セーターが伸びない・縮まない・型くずれしない干し方特集!

セーター 干し方

セーターは洗い方に気を使っていても、なぜか伸びたり縮んだりすることがあります。その理由は洗い方ではなく、干し方にある場合があります。「洗い方に気を使っているのに伸びる・縮む!」と悩んでいる方は、セーターの素材に合った干し方を行っていないのかもしれません。

                                    

セーターが干し方によって伸び縮みするワケ

セーターの素材が原因

セーター 干し方

多くのセーターの素材であるウールは繊維の間に隙間があります。縮んでしまう場合は、洗うとその隙間に水が入り込み、乾いていくうちに隙間に入った水が抜け、その隙間を埋めようとするために起こります。

伸びてしまう場合は、普通のハンガーなどで干してしまうと下方向に負荷がかかり、繊維の隙間が広がってしまうために起こります。このように、セーターの素材であるウールの特徴から、伸び・縮みは起こってしまうのです。

セーターを型くずれさせない干し方

セーターの素材の特徴を理解したところで、絶対型くずれさせない干し方をご紹介します。これらの方法全てに共通して『干す前に絶対にシワや縮みを伸ばす』干す時は陰干しをする』の2点に注意しましょう。

平干し用ネットを使った干し方

一番伸びにくい方法として、平干しがあります。平干し用のネットの上に広げておいて干すことで、一方向への負荷がかからず伸びや縮みが格段に減ります。平干し用ネットはホームセンターやネットでも購入できます。

ハンガーを使った干し方

「平干し用ネットが家にない!」という方には、ハンガーで干す方法がおすすめです。

1本だけで干す方法

まずセーターの袖を合わせて半分にたたみます。そして襟側を下に、袖と身頃が上に向くようにV字型に置き、脇の部分にハンガーを置きます。このとき、ハンガーのフックがセーターからはみ出るようにしましょう。

そして、セーターの袖と身頃をハンガー側に畳みます。これでフックを持ち上げると、袖と身頃がハンガーに引っかかり落ちないだけでなく、均等に負荷がかかるため伸びることもありません。

2本使って干す方法

 

セーター 干し方

まずハンガーに大きめの洗濯ネットを洗濯バサミで固定します。同様に洗濯ネットの反対側もハンガーに固定し、即席平干し用ネットの完成です。ハンガーが余っている場合や、大きめの洗濯ネットが自宅にある場合はこちらの方法がおすすめです。

ピンチハンガーを使った干し方

セーター 干し方

ピンチハンガーの洗濯バサミが付いていない上部分に置いて、平干しするのも良いでしょう。しかし、このとき丸いものは向いていませんので、四角いピンチハンガーを使用しましょう。また袖や裾がはみ出ないように、置き方にも注意しましょう。

おしゃれピンチハンガーおすすめ13選!素材の種類や選び方・絡まない収納方法も

干し方を工夫すればセーターは縮まない!

セーターの素材の特徴上、ハンガーで普通に干しては伸び・縮みするのは仕方ありません。ハンガーやピンチハンガーの使い方を工夫したり、平干し用ネットを使用することで、セーターの伸び・縮みは簡単に防ぐことができます。みなさんも試してみてはいかがでしょうか?

家でセーターを洗濯するには?失敗しない洗濯方法!セーターの洗濯で失敗しない5つのコツと洗剤・柔軟剤の選び方 毛玉を防いでニットやセーターの寿命を長くする方法【ECO WASH CAFEコラボ企画第3弾】毛玉を防いでニットやセーターの寿命を長くする方法