還元型漂白剤の特徴と使用方法を知って効果的に取り入れよう!おすすめ商品も一緒にチェック

R_153,還元系漂白剤

Hiroko

衣類の汚れや黄ばみを取るために使う漂白剤の中に「還元型漂白剤」という漂白剤があります。あまり耳にしたことがない方も多いのではないでしょうか?この記事では還元型漂白剤についての特徴やおすすめの商品をご紹介します。

還元型漂白剤ってなに?

還元型漂白剤は、漂白剤のひとつです。還元型漂白剤を詳しく知るためには、漂白剤の種類について知っておく必要があります。漂白剤にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

シミを取る方法で分ける漂白剤

酸化作用

    漂白剤は『作用』を利用して汚れを落とす特徴があります。一般家庭で使われることが多い“塩素系漂白剤”や“酸素系漂白剤”は、酸化作用を利用した漂白剤です。

  • 酸化作用を利用した働き
  • 物質と酸素を結びつける反応を利用し、色素を分解するのが酸化型の漂白剤です。酸化剤を使って汚れの原因となる物質を酸化させ、それを除去するというものです。

  • 塩素系漂白剤
  • “塩素”を使った漂白剤が、塩素系漂白剤と呼ばれるものです。塩素は水道水やプールの水を消毒するために使うもので、強い殺菌作用があるのが特徴です。その他にも強い脱色作用を持っているので、色が付いた衣類を塩素系漂白剤に浸けたら真っ白になってしまいます。

  • 酸素系漂白剤
  • “過酸化ナトリウム”や“過酸化水素”を使った漂白剤は、酸素系漂白剤と言います。酸素系漂白剤は、塩素系の漂白剤に比べると色素の分解力が低いため、色柄物の衣類にも使用することができます。

    塩素系の漂白剤よりは漂白力は劣りますが、目的に合わせて塩素系と酸素系の漂白剤を使い分けると良いですね。

C_178,過酸化ナトリウム 洗濯過酸化ナトリウムは洗濯にも使えるって本当?洗濯に使うときの注意点とおすすめ5選!

還元作用

  • 還元を利用した『還元型漂白剤』
  • 物質から酸素を除去する働き“還元作用”を利用して、色素を分解するのが還元型漂白剤です。

    還元型漂白剤は、弱アルカリ性の性質を持っているもので、色柄物には適しません。衣類に使用するときは基本的に白い衣類のみに使用しないと、色落ちしてしまうことがあります。分かりやすく言うと、還元型の漂白剤は色そのものを変色させるものです。

還元型漂白剤はサビ汚れに強い!

還元型漂白剤が得意とするのは、鉄分の汚れや黄ばみをキレイにすることです。衣類についた鉄のサビや赤土などの汚れ、黄ばみにはこの還元型漂白剤が適しています。

このように、還元型漂白剤は鉄サビを落とすのが得意なので、キッチンのシンクなどのサビ落としに効果がありますよ。

塩素系漂白剤では落ちなかった汚れや黄ばみが還元型漂白剤で落ちることがあります。ただし、塩素系と還元型を混ぜると有毒ガスが発生することあるので、絶対に混ぜて使わないでください

還元型漂白剤はどんな衣類にも使える?

このように、還元型漂白剤は色そのものを変色させる作用があるので、色柄物の衣類に使うと色落ちしてしまう可能性があります。また、ボタン、ファスナーなどの金属製の付属品が付いている衣類にはおすすめできません

還元型漂白剤の使い方

還元型漂白剤の使用方法

還元型漂白剤を使用するときに用意するのは、ゴム手袋と洗面器です。衣類に使用するときは、必ず洗濯表示を確認しましょう。水洗いできて漂白剤の使用できるものであれば還元型漂白剤を使用します。

  1. 40度程度のお湯を用意し、漂白剤を溶かしてその中に衣類を漬け込み、30分程置きます。
  2. 汚れが落ちたのを確認したら、水で丁寧にすすぎます。
  3. しっかりすすいだら洗濯表示に従って干します。

還元型漂白剤を使うときの注意点

作業するときは汚れていい服を着る

漂白剤を使用するときは、漂白剤が飛び散る可能性があるので、汚れても良い服を着ましょう。または、エプロンを身につけるなどの注意が必要です。

適量で行う

漂白剤を使用するとき、容器に書かれた量を守って使うようにしましょう。「汚れが落ちるのではないか」と多めに入れてしまうと、衣類の繊維を痛める原因になってしまいます。

お湯の温度に注意する

漂白剤を使用するときは、水よりもお湯のほうが反応が良くなりますが、高すぎると反応が進み過ぎてしまいます。そのため温度は40度程度が適温です。

混ぜるのは厳禁

漂白剤は他の洗剤と混ぜることは厳禁です。容器に「混ぜるな危険」などと記載があるものがありますが、これは有毒ガスが発生することがあるためです。

おすすめの還元系漂白剤

【花王】ハイドロハイタ―

『花王』の“ハイドロハイター”は、白い衣類専用の漂白剤です。白物の衣類であればどのような繊維のものにも使えます。得意なのは、鉄サビや赤土の汚れや塩素系漂白剤による黄ばみを白くすることです。

色柄物や金属系の付属品が付いているものには適さないので注意しましょう。また、繊維によっては長時間浸けると繊維を痛めてしまうので、つけ置きするのは30分程度にしましょう。

公式サイトはコチラ

【ダイロンジャパン】カラーランリムーバー

『ダイロンジャパン』の“カラーランリムーバー”は、洗濯のときなどに色物と一緒に白いものを洗ってしまい、色移りしてしまったときに活躍します。

洗濯をしたときにうっかり色物と白いものを一緒に洗ってしまったことはありませんか?
そんなとき、“カラーランリムーバー”は、衣類の繊維を痛めずに付いてしまった色を取り除いてくれます。

1袋25g入りで、Tシャツだと約4枚程度の色抜きが可能です。色柄物に使ってしまうと、色が抜けてしまいますので注意しましょう。

還元系漂白剤の特徴を知って適切に汚れを落とそう!

漂白剤は種類によってそれぞれの特徴があり、汚れや衣類の種類によって使い方が異なります。。還元型漂白剤は、他のタイプの漂白剤では落ちない汚れを落とすことができる漂白剤です。

漂白剤によって得意なものや避けたほうが良いものなど、しっかり把握してうまく使い分ければ毎日の洗濯が快適になるでしょう。

漂白剤漂白剤を洗濯に取り入れよう!種類別の効果や正しい使い方をご紹介

入稿時削除
https://cojicaji.jp/laundry/washing-goods/504

塩素系!?酸素系!?漂白剤の話


https://ouchi-seikatsu.com/what-is-reduced-type-bleach-what-is-the-product-name/
http://sentaku-shiminuki.com/senzai/kiso-hyouhaku-5.html
https://ouchi-seikatsu.com/what-is-reduced-type-bleach-what-is-the-product-name/