スーツの正しい洗う頻度・クリーニング頻度は?自宅で洗うお手入れ方法も解説!

スーツの正しい洗う頻度・クリーニング頻度は?自宅で洗うお手入れ方法も解説!

スーツを洗う頻度は、どのぐらいがちょうど良いのでしょうか?不潔になっては困るし、洗いすぎると傷みそうですよね。清潔を保って快適に、長く着るための洗う頻度や、クリーニングに出したり自宅で洗ったりするときの方法と注意点も説明します。

スーツの洗う頻度はどれぐらいがベスト?

ーツの洗う頻度はどれぐらいがベスト?

夏と汗の量が多い人は2週間に1度!

スーツの汚れの原因のもっとも多いものは汗汚れです。汗をたくさんかく夏の方が、冬よりも頻繁にクリーニングに出す必要があります。着用する頻度によっても差が出ますが、だいたい2週間に1度ぐらいのクリーニングがちょうど良いペースです。

体質的に汗の多い人、また仕事をする場所や作業が原因で汗を多くかく人のスーツは、季節を問わず2週間に1度程度の頻度でクリーニングに出すことをおすすめします。

冬は月イチ、または1シーズンに1回でOK!

冬は月に1回のクリーニングでも、汚れや匂いを気にすることなくスーツを着ることができます。冬は夏に比べて汗の量が圧倒的に少なく、それほどスーツも汚れないからです。

個人差があるものの皮脂の分泌が夏より冬の方が少なく、直接肌に触れる首回りもあまり汚れません。月に1回、あるいはシーズンを通して1回ぐらいのクリーニングで、十分に快適にスーツを着ることができるでしょう。

冬のスーツはウールをはじめとする毛素材が使用されていることが多く、その場合は夏物よりも丁寧に取り扱わないと、スーツを傷めてしまいます。クリーニングも頻繁に出し過ぎると傷みの原因になり、スーツの寿命を短くしてしまいます。また冬物のスーツならではの温かさを感じさせる見た目や肌触りも損なわれてしまうので、注意しましょう。

スーツをクリーニングに出す正しい出し方

スーツをクリーニングに出す正しい出し方

スーツは上下を一緒に!背広だけ・ズボンだけはNG

スーツは背広とズボンの上下を、セットにしてクリーニングに出しましょう。背広だけ、あるいはズボンだけというようにバラバラにクリーニングに出していると、質感や風合いに差が出てきてしまいます。それぞれ別物だったように変化してしまい、スーツとして着用したときに違和感が生じてしまいます。

スーツは上下が揃っていてこそ、ビジネスシーンで通用する着衣です。別々にクリーニングに出すのは、やむを得ないとき以外は避けるようにしましょう。

かかる日数は要チェック!

クリーニングにかかる日数は店によって異なり、即日というところから1週間というところまで幅があり、それはスーツでも同じです。また汚れ具合やスーツの素材によって、かかる日数が違う場合もあります。考えているよりも多くの日数がかかってスーツが必要な日に間に合わなかった、ということにならないよう、クリーニングにかかる日数と自分のスケジュールの確認をきちんとするようにしましょう。

スーツでも即日仕上げ可能なクリーニング店も多くなってきていますが、1週間程度の時間が必要としている店もたくさんあります。とくにウールなどの冬物素材や、仕立てが特殊なものなどはクリーニングに多く日数がかかるので、注意しましょう。

スーツをクリーニングに出す正しい出し方

基本はドライクリーニング!水洗いや特殊洗いはケースバイケースで

水洗いした方が良い場合

スーツのクリーニング方法は基本的にドライクリーニングですが、ドライクリーニングでは落としにくい汚れが付いてしまった場合は、クリーニング店での水洗いクリーニングがおすすめです。水洗いクリーニングは専用の特殊な洗剤と水を使って洗います。

石油系の溶剤を使うドライクリーニングに対してウェットクリーニングとも呼ばれ、手間と技術が必要なクリーニング方法で、日数もかかり、料金も高くなります。スッキリとした仕上がりが特長でもあるので、汚れや希望の仕上がりによって選んでみましょう。

特殊洗いした方が良い場合

付いてしまったシミをきれいに落とすには、特殊洗いの代表であるシミ抜きが必要です。シミ抜きは洗浄力の強い薬剤を使用して行われるため、スーツに大きな負荷がかかります。スーツを傷めるので、できるだけ避けるようにしましょう。

クリーニングでシミ抜きしないで済むようにするためには、取れる汚れはその場で取り去り、早くクリーニングに出して落とすことが大切です。汚れが付いてしまったときはハンカチを水で濡らして叩いて、広がらないように注意しながら取ります。クリーニングに出すときは、何の、いつ付いた汚れかを説明しましょう。

スーツクリーニングでの失敗を防ぐ!出す前チェックとしまいかた

クリーニング前のチェック項目

スーツをクリーニングに出すときはポケットに何も入っていないかはもちろん、ボタンが取れかけていたり、縫い目がほつれかけたりしていないかを確認するようにしましょう。ポケットに物を入れたままにしておいても、ほとんどのクリーニング店はチェックして取り出しておいてくれます。しかしそのままクリーニング工程に入ると汚れやシミの原因になることもあるので、必ずポケットは空にしておきましょう。

クリーニングの工程では取れかけているボタンが完全に取れてしまったり、小さかったほつれが広がってしまったりします。ボタンの紛失、ほつれが広がって直せないようになるのを防ぐため、クリーニングに出す前にはきちんとチェックするようにしましょう。

クリーニング後のしまい方

クリーニングから戻ってきたスーツにはビニール袋がかけられていますが、このビニール袋はすぐに外してください。ビニール袋はクリーニング店でのほこりよけにかけられているもので、家での保管には必要ありません。むしろ、ビニール袋をかけたままにしておくと通気性が悪くなってカビが発生したり、虫に食われたりするので早めに外すようにしましょう

スーツの自宅での失敗しない洗い方

スーツの自宅での失敗しない洗い方

洗濯表示を見てみよう!マークがあれば洗濯機でもOK

衣類にはお手入れ方法などを示す洗濯表示が付いています。自宅で洗えることを示すマークが付いていればスーツでも洗濯がOKなので見てみましょう。

水を入れた容器のマークが自宅洗濯機での洗濯が可能なことを表し、水を入れた容器に手を組み合わせたマークが手洗いできることを表しています。水を入れた容器の上に大きく×が組み合わされているマークは「家庭での洗濯禁止」を意味していて、自宅で洗うことはできません。

温度や水流、干し方には要注意!指示は必ず守ろう

自宅での洗濯可能のマークには、数字や横棒が組み合わされていることがあります。数字は音頭の限度、横棒は水流の強弱を示していて、自宅でスーツを洗うときはマークの指示に従うことが必要です。干し方についても洗濯表示にマークがあるスーツはマークの示すとおりの干し方をしましょう。

洗濯のし過ぎはNG!自宅で洗ってもダメージの原因になる

清潔にするためとは言え、洗濯はスーツにとっては負担が大きく、ダメージの原因になります。クリーニングと同じように、頻度に注意しましょう。お金がかからないからといって、しょっちゅう洗濯するのは禁物です。

スーツを快適に長持ちさせる手入れ方法

スーツを快適に長持ちさせる手入れ方法

脱いだらブラシをかける!ひと手間がスーツを蘇らせる

1日着たスーツには汗だけでなく、ほこり汚れがたくさん付いています。脱いだらブラシをかけてほこりを落とし、通気性を良くしておきましょう。

ブラシはコシがある、豚毛や馬毛のものがおすすめです。弾力性に優れていて適度にしなり、スーツにダメージを与えることなく、生地の奥に入り込んだ汚れまで落とすことができます。

スーツに合うハンガーを使おう!合わないハンガーは型崩れの原因になる

スーツを掛けるハンガーは、サイズの合っているものを使いましょう。サイズが合っていないと、スーツが型崩れします。スーツの背広は肩のラインに合う幅の、厚みのあるハンガーにかけるようにしましょう。

ハンガーは木製のほうがおすすめです。プラスチック製に比べて吸湿性があり、より良好な状態でスーツをかけておくことができます

ポケットにものを入れっぱなしにしない!汚れやシミのもとになる

スーツのポケットの中身は全部出して、何も入れていない状態にしましょう。小銭などの重さのあるもの、ペンなどの突起物を入れたままにしておくと、スーツが型崩れしてしまいます。ペンはインクが漏れてシミになることもあるので、特に注意しましょう。

使ったハンカチなどを入れっぱなしにしておいても汚れやシミの原因になり、厚みから型崩れを起こします。すぐに着るからハンカチぐらい良いだろう、などと思わないで、ポケットは空にしてスーツを休ませるようにしましょう。

スーツクリーニングには宅配クリーニングがおすすめ!

リネット

リネット

リネットのスーツのクリーニング料金は1,610円で、プレミアム会員入会後の初回のみに限られる50%オフのお試し料金を使えば800円程度で利用することができます。さらに、リネットのスーツのクリーニングのなかには、他では有料オプションになっていることの多いしみ抜きなどのプレミアム仕上げまでが含まれています。

申し込みはコチラ

リナビス

リナビス

リナビスにはスーツ3セットを送料無料の4,830円(税抜)でクリーニングしてくれる、ビジネスコースがあります。汗抜き加工が標準サービスで無料なうえ、9ヶ月保管サービスも無料です。背広が928円、ズボンが645円の料金で点数を追加することができ、ネクタイやワイシャツも特別料金での追加が可能です。カビ抜き加工550円、はっ水加工1,078円でオプションをプラスすることもできます。

申し込みはコチラ

せんたく便

せんたく便

せんたく便はスーツの背広とズボンをそれぞれ1点とカウントし、最速10パックではスーツ5セットを送料無料の6,980円(税抜)でクリーニングに出すことができます。最短で5日で、仕上がり品を届けてもらうことができ、シミ抜きも無料です。仕上がりに満足できないときは無料の再仕上げサービスもあるので、安心です。

申し込みはコチラ

スーツは洗う頻度を守って快適に長持ちさせよう!

スーツは洗う頻度を守って快適に長持ちさせよう!

スーツを清潔に着るためにクリーニングなどのメンテナンスは大切ですが、出しすぎると傷めてしまいます。自宅で洗えるスーツを洗濯する際も、洗いすぎには注意が必要です。クリーニングや自宅での洗濯はスーツを傷めないよう、どちらも頻度に気をつけるようにしましょう。

クリーニングに出すときは、クリーニングに出すときは背広とズボンの上下をセットにして出し、かかる日数も確認しましょう。しみ抜きなどの特殊洗いをした方が良い場合もありますが、ドライクリーニングがスーツクリーニングの基本です。出す前チェックとしまい方も気をつけて、クリーニングでの失敗を防ぎましょう。