毛布を清潔&快適に使う!便利な宅配クリーニングと自宅での洗い方

毛布

毎日使う毛布を清潔で快適に使うためには、適度にクリーニングや洗濯をする必要があります。クリーニングに出す場合の頻度や、かかる日数、料金はどうなっているのでしょう?毛布クリーニングの疑問点にお答えします。自宅での洗い方もご説明するので、参考にしてください。

毛布のクリーニングの疑問を解決!頻度、かかる日数、料金は?

クリーニングへはどのくらいの頻度で出すのが良いのでしょうか?かかる日数と料金の目安も知っておきましょう。

毛布

頻度は1シーズンに1回が基本

毛布をクリーニングに出す頻度は、1シーズンに1回が基本です。特別に汚した場合はシーズンの途中でもクリーニングに出す必要がありますが、通常は暖かくなって不要になったときにクリーニングすれば十分に毛布を清潔で快適に使うことができます。

反対にクリーニングしないで収納してしまうと汚れがそのままになり、菌やカビ、ダニの被害にあう恐れがあります。

かかる日数は1~2週間程度

毛布のクリーニングには、通常で1~2週間程度かかります。
ワイシャツは即日でクリーニングできることを考えると長いように感じますが、毛布は素材や仕立てがそれぞれ異なり、適したクリーニングを選んで行う必要があるためです。

注意
シミ抜きや特殊仕上げといったオプションを付ける場合はさらに必要日数が伸びるので、確認してクリーニングに出しましょう。

料金の目安は1,000~3,000円

毛布クリーニングにかかる料金はだいたい1,000~3,000円です。多くのクリーニング店が1枚仕立てについて1,000円程度、2枚仕立てについて1,500~2,000円の料金設定をしています。
ウールやシルクといった特殊な素材の場合やオプションによっては、もう少し割高になります。

毛布をクリーニングに出したほうがいい理由

時間もお金もかかりますが、それでも毛布はクリーニングに出すことをおすすめします。その理由をご説明します。

毛布にくるまる女性

大きくて自宅で洗うのは大変

毛布は大きく、自宅での洗濯はとても大変です。洗濯機で洗える毛布であっても、洗濯機の容量オーバーで洗えない場合があります。手洗いするにも、浴槽を使って足で踏むなど、全身を使って洗い・すすぎ・脱水をしなければなりません。

また、毛布は大きいだけでなく厚みもあるので水を吸うと重くなり、扱いにさらに力が必要です。また大きい毛布は干すスペースを確保するのにも苦労するので、自宅で洗うのはかなり難しいと言えるでしょう。

生地や素材を傷める心配がない

毛布を自宅で洗うと傷める心配があります。毛布にはさまざまな素材のものがあり、ダメージを与えないためにはそれぞれにあった洗濯方法で洗う必要があります。仕立ても1枚もの・2枚ものがあって、2枚ものはズレないように注意しながら洗わないとなりません。

また毛布にはウールやシルクなどの繊細で取り扱いが難しい素材のものがあり、このような素材は自宅での洗濯はできなかったり、できるとしても慎重にていねいに洗わないと傷めてしまったりします。

専用の洗剤や高い技術を用いて行うクリーニングならば傷める心配なく、安心して毛布をキレイにすることができます。

菌・カビ・ダニの発生を防げる

毛布をクリーニングに出すと、さまざまな菌やカビ、ダニを防ぐことができます。毛布は基本的にシーズンのあいだ毎日使い、肌にも直接触れます。汗や皮脂で汚れやすい上に洗う機会が少ないため、菌が繁殖しやすくなっています。

オフシーズンを迎えてそのまま収納するとさらに菌が繁殖し、カビやダニ被害の原因になります。収納前に毛布をクリーニングに出すことでシーズン中に付いた汚れを落とし、清潔に収納することができます。

毛布は宅配クリーニングに出すべき理由

毛布をクリーニングに出すときは、宅配クリーニングを利用しましょう。毛布クリーニングに宅配クリーニングをおすすめする理由をご説明します。

電話をする女性

持ち運びしないでOK

宅配クリーニングならば、毛布をクリーニング店へ自分で持ち運ばなくて済みます

大きくて厚みがある毛布は重い上にかさばるので持ち運びは大変で、クリーニング店への持ち込み・引き取りもかなりの労力がいります。

MEMO
宅配クリーニングなら運送業者が運んでくれるので、楽ちんですよ。

1度の手間で布団の衣替えができる

毛布と他の布団を一緒に宅配クリーニングに出せば、布団の衣替えを済ませることができます。宅配クリーニングならば自分で運ばないので、1度に多くのものをクリーニングに出すことができます。

MEMO
宅配クリーニングに毛布と一緒にオフシーズンで使わなくなる他の布団を出すことで、手間をかけずに布団の衣替えを済ますことができます。

保管サービスで収納いらず

宅配クリーニングの保管サービスを利用すると、自宅に収納せずに済みます。毛布は1年のうち冬の数か月しか使用せず、収納しておく期間の長い寝具です。大きくて厚さもあるので場所を取り、多くの家庭で収納スペースを確保するのに苦労しています。

宅配クリーニングにはオプションとして保管サービスを行っているところがあり、このサービスを利用すると毛布もオフシーズンのあいだは保管して貰うことができます。

MEMO
大切なスペースを他のことに利用でき、快適な生活が送れるようになりますよ。

毛布が出せる宅配クリーニング店おすすめ3店

毛布を取り扱っている宅配クリーニング店をご紹介します。それぞれの宅配クリーニング店の特徴や料金を利用する際の参考にしてください。

リネット

リネットでの毛布クリーニングは、布団類だけを専門的に取り扱うふとんリネットで扱われています。通常料金は1枚2,990円ですが、布団2枚と一緒に出すと特別料金の1枚1,500円になります。

1枚あたりプラス1,000円で防ダニ加工のオプションを利用することができ、アレルギーやアトピーに悩んでいる人、喘息や呼吸系の病気の人、小さな子供がいる家庭でも安心して利用することができます。

申し込みはコチラ

せんたく便

せんたく便に毛布クリーニングを出す際は、布団2点で10,800円のふとんパックを利用します。毛布は2枚で布団1枚分になるので、毛布だけを4枚や、毛布2枚と布団1枚の組み合わせでも大丈夫です。

毛布4枚をクリーニングするときの1枚あたりの料金は2,700円です。プラス6,300円で防虫・防カビ加工のオプションが利用できますよ。

申し込みはコチラ

リナビス

リスナビには掛布団1枚8,800円の布団クリーニングコースがあり、毛布は2枚で掛布団1枚分の料金です。毛布1枚の料金は4,400円になり、枚数が増えるごとに価格が下がる料金設定になっているので毛布4枚だと1枚あたり2,950円、6枚だと1枚当たり2,150円で利用できます。

パック料金ではないので必要な布団類を何点でもまとめてクリーニングに出すことができます。点数が多いほど料金が割引され、掛布団や敷布団、枕、さらにシーツや布団カバーも取り扱っているので布団の衣替えに最適です。

申し込みはコチラ

クリーニングに出すべき毛布

自宅での洗濯は避け、クリーニングに出すべき毛布をご紹介します。自宅での洗濯方法についてもご説明します。

水洗い不可の毛布

家庭では水を使った洗濯以外はできないため、水洗い不可の毛布は自宅では洗えません。
水の入った容器に×が組み合わされたマークが水洗い不可を表しているので、洗濯表示を見て確認しましょう。クリーニングに出す場合も水洗い不可の毛布クリーニングは、ドライのみになります。

シミや頑固な汚れのある毛布

シミや頑固な汚れがある毛布もクリーニングに出すべきです。ヒドい汚れは落ちにくく、自宅の洗濯でキレイにするのは大変です。無理に落とそうとすると毛布を傷めてしまう可能性があります。

クリーニングであれば専用の洗剤や技術で、汚れをすっきりと落とすことができます。汚れ具合を確認して自宅での洗濯が難しそうな場合は、無理をせずにクリーニングに出しましょう。

毛布

【2020年最新】宅配クリーニング人気3社厳選辛口比較!主婦200人が選ぶサービス満足度ランキング

高級素材を使用している毛布

高級な素材を使用している毛布は自宅で洗濯せずにクリーニングに出しましょう。上質な高級素材は取り扱いが難しく、洗濯にもたくさんの制約があります。

雑に扱ったり誤った方法で洗濯したりするとダメージになり、独特の風合いを損ねてしまいます。せっかくの高級素材毛布をダメにしたり寿命を縮めたりしないために、プロであるクリーニングに出しましょう。

大切な毛布

お気に入りの大切な毛布もクリーニングに出した方が安心です。慣れ親しんでいたり思い出があったりする毛布は、できるだけ今の状態で長く使い続けたいものです。

自宅での洗濯はクリーニングと違い、肌触りを損ねたりダメージを気にしすぎてきちんと洗えなかったりする可能性があります。同じ状態でできるだけ長く使い続けられるよう、大切な毛布はクリーニング店に任せましょう。

自宅で洗える毛布の洗い方

自宅で洗える毛布は洗濯機か浴槽を使って洗うことができます。洗濯表示に水洗い可のマークがある毛布が自宅で洗える毛布です。

洗濯機で洗うときは洗濯機の取扱説明書に従って、ネットを使用して洗います。毛布コースがある場合は利用し、ない場合は手洗いコースで洗いましょう。

浴槽で洗うときは浅く張った水に毛布を適当な大きさにたたんで入れ、足で踏んで洗います。脱水だけでも洗濯機が利用できると便利ですが、そうでないときは水が切れるまで浴室で乾かしましょう。

洗濯機で毛布を洗う方法!メーカー別で違う専用コース搭載洗濯機の特徴とは?洗濯機で毛布を洗う方法!メーカー別で違う専用コース搭載洗濯機の特徴とは?

清潔&快適に使うための毛布クリーニングは宅配が便利!

寝具がきちんと整っていると気持ち良く眠ることができ、睡眠の質が向上します。そのため、毛布は利用シーズンが終わったら洗濯をしたり、クリーニングに出したりしてケアするのがおすすめです。クリーニングに出す際は、宅配クリーニングの利用がいいでしょう。便利な宅配クリーニングを利用して、毛布も清潔で快適に使いましょう。