新年に買い替え!おすすめ家電特集

【2022年最新】二層式洗濯機おすすめ人気10機種!特徴・使い方・選び方も

トキ

画像引用:PRTIMES

昭和35年に三洋電機から発売されて以降、今もなお人気のある二層式洗濯機。洗濯槽と脱水層が分かれていて、縦型洗濯機やドラム式洗濯機とは異なる特徴があります。この記事では、二層式洗濯機の特徴や他のタイプとの違い、おすすめ人気10機種までご紹介します。

洗濯機の種類別おすすめ人気ランキングはこちらから!
【2022年最新】洗濯機の種類別おすすめ人気ランキング30選!用途や条件に合った機種が見つけよう

二層式洗濯機とは

ドラム式洗濯機や縦型洗濯機が一般的なため、二層式洗濯機になじみがない人が多いのではないでしょうか。二層式洗濯機が気になっているものの、あまり知らない人に向けて、まずは特徴、メリット・デメリット、他のタイプとの違いをご紹介します。

特徴

二層式洗濯機は、洗濯槽と脱水槽の2つの槽に分かれています。洗濯槽で洗濯やすすぎを行い、脱水槽で脱水を行うのが特徴です。

縦型洗濯機やドラム式洗濯機と比較すると、価格がリーズナブルなのもポイント。全自動洗濯機よりも手間がかかるものの、手ごろな価格で高い洗浄力を生かした洗濯ができます。

メリット

二層式洗濯機は、全自動洗濯機に比べて洗濯槽が小さいため、モーターの攪拌力が効率よく伝わるので、洗浄力が高いです。洗剤が良く泡立ち、衣類をキレイに洗浄できます。汚れの落ち具合を見て、洗浄やすすぎの回数を手動で調節できるのも魅力。

洗濯槽と脱水槽に分かれているので、洗濯と脱水を同時に行えるのもメリットです。

また、全自動洗濯機に比べて構造が単純なため、丈夫で修理が行いやすくなっています。パーツを取り外しやすいため、掃除もしやすいです。1台の洗濯機を長く使いたい方にもおすすめ。

デメリット

二層式洗濯機は、洗濯と脱水を手動で行うため、全自動洗濯機に比べて手間がかかります。

また、脱水槽が小さいので、毛布などを大物を洗濯しにくいのもデメリットです。人によっては、音がうるさいと感じてしまうため、洗濯中の音が気になる方は注意しましょう。

縦型洗濯機やドラム式洗濯機との違い

縦型洗濯機は二層式洗濯機と違い、スイッチを押せば、洗い・すすぎ・脱水を済ませることができます。縦型洗濯機と二層式洗濯機のどちらを購入するか迷った際、洗濯にかけられる時間や手間を考慮しましょう。

ドラム式洗濯機は二層式洗濯機に比べ、少ない水量で洗濯でき、衣類へのダメージが少ないです。乾燥機能が付いているため、洗濯から乾燥までを行えます。一方で、購入価格は高めなので、コスト面では二層式洗濯機の方が経済的です。

縦型洗濯機【2022年最新】縦型洗濯機おすすめ人気ランキング20選!一人暮らしから家族向けまで 【2020年最新】ドラム式洗濯機おすすめ10選!正しい選び方もご紹介【2022年最新】ドラム式洗濯機おすすめ人気10選!正しい選び方と相性の良い洗剤・柔軟剤も

二層式洗濯機の気になる使い方

二層式洗濯機の使い方は、以下の通りです。

手順1
洗い
洗濯槽に水を溜めてから、洗剤と洗濯物を入れてから洗濯槽を回す
手順2
排水
切り換えコックを排水に切り替え、排水を行う
手順3
脱水
洗濯物を脱水槽に移したら、内蓋をして約1分脱水を行う
手順4
すすぎ
切り換えコックを溜める方に戻し、洗濯槽に洗濯物を入れる
手順5
脱水
すすぎ終わったら、脱水槽に洗濯物を移し、1~5分脱水を行う

洗濯物の汚れに応じて、洗濯にかかる時間が異なります。通常は約3~5分、ひどい汚れの場合は約12~15分かかります。

また、洗濯物が絡みやすいため、何度も洗い作業を行っていると、洗濯物が傷んでしまうので注意しましょう。

すすぎの際、水を溜めてから行うと節水になります。水道代を少しでも節約したい方は、溜めすすぎを行いましょう。

脱水は、重い物から順に入れるのがポイントです。バランスよく洗濯物を配置しないと、モーターが上手く回転せず、最悪の場合は故障するおそれがあります。ガタガタ動いた際は、脱水槽の蓋を開け、モーターの回転を止めましょう。

二層式洗濯機の選び方

二層式洗濯機はさまざまなメーカーから販売されているので、どれ選べばよいか悩むことも多いです。ここでは、二層式洗濯機の選び方を5つのポイントで解説します。

一度に洗濯できる量

機種によって、一度に洗濯できる量が異なります。1日に出る1人当たりの洗濯物は、約1.5kgが目安です。シーツやタオルなどを洗濯する場合、約2~2.5kgのゆとりを持たせましょう。1~2人暮らしなら、約4.5~5.5kgの容量が目安になります。

住んでいる人数だけでなく、ライフスタイルによっても1日に出る洗濯物が変わってきます。家族の人数やライフスタイルに合った洗濯容量を備えた機種を選びましょう。

自宅に設置できるサイズか

二層式洗濯機を購入する際、幅・奥行・高さ・本体幅をチェックしましょう。サイズによっては、自宅に設置できない可能性も考えられます。

また、排水ホースの長さを把握し、自宅で使えるかどうか判断することが重要です。左出しと右出しで排水ホースの長さが変わります。

静音性に優れているか

二層式洗濯機は構造上、音が漏れやすいです。洗濯時の音でご近所トラブルになったり、赤ちゃんやペットに影響を与えたりしないためにも、静音性をチェックしましょう。

昼間に洗濯する頻度が多い場合、55dB以下の二層式洗濯機がおすすめです。夜に洗濯する頻度が多い場合は45dB以下の二層式洗濯機を選ぶと良いでしょう。

理由は、環境省が騒音の基準値を昼間は55dB以下、夜間は45dB以下が望ましいと定めているため。昼間は午前6時~午後10時までの間、夜間は午後10時~翌日の午前6時と定めています。

洗濯槽の材質をチェック

洗濯槽の材質も選ぶポイントのひとつ。洗濯機を使う上で注意したいのがカビです。汚れや湿気により、洗濯槽にカビが生える可能性があります。

ステンレス槽は傷つきにくく、長期間使ってもカビが生えにくいです。洗濯槽を清潔に保ちたい方は、ステンレス槽が使われている二層式洗濯機を選びましょう。

稼働タイプは「ツマミ式」or「半自動式」?

二層式洗濯機によって、稼働タイプが異なります。各タイプの特徴をチェックし、自分に合った二層式洗濯機を選びましょう。

二層式洗濯機の稼働タイプは以下の2つです。

  • ツマミ式:ツマミ式のタイマーを設定し、洗濯と脱水を行うタイプ
  • 半自動式:脱水までの工程と給水を自動で行うタイプ

ツマミ式は、洗濯と脱水の時間を自分の好みに設定できるのが特徴。洗濯物に合わせて、運転時間や給水量を調整したい方におすすめです。

すすぎなどのタイミングの設定や給水量の調整が面倒なら、半自動式の方が相性が良いでしょう。

二層式洗濯機おすすめ人気10選

ここでは、おすすめ二層式洗濯機を10機種ご紹介します。重視するポイントをイメージしながら、自分に合った機種を探してみましょう。

【日立】PS-80S-W

『日立』の“PS-80S-W”は、洗濯・脱水容量が8kgの洗濯機です。一度に約40枚分のワイシャツを洗濯できます。脱水槽には、ステンレス槽が使われているため、カビ対策を行いたい方にもおすすめ。

つけおきタイマーが搭載されており、洗濯物についた汚れをしっかり落とせるのも特徴のひとつです。

しっかり汚れが落とせるように二層式にしました。
今までは全自動で、洗い上がりに汚れが残っていたりすぐ壊れたりで>_< 買って正解です! 洗い方も時間も自分で変えることが出来るし汚れ落ちはバッチリですね! ですが、新築などの家だと洗面所に設置されている水道?蛇口?が埋め込まれているタイプだと、専用のホースじゃないと付けられません。(洗濯機と蛇口を繋ぐホース) ホームセンターに行ったら二層式用のその専用のホース自体がないと言われました。 なので我が家では、専用のホースを蛇口に付けて、洗濯機につなぐ方の先を切落として洗濯機に付けました。 誰かの参考になればいいです!

出典:Amazon/ぷぷさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【日立】PS-65AS2

『日立』の“PS-65AS2”は、お知らせブザーが搭載されており、洗いやすすぎの終了をブザーで知らせてくれます。脱水やすすぎのタイミングをいち早く把握できるのが魅力です。

また、抗菌パルセーターとステンレス槽が使われているのもポイント。洗濯機に雑菌やカビが繁殖するのを防ぎたい方にもおすすめです。

二層式洗濯機をこよなく愛しています。今まではアクアの4.5キロでしたが大物洗いができるよう水位調節のできる6.5キロに買い換えました。
今朝届き早速使用してみた感想、音の大きさは変わらないけど重低音(笑)でかなり響きます。馬力が必要なのでしょうね。
感動したのは排水の速さです。アクアは排水時間が恐ろしく遅く、洗濯機を高くしてみたりしましたが水を貯める時間と変わらないほどでしたが、サーッと気持ちいい排水です。脱水も安定してて片寄りのガタガタ音も大丈夫そうです。
毎日の洗濯が快適になります。

出典:Amazon/メイさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【日立】PA-T45K5-CP

『日立』の“PA-T45K5-CP”は、洗いからすすぎまで自動運転で行ってくれる二層式洗濯機です。給水も自動なので、水の止め忘れを防ぐことができます。

循環式糸くずキャッチャーが搭載されており、洗濯槽に溜まった糸くずを取ってくれるのも特徴です。

洗濯機は以前からモーターが信頼できる日立と決めていましたが、今度の洗う層のモーター音は少し、いや随分大きいよう思えます。小さい音に改善して欲しいですものです。脱水層は静かで満足しています。脱水層の音に近い音であれば全てが満足です。

出典:Amazon/akariさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【ハイアール】JW-W45E-W

『ハイアール』の“JW-W45E-W”は、操作パネルの文字が見やすく、操作が行いやすいのが特徴。ダイヤルで洗い時間や水流を調整できるため、素材に応じた洗い方ができます。ツマミが大きく、水流や排水の切り替えなどが行いやすいです。

給水切り替えで脱水槽に給水を行えば、すすぎのみ行えるのもポイントです。あらかじめ、すすぎを行うことで洗濯物についた汚れを落としやすくなります。

家では最初から二層式洗濯機を使用しておりますが、全自動洗濯機と違い洗い分けが出来る所が使い勝手の良い所と思います。全自動洗濯機は面倒くさくないと思いますが、ほとんどの人はいっしょくたんに洗濯してるのではないでしょうか?汚れのひどくないものから洗い始めて順次洗濯できる事はとても良いように思い、今後とも二層式洗濯機が存在する間は使い続けたいと思います。

出典:Amazon/新入生さん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

東芝の人気洗濯機6選と口コミ!タテ式やドラム式のおすすめ機種や特徴【2022年最新】『東芝』のおすすめ洗濯機12選と口コミ | 全自動・縦型・ドラム式の人気機種をご紹介

【MAXZEN】JW60KS01

『MAXZEN』の“JW60KS01”は、ツマミを回すだけで簡単に洗濯と脱水の設定が行えます。

つけ置き洗いとソフト洗いを搭載し、汚れや洗濯物の素材に応じた洗濯できるのもおすすめできるポイントです。ステンレス槽が使われており、カビ対策ができ清潔に保つことができます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【アルミス】新! 晴晴 AHB-03

『アルミス』の“新! 晴晴 AHB-03”は、洗濯容量が2.8kg、脱水容量が1.8kgの二層式洗濯機。

コンパクトな機種のため、一人暮らしの方の洗濯や、赤ちゃんの衣類やペットの服、雑巾などの別洗いにおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【CB JAPAN】TOM-05 W

『CB JAPAN』の“TOM-05 W”は、洗濯容量が3.6kg、脱水容量が2kgの二層式洗濯機で、3日分の洗濯物を洗うことができます。

糸くずフィルターが付いており、洗濯槽に溜まった糸くずを取ってくれます。

洗濯層も思いのほかパワフルで、脱水もしっかりしています。
普通の洗濯機と並べるとおもちゃのように見えてちょっと心配でしたが、
サイズは小さくても子供の頃の二層式洗濯機と全く変わらない感じで昭和の人間としては使い勝手も十分満足です。
注水用のホースが付属していないことが唯一の不満点でしょうか。
耐久性などはまでわかりませんが、普通に5年~10年使えてくれたら5点です。

出典:Amazon/minoruさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【THANKO】別洗いしま専科3

『THANKO』の“別洗いしま専科3”は、ベランダにも設置できるコンパクトな洗濯機です。作業や体操服、色落ちが気になるデニム、赤ちゃんの衣類などの別洗い用に活躍するでしょう。

パルセーターと角のある洗濯槽の形状によって、パワフルな水流を作るのが特徴です。メインの洗濯機としても、力強く汚れを落としてくれます。

ステンレス槽が使われているため、カビを気にせず長く使用できるのも魅力です

洗濯機がジメジメ蒸し蒸しな梅雨時期に壊れ
新しいものを購入するも搬入まで2週間だって・・・

一家4人でこどももたくさん汗をかく蒸し暑い時期
コインランドリーに毎日通うのは大変だな〜っとおもって

小さくて安くて早く来る洗濯機を物色中に発見
2層式なら将来的には靴洗いでもいいかと購入

容量が小さいのでシーツは1枚、バスタオルは3枚くらいが精一杯ですが
手洗いより楽だし、くるくるまわる洗濯の様子を蓋を開けて見るのが
けっこう好きだったのでなんども回すのもさほど苦にはなりませんでした
(最近のは蓋を閉じないと回らないので^^;見えてもガラス越し感があまり・・・)

出典:Amazon/アヤパパさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【パナソニック】NA-W40G2-W

『パナソニック』の“NA-W40G2-W”は、さびにくいプラスチックボディを採用しているのが特徴。

洗いの最中に水位を切り替えることで水量の変更ができます。洗濯物の量に応じて水量を変更し、節水できるのが魅力です。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

パナソニックの人気洗濯ランキング!売れ筋8つの商品と特徴を解説【2022年最新】パナソニックの洗濯機おすすめ人気ランキング!種類・特徴も解説

【AQUA】AQW-N40-W

『AQUA』の“AQW-N40-W”は、風呂水専用給水口が付いており、浴槽の水を使って洗濯できます。デリケートな衣類に最適なソフト洗い機能も便利。

また、抗菌ビッグパルセーターが使われているため、雑菌対策ができるのもポイントです。

Amazon
楽天市場

【2022年最新】アクア(AQUA)人気おすすめ洗濯機12選|気になる特徴から性能まで解説!

根強い人気のある二層式洗濯機を使ってみよう!

二層式洗濯機は、洗濯槽と脱水槽が分かれたタイプで、洗浄力の高さが魅力です。機種を選ぶ際は、洗濯容量やサイズ、静音性などをチェックして、自分に合ったものを選びましょう。おすすめ機種も参考にして、今でも人気の高い二層式洗濯機をぜひ使ってみてくださいね。

洗濯機の種類や機種の比較ポイント5つ!おすすめ人気13商品と口コミもご紹介