洗濯物を天日干しするメリット・デメリットは?最適な時間帯や臭いが残った際の対処法2つ

洗濯

「天日干しをしたのに臭くなってしまった」、「天日干しを毎日していたら色落ちや生地の痛みが目立つようになってきた」という経験はありませんか?もしかしたら、天日干しのメリット・デメリットをきちんと理解していないからかもしれません。それらを承知のうえで洗濯物を天日干ししているという方は少ないはずです。メリット・デメリットや天日干しのベストな時間帯を知ることで、その悩みを解決していきましょう。

洗濯物の天日干しはメリットだけじゃない!意外と知らないデメリットも

靴下は干し方で長持ちさせられる!靴下の正しい干し方って?

天日干しのメリット

天日干しのメリットを理解しつつ行っているつもりでも、意外と知らないでいることもあります。その場合、メリットによる効果を十分に得られないこともあるでしょう。効果を十分に得るためにも、再度天日干しのメリットを確認しておきましょう。

消臭・殺菌効果が高い!

太陽の光や熱には殺菌または菌の繁殖を防ぎ、菌による臭いを消す効果があります。そのため毎日の洗濯物だけでなく、お布団やクッションなど布製のものをただ天日干しするだけでも、消臭・殺菌の効果を得ることができます。より効果を得るためにも、日が高いうちに天日干しをすることをおすすめします。

布団布団干し&人気の便利グッズおすすめ23選!干す頻度・時間の目安を知れば今日からぐっすり快眠に

洗濯物がすぐに乾く!

天日干しをすれば、太陽の光や熱だけでなく風によって乾かすことができるため、部屋干しよりもすぐに乾きます。すぐに乾くことでより消臭・殺菌の効果を高めることができるため、生乾きや染み込んだ汗の臭いなどが残りにくくなります。より効果を得るためには、洗濯物と洗濯物の間をできるだけ空けるなどの工夫が必要です。

天日干しのデメリット

天日干しには前途したようなメリットだけだと勘違いしている人も多くいらっしゃいますが、実はデメリットもいくつかあります。このデメリットを理解しておくことで、より消臭・殺菌・速乾性の効果を高めましょう。

紫外線で生地が傷むことも

太陽の光に含まれる紫外線には、衣服や布団などの生地を傷めてしまう効果もあります。そのため長時間日の高い中に放置しておくと、色落ちしやすくなったり、ひどいときには生地が破れやすくなることもあります。前途したとおり日の高い間は洗濯物が乾きやすいので、できるだけ短い時間で済ませるようにしましょう。

干す時間によっては臭くなってしまう

日の高い間に天日干しをするよう前途しましたが、これは効果を高めるだけでなく、洗濯物が臭くならないようにするためでもあります。夕方から夜の間や早朝など、日が照っていない時間に天日干しを行うと、すぐには乾かないために生乾きの臭いが残ってしまいます

洗濯物を天日干しする時間帯で効果が変わる!

日が高ければ洗濯物が乾きやすいですが紫外線により生地が痛みやすく、日が低ければ生地が傷みにくいですが生乾きの臭いが残りやすいというように、天日干しには様々なメリット・デメリットがあり、効果は時間帯で変わってきます。その時間帯というのは、大きく「朝・昼・夜」の3つに分けられます。

日差し

朝・昼・夜で効果が全然違う!

日は朝には低く、昼になると高くなり、夜には沈んでいきます。そのような時間帯ごとの特性を理解して、洗濯物によって時間帯を変えたり、自分にとってベストな時間帯を見つけていきましょう。

朝の場合

朝は日が低く紫外線の量が少ないため、洗濯物の生地が傷みにくいというメリットがあります。しかし、時期によっては朝露などによる湿気のために乾きにくくなっているため、短時間の天日干しでは洗濯物に生乾きの臭いが残ってしまいます。

朝に洗濯物を干すという方は、できるだけお昼過ぎまで干しておいて、完全に乾ききってから取り込むと良いでしょう。

昼の場合

昼は日が高く風もほどよくあるため、洗濯物がすぐに乾きやすく臭いが残りにくいというメリットがあります。しかし日が高いために紫外線量が多く、洗濯物の生地が傷みやすいというデメリットがあります。

昼に洗濯物を干すという方はできるだけ短時間で取り込むようにし、乾ききっていない場合や臭いが残っている場合には、乾燥機やアイロンをかけるようにしましょう。

夜の場合

夜は日が出ていないため生地が痛むことがなく、暖かい時期であれば一晩で乾くため、時間がない方におすすめです。しかし湿気が多く風もあまりないために乾きにくく、生乾きの臭いが残りやすいというデメリットがあります。

時間がないから仕方なく夜に干しているという人は、取り込んだ後に必ず乾燥機やアイロンをかけるようにしましょう。そうではないけど夜に干しているという人は、できるだけ日が出ている間に天日干しすることをおすすめします。

洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介洗濯物を夜に外干しすることのメリット・デメリット!昼間忙しい方のための対処法もご紹介

一番ベストな時間帯は?

以上のことをふまえて、天日干しは朝から昼過ぎにかけて行うのが一番乾きやすく、生地も痛みにくく、生乾きの臭いも残りにくいと言えます。

時期によっては日が出だす時間や日が一番高くなる時間も違ってくるため、何時から何時という正確な時間は出せませんが、「日が出て明るくなった頃から日が一番高くなった時間より少し後まで」と覚えていれば良いでしょう。特に時間の制約がなく、生地を傷めず臭いも残したくないという方は、この時間帯に天日干ししてみてはいかがでしょうか?

洗濯 陰陰干しの効果や方法について解説!生乾き臭を防ぐ4つの対策と便利グッズ7選

洗濯物を天日干ししても臭いときの対処法

前途したようなメリット・デメリットを理解しベストな時間帯に天日干ししていても、生乾きの臭いがついてしまうことは稀にあります。これに関してはどう対策していても臭いがついてしまう場合があるため、そういった場合のための対処法をお教えします。

乾燥機にかける

乾燥機が自宅にあり、天日干しをしたあと取り込んでいるときに「生乾きの臭いがするな」と感じた場合は、すぐに乾燥機にかけましょう。乾燥機も天日干しと同じく熱と風による乾燥を行うため、消臭・殺菌の効果があります。

しかし、生乾きの臭いは時間が経ってしまえば染み付いてしまうこともあるため、臭いがすると感じたらすぐに乾燥機にかけましょう。

人気でおすすめの衣類乾燥機衣類乾燥機おすすめ10選!時短洗濯に欠かせないその魅力と選び方をチェック

アイロンをかける

アイロンは熱で乾かすことができるため、天日干しや乾燥機よりは劣るものの消臭・殺菌の効果があります。こちらも乾燥機と同じく、臭いに気づいたらできるだけ早くアイロンがけをしましょう。乾燥機が自宅にないという方は、アイロンでも十分に消臭効果を発揮できるため、こちらの方法を使いましょう。

ネクタイは自分で洗濯できる!大切なポイントをご紹介

【2018年版】おすすめのアイロン15選!口コミで人気の最新モデルもチェック【2019年版】おすすめのアイロン15選!口コミで人気の最新モデルもチェック

洗濯物の天日干しはポイントを押さえて上手に行おう

いかがでしたか?天日干しにはメリットだけでなくデメリットもあり、それにより天日干しをするための一番ベストな時間帯というものがあります。天日干しをした時の生乾きの臭いや生地の色落ち・痛みは、天日干しをする時間帯や干し方によって対策することができますが、どうしても臭いがついてしまった場合は乾燥機やアイロンをかけましょう。

以上のことを気をつけて天日干しをすれば、洋服や布団などを長く大事に使うことができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?