洗濯洗剤を切らした時は家にある○○で代用可能!7つの代用品と使い方を伝授!

洗濯洗剤を切らした時は家にある○○で代用可能!7つの代用品と使い方を伝授!

Hiroko

洗濯洗剤は毎日のように使う消耗品ですが、ついついストックを買い忘れてしまうことがありますよね。洗おうと思ったら洗剤がなかった、というときに家にあるもので代用できるものがあればその日だけでも助かります。そこで、本記事では洗濯洗剤の代用品になるものとその使い方をご紹介します。

洗濯洗剤を切らしてしまったときに注目する成分とは

洗濯洗剤がないときに代用品を探す場合、注目したい成分は「界面活性剤」です。界面活性剤は洗濯洗剤に含まれている成分で、この成分が洗濯物の生地に浸透することで汚れと水を混ざりやすくします。そして、洗濯物の汚れを落としてその汚れを再び洗ったものに付着させない効果があるものです。

界面活性剤はほとんどの洗剤に入っているため、洗濯洗剤の代用品として使うことができます。

洗濯洗剤の代用品になるもの7つ

洗濯洗剤の代用品になるもの7つ

では、洗濯洗剤がないときに代用できるものをご紹介します。家の中にあるものに界面活性剤が含まれているものは意外とあるものです。また、界面活性剤が入っていないアイテムでも代用品となるものがありますので、合わせてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

食器用洗剤

頑固な油汚れが落とせる食器用洗剤は、食べこぼしなどの衣類の部分洗いに使うことができる洗剤です。洗濯洗剤は「弱アルカリ性」で、洗浄力が強いのが特徴ですが、食器用洗剤は「中性」です。そのため、洗浄力は洗濯洗剤に比べると劣りますが、油汚れを落とす力があるので洗濯洗剤の代用品として、十分使うことができますよ。

また、食器用洗剤はおしゃれ着洗いと同じ中性なので、デリケートな素材にも対応可能です。</span class=”keiko_yellow”>

注意
ただし、泡立ちが非常に良いため、液体洗剤のキャップ1杯を目安にして洗濯の量が少ないときは減らすようにしましょう。

シャンプー

衣類についた汚れは汗や垢などの皮脂汚れですから、髪の毛についた皮脂汚れを落とすシャンプーは洗濯洗剤の代用品になります。</span class=”keiko_yellow”>そして、シャンプーは肌に優しい成分で作られているため、動物の毛を使ったウールなどの衣類を洗うときにも使うことができます。

また、リンスは洗濯機の柔軟剤投入口から入れると、柔軟剤代わりになります。シャンプーだけで洗うと固くなってしまう洗濯物がふんわり仕上がりますよ。

シャンプーは泡立ちがとても良いため、洗剤代わりに使う場合は手洗いをしてすすぎをしっかりする必要があります。

MEMO
もし、洗濯機で洗う場合は、少ない量を入れて様子を見て足すようにすると良いでしょう。

ハンドソープ・ボディーソープ

ハンドソープやボディーソープも界面活性剤が入っているため、洗濯洗剤の代わりとして洗濯に使うことができます。ただ、泡切れがよくないため、洗濯機で洗うよりも手洗いがおすすめです。手洗いで洗って、しっかり泡を落としすすぎを念入りに行ないましょう。

マグネシウム

「マグネシウム」は、洗剤を使用しない洗濯ができると注目されているアイテムです。マグネシウムは、水の中に入れることで水をアルカリイオン水に変え、界面活性効果と似た作用で衣類の汚れを落とすものです。

また、除菌効果があるため、部屋干ししても嫌な臭いがせず、無添加ですから赤ちゃんや敏感肌の人の衣類も安心して洗えるとして人気が出てきています。</span class=”keiko_yellow”>

ただ、マグネシウムは常に家にあるものではありませんが、洗濯洗剤を切らしてしまったときの代用品として買っておくと便利なグッズのひとつです。

セスキ炭酸ソーダ

掃除によく使われるセスキ炭酸ソーダは、アルカリ性で油汚れを落とす働きを持っています。そのため、洗濯洗剤の代用品として、衣類の汗や皮脂汚れを落とすことができますよ。

また、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいため、お湯で溶かす手間がいらないところもおすすめです。</span class=”keiko_yellow”>30Lの水に対して10~15gのセスキ炭酸ソーダを入れて、少しだけ洗濯機を回してから止めます。

そのまま3時間ほどつけ置きしてから通常通り洗濯機で洗いましょう。

セスキ炭酸ソーダは界面活性剤が入っていないため、洗剤に比べると汚れ落ちは劣りますが、十分汚れを落とすことができますよ。

普段の洗剤をセスキ炭酸ソーダに変えるだけの洗濯方法!簡単ナチュラルクリーニングを実践しよう普段の洗剤をセスキ炭酸ソーダに変えるだけの洗濯方法!簡単ナチュラルクリーニングを実践しよう

酸素系漂白剤

衣類の漂白やしみ抜きに使われる酸素系漂白剤も、洗濯洗剤の代用品になります。セスキ炭酸ソーダや重曹と比べると、3つの中ではアルカリ性が一番強いため、洗濯物の皮脂汚れを落とす力が最も強いと言えます。

さらに、酸素系漂白剤は消臭・殺菌効果があるため、洗濯物の嫌な臭いの原因になる菌の増殖を抑えることもできるのです。</span class=”keiko_yellow”>また、塩素系の漂白剤よりも刺激が少ないため、色柄物にも安心して使えます。

洗濯機で使うときは、50Lの水に酸素系漂白剤を大さじ3~4杯入れましょう。すすぎの際にクエン酸を入れると柔軟剤代わりになって洗濯物がふっくら仕上がりますよ。

重曹

セスキ炭酸ソーダ、酸素系漂白剤に比べると皮脂汚れを落とす力は劣るものの、少しの汚れでしたら、重曹も洗濯洗剤の代用品として使えます。洗濯機で使用するときは、洗濯物が5kgに対して重曹を大さじ2~3杯入れましょう。また、重曹は水に溶けにくい性質があるため、洗濯するときは40度程度のお湯を使います。

注意
重曹は水に溶けずに残ってしまうと、洗濯機に詰まり故障の原因になることがあります。そのため、重曹を使うときは必ずぬるま湯で洗濯するようにしてくださいね。
重曹は洗濯でも大活躍!特徴や注意点を知って効果的に使おう重曹は洗濯でも大活躍!特徴や注意点を知って効果的に使おう

洗剤を入れないで水だけで洗ったら?

洗剤を入れないで水だけで洗ったら?

洗濯洗剤が切れてしまったとき、代用品を使わず水だけで洗ったとしたらどうなるのでしょうか。

多少の汚れなら応急処置としてはOK

衣類の汚れは頑固なこびりつきがない限り、水洗いだけで洗っても半分程度の汚れなら落とすことができます。水洗いだけだと、洗剤の香りがしないため不安を感じると思いますが、多少の汚れなら落とせるので大丈夫ですよ。

洗濯が終わったらすぐ干そう

水だけで洗ったときは、洗濯が終わったらすぐ干すようにしましょう。洗剤で洗った場合は、臭いの原因になる菌を除菌することができますが、水だけで洗った場合は菌まで落とすことができません。そのため、干すときは日光に当てて雑巾臭を防ぎましょう

臭いが気になるときは洗い直そう

曇りの日などは、洗濯物を干してもスッキリ乾かず洗濯物から嫌な臭いがする場合があります。また、晴れた日でも、臭いが気になった場合は、洗い直したほうが良いでしょう。

洗濯洗剤の代用はあくまでも「応急処置」に!

洗濯洗剤の代用はあくまでも「応急処置」に!

洗濯洗剤がなかった場合の代用品使用は、あくまでもその場をしのぐための応急処置として考えましょう。なぜなら、代用品は洗濯物を洗うために作られたものではないからです。代用品で洗濯をするときは、以下のようなデメリットが生じることがあります。

生地を傷めてしまうことがある

洗濯物を洗うために作られていない食器用洗剤は、衣類の素材によっては生地を傷めるおそれがあります。麻や絹などのデリケートな素材を食器用洗剤で洗うのは避けましょう。また、セスキ炭酸ソーダや酸素系漂白剤は、ウールなどの動物の毛を使った衣類は生地を傷める可能性があるため、使わないようにしてくださいね。

色落ちすることがある

洗濯洗剤の代用品として使えるセスキ炭酸ソーダは、つけ置きしたときに色落ちの可能性があります。また、酸素系漂白剤の場合は、たいていの色柄物には使えますが、ファスナーや金属ボタンを変色させてしまうことがあるため、注意が必要です。

洗濯洗剤のように汚れを落とせない

洗濯洗剤は、衣類の汚れを落とすために様々な研究をして作られたものです。そのため、代用品では同じように汚れを落とすことができないのは仕方ありませんよね。ですから、あくまでも代用品は緊急のときだけにして、普段は洗濯洗剤を使用することをおすすめします。</span class=”keiko_yellow”>

洗濯洗剤は余裕を持って買い置きしておこう!

洗濯洗剤は余裕を持って買い置きしておこう!

洗濯するときは、いつものように洗濯洗剤で洗いたいですよね。そのため、毎日のように使う洗剤は、なくなっても困らないように常に買い置きしておくと良いですよ。使っている洗剤があと1~2回でなくなりそうなときに、新しいものを買い足すルールを作っておけば、洗濯のときに洗剤がないということにならないでしょう。

今回は緊急事態のときに使える代用品をご紹介しましたが、もしものときのためにぜひ役立てくださいね。

洗濯洗剤がないときは代用しよう!使える代用品6つとその洗い方とは洗濯洗剤がないときは代用しよう!使える代用品6つとその洗い方とは