おむつを洗濯機で洗って大惨事!焦らず適切に対処しよう

おむつを洗濯機で洗って大惨事!焦らず適切に対処しよう!

洗濯機を開けてびっくり!「おむつを洗濯してしまった!」と驚く経験をした人も多いのではないでしょうか?洗濯物や洗濯機の中がおむつの吸水ポリマーまみれで、忙しい時間にイライラしつつ落ち込んだ経験がある人もきっといらっしゃいますよね。今回は、洗濯機で洗濯物と一緒におむつを洗ってしまったときの正しい対処法をたっぷりご紹介します!

どれが正解?洗濯物や洗濯機を楽に片付ける方法

普段は気を付けているつもりでいたのに、なぜかたまにやってしまう「洗濯機におむつを入れてしまう」という大惨事。おむつ替えのときに汚れた服と一緒に洗濯機に入れてしまったり、子供がいつの間にか入れていたり…と、洗濯機におむつが入ってしまった理由はさまざまです。ここでは、洗濯物や洗濯機に付着した吸収ポリマーを少しでも楽に片付けられる方法をご紹介していきます。

紙おむつメーカーの推奨は?

おむつを洗濯機で洗って大惨事!焦らず適切に対処しよう!

花王メリーズ

洗った衣服に付着してしまった場合

  • STEP.1
    脱水した後、乾かす前にブラシや粘着テープなどで取り除く
  • STEP.2
    乾いた後も衣服に残っている場合は、振り落とすか、再度ブラシなどで取り除く
  • STEP.3
    脱水後や乾かした後に再度、始めから洗濯をする

洗濯機内に付着してしまった場合

  • STEP.1
    くず取りネットに入ってしまったものを取り除く
  • STEP.2
    洗濯機内部はティッシュなどで丁寧に拭き取る
  • STEP.3
    2でとりきれない場合は、1度水を溜めてすすぎ洗いをする

上記のやり方がとてもオーソドックスな方法と言えるかもしれませんが、このやり方は、とにかく地道で時間がかかってしまうのが特徴です。

家電メーカーの推奨は?

  • STEP.1
    できるだけ手やブラシで振り払い、ポリマーやおむつの繊維を落とす
  • STEP.2
    1番高い水位、もしくは長い洗濯時間を設定した状態の洗濯機の中に洗濯物を入れて、動き出したら1〜2分おきに「スタート/一時停止」のボタンを押して、洗濯槽の中に浮いている紙おむつや、紙おむつの切れはしなどを取り除く。ある程度キレイになるまで繰り返し行う
  • STEP.3
    洗濯後は洗濯機の吸水口や排水ホースなどに詰まりがないかを確認する

メリーズ、パンパース、グーンの公式サイトに、この様に対処法が記されています。

洗濯物に付いたポリマーを取り除く方法

おむつを洗濯機で洗って大惨事!焦らず適切に対処しよう!

最初に、おむつの中にある「吸水性ポリマー」と呼ばれているものは、高分子吸収体のことで、乾いた状態ではとても小さな分子ですが、大量の水分を吸収することができます。この水分をたっぷりと含んだ状態のポリマーや、おむつに使われているポリエステルの不織布などが大量に洗濯物にくっついていることになります。まずは、これらの洗濯物についたポリマーを取り除くことから始めましょう。

振り落とす

まず最初に、洗濯機から取り出した洗濯物は、新聞紙やレジャーシートなどを敷いた上で振って大きなポリマーの塊を振り落としましょう。このとき、洗濯機の中や洗面台で洗ったりゆすいだりするのはNGです。なぜなら、一度脱水にかけられているためポリマーの吸収力に余力がある可能性があります。そのため、水を加えてしまうと更に膨張して配水管が詰まってしまう可能性があります。

ブラシで払い落とす

振り落とせなかったものは、洋服用のブラシで払って落とす様にしましょう。力を入れたり、押し付けたりすると、繊維が絡まってしまい余計に取れにくくなるため、ブラシの毛先でサッと軽く払うようにするのがポイントです。特に、不織布などの布系付着物は、ブラシを滑らせるだけでよく取れると思います。全体が終わったら、忘れずにポケットの中も確認する様にしましょう。

粘着テープに吸着させる

それでも取れないものは、粘着テープを使って取りましょう。ローラータイプの粘着テープ(コロコロ)の場合、押し付けてしまうので取り辛いかもしれません。手のひらにガムテープを巻いて、衣類を叩く様にくっつけてみると取れやすいです。

乾かす

上記までの流れが済んだら、一旦乾燥させます。水分をたっぷりと吸ったゼリー状のポリマーも、乾燥させることで落ちやすくなります。衣類が完全に乾いた状態になれば付着していたポリマーも、はたくだけで簡単に落ちる様になります。

おむつに使われている高分子吸収材は、安全なものを使われていますので、万一肌に付いてしまっても、衣類に微量のポリマーが残っていたとしても問題はありません。

ですから、一旦乾かしてはたいてポリマーを落とした時点で、普通に着用しても大丈夫ですが、時間に余裕があるようであれば、もう一度最初から洗濯をするか、すすぎ洗いをすることをおすすめします。

洗濯機に付いたポリマーを取り除く方法

おむつを洗濯機で洗って大惨事!焦らず適切に対処しよう!

吸収性ポリマーは洗濯物だけではなく、洗濯機にもたくさん付着しています。こちらも、丁寧にしっかりと取り除いておかないと、洗濯機の故障にも繋がってしまいます。簡単な裏ワザなどはありませんので、地道に作業を頑張りましょう。

拭き取る

洗濯槽の内部に残ったポリマーや繊維は、ティッシュペーパーや古布などで拭き取ります。雑巾などを使うと、洗う手間がありますし取り除いたポリマーや繊維が洗面の排水口に詰まってしまう可能性があります。

その点ティッシュペーパーは水に溶けませんし、適度の柔らかさがあるので拭き取りやすく、使用後は気軽に捨てられるため効率も上がります。洗濯槽の拭き取りができたら、排水口やホースの中のゴミを取り除く様にしましょう。

ゴミ受けネットを使ってすすぐ

拭き取りをしてある程度キレイになったら、洗濯コースのすすぎをして、洗濯機全体をすすぎます。その際、浮かべるタイプのゴミ受けネットを入れた状態ですすぐと、取りきれていなかった付着物がネットに集まり処理しやすくなります。

これは、ティッシュを一緒に洗濯してしまったときと同じ対処法ですが、ゼリー状のポリマーはティッシュ以上に取り除きにくいため、洗い上がりを確認して気になるようであれば何度かすすぐか、最初から洗濯をするのが良いでしょう。

塩水でゆすぐ

ポリマーは水を吸って大きくなる分子なので、塩水でゆすぐと浸透圧の作用によって分子が小さくなり、取り除きやすくなると言われています。この方法は、ママ達の口コミによって広まった方法で、化学的根拠はなくママの実体験での効果として伝えられている内容です。

家電メーカーからは紹介されていませんし、洗濯槽に使う場合は、故障の原因になる可能性があることを理解した上で、使用するようにしましょう。

柔軟剤を入れてゆすぐ

ティッシュを洗ってしまったときにおすすめされている方法と同様に、ポリマー以外のおむつの繊維に関しては、柔軟剤を入れた水でゆすぐと取り除きやすいとされています。柔軟剤は静電気を抑える働きがあるため、繊維が取れやすくなります。

脱水した直後の状態は効果が分かりにくいですが、洗濯物を乾かした後にブラシで払ったり、手ではたいたりすると繊維が取れやすいことを実感できるでしょう。

自然乾燥させる

ポリマーは水を含んだ高分子吸収体なので、洗濯物を乾燥させてから取り除くこともおすすめです。時間に余裕がないと難しいですが、乾燥機にかけるとポリマーが熱で溶けてしまう可能性があるため、洗濯物は自然乾燥させるようにしましょう。

簡単で効果的と噂の処理方法

おむつを一緒に洗濯してしまった経験者のママさん達の間で、「手軽で効果的」にポリマーの処理ができるとおすすめされている「重曹」と「塩」ですが、実際にはどのように使われているのかご紹介していきます。

重曹を使う

おむつを洗濯機で洗って大惨事!焦らず適切に対処しよう!

料理や美容、脱臭や掃除など、さまざまな活用法がある「重曹」ですが、洗濯機で洗ってしまったおむつの繊維やポリマーにも効果が期待できるといいます。ではどのように使用するのか、確認していきましょう。

重曹で洗濯機に付いたポリマーを取り除く方法

洗濯機内に付着してしまった場合

  • STEP.1
    洗濯機に最大水位まで水を入れる
  • STEP.2
    重曹を大さじ2〜3杯洗濯機に入れる ※水10リットルに対して重曹大さじ1杯程度
  • STEP.3
    洗濯スタート
  • STEP.4
    洗濯が終わったら洗濯機内のポリマーが小さくなっていることを確認
  • STEP.5
    排水口にポリマーが詰まっていないか確認し掃除する

重曹にはポリマーを小さくする作用があるため、洗濯槽にべったりとこびり付いたジェル状のポリマーを小さくして排水口に流してくれます。しかも、重曹を使うことで洗濯槽の掃除も一緒にできてしまうのでとても手軽ですし、手間が省けて一石二鳥というわけです。

ただ、注意すべき点として、小さくなったポリマーは消えてなくなるわけではありませんので、必ず排水口にポリマーが溜まっていないか確認して、溜まっている場合は取り除くようにしましょう。

重曹で洗濯物に付いたポリマーを取り除く方法

  • STEP.1
    洗濯機から洗濯物を取り出す
  • STEP.2
    洗面器または浴槽に洗濯物を入れる
  • STEP.3
    衣類を重曹でもみ洗いをする
  • STEP.4
    衣類を水がぬるま湯で洗う
  • STEP.5
    脱水をして普段通りに干して乾燥させる

ポリマーは重曹によって小さくなりますが、完全に落としきれているか気になる方はもう一度すすぎか洗濯をやり直すことをおすすめします。

重曹を使って徹底的に洗濯機を掃除したい場合

  • STEP.1
    洗濯機の水を最大水位まで入れる
  • STEP.2
    大さじ2〜3杯の重曹を洗濯機に入れる
  • STEP.3
    洗濯機を「洗いモード」に設定してスタートさせる ※この時、脱水モードは使わない
  • STEP.4
    洗濯が終了したら一晩放置する ※最低でも5〜6時間は放置させる
  • STEP.5
    浮いた汚れを取り除く
  • STEP.6
    再度洗濯機を「洗いモード」で回す
  • STEP.7
    汚れが浮いてきたら取り除き排水する
  • STEP.8
    新たに水を溜めて「洗いモード」をスタートし、汚れが浮いてこなくなったら、すすぎを回して排水する

⑥⑦⑧は汚れの程度にもよりますが、通常2回程度繰り返せば汚れは浮かなくなりますので、すすぎ、排水(脱水)をしたら完了です。

参考:ポリマーは重曹で小さくなるのか?

塩を使う

おむつを洗濯機で洗って大惨事!焦らず適切に対処しよう!

インターネットなどで検索すると、とても多くの書込みが見られたのが「塩」を使ってポリマーの処理をするというものでした。ほとんどの行程は重曹と同じなのですが、塩を使う場合はいくつかの注意点がありますので確認していきましょう。

塩を使って洗濯機と洗濯物に付いたポリマーを取り除く方法

  • STEP.1
    洗濯機内から混入していたおむつを取り出す
  • STEP.2
    大さじ2〜3杯の塩を入れていつも通り洗濯機を回す
  • STEP.3
    洗濯機から洗濯物を取り出し普段通りに干して乾燥させる

塩を使う場合はたったこれだけです。とても簡単ですが、注意すべき点もいくつかあります。

  • 洗濯機が壊れるリスク
  • 家電メーカーのホームページには「衣類に付いたポリマーは脱水後、乾燥させる前にブラシや粘着テープで取り除き、洗濯機の中に残ったポリマーはティッシュで取り除く」とあり、塩を使った方法での対処法は一切明記されていません。

    洗濯機は家電ですし、高価なものなので故障したら困るという人は、洗濯機に直接塩を入れることは避けた方がいいでしょう。その場合、洗濯機内は拭き取り、洗濯物は浴槽やバケツなどに移して塩もみをするようにしましょう。

  • 排水口のチェック
  • 塩で洗ったポリマーは浸透圧によって小さくなりますが、完全に無くなるわけではないため排水口にポリマーが溜まってしまいます。排水口が詰まってしまうと、水が溢れたり、逆流したりして洗濯機の故障の原因にもなりかねません。

  • 金具に注意
  • 洋服のパーツに使われているジッパーやボタン部分などの金物は、塩に弱く場合によってはサビや表面の塗装剥がれの原因になる可能性があるため、一緒に洗わない方が良いでしょう。

ドラム式なら重曹も塩も必要なし!?簡単お手入れ方法

ポリマーだらけの洗濯物を見つめながら、確認を怠った自分を責めたり反省しつつも、「時間がない、重曹は持ってないし、塩は使いたくない」という人も多いのではないでしょうか?そんなあなたが使っている洗濯機がドラム式で、乾燥機能も付いているならとても簡単にポリマーの処理を終わらすことができます。やり方は簡単、「乾燥モードをしっかりめでスタートさせるのみ」です。

乾燥機能の熱風が、たっぷり水を含んだポリマーごと乾燥させ小さくして、排水口に拭き流してくれます。乾燥が終わった洗濯物には、小さくなったポリマーが少し付着していますが、ジェル状のポリマーと格闘することを思えば、断然ラクであることは間違いありません。

濃い色の衣類には、ティッシュを洗濯したときのように少量のおむつの繊維が付着しているのが分かりますが、粘着テープなどで簡単に取れます。終わった後は念のため、重曹などを使って洗濯槽を洗っておくと安心です。

洗濯物は洗濯かごから洗濯機へ!正しい対処法でいざという時に備えよう!

様々な対処方法を確認してきましたが、いかがでしたでしょうか。お手伝いのつもりで、お子さんが洗濯物と一緒に入れてしまったり、旅行などでまとまった衣類の中におむつが紛れていることに気が付かなかったり、原因は様々ですが、洗濯物におむつを混入させないための1番の対策は「洗濯機に直接洗濯物を入れないこと」です。

洗濯機の横にバスケットなどを配置して、洗濯物を洗濯機に入れる前にワンクッション置くことで、の洗濯物の選別やポケットの中身などのチェックがきちんとできるようになります。ちょっとしたことで防げる「おむつ洗い」ですが、やってしまったことを後悔するよりも、正しい対処法を知って、もしものときに備えることが大切です。