日立の衣類乾燥機の特徴と商品ラインナップ・それぞれの機能をご紹介

日立 乾燥機

明日可

雨の日や花粉が気になる季節に洗濯物を乾かしてくれる「衣類乾燥機」は主婦にとって便利な家電製品のひとつです。最近では静音設計のものも多く販売されており、洗濯物が多い赤ちゃんがいる家庭にもおすすめのアイテムです。今回は、日立の衣類乾燥機をご紹介します。おすすめ機能や製品の特徴など購入の際の参考にしてください。

日立の衣類乾燥機の特徴

衣類乾燥機とは、洗濯後の水分を含んだ衣類を乾かすための乾燥機です。現在では、洗濯機と一体化したドラム式洗濯乾燥機も多く販売されていますが、乾燥機単体もまだまだ根強い人気があります。

MEMO
縦型洗濯機にも乾燥機能が付いているものはありますが、こちらは遠心力による横回転のみで衣類に温風を当てるため、乾燥時間も非常に長く、衣類のシワができやすいです。それに比べてドラム式洗濯乾燥機の場合は、空気を含みながら縦回転で乾燥を行うため、短時間で柔らかな衣類に仕上げることができます

日立の衣類乾燥機は電気式

衣類乾燥機には、「電気式」と「ガス式」の2種類の乾燥方式がありますが、日立の製品は全て電気式となっています。

電気式のメリット・デメリット

電気式は、本体内部に回転ドラムがあり、洗濯物を投入してスイッチを入れるとドラム内の温度がヒーターにより上昇します。それにより洗濯物に含まれている水分が蒸発し、乾燥するという仕組みです。

電気式の衣類乾燥機は、ガス式に比べると本体価格がリーズナブルで、設置に工事も必要ありません。しかし、衣類が乾くスピードは劣ります。

ガス式のメリット・デメリット

ガス式も電気式の衣類乾燥機と構造は変わりませんが、ヒーターの熱源としてガスを使用します。電気式と比べて熱量が高く、早く乾かすことができます。その反面、本来価格やランニングコストが高く、設置するにはガス栓を増設するといった工事が必要となります。

MEMO
ちなみに、コインランドリーにある乾燥機は、多くがガス式の衣類乾燥機です。

関連記事 衣類乾燥機 電気代

おすすめ機能

日立 乾燥機

シワ取り機能

衣類乾燥機の「シワ取り」機能は、アイロンがけの時間を短縮してくれる機能で、忙しい主婦にはおすすめです。しかし、アイロンがけが不要なほど完全にシワを取りきってくれるわけではないので注意しましょう。

タイマー機能

衣類乾燥機を使用する時間、終了する時間を登録しておくことのできる「タイマー機能」です。現在、タイマー機能は洗濯機や炊飯器など、あらゆる家電製品についていますが、衣類乾燥機にとっても大変便利な機能です。

毛布乾燥機能

毛布を乾燥機を使って乾かすときに、乾かし過ぎると温かさが損なわれてしまうこともあります、毛布乾燥機能が搭載されていると、毛布にとって最適な乾燥を行うことが出来ます

温風乾燥

温風乾燥は、外気を取り込んで風をあてて乾燥させる機能のことです。熱に弱いデリケートな繊維を乾燥させるときや、干す時間を短縮させたいときにおすすめです。

ヒーター機能

乾燥時にヒーターを使用して温風で乾燥させる機能です。衣類をふんわりと乾燥させ、乾かす時間も短縮させることができます。

日立の衣類乾燥機の選び方

日立 乾燥機

乾燥容量で選ぼう

現在販売されている日立の衣類乾燥機の乾燥容量は、4kg、5kg、6kgです。1日の洗濯量は、1人当たり約1.5kgといわれているので、ひとり暮らしなら4kgで十分ですし、家族4人となると6kgの容量が必要と言えるでしょう。購入前に、家族全体の使用容量を把握しておくことで、家族の人数に合わせた衣類乾燥機を購入することができます。

サイズで選ぼう

衣類乾燥機は小型のものから大型のものまであります。日立の衣類乾燥機は幅と高さはほぼ同じサイズですが、乾燥容量によって奥行きに若干差があります。洗濯機の上に設置するようならそこまでサイズに違いはありませんが、床置きなどの場合はあらかじめ設置するスペースの大きさを測り、そのサイズに合わせて購入するようにしましょう。

日立の衣類乾燥機製品ラインナップ

衣類乾燥機(DE-N40WX)

衣類をふんわり、やさしく仕上げてくれる衣類乾燥機です。「ふんわりガード機能」により、乾燥を終了した後も取りだすまで5分ごとに送付運転を行うので、シワを防ぎ衣類のふんわり感を保ってくれます。

タイマー機能は15分ごとに設定することができるので、省エネにもつながります。乾くすスピードも早いので、共働きの家庭におすすめです。乾燥容量が4.0kgなので、2~3人家族向けのサイズとなっています。

■色:ピュアホワイト(W)
■サイズ:(幅)63.0cm×(高さ)67.0cm×(奥行)43.9cm
■乾燥容量:4kg
■おすすめ機能:タイマー機能/毛布乾燥機能/シワ取り機能/ヒーター乾燥

公式サイトはコチラ

衣類乾燥機(DE-N50WV)

機能性、温風乾燥にも優れた衣類乾燥機です。衣類によって乾燥方式が選べる「2way乾燥」機能がついており、熱に弱いデリケートな衣類は、ヒーターを使用せず「風乾燥」で乾かすことができます。また「仕上げコース」も付いており、生乾き衣類や湿っぽい衣類の仕上げ乾燥も可能です。静音性にも優れているため、赤ちゃんがいる家庭にもおすすめです。

■色:ピュアホワイト(W)
■サイズ:(幅)63.0cm×(高さ)67.0cm×(奥行)44.6cm
■乾燥容量:5kg
■おすすめ機能:タイマー機能/毛布乾燥機能/シワ取り機能/温風機能/ヒーター乾燥

公式サイトはコチラ

衣類乾燥機(DE-N60WV)

先ほど紹介した「DE-N50WV」と同じ機能を持ち、乾燥容量を増やしたタイプです。衣類乾燥機のなかでは、圧倒的な人気を誇り、ボタンを押すだけで乾燥が始まるなど操作も簡単です。また、乾燥中の音もとても静かなので音を気にすることもありません。

一度に多くの洗濯物を乾燥させることができるので、人数の多い家庭には特におすすめです。「お掃除ラクラクフィルター」も付いているので、出てきたゴミを掃除機で吸い取るだけなので、お手入れも楽にできます。

■色:ピュアホワイト(W)
■サイズ:(幅)63.0cm×(高さ)67.0cm×(奥行)51.6cm
■乾燥容量:6kg
■おすすめ機能:タイマー機能/毛布乾燥機能/シワ取り機能/温風機能/ヒーター乾燥

公式サイトはコチラ

日立の衣類乾燥機用スタンド

衣類乾燥機用スタンド(DES-N76)

洗濯機や衣類乾燥機のサイズに合わせて、幅・高さ・奥行きなど調整可能な「スタンド方式」ののびのびスタンドです。幅と高さは洗濯機に合わせて7段階に調節でき、奥行きは衣類乾燥機に合わせて4段階に調節することができます。今回ご紹介した衣類乾燥機は全て対応していますが、中には適応外もあるので自宅にある衣類乾燥機の機種を確認して購入してください。

■色:シルバーグレー(S)

公式サイトはコチラ

衣類乾燥機専用ぴったりスタンド(DES-P32)

組立てが簡単な「ぴったりスタンド」です。あらかじめ形が決まっているので、幅や高さ、奥行きといった調節が必要なく、洗濯機の背面に直接取りつけ可能です。乾燥機の洗濯機をスマートに一体化できるので使いやすく、スペースに無駄も生まれません。

■色:シルバーグレー(S)

公式サイトはコチラ

衣類乾燥機 床置き用スタンド(DES-Y11)

衣類乾燥機を使いやすい高さに固定するための「床置きスタンド」です。サイズが幅60.0cm×高さ40.2cm×奥行44.2cmとなっています。

■色:グレー(H)

公式サイトはコチラ

日立の乾燥機〜故障してしまったら?

日立 乾燥機

まずは日立のウェブサイトにある「よくあるご質問」で、同じような症状がないか確認してみましょう。原因や解決方法が掲載されているので、自分で対応することで直ることもあります。

故障が改善しなければ、お客様相談センターに相談したり、メールで問い合わせを行ってください。修理が必要な場合は、購入した店に相談したり、出張修理も可能なので一度問い合わせてみてくださいね。

お問い合わせはコチラ

人気の日立の衣類乾燥機で家事を楽にしよう

日立の衣類乾燥機は、性能もよく静音性にも優れているため、大変人気があります。「これっきりボタン機能」で、簡単に操作できるのも魅力ですよね。外に干せないときやすぐに衣類を乾かしたいときなどに、衣類乾燥機が重宝します。

特に冬になると、外に干しても厚手の衣類は1日では乾きにくいですよね。衣類乾燥機は一度使ったら手放せなくなる家電製品です。ぜひ自身の環境に合わせた衣類乾燥機を購入してくださいね。

洗濯機日立の洗濯機おすすめ9選!特有の機能やドラム式・タテ型の違いについて