ペットの毛を掃除する方法を場所別に解説!おすすめ掃除機・ローラー・ブラシもご紹介

トキ

犬や猫などのペットを飼っていると、床に毛が落ちることも。落ちている毛の量や場所によっては、掃除を済ませるのに時間がかかる場合があるので、ペットの毛を掃除する方法とコツを押さえることが大切です。この記事では、ペットの毛を掃除する方法、おすすめの掃除機とローラーをご紹介します。

場所別!ペットの毛を掃除する方法

場所別!ペットの毛を掃除する方法

ペットの毛の落ちる場所はカーペットやベッドなどがあります。ペットの毛を掃除する方法を場所別にご紹介するので、ペットの毛に悩まされている方は参考にしてみましょう。

カーペット

まず、ゴム製のブラシを使い、カーペットに落ちているペットの毛を絡め取ります。強く擦ると、綿毛状にまとまるので、ペットの毛がたくさん落ちているときに試してみてください。

もう一つは、掃除機を使う方法。さまざまな方向から掃除機をかけ、カーペット内部のペットの毛を取り除きましょう

掃除機によっては、ペットの毛の掃除を想定した機種があります。ペットの毛がからみにくく、吸引力に優れている掃除機がおすすめ。

また、部屋の移動しやすさを踏まえると、コードレス掃除機もチェックすると良いでしょう。

​​絨毯・カーペットをキレイにする掃除の方法!おすすめ掃除アイテム15選もご紹介

寝具・衣類

ベッドや布団、洗濯物などにペットが乗って、毛を落とす場合もあります。粘着ローラーを寝具や衣類に転がし、ペットの毛を取り除きましょう。

粘着ローラーの中には、洗って何度でも使えるタイプがあるので、ロールを交換するのが面倒な方におすすめです。

また、衣類を乾燥機にかけると、ペットの毛を吸い取ってくれます。その際、ドライヤーボールなどを入れることにより、静電気が軽減されてペットの毛が取りやすくなりますよ。

床などの固い場所

リビングなどの床をはじめ、固い場所にペットの毛が散らばっているケースもあります。モップでペットの毛を取り除こうとしても静電気でなかなか集められない可能性も。

フローリングシートなどで床などの固い場所を拭き、ペットの毛を取りましょう。

また、静電気を帯びたマイクロファイバーのモップで掃き掃除を行えば、ペットの毛を吸い寄せてキレイにしてくれます。

【2021年最新】フローリングモップおすすめ15選!タイプ別に使いやすいアイテムを選ぼう 【2021年最新】モップ絞り器おすすめ15選!種類ごとの特徴・正しい使い方を解説

空気中

ペットの毛は、空気中に舞っている場合があります。ペットの毛についたフケなどにより、アレルギー症状を引き起こす可能性があるので、ペットを飼っている方は注意したいところ。

空気清浄機を使えば、空気中に舞っているペットの毛を取り除くことができます。

ペットの毛やフケを取り除くのに特化したフィルターを用いた空気清浄機もあるので、ぜひチェックしてみてください。

ペットの毛を掃除する際のコツ

ペットの毛を掃除する際のコツ

ペットの毛を掃除する際、毛が舞って掃除が進まなかったり、なかなか取れずに時間がかかったりすることは避けたいところ。

ここでは、効率よく掃除するコツを紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

部屋の隅から低い所の順に掃除する

ペットの毛は、ホコリなどの汚れと同様に部屋の隅に溜まりがちです

部屋の隅から真ん中の順に掃除を行った後、ホコリの溜まっている高い所から低い所の順に掃除を行い、ペットの毛などの汚れを賢くまとめて取り除きましょう。

掃除しやすいように家具の位置を工夫する

ペットの毛は、どうしても部屋の隅や家具と家具の間などに溜まってしまいます。すき間をできる限り作らないことはもちろん、小物などを置き過ぎないことが大切です。

すき間が多かったり、小物などが多かったりすると、ペットの毛が細かい場所に溜まりやすくなり、必要以上の時間がかかるおそれがあります。

エアコンのフィルターに注意

エアコンを頻繁に利用していると、エアコンのフィルターにペットの毛が張り付いてしまいます

空気中に舞っているペットの毛は気付きにくく、エアコン掃除の際にフィルターにペットの毛が張り付いているかもしれません。

定期的にフィルターの掃除を行うのはもちろん、エアコンを利用する頻度を見直すことがポイントです。

エアコンの風などから嫌な臭いを感じたら、エアコンのフィルターを一度チェックしてみましょう。

エアコンは自分で掃除(クリーニング)できる!手順&揃えたいアイテム

気が付いたときにこまめに掃除する

抜け毛のタイミングなど、ペットの毛が落ちているのに気付いたときにこまめに掃除を行いましょう

掃除の頻度が少ないと、取りきれていないペットの毛がたまってしまいます。掃除の時間や頻度を決めて、ペットの毛掃除を習慣にしましょう。

ペットの毛の掃除におすすめの掃除機5選

ペットの毛の掃除におすすめの掃除機5選

ペットの毛を効率よく取り除くためには、掃除道具にもこだわりたいところ。ここでは、ペットの毛を掃除するのにおすすめの掃除機5選をご紹介します。

【ツインバード】 毛トラッシュ コードレスハンディーサイクロンクリーナー

『ツインバード』の“毛トラッシュ コードレスハンディーサイクロンクリーナー”は、コードレス掃除機です。

「毛トラッシュミニノズル」が付いており、カーペットや床などに落ちたペットの毛をかき出して部屋をキレイにします

サイクロン方式を採用しており、ペットの毛などの汚れと空気を分離することで汚れを吸引しやすいのもポイントです。

また、フィルターやダストケースは水洗いできるため、清潔さを保つことができるのもメリット。

充電台に立てた状態で充電が行えるので、収納スペースを圧迫しません。

使う際は、本体を持ち上げるだけ。コードの抜き差しを行う手間をかけなくて済みます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【東芝】 サイクロンクリーナー トルネオミニ

『東芝』の“サイクロンクリーナー トルネオミニ”は、コンパクトな掃除機です。収納しやすいだけでなく、持ち運びしやすいのがメリット。グリップが握りやすく掃除しやすいのもポイントです。

2つの気流を使ったデュアルトルネードシステムを採用しており、ペットの毛などを効率よく取り除くことが可能。

また、ゴミを圧縮してくれるため、ゴミ捨てが行いやすいです。

フィルターとダストカップを丸洗いでき、ブラシを簡単に取り外せるため、手入れもラクラク。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【アイリスオーヤマ】軽量スティッククリーナー

『アイリスオーヤマ』の“軽量スティッククリーナー”は、ハンディタイプとしても使える掃除機です。

重さは約1.4kgと軽く、持ち運びしやすいのが特徴的。

サイクロン気流により、ペットの毛をはじめ、さまざまな汚れを取り除くことができます。

付属の固定パーツと本体のマグネットを使えば、立て掛けることが可能。また、本体のフックにコードを巻きつけるだけと収納しやすいのもポイントです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Tineco】 FLOOR ONE S3

『Tineco』の“FLOOR ONE S3”は、「iLoop(TM)ホコリ認知センサー」を搭載した掃除機。ペットの毛などの汚れを察知し、取り除いてくれます。

音声アシストを搭載しており、障害物などを知らせてくれるのもポイントです。

自走式のヘッドを搭載しているため、腰を曲げずに掃除ができます。

ペットの毛などを取り除いた後、キレイな水を使って床を清潔な状態にしてくれるのも特徴のひとつ。床の水拭きが面倒だと感じている方にもおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【iwoly】 サイクロン式 スティッククリーナー V600

『iwoly』の“サイクロン式 スティッククリーナー V600”は、回転ブラシを搭載した掃除機です。回転ブラシを高速回転させ、ペットの毛などの汚れを取り除きます。

内部に吸音材を採用しており、騒音を吸収、振動を遮断するため、静音性が抜群

伸縮パイプを使えば、天井やカーテンなど、高い場所の掃除が行えます。

その他にも、壁際などのすき間の掃除に役立つすき間ノズル、床の凹凸面に溜まったペットの毛などをかき出すブラシ付きノズル、平べったい吸引口で床などを傷つける心配の少ないマットレスノズルを使い分けることにより、効率よく掃除できるのもポイントです。

ダストカップに溜まったゴミは、ゴミ捨てレバーを押し、簡単に捨てられます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【2021年最新】サイクロン掃除機おすすめ15選|コードレスやキャニスターを徹底比較 【2021年最新・徹底比較】コードレス掃除機おすすめ10選|人気メーカーや紙パック式も

ペットの毛の掃除におすすめブラシ・ローラー5選

ペットの毛の掃除におすすめブラシ・ローラー5選

ペットの毛を掃除するのにブラシやローラーを持っておくと便利です。さまざまなメーカーからブラシやローラーが発売されています。最後に、ペットの毛を掃除するのにおすすめのブラシ・ローラー5選を見ていきましょう。

【猫HEROES】 いつでも毛取りローラー

『猫HEROES』の“いつでも毛取りローラー”は、猫のイラストが描かれたローラーです。繰り返して使えるため、ロールの交換が面倒だと感じている方におすすめ。

クリーナー部分にペットの毛が溜まった際、左右にあるつまみのどちらかを回して・戻してを7~8回繰り返すだけで手入れできるのもポイントです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【日本シール】 ぱくぱくローラー

『日本シール』の“ぱくぱくローラー”は、衣類用のホコリ取りとして発売されているローラーです。

プッシュボタンを押すと、ワンタッチで開く構造になっています。

衣類用のホコリ取りではあるものの、前後に軽く動かすだけでカーペットなどに落ちたペットの毛を取ることができます。

2枚のエチケットブラシがペットの毛をスムーズに取ってくれますよ。また、本体の蓋を開けるだけで集めたペットの毛を捨てられるのもポイント。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【ETIQUETTE BRUSH】 エチケットブラシdeちょこっと掃除

『ETIQUETTE BRUSH』の“エチケットブラシdeちょこっと掃除”は、猫をイメージしたデザインのブラシです。

先端部が薄いので、ソファなどのすき間を掃除するのに役立ちます。

握り手に付いているミニエチケットブラシを使うことにより、カーペットなどに落ちたペットの毛をかき出せます。集めたペットの毛は中心に集められるため、捨てるのも簡単です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【MyfatBOSS】 粘着クリーナー

『MyfatBOSS』の“粘着クリーナー”は、斜めカットデザインのテープを使ったローラー。テープが剥がしやすいのがポイントです。

ハンドルの角度を調整し、さまざまな場所に落ちたペットの毛の掃除を行えます。折り畳み式なので、収納しやすいのもメリットのひとつです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【iDogin】 粘着式クリーナー

『iDogin』の“粘着クリーナー”は、幅が19.5cm、奥行き12cm、高さ6cmの小型ローラー。90周のロールが7本入っています。

面取りされた粘着紙が使われており、引き裂きやすいのがポイントです。

また、人間工学に基づいた設計で、使いやすいハンドルでペットの毛を掃除しやすく、肌触りの良さにも優れています。

Amazon
Yahoo!ショッピング

【2021年最新】掃除に便利な人気おすすめコロコロ(粘着クリーナー)10選|使いこなすコツや注意点も解説

ペットの毛を掃除して快適な空間を作ろう

ペットの毛を掃除して快適な空間を作ろう

ペットの毛は、知らず知らずのうちに溜まってしまう汚れ。放置すると、ダニの温床になったり、アレルギー症状を引き起こしたりする可能性があるので、ペットはもちろん、飼い主が健やかに過ごすためにも、こまめに掃除することが大切です。

ペットの毛を掃除する際は、ポイントを押さえつつ、掃除機やブラシ、ローラーなどを活用すると、効率よく掃除できます。ご紹介したコツやアイテムをチェックして、ペットの毛をキレイに掃除しましょう。