【2019年最新】ドラム式洗濯機おすすめ10選!!正しい選び方やおすすめ洗剤もご紹介

C_172, ドラム式洗濯機 おすすめ

まりや

ドラム式洗濯機は、2層式洗濯機・縦型洗濯機に続いて登場し、洗濯と合わせて乾燥が得意ということが人気となり、今では私たちの生活に浸透しています。そして新しいモデルが出るごとに性能が良くなり、機能性も充実してきました。そこで、2019年におすすめしたいドラム式洗濯機を10台選んでご紹介しますので、買い替えを検討していたり、新生活に新しく購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ドラム式洗濯機の特徴

C_172_1, ドラム式洗濯機 おすすめ

ドラム式洗濯機とは?

洗濯機は大きく分けると縦型のものとドラム式のものに分けられます。この2種類は洗濯物の投入口の位置が異なり、縦型膿上部から、ドラム式からは正面からと見た目がかなり違いますが、1番大きな違いは洗濯物の洗浄方法と乾燥方法です。

ドラム式洗濯機は基本的にたたき洗いが採用され、ドラムを回転させることで、「洗濯物を持ち上げては落とす」を繰り返す方法となっています。さらに、洗濯後にはそのまま乾燥にうつることができ、洗濯の時短にもつながります。

ドラム式洗濯機のメリット

節水効果が抜群

ドラム式洗濯機のたたき洗いはドラムが斜めになって回っているので、洗濯物全体を水に浸ける必要がなく、縦型洗濯機より水の使用を抑えることができます。その量は縦型の半量程度でできるので、水道代の節約につながるでしょう。

大型の洗濯物にも対応

洗濯物の投入口が大きいドラム式洗濯機は、毛布なども入れやすく、洗濯物の量が多くなってしまったときにも安心です。

縦型洗濯機も容量的には入らないこともないのですが、乾燥までするとなると難しく、コインランドリーを利用する方も多いのではないでしょうか?その点、ドラム式洗濯機は既定の容量内であれば大型のものでも使用できますので、洗濯が家で完結しやすくなります。

乾燥が上手にできる

ドラム式洗濯機の1番のメリットとも言えるのが、その乾燥能力の高さです。洗濯から乾燥前を全自動で行ってくれることはもちろん、衣類へのダメージを最小限にしながら、シワもできにくいように仕上げてくれますので、外干しする手間なども省け洗濯が楽になります。

ドラム式洗濯機の選び方

それでは実際にドラム式洗濯機を選ぶときに、どのような点に注意したらよいのかを見てみましょう。

C_172_2, ドラム式洗濯機 おすすめ

洗濯物の量で選ぶ

まずは洗濯機の容量を選んでみましょう。ひとりの1日分の洗濯物の量は1.5kg程度といわれているので、これを目安にして家族分の洗濯物の量を出します。このとき、ぴったりの容量だともしものときに不安ですので、プラス1~2 kg足した容量で選び、4人家族の場合は7~8 kg以上の容量を選ぶようにしてください。

設置場所にゆとりがあるようなら、なるべく大きいサイズのものを選んでおけば、より大型の洗濯も可能になり、忙しくて洗濯がたまってしまったときなどにも便利です。

ドアを開いた状態の本体のサイズを確認

ドラム式洗濯機のサイズが、設置場所である防水パンの上に置けるかどうかは最重要項目ですので、防水パンの横幅と奥行きサイズを測ってから、ドラム式洗濯機のサイズを照らし合わせましょう。

棚などがある場合は高さも重要となるので、必ずチェックしてください。そして意外と見落としがちなのが、ドラム式洗濯機の扉のサイズです。

扉を全開にした時の最大奥行を考えないと、扉が壁やなどにぶつかり大変使い勝手が悪いものになってしまいます。それと合わせて、右開きか左開きかも検討するようにしてください。

乾燥機能の種類

ドラム式洗濯機は乾燥機能を利用する場面が多くなるので、その乾燥方法に注目してみてください。その乾燥方法は大きく分けると“ヒーター式”と“ヒートポンプ式”の2種類に分けられますので、その違いを見てみましょう。

ヒーター式

ヒーター式の原理はヘアドライヤーと同じです。電気を熱に変化させることで温風を作り出し、それを洗濯槽の中に送り込み、洗濯物を乾かしています。

昔から使用されている主流な乾燥方法ですが、乾かしているときに発生する水蒸気を処理するためには冷却水が必要となるため、水道代がかさんでしまうデメリットがあります。

さらに80℃前後の高温となるので、乾燥効果は高いですが熱に弱い衣類には注意が必要です。この方式は仕組みが単純で作りやすく、その分本体価格を安くすることができ、ランニングコストは高くなっても初期費用は抑えられるでしょう。

ヒートポンプ式

ヒートポンプ式の原理はエアコンと同じで、熱エネルギーを空気長から集め省エネが可能な乾燥方法です。洗濯槽内の湿気を除湿し、ヒートポンプによって熱交換した熱を利用して温風を送り込みます。

その温度は65℃前後で、ヒート式より低温ですが、除湿機能がかなり効果をなしているので、しっかりと乾燥ができます。空気中の熱を利用することから電気代などのランニングコストの節約にはつながりますが、本体料金は高くなっている特徴があります。

C_172_6, ドラム式洗濯機 おすすめ

便利な機能

ドラム式洗濯機には洗濯や乾燥以外にも、便利な機能がついているものがあるので、その機能から選んでみてもいいでしょう。

自動掃除機能

ドラム式洗濯機を長く愛用したいなら、欠かせないのが定期的な掃除です。洗濯槽の中には洗剤カスや洗濯物の汚れが残っていることが多く、放置しているとカビや臭いの発生を招いてしまいます。

これらを防ぐために、洗濯機自体にお掃除機能がついているものがあり、自ら洗濯槽のメンテナンスをしてくれるため、清潔が保ちやすくなっているのです。掃除の頻度を減らすこともできるので、とても便利な機能です。

チャイルドロック機能

ドラム式洗濯機は正面に扉があることから、小さい子供でも簡単に開閉ができてしまいます。中に入って遊んだりしてしまうと大変危険なので、小さいお子さんがいるご家庭は、チャイルドロック機能がついたものを選んでおくと安心でしょう。

子供では簡単に扉を開けられなくすることで、思わぬトラブルなどの危険性がなくなります。

ドラム式洗濯機のおすすめメーカーは?

洗濯機を作り続けていて、長い歴史のあるメーカーは信頼感も高まりますよね。そこで、ドラム式洗濯機を発売しているメーカーのなかで、特におすすめできる4社をご紹介します。

C_172_3, ドラム式洗濯機 おすすめ

パナソニック

インテリアとも合わせやすいデザインの多いパナソニックのドラム式洗濯機は、おしゃれさが高いと人気です。洗濯物の黄ばみや嫌な臭い効果的な機能を取り揃えているのも特徴で、しっかりと汚れを落してくれます。

公式サイトはコチラ

パナソニックの人気洗濯ランキング!売れ筋8つの商品と特徴を解説パナソニックの人気洗濯ランキング!売れ筋8つの商品と特徴を解説

日立

日立は多岐洗浄力を売りにしていて、特に“ナイアガラ洗浄”という方法が大変話題となりました。また、乾燥も優しくふんわりと仕上げることができ、アイロンなしでも着用できる仕上がりが目指されています。

公式サイトはコチラ

日立 乾燥機日立の衣類乾燥機の特徴と商品ラインナップ・それぞれの機能をご紹介 洗濯機日立の洗濯機おすすめ9選!特有の機能やドラム式・タテ型の違いについて

シャープ

シャープは独自開発した“プラズマクラスター”という機能を持っており、これを利用した乾燥機能が大変人気です。また、省エネにも注力されているので、ランニングコストが抑えやすくなっています。

公式サイトはコチラ

東芝

“ウルトラバブル洗浄”という、極小の泡を利用して汚れを落すのが東芝です。肉眼では水にしか見えませんが、実際は小さな泡を作り出し、繊維の中まで浸透させて洗濯物を洗い上げます。静音にも優れているので、集合住宅でも安心です。

公式サイトはコチラ

東芝洗濯機東芝の人気洗濯機6選と口コミ!タテ式やドラム式のおすすめ機種や特徴

用途別!ドラム式洗濯機おすすめモデル10選

それでは実際におすすめできるドラム式洗濯機を10台見ていきましょう。家族で使用できる大容量系と、日一人暮らしや狭いスペースにもピッタリなコンパクト系に分けましたので、必要に合わせてチェックしてみてください。

家族みんなで使えるドラム式洗濯機5選

【パナソニック】ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX8900L

洗濯物が傷まないよう優しく洗え、なおかつ汚れをしっかり落とせるよう、温水泡洗浄が踏査されているパナソニックのドラム式洗濯機です。

斜めドラムなので効率的に洗濯を回すことができ、さらにパワフルに洗うことが可能となっています。薄手のシングル毛布なら4枚同時に洗える“毛布コース”もあるので、洗濯物が多いときでも安心して使用できる容量となっています。

商品名 ななめドラム洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量 11.0 kg
乾燥機容量 6.0 kg
乾燥方法 ヒートポンプ乾燥方式
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 600 mm×722 mm×1009 mm
本体質量 79 kg
扉の開閉 左開き
その他機能 温水洗浄・自動おそうじ・カビ取り機能

公式サイトはコチラ

【日立】ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SG100CL

このドラム式乾燥機は、高速の風を吹かせて洗濯時につきがちなシワを伸ばす“風アイロン”機能が搭載されています。たたき洗いの効果を最大限引き出せるよう、ドラムの回る回数をコントロールして、最適な仕上がりを目指します。

さらに洗濯層の汚れを自動で掃除してくれる、“自動お掃除機能”が搭載されていて、いつでも清潔が保てるのに、1回あたりの追加でかかる料金はたったの3.8円です。

商品名 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム
洗濯・脱水容量 10kg
乾燥機容量 6kg
乾燥方法 風アイロン/ヒートリサイクル乾燥
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 630mm×715mm×1,050mm
本体質量
扉の開閉
その他機能 ほぐし脱水・消臭、除菌、花粉清潔機能

公式サイトはコチラ

【日立】ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム スリム BD-SV110AL

洗濯物を蒸らすことで乾燥できるという、“湿度コントロール”機能が搭載された/span>ドラム式洗濯機です。さらに時速約300kmの高速風を実現していて、乾燥機能に特化しているドラム式洗濯機と言えるでしょう。

ナイアガラの滝のような水量で洗浄できるという“ナイアガラ洗浄”も魅力的で、水をたっぷり使用しますが、繰り返し利用するのでコストパフォーマンスにも優れています。

商品名 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム スリム
洗濯・脱水容量 11 kg
乾燥機容量 6 kg
乾燥方法 風アイロン/ヒートリサイクル乾燥
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 630mm×715mm×1,050mm
本体質量 81kg
扉の開閉 左開き
その他機能 自動おそうじ・ナイアガラ洗浄

公式サイトはコチラ

【東芝】ZABOON TW-117A7L

ドラム式洗濯機の節水を実現しながら、それでも大流量シャワーでしっかりと汚れを落すことができるのが、東芝の『ZABOON』です。

大きな洗濯槽も特徴的で、たたき洗いや押し洗い、遠心洗いアなどを駆使して洗濯物の汚れにアプローチします。騒音対策もしっかりとされているので、夜や早朝の洗濯も安心ですよ。

商品名 ドラム式洗濯乾燥機ZABOON
洗濯・脱水容量 11kg
乾燥機容量 7kg
乾燥方法 ふんわリッチ乾燥(ヒートポンプ除湿乾燥)
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 645×750×1060mm
本体質量 87kg
扉の開閉 左開き
その他機能 自動おそうじ機能・予約機能(1~24時間後設定)

公式サイトはコチラ

【シャープ】ES-W111-SL

こちらは無線ランに対応しているシャープのドラム式洗濯機で、洗濯の運転状況や、今日の天気のお知らせなどが受け取れる、次世代の機能が搭載されています。さらに便利なのが洗濯のアドバイスをしてくれるところで、最適な洗濯方法を教えてもらえます。

商品名 ドラム式洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量 11kg
乾燥機容量 6kg
乾燥方法 ヒートポンプ、サポートヒーターのハイブリッド
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 640×728×1,104mm
本体質量 82kg
扉の開閉 左開き
その他機能 無線LAN対応・光るタッチナビ

公式サイトはコチラ

一人暮らしにおすすめドラム式洗濯機5選

https://www.biccamera.com/bc/i/topics/hitoriwasher/index.jsp

【アクア】Hot Water Washing AQW-FV800E

アクアのドラム式洗濯機は、 小さくてもしっかりと汚れを落し、黄ばみもきれいにしてくれる優れものです。40℃で洗浄やつけコースや、60℃の除菌コースも備えられているので、洗濯物の汚れに徹底的にアプローチできるでしょう。

商品名 Hot Water Washing AQW
洗濯・脱水容量 8 kg
乾燥機容量 8 kg
乾燥方法 ヒート式
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 595mm×625mm×860mm
本体質量 70kg
扉の開閉 左開き
その他機能 お湯洗い・自動おそうじ・チャイルドロック

公式サイトはコチラ

【パナソニック】Cuble NA-VG730L

こちらのドラム式洗濯機は、洗剤を泡立てて繊維の奥まで浸透させる方式を導入していて、温水も使用しながらWで洗うことができます。この温水のおかげで黄ばみをしっかり除去し、白物の洗濯にもバッチリです!パワフルな洗浄力を実感してみてください。

商品名 ななめドラム洗濯乾燥機
洗濯・脱水容量 7kg
乾燥機容量 3.5kg
乾燥方法 低温風パワフル乾燥(ヒーター/排気式)
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 600×998×600mm
本体質量 70kg
扉の開閉 左開き
その他機能 15℃洗浄モード・自動槽洗浄・ロック機構

公式サイトはコチラ

【シャープ】ES-S7C-WL

一般的な防水パンなどにも対応できるサイズになっている、コンパクトなドラム式洗濯機です。本体の掃除を怠ると機能面が低下してしまいますが、それを防ぐために自動お掃除機能がついているので安心して使用できます。

また、プラズマクラスターイオンが搭載されているので、加保の繁殖などを抑えることもできますよ。

商品名 ドラム式洗濯乾燥機
7kg
乾燥機容量 3.5kg
乾燥方法 ヒーターセンサー乾燥(水冷除湿)
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 640 mm×600 mm×1,039mm
本体質量 76kg
扉の開閉 左開き
その他機能 プラズマクラスター・予約タイマー(2~24時間後設定)

公式サイトはコチラ

【アイリスオーヤマ】FL71

アイリスオーヤマの『FL71』は、温水ヒーターが搭載されているので、60℃まで水を温めることが可能となっています。そのため洗剤の効力を最大限に引き出せるので、汚れをしっかり落とし、臭いにも効果的です。さらに洗濯物があらかじめ温まっているので、外干し時も乾きやすいですよ。

商品名 ドラム式洗濯機
7.5kg
乾燥機容量
乾燥方法
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 595 mm×672 mm×860 mm
本体質量 66kg
扉の開閉 左開き
その他機能 温水ヒーター

公式サイトはコチラ

【DAEWOO】DW-D30A

DAEWOOのドラム式乾燥機は、カラーがホワイト、ブルー、ピンクの3種類から選ぶことができ、好みやお部屋に合わせやすいのが嬉しいポイントです。かなりコンパクトな設計ですので、洗濯物が少ないご家庭はもちろん、2代目として用意しておいても使い勝手がいいですよ。

商品名 ドラム式洗濯機
3kg
乾燥機容量
乾燥方法
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 500 mm×465 mm×630 mm
本体質量 34kg
扉の開閉 左開き
その他機能 温水洗濯・液体洗剤専用投入口

公式サイトはコチラ

ドラム式洗濯機におすすめの洗剤・柔軟剤は?

最後に、ドラム式乾燥機で使用する洗剤や柔軟剤についてみておきましょう。現在では様々な種類の洗剤が出ているので、みなさん使い心地や香りなからどお気に入りのものをみつけて使用していると思いますが、せっかくならドラム式洗濯機に合ったものを使用して、より効果的な洗濯をしてみてください。

C_172_4, ドラム式洗濯機 おすすめ

液体・粉末・ジェルボールどれがいいの?

液体洗剤ならどれも安心

液体洗剤は水に溶けやすく、さらに少量の水にも対応できるので、ドラム式洗濯機との相性は抜群です。すすぎ1回でも大丈夫な種類が多いので、節水などの効果もありますが、その分粉末洗剤より値段が高くなっています。

粉末洗剤は水温に注意

粉末洗剤は、残念ながらドラム式洗濯機にはあまり向いていません。水に溶けにくい粉末洗剤は、つまりなどの原因となってしまうため、説明書に“使用不可“とはっきり明記している商品もあるので注意が必要です。

しかし、お湯を使用して洗濯する場合は溶けやすくなるので、使用不可でない場合はチャレンジしてみても良いでしょう。と言うのも、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機より洗浄面が劣るといわれており、その部分を洗浄効果が高い粉末洗剤でカバーすることができるからです。

40℃程度のお湯で洗濯が可能であれば、粉末洗剤もおすすめできますが、洗濯槽のメンテナンスはいつも以上に心がけるようにしてください。

ジェルボールはお手軽

最近人気のジェルボールは、手で持つことができる固形洗剤です。ドラム式洗濯機でも使用でき、洗濯物の量に合わせて個数を選べば良いので、軽量の手間もなく簡単です。

使用方法も、洗濯物と一緒にドラムの中に入れるだけですから「少しでも手軽に洗濯がしたい」という忙しい方には最適な洗剤でしょう。

ただ、洗濯物の量が少ない家庭ではあまりコストパフォーマンスが良くないのと、保管方法に気をつけないと溶けたり、子供やペットが誤って口にしてしまうなどの危険もあるので注意が必要です。

C_172_5, ドラム式洗濯機 おすすめ

柔軟剤は基本的にどれでもOK

柔軟剤は、どのドラム式洗濯機にも使用することができます。縦型洗濯機と同じように考えていいですが、必ず容量を守り、柔軟剤専用の投入口へ入れるようにしてください。

また、香りを選ぶのも柔軟剤の楽しみですが、洗剤との相性を考えて選ぶことで、より効果的な香りを演出することができます。

ドラム式洗濯機で洗剤・柔軟剤を使用するときの注意点

洗剤・柔軟剤の使い過ぎに気をつける

洗剤や柔軟剤の量を必要以上に増やしたところで、汚れの落ち方や香りのつき方にあまり差はありません。

しかも、少量の水で洗濯するドラム式洗濯機は、多すぎる洗剤は溶けきれずに衣類や洗濯槽に残ってしまう可能性が高くなり、逆に衣類を汚してしまうことになるかもしれません。必ず適量を守って洗濯するようにしましょう。

指定の投入口から入れる

ドラム式洗濯機には洗剤や柔軟剤などの、専用投入口が用意され、そこへ適切なタイミングで水を流し、ドラムへ送られていく仕組みとなっています。

液体洗剤や粉末洗剤を、洗濯物と一緒に直接ドラムの中へ入れてしまうとうまく溶けなかったりなどで汚れを落せず、思ったような洗濯ができません。また、柔軟剤はすすぎの段階で使用しないと効果が得られませんので、必ず専用の投入口を使用してください。

ドラム式洗濯機の嫌な臭いの原因て何?ドラム式洗濯機の嫌な臭いの原因は?掃除方法と3つの対策法で清潔に  

ドラム式洗濯機は上手に選ぼう!

最新のドラム式洗濯機は、初期のものと比べるとかなり進化していて、使いやすさが格段に上がっています。さらに、使用する人の目的に合わせた特徴や機能を充実させることで、どのドラム式洗濯機を選べば良いかが明確になるので、まずは自分がどのような洗濯を行いたいのかを考えると良いでしょう。

そして、選ぶときのチャックポイントに注意しながら選択をしていけば、きっと満足のいくドラム式洗濯機に出会えるはずです。今回の記事を参考にして、お気に入りをみつけてみてください。

関連記事 縦型洗濯機 おすすめ