日立の洗濯機おすすめ9選!特有の機能やドラム式・タテ型の違いについて

洗濯機

明日可

日々の家事に欠かせない洗濯機。現在では、ドラム式洗濯乾燥機やタテ型洗濯乾燥機といった、最新の機能がついた洗濯機が多く販売されていますが、今回は大手家電メーカーである日立の洗濯機を9選ご紹介します。日立の洗濯機にしかない特徴や、ドラム式とタテ型の洗い方や乾燥性能の違いなど、一見同じように見える機能に対しても詳しくみていきましょう。

日立の洗濯機の特徴

___mwh.1030さん(@___mwh.ome)がシェアした投稿

ドラム式洗濯機「ビッグドラム」の特徴

日立ドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」は、業界最大洗濯容量の12kgを実現し、乾燥容量は6kgとなっています。他にも、最新の洗濯機ならではの機能、特徴があるのでみていきましょう。

風アイロン

アイロンがけをせずにそのまま着ることのできる「風アイロン」機能です。風アイロンは、時速約300kmの高速風を衣類に吹きかけることでシワを伸ばし、アイロンがけの手間を省きます。洗濯槽内は、湿度コントロールによりドラム内の湿度をコントロールし、衣類を蒸らして袖まできれいに仕上げることができます。

また、衣類の温度を約60℃以下にする低温乾燥により、熱による縮みや変形を抑えつつ、ふんわりと優しく仕上げてくれます。

ナイアガラ洗浄

ナイアガラ洗浄により、衣類の襟や袖の汚れや泥汚れ、ファンデーションや醤油の汚れもきれいに落とすことができます。高濃度洗剤液を衣類に噴きつけて循環させ、押し洗い・たたき洗い・もみ洗いするという方法で、「強力循環ポンプ」搭載のため節水もしてくれます。

自動おそうじ

洗濯するたびに洗濯槽の汚れを洗い流して除菌し、黒カビの発生を抑える「自動おそうじ」機能により、いつもきれいな水で洗濯することができます。この自動おそうじはすすぎの後に行われるため、きれいな水で洗濯槽を洗い流します。

タテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」

ナイアガラビート洗浄

大流量、高濃度で洗うことのできる「ナイアガラビート洗浄」です。予洗いの手間を減らすことができるため、家事の時短にもつながります。また、センサーが感知して、投入された洗剤の種類によって洗い方を変え、食べこぼしの油汚れもしっかり落としてくれます。

さらに、ビートウィングX(回転羽根)により押し洗い、たたき洗い、もみ洗いの効果を実現するとともに、ナイアガラシャワーにより高い洗浄力を実現しました。

「おいそぎ」コース

その日のうちに必要な衣類でも素早く乾かすことのできる、「おいそぎ」コースです。洗濯容量が1.5kg分なら、洗濯から乾燥まで約98分で終えることができますし、速乾ビート乾燥で衣類を舞い上げながら乾燥させることができます。ビートウィングXにより衣類が大きく広がるため、乾きムラ、乾燥ジワを抑えてふんわり仕上げることができます。

使いやすい

約43cmの広々投入口と洗濯槽の底の位置が高いという設計により、出し入れしやすい洗濯乾燥機です。本体のふたの表側も裏側も段差が少ないためお手入れしやすく、操作パネルの周りも凹凸がなく拭き掃除も簡単に行うことができます。

ドラム式とタテ型洗濯機の違い

洗い方と節水性能

ドラム式もタテ型洗濯機も洗浄力は変わりませんが、どのようにして衣類を洗うか、みていきましょう。

ドラム式洗濯機

ドラム式の洗濯機は、基本的に「たたき洗い」をします。たたき洗いとは、ドラムを回転させることで衣類を持ち上げ、洗濯槽にたたきつけるようにする洗い方で、洗剤液を循環させて洗うため、少ない水でも汚れをしっかり落とすことができます。

タテ型洗濯機

タテ型洗濯機の場合は、洗濯槽の底にある独自形状をした羽根を回転させることにより、押し・たたき・もみ洗いをします。洗剤液を循環させ、少ない水で洗うことができますが、ドラム式よりも節水性能は劣ります。

乾燥方式

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機の場合、ヒートリサイクル乾燥方式を採用しています。これは、運転時に発生する熱を回収して乾燥時に温風に再利用するもので、約60℃以下の低発熱量で乾燥させることができます。衣類を大きく広げ、シワを伸ばしながら乾かすため、アイロンいらずのきれいな状態に仕上がります。

タテ型洗濯機

タテ型洗濯機の乾燥方式は、ヒーター乾燥方式です。ヒーターで温めた空気を衣類に当てて乾かすため、ヒーターの温度は約75℃まで上昇させます。乾燥後の衣類の状態は、ドラム式と比べるとしわが多く、高温のため衣類の縮みや変形が起きやすい可能性があります。

おすすめ!日立の洗濯機9選

【ドラム式洗濯乾燥機】ビッグドラムBD-NX120BL

本体奥行62cmのスリムタイプのビッグドラムです。風アイロン、ナイアガラ洗浄といった、最新の設備が備わったドラム式洗濯乾燥機です。

  • 洗濯・脱水容量:12kg(業界最大)
  • 洗濯~乾燥:乾燥容量:6kg

公式サイトはコチラ

【ドラム式洗濯乾燥機】ビッグドラムBD-SV110BL

本体幅60cmのスリムタイプのビッグドラムです。「温水槽洗浄」と「洗乾たっぷり7kg」コースはありませんが、先ほどご紹介したビッグドラムBD-NX120BLと性能はほぼ変わりません。

  • 洗濯・脱水容量:11kg
  • 洗濯~乾燥:乾燥容量:6kg

公式サイトはコチラ

【タテ型洗濯乾燥機】ビートウォッシュBW-DV120C

業界最大クラスの洗濯容量12kgのタテ型洗濯乾燥機です。ナイアガラビート洗浄、おいそぎコースといった機能がついているほか、この機種のみ「脱水/乾き具合」ボタンと「お気に入り」ボタンがついています。

「脱水/乾き具合」ボタン

脱水具合や、洗濯~乾燥・乾燥コースの乾き具合を「しっかり」「弱め」に設定することができます。

「お気に入り」ボタン

水量、時間、すすぎ方など、よく使う設定の組み合わせを3つまで登録しておくことができます。

  • 洗濯・脱水容量:12kg
  • 洗濯~乾燥:乾燥容量:6kg

公式サイトはコチラ

【タテ型洗濯乾燥機】ビートウォッシュBW-DV100C

本体幅57cmのスリムタイプのタテ型洗濯乾燥機です。ナイアガラビート洗浄、おいそぎコースがあり、ほかにもダニ対策コース、自動おそうじ機能がついています。

  • 洗濯・脱水容量:10kg
  • 洗濯~乾燥:乾燥容量:5.5kg

公式サイトはコチラ

【全自動洗濯機】ビートウォッシュBW-V100C

乾燥機能のついていない、全自動洗濯機です。本体幅57cmのスリムタイプで、フタの部分は強化処理ガラスを採用しています。乾燥機能がない以外はタテ型洗濯乾燥機とほぼ同じ性能のため、自然乾燥派の方はお値段も抑えることができておすすめです。

  • 洗濯・脱水容量:10kg

公式サイトはコチラ

【全自動洗濯機】ビートウォッシュBW-V70C

本体幅53cmのコンパクトタイプの全自動洗濯機です。ナイアガラビート洗浄機能、自動おそうじ機能がついています。一人暮らしのお部屋や賃貸など、狭いスペースでも置くことができます。

  • 洗濯・脱水容量:7kg

公式サイトはコチラ

【全自動洗濯機】白い約束NW-80B

シャワー浸透洗浄と風脱水の機能がついた全自動洗濯機です。少ない水で洗剤液を溶かして衣類に染み込ませ、シャワーでしっかり洗います。また、高速回転により干し時間を短縮できるようになっています。

  • 洗濯・脱水容量:8kg

公式サイトはコチラ

【2槽式洗濯機】青空PS-65AS2

つけおきタイマーを搭載した、2層式洗濯機です。他にも、おしらせブザー、ステンレス脱水層、抗菌パルセーターもついています。

  • 洗濯・脱水容量:6.5kg

公式サイトはコチラ

【2槽式洗濯機】青空PS-120A

12kgの大容量2槽式洗濯機です。つけおきタイマーを搭載しており、脱水運転中の脱水層の内ふたをロックする「センサーロックシステム」も搭載しています。

  • 洗濯・脱水容量:12kg

公式サイトはコチラ

meiさん(@meisan_house)がシェアした投稿

性能の良い日立の洗濯機で家事をしよう

現在販売されている日立のおすすめ洗濯機をご紹介しました。忙しく家事をこなする主婦を救ってくれる機能がたくさんついており、また大容量で一度に多くの洗濯物を洗うことができるため、朝早く起きて何度も洗濯機を回すといった手間も省くことができます。

すでに洗濯機は私たちの生活に欠かせないものとなっており、性能も日を追うごとに強化されています。洗濯機の購入や買い替えの際は、必要な機能を事前にチェックしておいてくださいね。