シャツに最適!おすすめハンガーの種類と型崩れや跡を残さない方法

シャツ ハンガー

朝の身支度中、着ようと思っていたシャツがシワシワだと、やる気をなくしてしまいませんか?また、シワシワのシャツだと見栄えも悪く周りに良い印象を与えません。シャツがシワシワにならないように、ハンガーの使い方にも気をつけたいですね。シャツにシワがつかないように収納するポイントや、どんなハンガーを使ったらいいのか等の詳細をご紹介します。

シャツにおすすめのハンガーとは?

一概にハンガーといっても、たくさんの種類があります。「ハンガーにシャツをかけていたけど、伸びちゃった」「ちゃんとハンガーにかけていたけどシワが気になる!」などの経験はありませんか?シャツをかけるのに丁度いいハンガーがあれば、そのハンガーを使いたいものです。シャツをかけるのに、おすすめのハンガーをご紹介します。

木製ハンガー

木製のハンガーは、厚みもありシャツをかけたときにずり落ちてしまわないため、おすすめです。少し厚みがあるおかげで、重みがあるジャケットと一緒にコーディネートしてハンガーにかけておいてもシャツがよれづらいです。

その一方で木製ハンガーはとてもかさばるというデメリットがあります。持っている服の数が少ない場合や収納スペースを広く取れる場合は、このような木製ハンガーを使うことをおすすめします。また、木製ハンガーで統一することでおしゃれ感を演出できるため、ナチュラルな家具のインテリアが多い方にもおすすめです。

プラスチックハンガー

プラスチックハンガーは、とても軽くかさばりにくいのが特徴的です。プラスチックハンガーは、様々な形や大きさのものがあり洋服や部屋のインテリアによってハンガーを変えることができるのがプラスチックハンガーの特徴です。

収納したい洋服が多い場合などはプラスチックハンガーがおすすめです。シャツ自体は重みがそこまでないため「何枚も重ねてかける!」というよりは、一枚一枚ハンガーにかける収納をすることでハンガーの変形を避けることができます。

シャツのハンガーループを使うメリット

“ハンガーループ”という言葉はあまり聞きなれない方も多いかと思いますが、ハンガーループを使うことでかさばらずにワイシャツを収納することができます。ハンガーループとは肩や背中あたりについている紐のことを指します。今まで邪魔だと思って切っていた人もいるのではないでしょうか?

服の形状によってハンガーループがついている場所は異なります。このハンガーループを上手に使うことで収納をする時にかさばらず、おしゃれに収納することができるのです。

かさばらない

ハンガーループを使うことで、かさばらずに洋服を収納することができます。特に干す場所がないときに、ハンガーループはとても役に立ちます。また、ハンガーループは型崩れを防ぐためにアパレルメーカーがつけているものなので、少しのスペースがあれば引っかけておくことができるのです。

風の強い日は、洗濯物を外に干すときにハンガーにかけていても「飛んで行ってしまうかも…。」と不安に感じますよね。飛ばされるのを防ぐために、洗濯バサミを使って洗濯バサミの跡が残ってしまったなどの経験はありませんか?そのような不安を解消してくれるのもハンガーループです。

ハンガーループはハンガーに引っかけて洋服がづり落ちることも防いでくれるため上手にハンガーループを活用することをおすすめします。

おしゃれに収納できる

mai kawada 🌿さん(@mai_cfeel)がシェアした投稿

ハンガーループを使うことで、おしゃれに収納することができます。ハンガーループは、ハンガーからのずり落ちを防ぐだけでなくフックにも洋服をかけることができます。そのため、あまりクローゼットに余裕がなかったり収納スペースが少ない部屋では、ハンガーループを上手に使い壁にフックつけ、シャツをかけたりすることをおすすめします。

そうすることで収納も上手にできて、おしゃれに収納することができるうえ、シワにもなりにくいです。

型崩れしないハンガーのかけ方は?

「ハンガーにしっかりとかけていたのに、型崩れしてきた!」ということはありませんか?
ハンガーにかけて収納していれば安心という気持ちになりがちですが、実は収納の方法や収納するときの空間もとても大切です。

きれいに洗濯した後は、綺麗に収納して着るときも気持ちよく着たいものです。型崩れしないように収納には、どのような部分を気をつけたらいいのでしょうか?

収納スペースに空間を

Manaさん(@manataro.500)がシェアした投稿

きれいにクリーニングしても、収納スペースでぎゅうぎゅうに収納してしまってはシワになってしまいます。収納スペースに空間がなければ、少しスペースを開けてシャツを収納することをおすすめします。

畳んで収納できるものは畳んで収納し、シワになって困るものは少し洋服と洋服の感覚を開けて収納することで、余裕ができ擦れたり重なることを避けることができるため、シワを予防することができます。

ハンガーラックを使う


収納スペースやクローゼットがいっぱいで「掛けるところがない!」という場合は、ハンガーラックを使うことをおすすめします。シワになりやすい衣類やシャツなどをハンガーラックを使って収納することで、収納もしやすく使い分けやすくなりますよ。

また、ハンガーラックは下にローラーがついているものもあるため、移動もしやすく収納スペースの少ない部屋ではとても活用しやすい収納グッズでもあります。よく着る服やシワになりやすいシャツ類は、ハンガーラックを使い収納し、通常の衣類はクローゼットに収納するなどハンガーラックを使うことで収納の幅も広がります。

型崩れしないようにかけ方を工夫する

シャツは型崩れをしないように工夫して、少し空間を開けて収納することが大切です。また、ハンガー自体も重いものやギュウギュウに詰めて収納してしまうと型崩れをしてしまいます。型崩れをしてしまったハンガーにシャツや衣類をかけていても、型崩れの原因を作ってしまうことにつながります。

上記でご紹介した方法などで、工夫をした掛け方をするとシャツの型崩れを防ぐことができます。

シャツにハンガーの跡がついたときの対処法!

シャツの型崩れを気をつけていても「あれ!シャツにハンガーの跡がついちゃった!」なんてことありませんか?せっかくクリーニングに出してきれいな状態にしたシャツでも、着る直前でシワや跡がついているのに気づくことがあります。時間がない中であわててシワや跡を伸ばす、なんてことはできるだけ避けたいものです。

時間がない朝や、出かける前の時間でもスムーズに準備ができるような対処法を今回はご紹介いたします。

スチームアイロン

THE LAUNDRESS JPさん(@thelaundressjp)がシェアした投稿

もし、お家にスチームアイロンがあればスチームアイロンを使ってシャツについてしまったハンガーの跡を直すことをおすすめします。スチームアイロンを使った跡の直し方は下記の通りです。

  • STEP.1
    アイロンのスチーム機能を使うために水を入れてアイロンをスチームにセットして温めます。
  • STEP.2
    スチームアイロンのスチームを跡やシワの気になるところにあてます。
  • STEP.3
    このときに少し布を引っ張るようにすることで、よりピシッと伸ばすことができるためおすすめです。

シワや跡は、スチームアイロンを使うとスムーズに直すことができるため時間のない朝などにはおすすめです。

霧吹きとアイロン

shinaさん(@ketsuko_mama)がシェアした投稿

スチームアイロンを使うとスムーズに行うことができますが、スチームアイロンが家にないという方は“霧吹きとアイロン”を使うことで代用することができます。

霧吹きとアイロンを使ったやり方をご紹介します。

  • STEP.1
    シワや跡が気になる部分に霧吹きで水をかけます。この時に「少し湿ったかな」というくらいがおすすめです。あまり濡らし過ぎると、乾くまで時間がかかってしまうので2~3プッシュくらい霧吹きで水をかけてください。
  • STEP.2
    100℃~140℃くらいのアイロンを霧吹きをかけたところにあてます。
  • STEP.3
    ゆっくりシワを伸ばすように衣類を少し伸ばしながら当ててるとより効果的です。霧吹きとアイロンを使ったやり方は、スチームアイロンを使うこととさほど効果は変わりません。そのためスチームアイロンがない人でも簡単に行うことができ、おすすめです。

ハンガーをうまく使ってシャツを綺麗に保とう!

日常的に、ハンガーを使ったり衣類を収納するときにシワや跡がついてしまうというのは、誰もが抱えたことがある悩みだと思います。、忙しい朝や、いざ着ていくときに慌てないように、日々の収納の仕方はとても大切です。少しの工夫で解決することができるため、ハンガーをうまく使い大切なシャツをきれいに保ちましょう。