ペット用品を洗濯するときのコツとおすすめの洗剤と便利アイテム

ペット用品を洗濯するときのコツとおすすめの洗剤と便利アイテム

Hiroko

ペットを飼っていると、ペット用の毛布や敷物、ベッドなどを使うことがあるでしょう。また、小型犬などは服を着せることもありますよね。ペットのものは独特な臭いや汚れが気になるものです。この記事では、ペット用品の洗濯におすすめの洗剤と、洗濯のときにおすすめのアイテムをご紹介します。

ペット特有の3つの汚れとは

ペット用品を洗濯するとき、人間のものと一緒に洗うという方は少ないでしょう。その理由は、ペット特有の臭いや汚れがあるからです。そもそもペット特有の汚れとはどのようなものがあるのでしょうか。

ペット特有の3つの汚れとは

ペットの汗の臭い

犬には、人間の腋などに存在するアポクリン汗腺と同じ汗腺が全身にあります。この汗腺から出る汗は、本来は臭いませんが、汗が皮脂と混ざることによって雑菌が繁殖し、独特な臭いを発します。

MEMO
猫はアポクリン汗腺がないうえに、自分でこまめに毛づくろいするため、体臭はほとんどしません。

ペットの抜け毛

ペットの種類によりますが、ペットの毛は1年に2回生え変わりの時期があります。この時期はペット用品だけでなく、部屋にも抜け毛が舞うほど大量の毛が抜ける場合があります。

この毛は静電気により、ペット用品に付着して落ちにくくなってしまいます。また、静電気はアレルゲンも付着させます。これがアレルギーの原因になることがあるため、こまめに洗濯することが大切なのです。

ペットの皮脂により繁殖する菌

ペットには独特な臭いがあります。これは、ペットの皮脂に菌が繁殖して発生する臭いです。猫は自分でグルーミングするため、臭いがほとんどありませんが、犬は脂っぽい汗をかきやすいことから、からだの臭いがします。

ペットの皮脂は人間のものとは違う成分ですから、人間の衣類を洗う洗剤では落とすのが難しいのです。

MEMO
また、ペットの口の中にはペット特有の菌がいることが知られています。この菌は汚れや臭いの原因になり、ペットの口臭の原因になることもあります。

ペット用品を洗うときのコツ

ペット用品を洗うとき、いくつかのコツがあります。キレイに洗うためにぜひ実践してみてくださいね。

ペット用品を洗うときのコツ

洗濯表示を確認する

何を洗濯するときでも同じですが、洗濯前には洗濯表示を確認してからにしましょう。洗濯機で洗っても良いか、手洗いすべきかをしっかり見てから洗ってくださいね。

手洗いする場合は、ぬるま湯を使って優しくもみ洗いします。また、脱水をしたら風通しの良い場所に干して完全に乾かしてから使わないと、カビや臭いの原因になりますよ。

洗濯表示で綺麗にお洗濯!簡単に分かる洗濯表示の意味新しい洗濯表示(洗濯マーク)を確認して正しくお洗濯!3つのポイントをチェック

コロコロやブラシでついている毛を落とす

ペット用品には抜け毛がついていることが多いため、洗濯機に入れる前に付着した毛を粘着ローラーやガムテープで取り除きましょう。

毛を取らないで洗濯機に入れると、抜け毛が洗濯機の中に散らばって、掃除するのが大変になってしまいます。また、取り切れない毛が次の洗濯物についてしまったり、排水管を詰まらせたりする原因になってしまいますよ。

ペット用洗剤を使う

ペット用品を洗うときは、ペット専用の洗剤を使いましょう。ペットの皮脂は人間と違った成分が多く含まれているため、一般の洗濯洗剤では臭いを落とすことができません。特に、犬の皮脂にはワックスエステルやコレステロールエスという皮脂成分が多く含まれています。これはロウのように硬くてべったりとしているので、一般の洗濯洗剤で落とすのは難しいのです。

ペット用の洗濯洗剤は、毛が落ちやすい成分を配合しているため、洗濯が終わったときにペット用品に毛が付いていても、サッと軽く払うだけで落とすことができます。

また、ペット用の洗濯洗剤は抗菌成分が含まれていて、臭いの元になる菌の増殖を防ぐ効果もあります。そして、何よりペット用の洗剤はペットのからだを守るためにもなります。

人間用の洗剤はペットにとっては臭いがきつく、それがストレスの原因にあることがあります。そして、人間用の洗剤はペットの皮膚には刺激が強いため、肌がかぶれてしまうおそれがあるのです。ペットの健康を守るためにも、ペット用品を洗濯するときはペット専用の洗剤を使いましょう。

ペット用品は単独で洗う

ペット用品は人の洗濯と一緒に洗わず、単独で洗うようにしましょう。ペットの抜け毛がついた洗濯物はほかのものと洗うと、一緒に洗ったものにもついてしまいます。洗濯物についた毛を取るのは結構大変なことで、余計な手間がかかってしまいますよ。

ペット用品は単独で洗う

洗うものによっては洗濯ネットを使う

ペット用品のなかには、レースなどを使った服などがあります。また、金ボタンなどがついているものなど、ほかのものと洗うと生地を傷めることがあるため、洗濯ネットに入れることをおすすめします。

洗濯機に詰め込みすぎない

洗濯物はたくさん入れるすぎると汚れ落ちが低下してしまいます。詰め込みすぎないように、洗濯槽の7割以下にするようにしましょう。

臭いが取れないときは酸素系漂白剤でつけ置き洗いする

洗濯洗剤で臭いが取れないときは、酸素系漂白剤を使ってつけ置き洗いしてみましょう。酸素系漂白剤は塩素系のようにツンとした臭いがなく、刺激が少ないため、ペット用品におすすめです。

また、酸素系漂白剤は除菌効果があるため、ペット用品の臭いを取り除く働きもあります。酸素系漂白剤は40度以上のお湯で効果を発揮するので、洗面器に40度程度のお湯を入れて粉末の酸素系漂白剤をスプーン3杯入れてよくかき混ぜます。その中に臭いを取りたいものを30分浸けましょう。30分置いたら洗濯機で洗います。

洗濯洗剤,漂白剤おすすめ漂白剤ランキングTOP13!種類別の効果の違いを知って洗濯をもっとスムーズに

洗濯後にゴミフィルターをチェックする

ペット用品を洗い終わったら、洗濯槽のゴミフィルターを確認しましょう。ペットの衣類やタオルには抜け毛がたくさん付着しているため、ゴミフィルターには毛がたくさん入っているはずです。それを取り除かずそのまま使っていると、洗濯機が壊れてしまうおそれがあります。

MEMO
そして、ゴミフィルターだけでなく、洗濯槽をチェックして毛が付着している場合は全部取り除きましょう。

ペット用品を洗濯するときにおすすめの洗剤

ペット用品は、ペットがくわえたり舐めたりすることが多いため、洗剤は安全性が高いものを選んであげましょう。以下におすすめする洗剤は、ペット専用のものですから、安心して使うことができますよ。

【LION】ペットの布製品専用洗たく洗剤

『LION』から発売されているペット専用の洗濯洗剤です。ペットの服やタオル、ベッドなどの布製品を洗うのに敵しています。ペットの皮脂を落とすために使われている洗浄成分は、植物原料のものですから安全です。

臭いの原因になる菌の増殖を防ぎ、洗濯物についた毛を落ちやすくてつきにくくする成分「離毛促進剤」を配合しているため、洗濯後は手でサッと払うだけで毛が落ちますよ。

【E・T・I】ペット臭いスッキリ(ペット衣類専用洗剤)

ペット特有の臭いをスッキリ落とす「つけ置き洗い用」の洗剤です。犬や猫、フェレット、うさぎなど様々な動物に対応し、洗濯するだけで気になっていた臭いを取ってくれますよ。

10Lのお湯に洗剤を10g溶かし、その中にペットの服やタオルなどを約1時間つけ置きします。その後は、軽くもみ洗いをしてから水でよくすすぎましょう。

【LION】ペットの布製品専用 抗菌仕上げ柔軟剤

こちらのペット用柔軟剤は、一般の柔軟剤のように、洗濯機の柔軟剤投入口に入れて使えます。

抗菌作用があり、臭いの元になるペットの菌の増殖を抑えます。さらに、静電気防止効果があるため、ペットの抜け毛やダニのアレルゲン物質を防いでくれるのです。ペットが舐めても安全な成分で作られているので、安心して使うことができますよ。

ペット用品の洗濯に便利なアイテム

ペット用品の洗濯で一番大変なのは、抜け毛の処理ではないでしょうか。いくら払っても静電気で張り付いてなかなか取れないため、洗濯が終わったらごみフィルターに毛がたくさん入っていた経験を持っている飼い主さんは多いでしょう。

次にご紹介するのは、ペットの抜け毛処理におすすめな便利アイテムです。洗濯のときにぜひ使ってみてくださいね。

【HARUSAWA】HARUSAWA SENTAKU 洗濯機用 大型 くずとり 洗濯ネット

可愛い梅の形をしたくず取りネットです。洗濯機の中に浮かべるだけで、洗濯物に付着したペットの毛やゴミなどをキャッチしてくれます。素材がEVA樹脂なので、洗濯物を傷めずくず取りネット同士がぶつかっても騒音がしませんよ。

【aisocial】FREELAUNDRY PRO (フリーランドリープロ3個入り)

星型の大きなスポンジをペット用品と一緒に洗うことで、抜け毛をスポンジがキャッチしてくれる便利アイテムです。星の角が10個ある形状をしているこのスポンジが、洗濯物の間を動き回ることで、洗濯機の中に浮かぶ抜け毛を絡め取ります。

セットになっている3個のうち、2個は目の粗いもので1個は目の細かいものになっています。目の粗いスポンジは優れた摩擦力によって、洗濯物から抜け毛をはがしやすくする働きをし、目の細かいスポンジは、細かくふわふわした毛をしっかりキャッチするのです。毛の量や質によって個数や組み合わせを調整できる優れものですよ。

【Delamu】ペットブラシ ペット抜け毛クリーナー

ペットの抜け毛がついたベッドや服などを掃除するときにおすすめなのが、こちらのブラシです。毛を掃除するときに粘着ローラーやガムテープなどを使用する方は多いと思いますが、ブラシなら繰り返し使用できるため経済的です。

抜け毛をブラシで取ったら、そのブラシをベースに差し込むと、毛が底にあるゴミ箱に溜まります。差し込んだブラシを再度取り出すと、毛がついていないため、絡みついた毛を取る手間が不要です。抜け毛掃除の時間と手間が短縮できるおすすめのアイテムですよ。

ペット用品はペットのために専用の洗剤を使おう

ペット用品はペットのために専用の洗剤を使おう

ペット用品の洗濯はペットの健康を考えて、専用の洗剤を使うことをおすすめします。そして、ペット用の洗剤は抜け毛が落ちやすくなるなど、飼い主さんの手間も少なくしてくれる嬉しい効果があるものが多いため、お洗濯が楽になりますよ。

大切な家族だからこそ、いつも清潔なものを与えてあげたいですよね。おすすめした洗剤や便利アイテムが、ペット用品の洗濯を手軽に快適になる手助けとなれば幸いです。