまうと、傷んでしまうこともあるので注意しましょう。

乾燥機はNG

ナイロンは熱に弱い素材なので、乾燥機を使った乾燥は避けるようにしましょう。ナイロンは吸水性が低いので、自然乾燥でも充分に乾かすことができます。また、洗濯時に高温の水を使うのも熱に弱いナイロンには向かないため、お風呂の残り湯などを使った洗濯もしないようにしましょう。

ナイロンの洗濯方法

実際にナイロンを洗濯するにはどのような方法で洗濯したらいいのかご紹介します。参考にしてみてください。

洗濯機の場合

ナイロンの洗濯を洗濯機でおこなう場合、普通の洗濯と同様に洗剤と柔軟剤があれば大丈夫です。特別に必要なものは特にありません。洗濯機を使った洗濯方法は以下の通りです。

  • STEP.1
    洗濯物を洗濯機に入れて、洗剤と柔軟剤をセットする。
  • STEP.2
    通常の洗濯と同じように洗濯する。
  • STEP.3
    洗濯が終わったら形を整え、風通しの良い場所で陰干しする。

洗濯前には必ず洗濯表示をチェックして、洗濯機で洗えることを確認してから洗いましょう。洗濯機で洗濯できるものは、普通の洗濯と同じように洗濯して大丈夫です。傷みが気になる場合は、洗濯ネットを使用したり、洗濯機のモードをやさしく洗ってくれる「手洗い」や「ドライ」などにすると、洗濯時の傷みを軽減することができます。

洗濯ネットに入れて洗濯する場合、汚れが内側になるように入れてしまうと落ちにくいので、汚れが気になるところは外側になるように入れましょう。また、ナイロンは黄ばみやすい特徴もあるので、陰干しの方がおすすめです。

ナイロンはほとんど水洗いができますが、雨具やスキーウェアなど防水加工が施されているものは洗うことができません。汚れが気になる場合は洗濯はせずに部分洗いで対応しましょう。

手洗いもできる?

下着やおしゃれ着などの場合は、手洗いの方が傷みも少ないのでおすすめです。また、洗剤もおしゃれ着用の洗剤を使うことで生地への負担を減らすことができます。手洗いの方法は以下の通りです。

  • STEP.1
    洗面器などに水を張り、水量に合わせておしゃれ着用の洗剤を入れて洗浄液を作る。
  • STEP.2
    洗濯物を洗浄液に浸けて、押し洗いをする。
  • STEP.3
    洗面器に新しく水を張り、洗濯物についている洗剤をきれいにすすぐ。
  • STEP.4
    洗濯物を洗濯ネットに入れて、洗濯機で脱水する。
  • STEP.5
    また洗面器に新しく水を張り、水量に合わせて柔軟剤を入れる。
  • STEP.6
    洗濯物を浸けて、洗濯物に柔軟剤を吸わせる。
  • STEP.7
    再び洗濯物を洗濯ネットに入れて、洗濯機で脱水する。

ナイロンは水切れが良いので、洗濯機で脱水するとき、脱水時間は10秒程度と短くても十分です。あまり長い時間脱水してしまうと、洗濯物に強い力がかかってしまい、シワなどの原因にも繋がります。

手洗い手洗い洗濯が良い4つの理由!手洗い推奨の衣類を洗濯機で洗う方法もご紹介

ナイロンバッグも洗える?

ナイロンバッグも衣類と同じように、汚れをキレイにすることができます。簡単な汚れであれば、文房具用の白い消しゴムでこすって落とすこともできます。部分的な汚れはおしゃれ着用の中性洗剤を使ってキレイにしましょう。

  • STEP.1
    表やバッグの裏側など、バッグ全体のほこりを落としておく。
  • STEP.2
    洗剤を水で薄めてタオルに含ませる。
  • STEP.3
    タオルを固く絞って、叩くようにして汚れを落とす。
  • STEP.4
    形を整え、風通しの良い場所で陰干しする。

もしカビなどが発生してしまっている場合は、消毒用のアルコールをコットンなどに含ませて拭き取ります。消毒用のアルコールがつくことで変色や色落ちの可能性もあるので、消毒用のアルコールを使う場合は、目立たないところで試してみてからにしましょう。

また、洗濯機や手洗いで丸洗いをする場合は、バッグの底板など外せるパーツは外し、おしゃれ着などと同様に傷みや型崩れに注意して洗いましょう。

ナイロンもキレイに洗濯しよう

C_106_1

ナイロンは軽くて丈夫なので、様々な場面で重宝します。ほとんどのナイロンは水洗いができるので、洗濯機や手洗いで汚れをキレイにすることができます。ナイロン以外の繊維が使われていることもあるので、洗濯表示を必ずチェックしてから洗うようにしましょう。

洗濯表示で綺麗にお洗濯!簡単に分かる洗濯表示の意味新しい洗濯表示(洗濯マーク)を確認して正しくお洗濯!3つのポイントをチェック