リュックの汚れを洗濯で落としたい!適切な洗い方と気をつけたい2つのポイント

リュックの汚れ、洗濯で落とせる?

「リュックって自宅で洗濯できるの?」と考えたことありませんか?使っていたら、汚れが気になることもあります。部分的に洗ったりすることはできでも、汗などを吸ってしまって丸洗いしたい時はどうしたらいいのでしょうか?リュックにの素材も様々なので、リュックの洗濯の仕方についてご紹介します。

リュックは洗濯できるの?

Kaname Okitaさん(@kanameeeeeeee)がシェアした投稿

リュックは衣類と違い金具のパーツも付いていることから「洗濯出来ないのでは?」と考える方も多いでしょう。しかし、リュックは洗濯表示を確認して正しい方法あれば自宅でも洗濯することができます。

洗濯表示を確認しよう

リュックを洗う際は、必ず洗濯絵表示を確認しましょう。 水洗いできるマークがあれば、自宅でも洗濯することができます。その際に、特に気を付けたいポイントは素材です。素材としては、ポリエステル・ナイロン・布製のリュックは、基本的に洗濯することができます。

リュックの素材を確認しよう

上記で紹介した通りリュックを洗濯できるかは、リュックの素材次第です。革や合皮などは洗濯できず洗うことができないため、洗濯をする前には必ず素材の確認をしましょう。また取れやすい装飾がしてあったりウェーブ加工などが施されている場合も、洗濯機での洗濯は避けた方がいいでしょう。その他にも、色が濃いものなどは色移りしてしまう可能性があるため手洗いなどで洗濯すると安全です。

それぞれの生地の特徴について詳細と、洗濯するうえで気をつけたいポイントを紹介します。

  • ナイロン
  • まずは、洗濯表記を確認して洗濯を行います。レザーパーツや外すことのできる装飾などは外して、汚れが目立つ部分はあらかじめ消しゴムを使ったり部分的にクリーナーなどをかけてから洗濯を行うとスムーズです。

    またナイロン製は多少の色落ちなども気になるため、なるべく洗剤は中性洗剤を使うといいでしょう。また、洗濯を行う前にはしっかりと全体のホコリを落とすことをおすすめします。

  • 革製のリュックは自宅で洗濯することができません。「洗濯できないけど、汚れや臭いを落としたい!」といる場合は、革専用クリーナーなどを使い気になる部分の汚れをしっかり落とすことや、消臭に効くクリーナーなどを上手に使うことをおすすめします。

    どうしても気になる汚れを落としたい場合、革製品は自宅でうまく落とすことができないため、クリーニング店などに行き専門的に落としてもらうと、革も傷めずに汚れを落とすことができおすすめです。

  • 布製品のリュックは自宅で洗濯できる場合が多いでしょう。なるべく洗う前には部品を外し、洗濯表示を確認して心配な場合は手洗いすることをおすすめします。また、色落ちなどに気を付けて洗濯を行いましょう。布製のリュックは、型崩れも気にして洗濯を行いましょう。

自宅でリュックを洗濯するには?

自宅でリュックを洗濯する場合には、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。今回は気を付けておきたいポイントを4つに分けてご紹介します。

今まで洗うことを避けていたリュックも、ポイントに気を付ければキレイに汚れを起こすことができます。リュックは背負っているため意外と背中の汗を吸っており、知らず知らずのうちに汚れを溜め込んでいます。正しい方法で洗濯で、リュックの清潔さを保ちましょう。 [/list]

気になる汚れを最初に落とす

 
リュックの形状によっては、ポケットが多かったりとファスナーがたくさんついていたりと収納に優れているものは、その分だけホコリが溜まりやすかったりします。せっかく洗濯を行ってもホコリをそのままにしては意味がありません。
 
また、リュックは背負っている分知らないうちに汚れがついてしまいがちです。気になる汚れやポケットなどに溜まってしまった汚れは、先に落としてから洗濯の準備をすることが、洗濯をしっかり行うコツになります。

取り外せる部品は外す

洗濯を行う前に、取り外せる部品はしっかりと外しておきましょう。一緒に洗ってしまうと洗濯機の中で部品が外れて、洗濯機を故障させる原因にもつながります。

また、洗濯中に部品が外れてしまうなどトラブルにつながることがあるため取り外せる部品はすべて取り外して洗濯を行うことが、リュックの洗濯をする際にはとても大切なポイントです。また、ファスナーは全て開けておくことで中までしっかり洗うことができます。

洗濯用ネットに入れて洗う

リュックを洗濯するときは、裏返してネットに入れて洗濯を行いましょう。ネットに入れて洗濯をすることで型崩れやよれてしまうことを防止します。手洗いを行う場合は、ネットに入れて脱水をかけましょう。

ネットに入れておくことで、洗濯機の中での遠心力で金具が洗濯槽に当たることを防ぎます。ネットに入れずに洗濯すると、リュックについている金具やファスナー部分の金具が洗濯槽に当たり、傷めてしまったりすることがあるためなるべくネットに入れて洗濯を行いましょう。

洗濯ネット洗濯ネットアイテム別おすすめ28選!あらゆる衣類に活用しよう

手洗いしよう

リュックの汚れ、洗濯で落とせる?

手洗いをする場合は、素材によっても異なりますが40℃くらいのお湯を使って洗濯を行うことをおすすめします。40℃くらいのお湯を使うことで、皮脂汚れなどを落としたり臭いを効率よく落とすことができます。また手洗いの場合はすすぎを良く行うことも大切です。

すすぎを行うときは洗剤が残らないように、すすぎを行いましょう。また、洗濯を長時間行ってしまったりゴシゴシとこするような洗濯は生地にダメージを与えてしまうので避けた方がよいでしょう。

手洗い手洗い洗濯が良い4つの理由!手洗い推奨の衣類を洗濯機で洗う方法もご紹介

リュックの臭いを効率よく落とす洗濯方法

リュックは毎日着る洋服とは違い、気軽に洗濯をすることができないため臭いも気になります。一度ついてしまった臭いは、洗濯しても落とせないこともありますが少ない洗濯の回数で効率落とすためにはどんな洗濯をしたらいいのでしょうか?

重曹を使う

リュックについてしまった臭いを取るには、重曹を使いつけ置き洗いを置こうと効果的に臭いを落とすことができます。

重曹を使った洗濯方法

  • STEP.1
    リュックのパーツで外せるものは全て外しましょう。
  • STEP.2
    リュックがすべて入るような桶や浴槽などに、40℃~45℃のお湯をはります。
  • STEP.3
    お湯に大さじ2杯分の重曹を入れます。
  • STEP.4
    重曹を良く溶かしてリュックを入れて、馴染むようにも見洗いします。
  • STEP.5
    30分~1時間ほどつけ置きをして、その後よくすすぎ洗剤を使い洗濯します。

重曹を使って洗った場合は、しっかりと重曹を洗い流して洗濯を行いましょう。重曹の成分が残っているとリュックの生地を傷めてしまう原因につながります。

リュックを上手に洗濯をするために気をつけることは?

リュックを上手に洗濯するためには、注意したいポイントが2つあります。「臭いは取れたけど…なんか型崩れしちゃった!」「あれ?色落ちしたかも!」などとならないように、素材表記をしっかり見て型崩れや色落ちに気を付けましょう。

型崩れに気をつける

せっかく洗濯を行ったのに型崩れしてしまったり、縮んでしまっては洗濯失敗です。型崩れしないために、洗濯表示を確認して水洗いであれば水洗いをして型崩れしないよう洗濯ネットに入れ洗濯を行いましょう。

色落ちに気をつける

もしリュックの色落ちが気になる場合は、色落ちテストをしてから洗濯するか手洗いを行いましょう。手洗いをしたときに色落ちしてしまっていたら、洗濯時間を短くするなど少し工夫して洗濯することをおすすめします。

洗濯表示のないリュックはどうしたらいいの?

リュックの汚れ、洗濯で落とせる?

洗濯表示のないリュックは、自己判断で洗濯してしまうと生地を傷めてしまう原因につながります。また色落ちしてしまうこともあるため、なるべく洗濯表示のないリュックは無理に洗濯をしない方がいいでしょう。

どうしても気になる汚れがある場合は、ナイロンや布製のものなら部分的に汚れを落としても良いでしょう。臭いが気になるものは、消臭スプレーなどをふりかけて通気性のいい場所で乾かすだけでも効果を得ることができおすすめです。

リュックの汚れや臭いも洗濯で落とせる

リュックを自分で洗うのはちょっと…と避けてきた人も洗濯表示を確認することで正しい方法で洗濯することができます。

リュックは背中と面している部分が広く、意外と汗を吸っていたり見えない部分が擦れたり汚れてしまっていることも多いため、洗いたいなと思った時に自分で洗濯できるといいですね。色落ちや型崩れに気を付ければ、自宅でも簡単に洗濯できます。

お気に入りのリュックを、長く使っていくためにも自分で洗濯をしてみてはいかがでしょうか?

カバンカバン(バッグ)の洗濯方法とは?ナイロンや革・スエードなど6つの素材別洗い方と2つのポイント