おしゃれ物干し竿おすすめ10選!室内か屋内かで違う選び方のポイントは?

D_62, 物干し竿 おしゃれ

araou編集部

毎日の洗濯で洗ったものを干すのに何気なく使っている物干し竿、おしゃれなものだとより楽しく洗濯物が干せると思いませんか?意外と重労働でツラいと感じる人が多い洗濯物干し、HAPPYにできるおすすめ物干し竿をご紹介します。

物干し竿の選び方は屋外か室内かによって違う

木製?ステレンス?おしゃれ物干し竿の素材はどうやって選ぶ?

物干し竿はステンレスでできているものが一般的で、多くの家庭で使用されています。そのほかにも金属製のものとしてはアルミでできているものがあり、また珍しい素材として木製の物干し竿を見かけることがあります。

それぞれの素材にメリット・デメリットがあるので、特徴をよく考えて選ぶことが必要です。

D_62_1, 物干し竿 おしゃれ

ステンレス製物干し竿の特徴

ステンレス製の物干し竿は使っている家庭がもっとも多い、スタンダードな物干し竿です。何より丈夫で、たくさんの洗濯物を安心して干すことができます。

錆びにくく、雨や夜露に濡れてもいたみません。金属製なので汚れてもさっと拭くだけで落とすことができ、洗濯物を干す前の準備も手早く済ませることができます。

またステンレス製の物干し竿は安く買うことができます。種類が豊富で価格帯も幅広いので、値段が安いものもたくさん出回っています。シンプルなもの、海外製品のものはとくに安価で、余計なお金をかけないで済ませることができます。

アルミ製物干し竿の特徴

1円玉の素材に使われているアルミは、金属のなかでも特に軽いことがよく知られています。柔らかいという特徴もありますが、他の素材と合わせることで強度を増すことができることから、身の回りのいろいろな製品に使用されています。

アルミの持つメリットのひとつにはリサイクルしやすい点もあり、エコの点で優秀な素材になっています。他の金属素材と比較するとリサイクルにかける費用を低く抑えることができ、安く他の製品に生まれ変わらせることが可能です。

アルミ製品のデメリットは、スチール製品に比べると価格が高くなってしまうことです。素材の値段が高価で、その分製品にしたときも価格帯は高めでの展開になります。また物干し竿としてはスチールでできたものが圧倒的に多く、種類が豊富です。

アルミ製は少なく、とくに実店舗では取り扱い数が限られているため、あまり選んで購入すると言うだけの品数が取り揃えられていません。

木製物干し竿の特徴

木製の物干し竿はあまり見かけませんが、ウッドデッキに合うようにと物干し台とセットで作ってもらって使っている家庭があります。ウッドデッキと調和が取れ、とても洒落た外観に仕上がります。

木製の物干し竿は雨に濡れないよう、使わないときは家の中にしまっておくなどの配慮をする必要があります。ナチュラルでステキですがそれだけ管理が大変で、清潔に長く使うことは難しいので注意しましょう。

屋外用物干し竿の選び方

D_62_2, 物干し竿 おしゃれ

ポイント1 丈夫なものを選ぼう

屋外で使う物干し竿は、“丈夫さ”を第一に考えて選ぶと良いでしょう。屋外は自然や天候の影響を、直接受けます。雨に濡れたり直射日光にさらされたりと、使用環境は意外に過酷なものになっています。

錆びたり色が変わったり、腐食したりしない、丈夫なものを選びましょう。海の近くは風に乗って飛んでくる塩分でかなり物干し竿は傷みやすいので、特に丈夫な物干し竿を選ぶ必要があります。

ポイント2 お手入れのしやすいものを選ぼう

屋外に置かれている物干し竿は何もしなくても汚れていて、そのまま洗濯物を干すわけにはいきません。特に夜間に交通量が激しい場所は、自動車の排気ガスで物干し竿はかなり汚れてしまっています。

使う前には軽く拭く必要があり、定期的にはきちんと掃除をした方が清潔な状態のまま長く使うことができます。お手入れのしやすいものの方が、毎日の洗濯物干しがラクに行えるようになります。

ポイント3 しっかりと固定できるものを選ぼう

屋外は風があるので洗濯物が飛んでいってしまわないようにしっかりと物干し竿に洗濯ばさみで留めておきますが、物干し竿ごと飛ばされてしまっては仕方がありません。

物干し竿も物干し竿にきちんと収まり、ある程度の風が吹いても飛ばされないようなものを選ぶ必要があります。特にマンションなどの備え付けの物干し台は、気をつけて合う太さの物干し竿を選びましょう。

天候によっては、別に風対策をすると安心して洗濯物を干すことができます。ストッパーを使ったり、ひもやロープで物干し竿を物干し台に結んでおいたりすると良いでしょう。

室内用物干し竿の選び方

D_62_3, 物干し竿 おしゃれ

ポイント1 コンパクトなものを選ぼう

室内で使う物干し竿選びでは、大きさを1番に考えることが大切です。大きすぎるとかなりの存在感となり、圧迫感を生じさせます。小さすぎると洗濯物を少ししか干せなくて困ることになるので、ちょうど良い大きさの物干し竿を選ぶようにしましょう。

雨の日でも大量の洗濯物を洗わなければならない家庭では、室内用物干し竿を数本用意しておくと便利です。室内用物干し竿1本ですべての洗濯物を干そうとするとどうしてもサイズアップしてしまいますが、数本を使うのであれば1本1本はそれほど大きなものを選ばなくても済ませみます。

使わないときに片付けておく際にも、大きい物干し竿1本よりも小さい物干し竿数本の方が、スッキリと収納できます。

ポイント2 インテリアの邪魔をしないものを選ぼう

物干し竿は本来は屋外で使うもので、どうしてもインテリの邪魔になります。特によくあるステンレス製の物干し竿は、部屋で使うとはっきりとした違和感があるでしょう。

室内用物干し竿は家の中で使うことを想定して、インテリアの邪魔をできるだけしないように考えられて作られています。使う部屋やシーンに沿って、合う室内用物干し竿を選びましょう。

ポイント3 軽いものを選ぼう

室内に洗濯物を干す場所が決まっている家庭は良いのですが、決まっていない家庭も多くあります。太陽の動きに合わせて、日当たりが良い場所へと洗濯物を干している物干し竿を移動させる家庭も少なくないでしょう。

室内用物干し竿は屋外用物干し竿と比べて動かす割合が多いので、軽くて動かしやすいものを選ぶことも大切です。

ポイント4 片付けしやすいものを選ぼう

多くの家庭は洗濯物を天気が良い日は外に干して、室内用物干し竿は使いません。収納しておく場合は、片付けしやすいことも室内用物干し竿を選ぶ大切な基準になります。軽いことの他に、伸縮式で省スペースであるかどうかも選ぶ際の重要ポイントです。

屋外用物干し竿の長さの決め方は?短い方がおしゃれ?

D_62_4, 物干し竿 おしゃれ

どれぐらいがちょうど良い物干し竿の長さ?

物干し竿は一般的に物干し竿を支える台の端から端までの長さより、2割長い物干し竿が使いやすいとされています。

両側に1割ずつ余裕を持たせた長さで、台の端から端までが2mのときは両側から20㎝程度ずつ長くなる、2m30~40㎝ぐらいがちょうど良い物干し竿の長さということになります。

長すぎたり短すぎたりする物干し竿は使いづらいだけでなく、見た目もあまり良くありません。おしゃれに物干し竿を使うためにはきちんと物干し台の端から端までの長さを測り、ちょうど良い長さの物干し竿を選びましょう。

太さは太めと細めのどっちが良い?

太さは直径3~4㎝が、よく売られている物干し竿の標準的な太さです。細い物干し竿より太い物干し竿の方がしっかりとしていて、多くの洗濯物を安心して干すことができます。

3㎝でも通常の家庭の洗濯物を干す物干し竿としては十分安定してしっかりとしていますが、洗濯物の量や衣類の素材で重いものを好む場合などでは、太い物干し竿を選んだ方が安心できるかもしれません。4㎝の太さの物干し竿は、重い敷き布団を干す場合でも安心感があります。

ただし洗濯物干しで物干し竿とセットで使う洗濯ばさみは、物干し竿は細い方が使いやすいです。太い物干し竿ほそれだけ大きく挟む方を開けなくてはならないので、力が要ります。何個もの洗濯ばさみを大きく開かなければならず、手が疲れるので注意しましょう。

またごくまれではありますが、4㎝の太さの物干し竿が使えない仕様の物干し竿台があります。マンションの備え付けの物干し台などを使う場合は、何㎝の太さの物干し竿が使えるのか、チェックを忘れないようにしましょう。

おしゃれ物干し竿おすすめランキング10選!

おしゃれなだけじゃない!?使い勝手も良い屋外用の物干し竿TOP4

【コーナン】 オリジナル アルミ伸縮物干し竿

D_62_5, 物干し竿 おしゃれ

・画像引用:コーナン eショップ

手頃な価格が魅力の、珍しい茶色のおしゃれな物干し竿です。安価でも品質はしっかりしていて、よくある普通の物干し竿として問題なく使用することができます。

コーナンは関西地方を中心に展開しているホームセンターでこの物干し竿はコーナンオリジナル商品のひとつとして展開しているものですが、楽天市場をはじめとするコーナンネット店舗で買い求めることができます。

アルミ製で軽く、重さは700gしかありません。表面にはアルマイト加工が施されていて丈夫で、取り扱いもラクです。10㎏までの重さに耐えることができ、たくさんの洗濯物を安心して干すことができます。長さは1m70㎝、伸縮式で3mまで伸びます。

公式サイトはコチラ

【豊臣金属】 水玉伸縮物干し竿

黒地に白の水玉模様がちりばめられている、ポップな物干し竿です。模様は張られているのではなく、表面に直接プリントされています。透明クリア塗装もされているので、鮮やかです。長さは1m50㎝で、両端が55㎝ずつ伸びます。太さは3㎝、重さは約800グラムです。

アルミ合金製で、耐荷重は10㎏です。キャップカラーの色はパールブラック、はエメラルドグリーン、シルバー、パールブルー、パールホワイト、レッド、アースグリーン、レッドパープルがあります。

公式サイトはコチラ

【豊臣金属】 物干し竿 高剛性 組立式1本竿 太さ3.2センチ(ハンガー掛け付き)

D_62_1, 物干し竿 おしゃれ

・画像引用:豊臣金属株式会社 物干し専門店さくら HP

組み立てて使う物干し竿です。伸縮しないので、決まったサイズでしか使うことはできません。たたし組み立てる前はコンパクトで、マンションの上層階へも普通の荷物と同じようにエレベーターを使って運ぶことができます。

材質を厚くし、さらに強度に不安がある連結部分は厚みを増したつくりになっています。組み立て後は1本ものの物干し竿として十分な強度で使うことができます。2m、2m50㎝、3m、3m50㎝、4mの4種類の長さがあります。色は物干し竿としてスタンダードなシルバーのほかにシャンパンゴールドとブロンズがあり、おしゃれです。

ハンガーをかけるための穴の付いた部分が取り付けられていて、ハンガーかけの洗濯物も飛ばされたり偏ってしまったりする心配をせずに干すことができます。

公式サイトはコチラ

【Blue Tiara】 おしゃれなアルミの物干し竿

ヨーロピアンテイストの家にとにかくピッタリな、おしゃれなアルミ製の物干し竿です。オールアルミで、両端に施された装飾が洒落ています。色もブラックで重厚感があり、品格も感じられます。太さは直径3㎝、長さは2m30㎝です。

本体部分の長さは2mちょっとで、装飾部物の長さが片方あたり14㎝です。バスケットデザインとカールデザインの2種類があり、外観に合わせて選ぶことができます。

室内でも妥協したくない人向けのおしゃれな物干し竿TOP6

【川口技研】 室内用ホスクリーンQL型

物干し竿と言えば丸い棒の形をしていますが、ホスクリーンシリーズは「四角い物干し竿(R)」です。丸い棒状の物干し竿にハンガーをかけると一番上の一点でしか接しませんが、四角い棒状のホスクリーンの場合は上側の角の2点がハンガーと接します。

ハンガーが同じ向きのまま安定し、風の通り道ができて乾きやすくなります。また四角い形がスタイリッシュで、デザインとしても洗練された美しさです。

両側の先端部分は柔らかい素材が使用されていて、当たっても安全です。15㎏の重さまで耐えられ、たくさんの洗濯物を干すことができます。

天井に取り付けて室内でホスクリーンを使えるようにできる製品として室内用ホスクリーンスポット型、室内用ホスクリーン昇降式(操作棒タイプ)、室内用ホスクリーン昇降式(操作ヒモタイプ)が同じシリーズから出ています。

また窓枠に取り付ける室内用ホスクリーン窓枠付もあります。

公式サイトはコチラ

【ナスタ】 ランドリーポール

グッドデザイン賞を受賞しているスタイリッシュな物干し竿です。ホワイト1色使いに、両端に開けられているホール部分のみ施されたカラーがとても映えるデザインです。ホール部分の色はレッドとグレーの2色が展開されています。

それぞれ1m~1m70㎝、1m70㎝~3m、2m20㎝~4mの3サイズがあり、使い方にあったものを選び、自由に調節して使うことができます。本体はアルマイト加工が施されたアルミニウム、両端のキャップ部分はポリプロピレン、エラストマ樹脂が使われています。

かけることができる重さは450gと少し少ないので、注意しましょう。太さは直径3.3㎝です。同じシリーズから天井から吊り下げて使う土台が出ているので、合わせて使うことでさらにおしゃれ度をアップさせることができます。

公式サイトはコチラ

【第一ビニール】 STRAWLANDランドリーグリップホール

D_62_2, 物干し竿 おしゃれ

・画像引用:DAIM HP

白地のストライプ模様がスッキリとした清潔感の、おしゃれな室内用物干し竿です。模様の色はグレー、ネイビー、ピンク、グリーンの4色があり、インテリアに合わせてピッタリのものを選ぶことができます。

伸縮式で、長さは約1m40㎝~2m50㎝に調節することができます。材質はスチールパイプ樹脂コーティング、ポリプロピレンで丈夫です。約10㎏まで、洗濯物をかけることができます。同じシリーズのつっぱりポールハンガーを一緒に使うことで、雨の日でも快適に洗濯をすることができます。

公式サイトはコチラ

【豊臣金属】 黒い物干し竿

D_62_3, 物干し竿 おしゃれ

・画像引用:豊臣金属株式会社 物干し専門店さくら HP

とても珍しいブラックの室内用物干し竿です。モノトーンのインテリアに合う、クールビューティーな仕上がりです。素材はアルミ合金で軽く、力のない女性でも負担なく取り扱うことができます。伸縮式で1m50㎝~2m60㎝の長さに調節できます。

両端のキャップカラーはシルバー、パールホワイト、レッドパープル、パールピンク、レッド、パールオレンジ、パールイエロー、アースグリーン、エメラルドグリーン、パールブルー、パールブラウン、パールブラックから選ぶことができます。

公式サイトはコチラ

【積水樹脂】 突っ張り伸縮アルミ物干し竿

D_62_4, 物干し竿 おしゃれ

・画像引用:BALLE MAISON HP

洗面所・脱衣所などの狭い部屋の、壁を利用して固定する突っ張り式の物干し竿です。レギュラーとロングの2サイズがあり、部屋の大きさに合わせて選ぶことができます。レギュラーは1m16㎝~1m90cm、ロングは1m63㎝~2m80㎝の長さに調節ができ、範囲内の場所で使うことができます。

かけられる重さはレギュラーが約15~35kg、ロングが約8~24kgです。安定感があり、布団干しにも利用できます。アルミ素材に2重にスチールコーティングが施されていて、錆びに強く、湿度が高い場所でも安心して使用することができます。

おしゃれ度は低めですが清潔感があり、便利に使うことができます。

公式サイトはコチラ

おしゃれな物干し竿で洗濯をHAPPYにこなそう!

おしゃれな物干し竿、使いやすい物干し竿をご紹介しました。洗濯が好きな方も嫌いな方も、お気に入りの物干し竿を選んでHAPPYに洗濯しましょう。