コートをクリーニングに出すときの疑問丸わかり!料金相場や気をつけるポイントとは?

コート クリーニング

まりや

冬場の防寒に大活躍するコートは、インナーやシャツのように気軽に洗うことができませんが、「洗うタイミングを逃してそのまま来シーズンまでコローゼットの中!」という状態のかたは、コートの劣化が早まってしまうため、注意が必要です。コートは自分で洗うのはなかなか難しいので、クリーニングを活用してみてはいかがでしょうか。今回はコートのクリーニングの出し方について、詳しくご説明します。

クリーニングに出すべきコートとは?

まずは、コートをクリーニングに出さないリスクと、どのような状態になったらクリーニングが必要なのかを見てみましょう。

コートをクリーニングに出さないとどうなるの?

コート クリーニング

コートの汚れを放置して、クリーニングに出さずにクローゼットにしまっていると、次のような状態になりかねません。

  • 臭いが発生する
  • 取れないシミができている
  • 虫に食われて穴が開いている
  • カビが生えている

ワンシーズンしっかり着用したコートは、皆さんが思っているより汚れが付着しています。そのまま収納してしまうと雑菌が繁殖し、次のシーズンには着用できないような、悲惨な状態になってしまうことも考えられます。

こんなコートはクリーニングすべき

コートを長年着続けるためには、しっかりとメンテナンスをすることが大切です。自宅ではほこりを払ったり、消臭スプレーをかけたりなどの手軽なメンテナンスをして、本格的な汚れに対してはプロの技に任せるのが賢明です。そこでぜひ活用してほしいのがクリーニング店ですが、クリーニングに出す必要があるコートの見極め方をご紹介します。

大きな汚れがついてしまったもの

少しの泥跳ね程度ならその部分だけ自宅で水洗いも可能ですが、飲み物を派手にこぼしてしまった場合や、雨や雪でビショビショにしてしまった場合には、クリーニングに出しましょう。汚れの範囲が広いと、自宅での洗濯は難しくなります。

洗濯表示が「水洗い不可」のもの

衣類についている洗濯表示に水洗い不可のマークがあった場合は、自宅での洗濯はあきらめましょう。独断で洗濯してしまうと、色落ちしたり縮んでしまったりなどの危険性があります。洗えない素材はクリーニングして、プロの技できれいにしてもらいましょう。

お気に入り、高価なコート

手洗い可のコートであっても、高価なものや特に気に入っているものはクリーニングに出しましょう。コートなどの大型の洗濯物は洗濯にコツがいりますので、自宅では期待通りの仕上がりにできないことがあります。汚れは落とせてもコートの風合いなどを損なう心配があるため、不安な場合はクリーニングすることを選んでください

クリーニングのメリット

コート クリーニング

きれいな仕上がり

クリーニングは自宅での洗濯とは違い、プロが汚れを判断しながら専用の機械や洗剤で洗ってくれます。専門知識を持った人による洗濯は、仕上がりがきれいで新品同様になる場合もあります。

スピーディーかつ確実に洗濯してくれる

日本のクリーニング店は優秀で、クリーニングに出してもすぐ洗濯され戻ってきます。これは海外では珍しいことで、ひどい国だと、預かった衣類を紛失してしまう場合もあるそうです。日本ではそのようなことは考えられませんので、高価なコートでも安心して出すことができますね。

クリーニングに出すタイミングと頻度

次に、コートはいつクリーニングに出すべきかを見てみましょう。着用ごとにクリーニングに出しているとクリーニング代がかさんでしまうため、出す頻度も重要です。

最低でもワンシーズンに1回

コートは他の衣類よりも丈夫な生地でできているものが多いので、ワンシーズンに1回のクリーニングでも十分です。着用ごとにクリーニングに出すと、かえって生地を傷めて早く劣化させてしまうおそれもあるため、注意してください。

コートには春物、秋物、冬物など、シーズンに合わせて作られたものが多いので、3ヶ月程度着用したら、クリーニングに出す頃と思っておきましょう

ひどい汚れはシーズン中に出しておこう

コートを傷めてしまう大きな原因は、汚れの放置です。どんな状態でもワンシーズンに1回出せば問題ないということではありません。頑固な汚れや大きなシミができてしまったときは、シーズン中でもすぐにクリーニングに出しましょう。この判断ができるかどうかで、コートの寿命を延ばせるかが変わってきます。

コートをクリーニングに出すときの料金相場は?

コート クリーニング

コートをクリーニングに出すときに気になるのが、その料金です。しかし、料金は店舗ごとに違いますし、同じ系列のクリーニング店でも地域によって差があります。ここでは平均的な料金をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

トレンチコート

秋~春まで長い間着ることができるトレンチコートは、使い勝手も良く活躍の機会が多いですが、その分汚れる頻度も増える可能性があります。クリーニング料金の相場は1,500~2,000円のところが多く、コートの長さで若干変わることがあります

ダウンコート

ダウンは羽毛が詰め物として使用されている特殊なコートで、相場は2,000~3,000円でしょう。なお、洗濯方法がクリーニング店ごとに違うので値段のばらつきが激しく、安いところで1,000円台、高いところで1万円近くかかる場合もあります。

付属品がある場合

コートに付属品がついている場合は、別途料金がプラスされる場合があります。いくつか例を挙げますので、参考にしてみてください。

  • ライナー
  • ライナーとは着脱可能な裏地のことで、寒さに応じて取り外しが可能です。これをコートに着けたままクリーニングに出しても無料で受けつけてくれる店舗もありますが、なかには300円程度の料金が発生することもあります。

  • 取り外しできるベルトやフード
  • トレンチコートなどによく付いているベルトは、コートに装着したままであれば無料のところもありますが、1本ずつ料金がかかる店舗もあり、取り外しできるフードも同様です。

    これらの付属品は店舗ごとの料金設定に差がありますが、通常のコート料金プラス1,000円ほどかかる場合もあるので注意しましょう。

  • ボタンなどの装飾品
  • コートに特殊な飾りが施されているものは、通常のクリーニングができないため追加料金が発生する場合があります。装飾品の種類や大きさにもよりますが、プラスで500円以上かかることが多いようです。

高級素材は別料金

一般的な生地で作られたコートは上記の値段ですが、高級素材で作られたコートは別料金となります。高級素材は扱いが難しく、洗濯方法も特殊なので、クリーニング代が高額になることも珍しくありません。

具体的には革製品が高額になる傾向があり、1着で5,000~12,000円ほどになる場合もあります。また、高級ブランドのコートも丁寧に扱わなくてはいけないので、通常の料金から1.5~2倍ほどの料金になります。

コートのクリーニング代が安い時期はある?

少しでもクリーニング料金を安く済ませたい場合は、クリーニング店の閑散期を狙いましょう。季節の変わり目は洗濯物が増える時期ですので、その時期を外してクリーニング店に持ち込みます。

おすすめは2月頃で、この時期にコートを出すのは少し早いですが、料金が安くなるキャンペーンやクーポンの発行などが行われています。

コートをクリーニングに出してみよう

それでは、実際にコートをクリーニングに出すときのポイントを、チェックしていきましょう。

コートを出す前のチェックポイント

コート クリーニング

クリーニングの必要がない付属品は外す

コートの付属品で取り外しが可能なものは、基本的に別途クリーニング料金がかる店舗が多くなっています。そのため、クリーニングが必要ないものはあらかじめ外しておくと、無駄な料金がかからずに済みます。

ただし、ライナーやフードなど、コートと同じ頻度で使用し汚れているものなら、なるべく一緒にクリーニングに出しましょう。

ポケットに入れたままのものがないか注意

ポケットに物を入れたままクリーニングに出してしまう人が意外と多いですが、ティッシュやハンカチなどはもちろん、貴重品を入れたまま出すと紛失などの危険もあるため、必ずチェックしましょう。クリーニング店のスタッフも確認してくれますすが、まずは自宅で確認してから持って行くほうが安心ですね。

汚れの確認

コートに気になる汚れがないか、あらかじめ確認しておき、汚れがあった場合はクリーニング店のスタッフに申告しておきましょう。特殊な汚れの場合、通常のクリーニングでは落ちないことがあるので、オプションでつけられるクリーニング方法などを検討しましょう。

また、汚れの有無を確認しておけば、コートが戻ってきたときにしっかりと落ちているかのチェックもできますね。

ほつれの確認

クリーニングに出す前に、コートの細部まで確認してほつれがないかチェックしましょう。ポケットの端や、表地と裏地の結合部などがほつれやすく、ほかにもボタンなどの装飾品の欠損がないか確認しておきます。

ほつれや欠損をそのままにしてクリーニングに出すと、傷みが余計にひどくなる場合もあるので、可能であれば補修してから出すようにしましょう。どうしても補修が難しい場合はあらかじめ申告しておき、トラブルにならないよう指示を仰ぎましょう。

コートのクリーニングにかかる日数の目安

コートの仕上がりまでの平均日数は、4日前後です。長いと一週間ほどかかる店舗もありますが、その分念入りに洗濯をしてくれている可能性もあるので、仕上がりまでの日数が短いところが良いとは一概に言えません。

どうしても早急に仕上げてほしい場合は、オプションでスピード仕上げがあるクリーニング店を選びましょう。

クリーニングから戻ってきたコートの扱い方

コート クリーニング

クリーニングから戻ってきたコートは、そのままクローゼットにしまってはいけません。その後のケアもしっかりと行いましょう。

まずはクリーニングのビニールを外す

コートが戻ってきたとき、クリーニング店のビニールがかかっているはずです。ホコリ除けにもなるとそのままにしがちですが、実はそれが1番やってはいけないことです。

クリーニングのビニールは通気性が悪いものが多く、湿気がこもりカビの原因となります。また、特殊な洗剤などを使用していた場合は薬品の臭いがこもることもありますので、まずはビニールを取り、陰干しを心掛けましょう

付属品、ほつれ、型崩れのチェック

クリーニング前にはしっかりとついていた付属品などが取れていないか、ほつれや型崩れがないかなどを確認しましょう。もしクリーニング店のミスで欠損していたり、ほつれや型崩れなどの破損があったりした場合は、保証の対象となります。

ベルトなどの紛失もないかしっかりとチェックし、問題があった場合はクリーニング店に申し出ましょう

問題がない場合は防虫対策をして収納

クリーニングの問題がなければ、次のシーズンまで保管をします。保管用のカバーを自分で用意しましょう。おすすめは不織布製のカバーで、防虫効果がついているものであれば、なお良しです。

高級な天然素材のコートなどは虫の餌食になることが多いので、保管時の防虫剤は必須です。クローゼット用の防虫剤を設置してから収納してください。

宅配クリーニングを利用すれば楽ちん

コート クリーニング

クリーニングの必要性やメリットはわかっていただけたと思いますが、コートを持ち運びするのが億劫なかたも多いのではないでしょか。そんなときは宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングのメリット

持ち込む必要がないので楽

宅配クリーニングの最大のメリットは、クリーニング店まで自分で持ち込み、取りに行く必要がないことです。仕事などで忙しい方の中には、クリーニングに出しても取りに行くのを忘れてしまう人もいるでしょう。

しかし宅配クリーニングならすべて宅配便で済ますことが可能なので、自分の都合で依頼でき、返却時も自宅まで届けてくれます。また、ネット申し込みは24時間対応しているところがほとんどなので、自分のタイミングで依頼することができます。

【2019年最新】宅配クリーニング徹底比較!200人の主婦が選ぶおすすめランキング

格安でクリーニングできるところもある

依頼する洗濯物が多ければ多いほど割安になるところが多く、店舗型クリーニング店の半分以下の値段でクリーニングしてもらえる場合もあります。また、様々なキャンペーンを行っていることも多く、ホームページなどをこまめにチェックすればさらに安く申し込める可能性があります。

コートはクリーニングに出すことで寿命が延びる

コートは、見た目以上に汚れが付着している衣類です。目立った汚れがないからといって放置しておくと、取り返しのつかない劣化につながることがあります。コートは値段が高いものも多いので、できるだけ長く愛用したい衣類です。そのためには定期的にクリーニングに出し、しっかりとメンテナンスをしてあげましょう。

コートムートンコートのお手入れ方法をご紹介!ブラシやスプレーなど便利グッズ6選 コートウールコートのお手入れ方法とは?毛玉や毛羽立ちを防ぐ6つの注意点