柔軟剤シートおすすめランキングTOP10!使い方6パターンと作り方も伝授

ティッシュ

まりや

皆さんは柔軟剤シートをご存知でしょうか?洗濯をするときに液体タイプの柔軟剤を使用している方が多いかもしれませんが、実は柔軟剤には固形タイプも存在します。それが柔軟剤シートと呼ばれるものです。今回は柔軟剤シートの基本的な使い方から応用編までご紹介します。人気ランキングトップ10もあわせてチェックしていきましょう。

柔軟剤シートって何?

柔軟剤シートにあまり馴染みがない方のためにも、まずはどのようなものなのかを見ていきましょう。

Aileen☺︎さん(@aileen201702)がシェアした投稿

柔軟剤がシート状の固形になったもの

現在日本の柔軟剤の主流は液体タイプとなっていますが、海外では固形タイプの柔軟剤シートも多く使用されています。乾燥機や乾燥機能が付いた洗濯機で使用するので、別名「ドライシート」とも呼ばれています。

液体洗剤と比べて異なる部分ですが、液体タイプは洗濯時に使用し、柔軟剤シートは乾燥時に使用するというタイミングの違いだけで、成分や得られる効果というのはほとんど同じです。どちらも衣類に優しい香りをつけ、柔らかい肌触りに仕上げてくれます。使用するシーンや洗う衣類によって使い分けすることが可能です。

柔軟剤シートのメリットとは?

持ち運びに便利

柔軟剤シートの1番のメリットと言ってもいいのが、持ち運びに便利ということです。液体タイプの柔軟剤はボトルなどの容器に入っていて容量も多いことから、自宅に据え置きになると思います。

しかし柔軟剤シートは1回分を気軽に持ち運べますので、コインランドリーや旅行先などにもおすすめです。また、市販のものは使い捨てタイプが多いので、使用後に捨てて持ち物を軽減できるのも嬉しいポイントです。

シワ対策できる

洗濯機で衣類を洗うと、回されている過程で少なからずシワがついてしまいます。縦型の洗濯機は力が強いので特につきやすいです。そんなとき乾燥のタイミングで柔軟剤シートを使用すれば、優しくシワをほぐします。シャツなどのシワがつきやすい素材も、アイロンがけが楽になる程度までシワをとってくれます。

乾燥時の静電気防止になる

乾燥機で衣類を乾燥させると、衣類同士の摩擦で静電気が発生してしまいます。ここで柔軟剤シートを入れておくと、静電気を抑えあの嫌なパチパチが起こりにくくなります。また、柔軟剤の成分で毛羽立ちや毛玉を抑えてくれるものもあるので、衣類の傷みを軽減することも可能です。
 

柔軟剤シートの使い方

それでは柔軟剤の使い方をチェックしてみましょう。乾燥時に使用する方法以外にも便利な使い方があるので、ぜひ参考にしてみてください。

タンス

基本の使い方

柔軟剤シートの基本の使用方法は乾燥のタイミングで投入するだけと、いたって簡単です。気をつけたいのは、洗いやすすぎのタイミングに入れてはいけないということです。柔軟剤シートを使用するときは、かならず洗濯の工程を終わらせておきます。

乾燥の段階になったら、洗濯物の1番上に置いて乾燥をスタートさせましょう。このとき、柔軟剤シートを洗濯ネットに入れておけば、洗濯物に紛れてどこに行ったか分からなくなってしまうことがありません。乾燥が終わればシートを取り出して完了です。

芳香剤としてタンスやクローゼットに

柔軟剤シートの優しい香りを利用して、タンスやクローゼットに忍ばせておけば芳香剤としても利用することができます。柔軟剤シートをハンカチなどでくるんで、邪魔にならない場所に置いておきましょう。

香りがふんわりと衣類に移り、タンスやクローゼットの中の防臭効果も期待できます。気をつけたいのは柔軟剤シートが直に衣類につかないようにすることです。長時間触れていると変色などのおそれがあるので注意しましょう。また並行して防虫剤を使用する場合は、無香料の防虫剤を選びましょう。

風を利用すれば部屋に香りを広げられる

玄関やトイレ、車の中など、臭いの気になるところに置いておくだけでも部屋の芳香剤として活躍してくれます。さらに香りを部屋に広げたい場合は、エアコンのフィルターに柔軟剤シートをセットしてみましょう。エアコンをつけるたびにいい香りの風を出すことができます。

旅行バックに忍ばせておく

意外と活躍するのが旅行バックに忍ばせておくことです。バックの中が良い香りになるのはもちろん、旅行先での洗濯時に使用することもできます。洗濯をしない場合は、汚れた衣類の臭い消しとしても使用できますので一石二鳥です。使用が終わったら捨ててしまえるのもお手軽でありがたいですよね。

掃除機の中に入れて臭いの軽減

紙パック式の掃除機を使用している方は、紙パックの中に柔軟剤シートを入れるという使用の仕方もできます。中に入れておくだけでゴミの嫌な臭いを抑え、掃除機をかけるたびにほんのりと柔軟剤の香りを感じることができます。

また、サイズを調節すれば掃除機のフィルターとしても使用できますので、うっかり切らせてしまったときなどに、予備として使用してもいいでしょう。

虫よけにもなる

柔軟剤シートの香りで、虫よけすることも可能です。屋外で遊んだり、キャンプをするときなどは、シートを適度な大きさに切り、帽子や靴下などに忍ばせておきましょう。そうすると、虫が寄りつきにくくなります。。肌が丈夫な方は、柔軟剤シートで身体をこすっておくのも効果的です。良い香りで虫よけできるのは嬉しいですね。

手作り柔軟剤シートの作り方

市販ですと海外製のものが多い柔軟剤シートですが、実は自分で作ることも可能です。自作すれば香りの強さも調節できますし、好きな香りにすることもできます。

酢

用意するもの

  • 布・・・5枚程度
    (用途に合わせたサイズの布を用意する。不要なタオルやハンカチでも可)
  • ホワイトビネガー・・・100mL(ホワイトビネガーがない場合は酢でも可)
  • エッセンシャルオイル・・・15滴~20滴(好みのものでOK)
  • ボウル
  • フタつき容器

手順

  1. まずボウルにホワイトビネガー(または酢)とエッセンシャルオイルを入れて、よく混ぜ合わせておきます。
  2. ここへ好きなサイズにカットした布を入れ、液体にしっかりとつけこみます。
  3. よく染み込んだら布を取り出し、液だれしない程度によく絞ります。
  4. よく絞った布は蒸発しないよう、使用しないときはフタつきの容器で保管しておきます。

市販の柔軟剤シートと同じように使用でき、使用し終わったら捨てるのではなくまた液につけこむことで再度使用することができます。使い捨てではないのでとても経済的です。

柔軟剤シートおすすめランキングTOP10

柔軟剤シートは海外製のものも多く、種類が豊富にあります。それぞれのメーカーによって香りや使用感に特徴がありますので、購入時の参考になるようランキング形式でご紹介します。お気に入りをみつけてください。

第10位【COLGATE-PALMOLIVE・U.S.SUAVITEL】シート柔軟剤 フィールドフラワーの香り

液体柔軟剤も発売しているコルゲート社の柔軟剤シートです。まるでお花畑のようなフローラル感たっぷりの香りですので、乾燥機を回している間も香りが溢れるほどです。そのため、お部屋やクローゼットの芳香剤としても大活躍してくれます。80枚入りなので、たっぷり使用することが可能です。

第9位【P&G】ダウニーシート インフュージョン ラベンダーセレニティ

ダウニーと言えば柔軟剤というほど、日本でも大人気の柔軟剤となっていますが、液体タイプだけでなく柔軟剤シートもあるのはご存知でしたか?こちらの柔軟剤シートは液体タイプにも同じ香りがあり、仕上がりもほとんど同じです。

甘いラベンダーの香りは洗濯の気分を上げてくれること間違いなしです。こちらを使用した衣類は長時間香りをまとってくれます

公式サイトはコチラ

匂いが特徴的!ダウニーの柔軟剤のラインナップをご紹介(ランキング 種類)ダウニーの柔軟剤人気の匂いランキングTOP7!種類別の使い方をマスターしよう

第8位【DIAL・ピュレックス】シート柔軟剤 スイートラベンダー

第8位は、DIAL社のピュレックスシートです。原産国のアメリカらしい、はっきりと香るラベンダーはまるで香水のように香りづけしてくれます。ちょっと強いなと感じる場合はシートをカットするなどして対応してみてください。トイレや車などの密室に置いておくと、しっかりと芳香してくれますよ。

第7位【P&G】レノアハピネス 香りシート フローラルブーケの香り

レノアの洗剤や柔軟剤を愛用している方も多いと思いますが、柔軟剤シートも発売されています。フローラルブーケの名の通り、様々なお花の香りに包まれ贅沢な気分にしてくれます。主張しすぎない香りの強さなので、シートの枚数で香りの強さを調整しやすく使い勝手が良いでしょう。洋服のポケットなどに忍ばせても使用できます。

第6位【P&G・ゲイン】乾燥機用柔軟シート トロピカルサンライズ

海外メーカーの中で、ダウニーの次に人気シリーズなのがこちらのゲインです。香りは爽快感に溢れ、フレッシュなトロピカル感を味わえます。

まるで南国にいるかのような気分に浸れてしまうかもしれません。他にも香りの種類があるので、お好みの香りをみつける楽しさもありますよ。使用感は、特に静電気が起こりにくかったという口コミも多いので、冬場にも活躍してくれそうです。

第5位【インターナショナルコスメティックス・アグリー】ファブリック ランドリーシート

アグリーはカリフォルニア生まれのフレグランスコスメブランドで、シャンプーやボディーソープも発売されています。その優しい香りは日本の女性に大変人気となり、現在では様々な商品が日本でロングセラーとなっています。

その中でも柔軟剤シートの香りはコスメの香りととても近く、ファンが愛用しているようです。液体タイプの柔軟剤、フレグランスミストもありますので、併用して使えばさらに効果抜群です。

R_59 アグリー 柔軟剤アグリーの柔軟剤が口コミで人気!香りを最大限に生かす活用法とは?

第4位【ユニリーバ・スナッグル】シート柔軟剤 ブルースパークル

クマのパッケージがなんとも可愛らしく目を引くのがスナッグルの柔軟剤シートです。清涼感のある石けんの様な香りは爽やかで、洗濯時にピッタリです。日本のドラッグストアではあまり見かけないかもしれませんが、ネットでは他の香りの販売もあります。

特徴としては香りに持続性があるので、芳香剤としてかなり活躍してくれます。乾燥機を回しているだけでも部屋中に香りが広がりますし、クローゼットに入れておくと洋服に香りづけすることが可能です。

第3位【LION】乾燥機用ソフラン

ライオンから発売されているソフランは、ドラッグストアでもよく見かけるのでご存知の方も多いと思います。日本のメーカーですので、日本人向けの香りとなっていて多くの方に好感が持たれる香りです。

海外製の香りはどうしてもきつくなりがちですので、ほんのり香るだけがいいという方におすすめです。衣類を乾燥機から取り出すときや、着用するときに静電気をしっかりと防止して、布の摩擦を抑えてくれます。衣類にも優しい柔軟剤シートです。

公式サイトはコチラ

第2位【バウンス】バウンスシート

アメリカでは定番といっていいほど有名なバウンスは、香りがまさにアメリカらしいしっかりと香るタイプです。どこか懐かしさを感じる香りとも言われていて、1度嗅ぐと癖になってしまう人も多いようです。その香りの強さから、シートの量を半分にしても香るので、好みの分量に調節して使用すると良いでしょう。

また、どのような乾燥機でも使用することができますので、気軽に使用できる所が嬉しいポイントです。もちろん静電気の防止もしっかりと行ってくれますので、いつの間にか家の定番商品になっているかもしれませんよ。

第1位【P&G】ダウニーシート エイプリルフレッシュの香り

そして第1位は、ダウニーの「エイプリルフレッシュ」の香りです。アメリカでは売り上げナンバー1にもなるほどの商品で、その人気は日本でも同様です。これだけ人気ですので、ドラッグストアなどでも販売している店舗が多く、手に入りやすいのが嬉しいですね。香りはフローラル感が溢れていて、ポプリを連想させます。

この香りを嗅ぐと、ダウニーを思い出すほど、ダウニーの中でも定番の香りとなっています。臭いの気になる場所に置いてもいいですし、カバンの中に忍ばせておけばいつでもダウニーを感じることができる消臭シートにもなります。

公式サイトはコチラ

柔軟剤シートは洗濯時だけじゃなくいろいろな使い方をしてみよう!

まだまだ日本ではなじみの薄い柔軟剤シートですが、海外ではコインランドリーが多いこともあり人気の商品です。液体タイプの柔軟剤は洗濯時の使用がほとんどだと思いますが、シートは幅広い使用方法ができます。

ほとんどの商品が枚数も多く入っているので、家の中で、旅行先で様々な使い方をしてみてください。自分のアイデア次第で素敵な使い方ができるかもしれません。柔軟剤シートを上手に使って、香りのある生活を楽しんでみてくださいね。