パパママ必見!おしっこのシミをキレイに落とす驚きのシミ抜き洗濯方法

おねしょ シミ

tomo

子どもはおねしょするのが当たり前です。またトイレに間に合わなくて汚してしまったり、トラブルもつきものです。おしっこの汚れは放置するとシミになり、落としにくくなってしまいます。そこで今回は、おしっこのシミをキレイに落とす方法をご紹介します。

おしっこのシミを落とす方法

すぐなら水洗いでOK!

子どものおねしょに気づいたら、すぐに対応するのがシミを作らないコツです。
おしっこは水溶性のため、汚してしまった直後なら水洗いできれいに洗い落とすことができます。すぐに洗い流し、洗濯機に入れて洗えばシミが残ることもありません。

洗剤 タオル

漂白剤を使う

おしっこが出てある程度時間が経過すると、黄ばみへと変わり水洗いだけでは落としにくくなります。そんな時は漂白剤を使用しましょう。漂白剤は、市販の酸素系漂白剤や消毒用のオキシドールを使用して下さい。

その際、合わせて色落ちしないかチェックしながら行いましょう。

  1. 洗面器やバケツなどに洗濯物を入れ、40℃程度のお湯に規定量の漂白剤を入れ、30分程度つけ置きします。あまり長い時間つけ置くと、生地を傷めたり、色落ちの原因となります。
  2. 汚れがついて時間が経ち、汚れが目立つ場合にはシミ部分に直接漂白剤をポンポンと軽く当ててください。この時、歯ブラシや綿棒などを使うと便利です。その後、つけ置きしてください。漂白剤はスプレータイプも販売されているので1本持っておくことをおすすめします。
  3. 洗濯機に入れ、通常通り洗いましょう。

漂白剤+重曹+食器用洗剤を組み合わせる

色素を壊す働きのある液体の酸素系漂白剤と、漂白効果を高めてくれる重曹、浮き出たシミの付着を防ぐ食器用洗剤を混ぜ合わせると万能のシミ抜き剤を手作りすることができます。

【作り方】

  • 液体酵素系漂白剤 小さじ3
  • 重曹 小さじ1
  • 食器用洗剤 3滴

シミ部分に合わせて分量を増やして、汚れ部分に塗ってください。つけ置きは化学反応が強く出ることがあるのでしないようにしましょう。

また、混ぜすぎると化学反応を起こし効果がなくなりますので、軽く5回程度かき混ぜて使用してください。
さらに、作って3時間以内の化学反応が活発な時に使用して作り置きはしないようにしてください。

シミ部分に塗った後は、水ですすいでから洗濯機で丸洗いするようにしましょう。

重曹 酢

お酢を使う

お酢は酸性のため、アルカリ性のおしっこの汚れだけでなく、臭いもしっかり落としてくれます。
酢水を作りスプレーにするとカーペットやソファーなど洗いにくいものにも使えて便利ですよ。

【作り方】

  • お酢

お酢と水を1:2の割合で作り、スプレーボトルなどに入れましょう。

シミ部分にたっぷりと振りかけ、タオルやキッチンペーパーで水分を拭き取ります。蒸発するとお酢のニオイは気にならなくなるので安心してください。

マットレスについたおしっこのシミの落とし方

子どもがおねしょし、マットレスにおしっこが染み込んでしまった場合には、できるだけ早く水分を取り除くのがポイントです。

おねしょの場合、おしっこの量も多く、タオルなどで吸い取るのも大変です。そこでペット用のおしっこシートや、紙オムツなど吸水性の高いアイテムを使いましょう。
吸水部分を濡れた部分に当てるとおしっこをよく吸い取ってくれます。

さらにその上から汚れてもいいバスタオルを敷き、上から足踏みして水分を吸収させましょう。

おしっこを吸い取ったら以下の方法を試してください。

ベッド おねしょ

お酢スプレーを使う

上記で作ったお酢スプレーをたっぷりかけ、タオルなどで水分をとります。この時、ポンポンと叩くようにするといいですよ。ニオイが消えるまでこれを繰り返してください。
ニオイがとれたら、天日干ししてしっかり乾かしましょう。難しい場合は、アイロンやドライヤーを当てるのもおすすめです

重曹水スプレーを使う

おねしょしてすぐの場合には、直接重曹を振りかけましょう。付着したおしっこを重曹が吸い取ってくれます。完全に乾いたら重曹を払い落としてください。

時間が経過している場合には、重曹スプレーを作りましょう。

【作り方】

  • 重曹 小さじ2
  • 水 200cc

1分ほどかき混ぜ、しっかり重曹を溶かします。スプレーの使用方法は、お酢スプレーと同様です。

コインランドリーを利用する

布団の汚れを落としたら、天日干しをしてしっかり乾燥させるのが良いのですが、天候によって難しいこともあります。

そんな時はコインランドリーがおすすめです。

素材にもよりますが、コインランドリーだと丸洗いでき、しっかり乾燥させることができます。

それでも落ちない場合は

専門の業者にお願いしよう!

自宅で頑張ってみたけれど落ちない場合や、大切な洋服、デリケートな素材のものにおしっこのシミができてしまった場合には、無理に自分でやろうとせずプロにお願いすることも大切です。

この時、忘れずにおしっこのシミであることを伝え、適切に対応してもらえるようにしましょう。

忙しいパパママにおすすめなのが「宅配クリーニング!」

せんたく便

宅配クリーニングの老舗であるせんたく便は、組み合わせ自由な「パック料金+オプション」という料金設定になっています。

おしっこシミなどのシミ抜きは無料で行なってくれるのも嬉しいポイントです。ほぼ全員がクリーニング師の免許を持っているので技術はお墨付きですよ。

布団を丸洗いしてくれる便利な布団パックでは、おしっこのシミはもちろん落とせます。わざわざ店舗に持っていく手間もないので便利です。

ネットから24時間依頼でき、集荷やコンビニ持ち込みも可能です。送料は無料でクレジットカード払いもできます。集荷キット700円を支払えば9ヶ月間長期保管もすることができます。

申し込みはコチラ

リネット

プレミアム会員になることでお得にクリーニングサービスを受けることができる宅配クリーニングです。プレミアム会員になると最短2日で仕上げてくれます。朝イチ便と夜イチ便があり、早朝6〜10時、夜間21〜24時と1時間幅で預かりや受取を指定することができるので、忙しいパパやママにおすすめです。(集荷:東京19区、配達:東京23区のみ)

会員を毎月継続したり誕生日を迎えると、注文金額に応じてポイントがどんどん溜まるようになっていて、割引サービスも頻繁に実施しているためお得にクリーニングすることができます。

おしっこのシミ汚れも無料でしっかり落としてくれ、布団についたおしっこの汚れやシミもしっかり落とし、専用の乾燥室とタンブラーで新品のように仕上げます。

申し込みはコチラ

おしっこのシミには慌てず早めの対処を

おしっこのシミは気づいた時点で早めの対応がカギとなります。

ただ自宅で頑張っても上手くいかない、忙しい、大切な衣類などの場合は無理せず、プロの力を借りましょう。
宅配クリーニングを使えば自宅まで衣類や布団をとりにきてくれ、洗濯後も届けてくれるので、とても便利ですよ。

おしっこのシミを見つけても子どもを叱らず、「すぐとれるから大丈夫」と言ってあげられる心の余裕とシミを落とすテクニックを身につけているといいですね。