ウィンドブレーカーの洗濯方法と気をつけたい4つのポイント!クリーニングに出すことなく自宅ケアは可能?

クリーニングに出すことなくウィンドブレーカーを洗濯できるの?

雨具としても防寒具としても使えるアイテム、ウィンドブレーカー。あまり使う頻度が少ないからこそ、清潔にしておきたいのものです。クリーニングに出すこともできますが、自宅で洗濯できるのならそうしたいですね。正しい洗い方をすることで、自宅でも洗濯をすることができます。気をつけ流べきポイントを抑えて自宅で綺麗に洗濯を行いましょう。

ウィンドブレーカーの洗濯方法って?

「ウィンドブレーカーって撥水加工が施されているものが多いのに、自宅で洗濯できるの?」と思い、諦めている方も多いでしょうが、洗濯表記を確認して洗い方を気をつけることで自宅でも洗濯することができます。まず、洗濯をする上で確認しておきたいことをみていきましょう。

ポリエステル素材は洗濯できる?

クリーニングに出すことなくウィンドブレーカーを洗濯できるの?

寒い冬に防寒具としても活躍してくれるポリエステル素材は、ウィンドブレーカーの素材としても使われていることが多い素材です。しかし、長期間使用していると袖や襟元に汚れやシミがついてしまうことも多いため洗濯に悩みますね。

少しの汚れであれば汚れてしまった部分をつまみ洗いすることもできますが、洗剤や洗い方に気をつけることで自宅の洗濯機や手洗いで洗うことができます。

普通の洗濯機で洗濯しても大丈夫?

「ドライクリーニングのみ」の場合や「手洗いのみ」の場合の表記は洗濯機での洗濯はすることができませんが、表記に洗濯規制がない場合はネットに入れて洗濯をすることができます。

MEMO
自宅の洗濯機で洗濯をするときは、必ず洗濯表示を確認し素材も確認してから洗濯を行うとより安心です。
洗濯表示で綺麗にお洗濯!簡単に分かる洗濯表示の意味新しい洗濯表示(洗濯マーク)を確認して正しくお洗濯!3つのポイントをチェック

洗濯の頻度は?

洗濯の頻度は、ウィンドブレーカーを使う頻度によっても使用場所によっても異なりますが、できることなら着た後は洗濯をして清潔な状態を保っておきたいですね。

MEMO
ウィンドブレーカーの一般的な洗濯頻度は、1週間に1度がおすすめです。

ウィンドブレーカーは日常的に着ている衣類と違い、使う頻度も人によって異なります。そのため「毎回洗わないと、代えがない」という場合以外は1週間に1度の洗濯で十分です。

どんな洗剤を使ったらいいの?

クリーニングに出すことなくウィンドブレーカーを洗濯できるの?

洗濯表示を確認して、洗剤を選ぶことがウィンドブレーカーの生地にダメージを与えないポイントになってきますが、一般的にはおしゃれ着用などの中性洗剤を使って洗濯をしましょう。

自宅で洗濯を行うときには撥水加工が施されたウィンドブレーカーは、通常の衣類よりも洗濯方法に気をつけましょう。

ウィンドブレーカーを洗濯する際に気をつけるポイント

ウィンドブレーカーは名の通り「雨の日に着る衣類」です。そのため、通常通り洗濯をしてしまうと乾きにくかったりしわがついて型崩れが起きてしまったりと問題が出てくるため、洗濯をする際は、いくつかのポイントに気をつけたいですね。

汚れ・臭いの落とし方

汚れと一緒に気になるのが臭いです。ウィンドブレーカーは、濡れたままになってしまうとより臭いがこもって臭いが落ちにくくなることもしばしばありますね。洗濯を行うときは、臭いが気になる場合は、つけ置き洗いをすることで臭いをケアすることができます。

洗濯ネットを使う

クリーニングに出すことなくウィンドブレーカーを洗濯できるの?

ウィンドブレーカーを洗う際は、裏返して洗濯ネットに入れてください。ウィンドブレーカーには、撥水加工が施されているため水の行き場がなくなってしまうため、裏返して汗や臭いのつきやすい内側をしっかりと洗えるようにしましょう。

脱水・干し方に気をつける

ウィンドブレーカーを洗濯機で洗ったときは、脱水する際自動でそのまま脱水をすることをおすすめします。しかし、脱水の際はネットからだし裏返しの状態で脱水を行うと良いでしょう。その後、干す際は細かいしわ部分を少し引っ張りながら干すことでしわを予防して干すことができます。

スチームでしわを伸ばす

クリーニングに出すことなくウィンドブレーカーを洗濯できるの?

洗濯が完了した後に「しわが少し気になる。でも、アイロンがけができない!」という、素材のウィンドブレーカーも多いはずです。ウィンドブレーカーは水には強いですが熱には弱いため、アイロンを直接かけられません。

しかし、ウィンドブレーカーの素材によってはスチームをかけることができるためスチームでしわを伸ばすことができます。

ウィンドブレーカーは手洗い?洗濯機洗い?

ウィンドブレーカーは、手洗いと洗濯機洗い素材や作りによっても異なってきます。洗い方を誤って大切なウィンドブレーカーをダメにしてしまわないためにも、正しい方法で洗濯することが大切です。

手洗いの場合

クリーニングに出すことなくウィンドブレーカーを洗濯できるの?

手洗いの場合は、裏返して大きめの桶にぬるま湯を張って押し洗いを行うことが大切です。手洗いの場合は様子を見ながら慎重に洗濯を進めていくことができるので、汚れの落ち具合もわかりやすいですね。

洗いは手洗いでも、脱水は洗濯機を使って行うことで、より洗濯時間を短縮して効率よく洗濯を行うことができます。その素材に応じて脱水方法や干し方も注意しながら洗濯を行いましょう。

洗濯機洗いの場合

クリーニングに出すことなくウィンドブレーカーを洗濯できるの?

ウィンドブレーカーを洗濯機で洗濯する場合は、あらかじめほこりや大きなゴミ・ポケットの遺物などは取り除いておきましょう。また、洗濯ネットを使って洗濯を行いましょう。

洗濯機の中でウィンドブレーカーが動き回ってしまうことで、汚れが上手く落ちずに周りの撥水加工の機能だけが低下してしまうという原因を作ってしまう恐れがあります。

注意
洗濯ネットを使っても、脱水を行うときは洗濯ネットから取り出して脱水を行いましょう。

ブランド別で違う?洗濯のときのコツ!

ブランドや撥水加工の性能や素材の違いによって、洗い方で気をつけるポイントが異なってきます。ブランドの特徴を知っておくことで、洗濯の際に活かすことができます。それぞれのブランドの特徴をご紹介します。

コロンビア

スポーツウエアで有名なのメーカーのコロンビアは、耐久性に優れた素材と豊富なカラーバリエーション・デザインを多く取り揃えています。

しかし、洗濯の仕方を間違えると撥水加工の効果が落ちてしまいます。コロンビアのウィンドブレーカーは、乾燥機での乾燥が可能な場合もあるため、物によっては乾燥機を使ってみるのもおすすめです。

ノースフェイス

ノースフェイスは飽きのこない、とてもシンプルなデザインで利便性がとても高いものです。オールシーズン着まわすことのできるノースフェイスのウィンドブレーカーは、高温に弱い素材の場合が多いため、洗濯が終わったら日陰で乾燥させることをおすすめします。

モンベル

モンベルは登山やアウトドアに特化しており、専門性の高さが魅力的なブランドです。世界最高レベルの撥水加工が施されていて、自宅で洗濯をしても撥水加工が低下することもありません。

しかし洗濯機で洗濯をするときは、必ず洗濯ネットを使用することをおすすめします。

洗濯前に表記を確認して自宅でも洗ってみよう

ウインドブレーカーは、寒い時期・ジョギングなどの運動時・アウトドアの際の雨具としてもとても便利です。洗濯表示をしっかりと確認して自宅でも洗濯を行ってみましょう。

落としにくい汚れでも、正しい洗濯を取ればプロの力を借りなくても汚れを落とすことができますし、長期的に綺麗で清潔な状態で使用することが可能です。日常的に使うことの少ないウィンドブレーカーだからこそ、いつも清潔に保つことを心がけましょう。