日焼け止めによる服の汚れや対処法!色別にみる変色の原因とは?

白、黄、赤……服が変色するのは日焼け止めのせいかも?!色別にみる日焼け止めによる服の汚れの対処法!!

まりや

着ていた服の襟元や袖口が変色していた経験はありませんか?その原因は日焼け止めによるものかもしれません。日焼け止めによる服の変色は大きく分けると、白色、黄色、赤色
の3色に分けられ、それぞれ原因や対策が異なります。今回はその原因や対処法について詳しく解説していきます。

どうして日焼け止めで服が汚れるの?

po⍤⃝♡さん(@11po27)がシェアした投稿

UVケアには欠かせない日焼け止めですが、最近は種類が豊富になり強力なものも多く発売されています。特によく選ばれているのは、水や汗に強いウォータープルーフタイプで、このタイプは普通の石けんで落とそうとしてもなかなか落ちないので、洋服についたときも厄介です。

そもそもなぜ日焼け止めで服が汚れるかというと、日焼け止めに「紫外線散乱剤」というものが入っているからです。

「紫外線散乱剤」とは?

日焼け止めの種類は、大きく分けると3種類あり、「紫外線散乱剤」が配合されているもの、「紫外線吸収剤」が配合されたもの、その両方が配合されているものに分けられます。

服汚れの原因となる紫外線散乱剤というのは、紫外線を物理的に反射させて散乱させることで肌を防御しています。これは肌の上にUVカットの膜を張っているイメージですので、パウダー状のものが乗っている状態です。

そのためファンデーションなどと同じように、触ると移ってしまうのです。紫外線散乱剤が配合された日焼け止めというのは、肌も白くしますし、洋服に移れば白く色移りしてしまいます。

そのため、下地効果のある化粧品と同じ扱い方をしなければならないものだったのです。逆に紫外線散乱剤が入っていない紫外線吸収剤は、肌の上でスポンジのような役割を果たし、紫外線を吸収しています。そのためパウダー状のものと比べると断然服にはつきにくいのです。

ただ、最近では紫外線散乱剤でも白浮きすることが少ない商品も開発されています。紫外線散乱剤の方が紫外線吸収剤よりもお肌に優しいという利点もありますので、両方が混合された日焼け止めなどと比較して上手に選んでみてください。

日焼け止めで服が変色する原因と対処法

白色はまだ新しい汚れ

白、黄、赤……服が変色するのは日焼け止めのせいかも?!色別にみる日焼け止めによる服の汚れの対処法!!

粉っぽいものがついているような白い汚れは比較的ついたばかりの汚れです。すぐに落ちやすい汚れですので、応急処置も含めて汚れてしまったときの対処法を見てみましょう。

原因

袖口や襟元に白くついてしまった汚れは、大抵の場合日焼け止めがついたばかりのときの汚れです。服を着たときについてしまったり、満員電車の中で擦れてついてしまったりなど、服が日焼け止めに触れた瞬間についた汚れだと思ってください。

先ほどご説明したように、紫外線散乱剤配合の日焼け止めを使用すると、服への色移りは避けて通るのは難しいでしょう。それでもUVケアのために日焼け止めが手放せないという方は、ファンデーションや口紅と同じように、日焼け止めが極力服につかないように配慮することが大切です。

ただ、白色の汚れの段階は早めの処置ですぐに落とすことができますので、服についたと気付いた時点ですぐに落とす準備にかかりましょう。

外出先での対処法

サニーママさん(@sunnydrop2016)がシェアした投稿

まずは外出先で服の汚れに気がついたときの、応急処置の方法をご紹介します。

【用意するもの】
■ハンカチ2枚(ティッシュでも可)
■あれば石けん

  • 手順1
    汚れた部分に乾いたティッシュを当てて、水分を吸収させます。
  • 手順2
    次に乾いたハンカチを汚れの下にセットして、上から濡れたハンカチかティッシュで叩きます。これで汚れを下のハンカチに移していきます。このときハンドソープなど石けん系のものがあれば汚れに塗っておくと落ちやすくなります。
  • 手順3
    ある程度汚れが移ったら、すすぎをしましょう。直接水道で洗えない場所は、濡れたハンカチで何度も拭いて石けんを落とします。

家での対処法

mx.0213さん(@mx.0213)がシェアした投稿

日焼け止めによる白い汚れは上の方法で落ちる程度の場合も多いですが、完全に落ち切らなかったときは家に帰ってから下記の方法を試してみてください。

【用意するもの】
■クレンジングオイル
■台所用洗剤
■いらない歯ブラシ
■タオル

  • 手順1
    まずクレンジングオイルと台所用洗剤を1:1の割合で混ぜ、専用の染み抜き剤を作ります。
  • 手順2
    汚れている部分の下にタオルを敷き、歯ブラシに先ほど作った染み抜き剤を染み込ませ汚れ部分に塗っていきます。そして優しくブラッシングしていきます。
  • 手順3
    下のタオルに汚れが移ったら、水で洗って完了です。

染み抜き剤を塗るときは、広げ過ぎないよう注意してください。染み抜き剤が広がると汚れまで広げてしまうことがあります。また時間がないときは、染み抜き剤をつけて15分ほど浸け置きして洗い流すだけでも、だいぶ汚れを落とせます。

黄ばみは時間が経ってしまった汚れ

日焼け止めがついてしまった服を放っておくと、その汚れは次第に黄ばみへと変わってしまいます。黄ばんでしまったときの対処法などを見ていきましょう。

原因

この前までキレイだったはずの服が、急に黄ばんでしまっていたことはありませんか?袖口や襟元が、鮮やかな黄色みの強い色に変色していたら、それは日焼け止めがついていたのを放置してしまった証拠です。

洗濯していたとしてもちゃんと日焼け止めが落としきれていないと黄ばんでしまうので、突然の変色に驚くことも多いかもしれません。比較的頑固な汚れではありますが、これも時間との勝負ですので早く対処するようにしましょう。

対処法

Miyuki Nさん(@miyuking.n)がシェアした投稿

まずは先ほどご紹介した、白い汚れを落とす染み抜き剤での方法を試してみましょう。初期の段階ではそれで落とすことが可能です。もし頑固な汚れで落ちなかった場合は、「ベンジン」を使って落としてみましょう。ベンジンはオイルを分解してくれるので、日焼け止めの油分にも効果的です。

【用意するもの】
■ベンジン
■ゴム手袋
■綿棒
■タオル

  • 手順1
    ベンジンは強力ですので、素手で触らないようゴム手袋をしてから取り掛かります。
  • 手順2
    タオルを汚れ部分の下に敷き、ベンジンを綿棒につけて汚れ部分に塗っていきます。
  • 手順3
    一通り塗り終わったら、敷いてあるタオルに汚れを移すようなイメージで服をもんでいきます。
  • 手順4
    汚れが取れたら水で洗って乾かして完了です。

ベンジンはその強力さからしぶとい汚れに効果的ですが、皮膚や服の生地を傷めることもあります。特に色物の服ですと色落ちの可能性もあるので、目立たない部分でテストをしてから洗浄に移ったほうが安心です。服の損傷が不安なら、クリーニングに出してしまう方が確実です。

ピンクや赤くなるのは漂白剤に反応している汚れ

白色の服の汚れは特に目立ってしまうため、漂白剤で真っ白にしようとされる方かたも多いのではないでしょうか。もしその汚れが日焼け止めによる汚れだとしたら、塩素系の漂白剤は避けるようにしましょう。

原因

塩素系の漂白剤は、日焼け止めと混ざると化学反応を起こしてしまい、ピンクや赤色に変色させる作用があります。そのため、日焼け止めが付着したままの服を塩素系の漂白剤で洗濯してしまうと、その部分だけピンク色に変色してさらに目立った汚れになってしまいます。

これを回避するには、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使用するようにしましょう。しかし、ピンクや赤になってしまった服も、基本的には元に戻せますので、慌てずに対処していきましょう。

対処法

まずは塩素系漂白剤が残っていると意味がないので、しっかりと水洗いします。そのあとに、黄ばみの対処方と同じやり方で変色部分を洗ってみましょう。1度の洗浄では落ちないこともよくありますので、何度かこれを繰り返してみてください。

それでもダメなときは、「ケイ酸塩」入りの固形石鹸でもみ洗いしてみてください。色が消えるまで浸け置きしていてもいいでしょう。ケイ酸塩の強いパワーで、だいたいの変色が落とせるはずです。

服に日焼け止めがつかないようにする小技

日焼け止めのせいで変色などの目立つ汚れがついた服も、適切な洗い方をすればほとんど落とせることができます。

しかし、その作業というのは面倒でもありますし、服にとってもそれなりのダメージがあり傷めてしまう可能性もあります。最後は服に日焼け止めがつかないようにする小技をご紹介するので、大切な衣類を守る手助けにしてみてください。

日焼け止めを塗ったら時間をおいて服を着る

日焼け止めが服に移ってしまう原因は、日焼け止めが肌に馴染む前に服を着てしまっているからかもしれません。

まず日焼け止めを塗るのは服を着る前です。塗った直後はまだ肌の上に浮いている状態なので、馴染むまでしばらく服は着ないようにしましょう。このちょっとした時間を待つだけで、だいぶ服への移りを抑えることができます。

ベビーパウダーを使う

ベビーパウダー

もしベビーパウダーをお持ちなら、日焼け止めを塗った上にはたいてみてください。ベビーパウダーには汗や油を吸収する性質があるので、日焼け止めも吸収して服に移りにくくしてくれます。さらに汗染みなどもできにくくなりますよ。

また、水には溶けやすいので、ベビーパウダーが服についてしまっても、普通の洗濯で簡単に落とすことができます。この方法は芸者さんなども実際に行っているそうです。

ジェルタイプの日焼け止めにする

変色の原因となりやすい、紫外線散乱剤が配合されていない日焼け止めを選んでみることはもちろん、肌に馴染みやすいジェルタイプなどは服に移りにくくなっています。

肌に塗った時にベタベタとせずに、サラッとするテクスチャーのものにして、可能ならウォータープルーフのものも避けてみましょう。普通の洗濯で汚れが落ちやすくなります。

日焼け止めの量を減らす

これまでの小技を試してみて、それでも日焼け止めが衣類へ移るというのなら、日焼け止めの使用量を見直してみましょう。パッケージに書いてある使用量は守らなければなりませんし、汚れが気になるのならそれより少なめで試してみてください。

たっぷりと塗ってしまうと、その分だけ衣類へついてしまうリスクが高まります。必要以上に日焼け止めを塗らないよう心掛けましょう。

日焼け止めが服についたらスピード勝負!大切な衣類を守ろう

紫外線が強い夏などは、UVケアのため日焼け止めが欠かせないかたも多いでしょう。肌が露出している部分に塗るため、服の袖口や襟元というのはどうしても日焼け止めが付着してしまいがちです。

しかし早期に対処することで、そのダメージも減らすことが可能です。また、1度変色してしまったとしても正しい処置で意外と簡単に落とすこともできます。正しい洗濯方法や汚れの予防方法を知り、衣類を日焼け止めから守りましょう。