静電気除去に有効な洗剤・柔軟剤などおすすめ商品11選!すぐに使える6つの裏ワザも

肌

まりや

衣類の着脱時によく起こる静電気。急に「パチンッ」と衝撃がくることで、不快な思いをしていませんか?気をつけていてもどうしても起きてしまう静電気、除去する方法はないのでしょうか?今回は衣類で起こる静電気の簡単な除去方法から、予防できる商品までご紹介していきたいと思います。

衣類の静電気の原因は?

まずはどうして静電気が発生するのかを見てみましょう。そのメカニズムが分かると、静電気の除去や予防に役立ちます。

原因は摩擦

まず、静電気が発生するときのことを思い出してみましょう。物同士がこすれ合ったときに発生していませんでしたか?小さい頃に行っていた、下敷きで頭を擦って髪の毛を立たせる遊びが、まさに静電気が起こる原理です。

物体にはプラスとマイナスの電気が同量ずつ流れています。しかしプラスとマイナスで流れを打ち消し合っているため中性となり、物体自体は電気の作用がない状態となっているのです。この状態で静電気は起こりません。

ところが、プラスの電気とマイナスの電気を擦り合わせると、どちらか一方の電気が多くなり、物体に電気が溜まってしまいます。これを「帯電」と呼び、ちょっとした刺激で静電気となってしまうのです。

衣類の組み合わせが重要

静電気が起こる原因は、プラスとマイナスの電気どちらかの帯電によるものでしたが、衣類は素材によってどちらに帯電するかがおおまかに決まっています。プラスに帯電するものは、シルク、ウール、ナイロンなどで、マイナスに帯電するものはアクリルやポリエステルです。

例えばシルクの肌着の上にアクリルのセーターを羽織ると、擦れてもプラスとマイナスで打ち消し合い安定した状態となっています。セーターを脱ごうとしたとき、電気の流れのバランスが崩れ静電気となり、あの「バチッ」とした電撃を感じるのです。

プラスの衣類とマイナスの衣類を組み合わせることで、静電気が起こる原因を作ってしまっているというわけです。そのため合成繊維が少なかった戦前には、静電気を感じる人は少数だったといいます。

天然繊維を主流に着用していれば、上手く放電することができ、静電気を感じることは少なくなります。また、摩擦を起こさないようにするために、凹凸が少ない衣類を選ぶことも重要です。

乾燥しているときに起きやすい

静電気がよく起こる季節と言えば、ほとんどの方が冬を思い浮かべるのではないでしょうか。どうして冬に静電気が起きるのかというと、空気の乾燥に原因があるのです。空気が乾燥していて湿度が低いと、物体に静電気が帯電しやすい状態を作ってしまいます。

逆に湿度が高ければ物体の表面に水分が多くある状態を作ることが可能です。水は電気を通す性質があることから、静電気が帯電しても水分を通って放電したり、分散させることができるのです。そのため夏場などの湿度が高い季節は、なかなか静電気が発生しません。

衣類に発生した静電気の除去方法

静電気の発生のメカニズムが分かったところで、実際に静電気が溜まってしまったときの除去方法を見てみましょう。

静電気防止スプレーをかける

静電気が防止できるスプレーをご存知でしょうか?衣類にスプレーするだけで、静電気が起きないよう未然に防いでくれる優れものです。基本的には、外出前などのまだ静電気が起きていないときに使用するものですが、実は帯電してしまった静電気の除去にも使用することができます。

静電気防止スプレーには、衣類の繊維上に水分の膜を張り、摩擦を受けにくくする働きと、静電気が起きたときに水分が蒸発すると共に電気を放電させる働きがあります。後者の働きによって、静電気の除去も可能となっているのです。

静電気防止目的でしたら衣類全体に10秒ほどのスプレーが効果的ですが、除去の場合は気になるポイントに2秒程度のスプレーで効果を発揮してくれます。お出かけ前にスプレーし忘れてしまっても、カバンにスプレーを忍ばせておけば、いつでも気軽に静電気の除去ができます。

また、静電気防止スプレーを忘れてしまったらただの水のスプレーでもだいぶ改善できますので試してみてください。

ハンドクリームを肌に塗る

静電気は乾燥時によく起こるため、とにかく乾燥をせないことが重要です。それは衣類だけでなく、肌でも同じ帯電が起こっています。そうならないために、お肌の保湿もしっかりと行いましょう。そのときにおすすめなのがハンドクリームです。

女性なら携帯していることが多いハンドクリームは、静電気が気になるときに肌にさっと塗るだけで、静電気を放電してくれます。また、ストッキングを履くかたは、静電気によるスカートのまとわりをよく感じませんか?

ストッキングは合成繊維なので、静電気を派生させやすい衣類の代表とも言えます。ストッキングの静電気を防止するためにも、ハンドクリームは役立ってくれるのです。ストッキングを履く前の素足にハンドクリームを塗り、その上からストッキングを履きます。

そしてストッキングと肌を馴染ませるように手で撫でると、ストッキングもしっとりと湿度をまとうので静電気が発生しにくくなります。

静電気が発生している部分をくしゃくしゃに掴んでみる

静電気が発生してまとわりついてしまっている衣類は、手で掴んでくしゃくしゃにすることで除去の効果があります。とくに裾の長いシャツやスカートなど、ひらひらとしたものは動くだけで摩擦が発生し、簡単に静電気が帯電しています。帯電してしまっている部分を何度かギュッと掴むことで、電気を放電させることが可能です。

湿度の高い所へ移動する

乾燥のせいで静電気が発生しているなら、空気中の湿度の調整をしてみましょう。外出先ですとなかなか難しいかもしれませんが、室内なら加湿器を上手に使用しながら必要な湿度を確保してください。

静電気に有効な湿度は50~60%程度となっています。加湿器がない家は、観葉植物を育ててみてもいいですね。植物があるだけで、空気中の乾燥を穏やかにしてくれます。

靴底が革素材であれば、電気を放電しやすい

物体には電気を通さないものが多くあり、そのひとつが「革」です。革は天然素材ですので放電がしやすい特性があり、靴底に使用されていると歩いているだけで地面に放電できます。

衣類の静電気や、体内に帯電してしまっている静電気をゆっくりと放電できますので、静電気を感じやすい体質の人などにおすすめです。革素材のお財布などを触るだけでも放電の効果がありますので、何かしらの革製品を持ち歩いていると安心できます。

衣類用静電気除去ブラシを使う

衣類のゴミやほこりを取る、衣類用ブラシというものがあるのをご存知ですか?帰宅時に着用していた衣類をブラシで撫でるだけで、ほこりや花粉を取り払ったり、衣類の毛並みを揃える効果があります。

大切な服を長持ちさせる!おすすめの人気洋服ブラシ9選を紹介人気洋服ブラシおすすめ9選!使い方をマスターして大切な服を長持ちさせるお手入れ習慣を

衣類の毛並みを揃えるだけで、帯電している静電気の除去が期待できますし、摩擦が起こる頻度を減らすことができますので、衣類ブラシは積極的に使用したほうが良いでしょう。それに加え、ブラシの素材に静電気除去繊維というものが使用されている商品もあります。これで衣類を撫でるたびに帯電している静電気を逃がしてくれるのです。

静電気予防に!おすすめ商品11選

静電気は歩いているだけでも衣類に帯電してしまうものですが、なるべく発生しないようにしたいですよね。そのときに役に立ってくれる商品を、洗剤部門、柔軟剤部門、防止スプレー部門からそれぞれご紹介していきます。

おすすめ洗剤3選

まずは洗剤部門から3つご紹介します。洗濯するときに必ず使用する洗剤ですので、それで静電気予防ができれば一石二鳥です。静電気が予防できる洗剤の特徴は、柔軟剤が配合されているかどうかです。

【ライオン】香りつづくトップ

ライオンから発売されているトップは、発売から様々な種類が開発され、こちらの香りつづくトップには柔軟剤が配合されています。しかも植物由来の分が使用された柔軟剤なので、お肌にも優しいのが特徴です。

柔軟剤が衣類に優しくしみわたり、ふんわりとした仕上がりにしてくれるため、繊維同士の絡まりや摩擦を最小限に抑えてくれる働きが期待できます。また、消臭イオンが配合されているので、汗などの嫌な臭いもしっかりと落として、商品名の通りに素敵な香りが続きます。

公式サイトはコチラ

【P&G】ボールド 洗濯洗剤 ジェルボール3D

皆さんは、最近はやりのジェルボールを使用したことがあるでしょうか?固形の洗剤なので液体のように分量を量る手間がありませんし、こぼしてしまう心配もないと忙しい方からかなりの支持を得ています。

使い方は洗濯機に1個入れてから、洗濯物を入れて通常通りに洗濯するだけです。しかもこちらの商品には柔軟剤が配合されていますので、衣類をなめらかに仕上げてくれます。このなめらか仕上げが衣類の摩擦を軽減してくれますので、静電気の防止につながるのです。洗濯の時短もできるので、1度使用すればやみつきになってしまうような洗剤となっています。

【レビュー】アリエールジェルボール3Dリニューアル後の使用感・洗い心地は?【レポート】

公式サイトはコチラ

【花王】フレグランスニュービーズ

洗濯用洗剤といえば液体タイプが主流になりつつありますが、粉末タイプもまだまだ根強い人気があります。というのも、液体洗剤は中性の場合が多いですが、粉末タイプはアルカリ性のものが多く、汚れを落とすことに1番特化しているのです。

しかもこちらの粉末タイプには、しっかり柔軟剤が配合されていますので、粉洗剤にありがちな固い仕上がりにはなりません。つぼみエッセンスが配合されているので、洗い上がりにふわりと爽やかなフラワーリュクスの香りが広がるのも嬉しいポイントです。

公式サイトはコチラ

おすすめ柔軟剤5選

柔軟剤は衣類同士の滑りをよくする働きがあるので、静電気にはとても効果的です。ポイントは入れるタイミングで、すすぎのタイミングで投入することで衣類によく馴染み、静電気防止効果を発揮します。それではおすすめしたい5選を見ていきましょう。

【P&G】レノアハピネス クラッシーフローラルの香り

レノアハピネスシリーズの柔軟剤は、50種類以上の香料から厳選してオリジナルの香りを構成しているので、まるで香水のように上品に香ってくれるのが特徴です。また香りがカプセルに入っていて少しずつ弾けるため、香りが長続きしてくれると評判で、香りの強さも理想通りにできます。

赤ちゃんの衣類にも安心して使用できるので、安全に静電気の予防が可能です。

公式サイトはコチラ

【ランドリン】ランドリン 柔軟剤 アロマティックウード

爽やかなオレンジフラワーと上品なローズの香りに、魅惑的なウードの香りを織り交ぜた柔軟剤で、大人なムードを演出してくれます。香りをまとうという言葉がぴったりなほど、パフュームのように香りが持続します。

香りだけでなく、肌触りの良さも追求しているため、静電気が起きやすい素材もしっかりと抑制して、さらにはほこりや花粉の付着も抑えてくれます。オーガニックエキスが配合されているので、赤ちゃんの衣類にもばっちり使用できます。

【レビュー】ランドリン アロマティックウードの香りの使用感・洗い心地は?【レポート】【レビュー】ランドリン アロマティックウードの香りの使用感・洗い心地は?【レポート】

公式サイトはコチラ

【P&G】ウルトラダウニー インフュージョン カシミアグロウ

香り付き柔軟剤の火付け役といってもいいダウニーは、すっかり定番となっていますよね。現在では様々な香りが発売されていて、自分好みの香りを探すのが楽しみのひとつでもあります。

そして今回ご紹介したいのが、さらに香りが進化したウルトラダウニーインフュージョンのカシミアグロウです。優しく甘く香るので女性ものにピッタリですし、静電気もしっかりと押さえてくれます。

公式サイトはコチラ

【NSファーファ・ジャパン】ファーファ ファインフレグランス オム クリスタルムスクの香り

かわいいクマのキャラクターおなじみのファーファシリーズですが、こちらはまるで香水のように時間によって香りが変化するタイプの柔軟剤です。さらに夏場は汗をさらっと乾かし、冬場の乾燥には静電気抑制パワーを発揮してくれる、通年通して使用しやすい柔軟剤となっています。

公式サイトはコチラ

【ライオン】乾燥機用ソフラン

柔軟剤はほとんどの商品が液体ですが、実は固形も存在します。固形タイプは、乾燥のタイミングで1枚投入するもので、洗濯時の使用ではないので注意してください。乾燥機から衣類を取り出すとき、バチバチと静電気が起きるのは当たり前のようになっていますが、この固形柔軟剤を使用するとかなりの静電気を制御できます。もちろん着用時もしっかり防いでくれますよ。

公式サイトはコチラ

おすすめ静電気防止スプレー3選

外出前に10秒ほど衣類にスプレーするだけでOKな静電気防止スプレーは、除去にも役立つ優れものです。カバンにこっそり忍ばせておくのもいいですね。

【ライオン】エレガード

静電気防止スプレーといえばエレガードというほど、ロングセラーの商品となっています。衣類だけでなく、カーテンやソファーにも使用できますので、衣類全般の静電気防止に役立ててください。

公式サイトはコチラ

【チェリッシュ】Miss Pachi Pachi

見た目が女子受け抜群のこちらの商品は、見た目だけでなくうるおい成分も配合されている嬉しい商品です。肌が敏感な方でも使用しやすい優しい成分となっていて、サイズ大小ありますので用途に合わせて選んでみましょう。

公式サイトはコチラ

【協和】静電気防止スプレー 無香料

最後のご紹介は、デオドラント成分配合の静電気防止スプレーです。肌に直接触れることもある特性を活かし、臭いもしっかり押さえてくれます。逆さまの噴射も可能なので、大変使い勝手が良い商品となっています。

公式サイトはコチラ

白、黄、赤……服が変色するのは日焼け止めのせいかも?!色別にみる日焼け止めによる服の汚れの対処法!!

静電気の除去と予防で嫌な「パチンッ」を回避しよう!

静電気のメカニズムを知ると、普段からちょっとした心がけをするだけで静電気を予防したり、除去したりすることができそうですね。普段の行動にプラスして、静電気の除去や予防ができる商品を上手に使用し、嫌なパチンとした刺激から逃れましょう。これでもう、静電気が起きやすい乾燥した冬を快適に過ごせますよ!