アイロン台カバーおすすめ10選!選び方のポイントや作り方までご紹介

O_02,アイロン台カバー

アイロン台カバーというと「汚れを隠すもの」というイメージですがそれだけではありません。自分のアイロン台に合うサイズを購入すれば、アイロンがけがスムーズになるだけでなく、仕上がりも美しくなります。今回はアイロン台カバーの選び方やカバーを手作りする方法、おすすめのアイロン台カバーをご紹介します。

アイロン台カバーって必要?交換時期は?

アイロン台カバーは汚れが目立ってきたら購入すると思う方も多いのですが、アイロン台カバーは汚れを隠すだけでなく、アイロン台本体を長持ちさせることができたり、衣類へのダメージも軽減することができ、アイロンをかけた衣類もより綺麗に仕上がります。

このように、アイロン台カバーは綺麗にアイロンをかけるための重要な役割を担っているのです。

アイロン台カバーのタイプ

アイロン台は大きく分けて3タイプあり、最もベーシックな“舟形”、ワイシャツなどを着せた状態でアイロンがけができる“人体型”、シンプルで机のような“角型”に分けられます。

また、床やテーブルに置いて座ってアイロンをかける“卓上型”、長い脚がついていて立ってアイロンをかけることができる“スタンド型”があります。

基本的にアイロン台にはカバーがついていますが、アイロン台と一体型で取り外しができないタイプとカバーの取り外しが可能なタイプがあり、いずれも表面が茶色く変色したり痛んだりしたらカバーの交換時期になります。

アイロン台カバー選びのポイント

View this post on Instagram

@myhome.2017がシェアした投稿

まずは前述にもあるように使用しているアイロン台がどんなタイプであるか確認してください。そのうえで、さらにアイロン台カバーの選び方ポイントをチェックしましょう。

サイズで選ぶ

特にサイズは長さと幅をしっかり測るようにしてください。小さいサイズだと入らないのはもちろんですが、大きすぎるものを購入しても衣類にシワができてしまい、上手くアイロンがかけられない原因にもなります。

大きいサイズのものでも、裏側がゴムタイプやひもをギュっと結ぶタイプであれば使用することができるものもあります。あまりに大きすぎる場合はピンなどで固定して使用しましょう。

サイズが心配な場合には、アイロン台を購入したメーカーと同じメーカーのアイロン台カバーを購入するとアイロン台にぴったり合わせることができます。

デザインで選ぶ

また、アイロン台はシンプルなものが多いので、交換することのできるアイロンカバーは好みのデザインを探して気分を変えてみるのもおすすめです。

特に海外製は日本にはないようなデザインやポップなものも多いので、アイロンがけの時間が楽しくなりますよ。

アイロン台カバーを手作りしてみよう

「市販のカバーをさがしてみたけれど、サイズがみつからない…お気に入りのデザインがみつからない…」そんなときにはアイロン台カバーを手作りしてみるのもおすすめです。

裁縫が苦手な方や初心者の方でも縫い目が裏側に隠れるので、チャレンジしやすいですよ。作り方も簡単でひもや平ゴムを通せばできあがりです。お気に入りの生地を選んだり、部屋のイメージに合わせるとアイロン台を出しっぱなしにしておいてもおしゃれで一石二鳥です。

材料

  • アイロン台より大きなお気に入りの布
  • 平ゴム(なければひもを通して結んでもOK !)
  • 裁縫道具(ミシンがなくてもOK !型紙はいりません)
    • 手順1
      アイロン台より一回り大きく布を裁断する
    • 手順2
      フチを折り返し、マチ針で止める
    • 手順3
      マチ針で止めた部分を縫う
    • 手順4
      平ゴムやひもを通す(アイロン台より少し小さいかな?と思うくらいでちょうど良い)
    自分で作ったカバーだと愛着も湧き、大切に使用できます。ぜひ作ってみてくださいね。

    おしゃれでかわいい!おすすめのアイロン台カバー10選

    【ニトリ】アイロン台カバー NEVER(チェック)

    O_02,アイロン台カバー

    出典:ニトリ

    『二トリ』の魅力は機能性とお手頃価格です。全国に店舗もたくさんあり、実物を手に取ってみることができるのも良いですね。1000円以上するアイロン台カバーが多いなか、370円と試しやすい価格なのも人気の理由です。

    サイズは 幅69×奥行36×高さ1cmで二トリのアイロン台のサイズに合わせたカバーです。手洗い可能なので清潔を保つことができます。

    公式サイトはコチラ

    【山崎実業】アイロン台カバー トルソープレス用

    『山崎実業』の人体型アイロン台トルソープレスG-1用の専用カバーです。人体型だけあって人間の胴体のようなユニークなデザインをしていて目を惹きます。ウエストラインまである特徴的なデザインは、「使いやすい!」と評判のアイロン台なので愛用者も多くいます。

    カバーを変えることで長期間愛用することができるためリピーターも多く洗濯も可能です。汚れが気になったときも清潔を保つことができおすすめの商品です。

    【山崎実業】 アイロン台カバー 人体型用 アルミコート

    『山崎実業』の人体型アイロン台専用カバーは、アルミコートタイプのため焦げにくく丈夫なので長持ちします。衣類がカバーと密着し、動かないので、衣類を手で押さえなくてもずれないのが人気の理由です。ゴム仕様なので取り替えも簡単ですよ。

    【イケア】 LAGT アイロン台カバー


    出典:IKEA

    海外のアイロン台サイズ、長さ108〜120cm、幅33〜40cmサイズのアイロン台カバーです。ソフトなフェルトパッド付きなのでアイロンもスムーズにかけることができます。

    アイロン台カバーはおとなしい色合いが多いなか、明るくポップなデザインは毎日のアイロンがけを楽しくしてくれること間違いなしですよ。

    公式サイトはコチラ

    【DAISO】 アイロン台カバー(舟形)

    なんと言ってもアイロン台カバーが100円で購入できるのは魅力です。カバーの表裏さえ間違わなければアイロン台への装着も簡単です。サイズは36×60.5㎝です。サイズが合えばかなりお買い得な商品です。

    ただし、アイロンを乗せたまま放置したり、直接アイロンを当てないようにとの注意書きがありますので気をつけるようにして下さい。

    【ビエルタ】 アイロニングボード カバーセット

    『ビエルタ』はポーランドのメーカーで、シンプルだけどなかなかみかけないおしゃれな柄はお部屋にも馴染みます。

    こちらはカバーセットになっているのでカバーの汚れだけでなく、内側のフェルトも付いていてクッション材のへたりの交換も可能なので、交換すると一気に新品に生まれ変わります。

    【ロレッツ】 アイロン台 スペアカバー

    北欧スウェーデン生まれのランドリーメーカーである『ロレッツ』のアイロン台カバーは、最大で長さ120cm、幅40cmに対応する絵画サイズのアイロン台カバーはデザインも特徴的です。

    熱の反射率もよく、両面プレス効果があるため蒸気が下によく抜けて余分な水分が残りにくいので、お気に入りの衣類を傷めることなく綺麗に仕上げることができます。

    【フレディレック】 交換用アイロン台 カバー

    フレディレックスタンド式アイロニングボード専用カバーです。グレーとホワイトのストライプはシンプルで幅広い層に愛されるデザインです。他のブランドのアイロン台でも、ひもをひっぱって装着することができると幅や高さが合えば購入する方も多くいる商品です。

    【大栄産業】 アイロン台カバー 角型

    テーブルに置いて使うボードタイプのアイロン台カバーです。大きさは60×36cmなので一般的なボードタイプになります。毎日使用しても熱に強いので長期間使用することができます。華やかな花柄のカバーがありそうで珍しく可愛らしい印象のアイロン台カバーです。

    【ライフハイト】 アイロン台カバー メタライズスピード

    シンプルながらもスタイリッシュでサーフボードを連想させるデザインです。グリーン、ピンク、ブルーの3色があります。サイズはフリーサイズで最大125x40cmとなっています。メタライズ加工により、アイロンの滑りを良くし、熱伝導率を高める効果があります。

    アイロン台カバーでアイロンがけがスムーズに

    アイロン台カバーを変えると気分も変わるだけでなく、アイロン台を買い換えたかのように、使い勝手も良くなります。衣類の仕上がりも見違えますので、「アイロン台やカバーが汚れてきたなぁ」と感じたら是非交換してみて下さいね。