人気の布団バサミは?ニトリ・無印・100均まで網羅した10選のご紹介!

D_59,布団バサミ

まりや

布団を外へ干すときに、布団バサミがないとかなり不便です。そして、実際に購入するときに何でも良いかというとそうではなく、合わないものを選んでしまうと使いにくい、最悪の場合「使用できない」「すぐに壊れる」などの理由から無駄な出費となってしまうこともあります。そんなことにならないよう、今回はベストな布団バサミの選び方、そしておすすめできる布団バサミ10選をご紹介します。

布団バサミの選び方は?

まずは布団バサミの選び方をチェックしておきましょう。干す場所の環境や、布団の種類などを考慮して選べば、使いやすく長く愛用できるものが見つけられますよ。

素材で耐久性が決まる

布団バサミはどんな素材で作られているかで、耐久性が異なります。大きく分けると『ステンレス製』と『プラスチック製』に分けられるので、違いを見てみましょう。

  • ステンレス製
  • 値段が高めなステンレス製ですが、サビに強く強度があるので耐久性に優れた素材です。外で使用しても劣化しにくいので、買い替えることなく長期間使用すれば、結果的にお得になる可能性もあります。
  • プラスチック製
  • プラスチック製は100均などでも売られているので、価格が安く購入しやすいでしょう。その分耐久性が劣り、少しの衝撃で割れてしまったり、長く使うとピンチの強度が弱くなるなどが起こります。

気軽に買える金額ですので、消耗品として買い替えを繰り返す使い方でも良いですが、長い目で見ると高くついてしまうかもしれません。

布団の大きさ、干す場所の幅でサイズを決める

どのような布団を干すのかで、布団バサミの大きさを選ぶ必要があります。布団バサミの大きさは15cmくらいが平均で、大きいものでは20cmを超えます。
羽毛布団などはかなり厚みがありますので、布団の厚みや大きさ、さらに干す場所の幅も考えて大きさを選びましょう。

布団バサミの形で選ぶ

布団バサミには、『丸型』と『コの字型』の2種類の形があります。使い勝手が異なりますので、どちらが向いているかチェックしてみてください。

  • 丸形
  • 布団バサミの定番の形が丸形です。そのため種類が豊富で、好みのデザインやカラーを選びやすくなっています。布団を丸い部分で挟み、先端でしっかりと固定するタイプですので、布団に跡やシワがつきにくいのが特徴です。
  • コの字型
  • コの字になっているので布団に圧力をかける面が増え、しっかりと挟み込んでくれる形です。挟む力が強い分、布団に跡がつきやすくなっているので、傷まないように注意してください。

フックがあると便利な場面も

布団専用で使用するならフックはいりませんが、フックがあることで、枕や人形などを挟んで干すことができます。また、物干し竿に吊るしたまま保管することもできるので、収納場所に困っている方には、フックつきもおすすめです。

個数と値段でコスパを考える

1度に何枚布団を干すのかで、必要個数が変わってきます。複数セットになって販売されている布団バサミも多く、その方がお得になっているケースが多いです。

ひとり暮らしの方でも、壊れたときの予備として2個目を持っておくのもおすすめなので、必要個数とコスパを見て購入すると良いでしょう。

強力!人気布団バサミ10選!!

【ニトリ】布団ばさみ

D_59,布団バサミ
出典:ニトリ

まるで数字の9のような形の布団バサミで、この形状にすることで長い部分が引っかけられ、片手で挟むことが可能です。それでいてピンチの力は強力ですので、風に飛ばされる心配なく布団を干すことができます。

サイズ(幅×奥行×高さ) 31.5×3×15.8cm
素材 ポリプロピレン
内容量  2個

【無印良品】ポリプロピレンふとんバサミ

無印らしい乳白色のプラスチック製布団バサミです。一番オーソドックスなタイプと言えるでしょう。

どの布団にでも合いやすいので、どれにしようか迷ったときに選んでみてもいいでしょう。さらに無印良品には様々なランドリー商品がありますので、統一してみるとデザインがすっきりして、洗濯周りが整って見えますよ。

サイズ(幅×奥行×高さ) 15×26.5cm
素材 ポリプロピレン
内容量  1個

【ニッコー】ふとんばさみ 大型 2個組

バネが先端だけでなく中間にも用意されているので、開く力が半分で良いという優れものです。強力な布団バサミほど、強めに力を入れないと開けませんが、強度はそのままに簡単に布団を挟むことが可能です。

【大木製作所】ステンレス ふとんバサミ 2個セット

こちらは18-8ステンレスを売りにしている布団バサミで、この数字は、クロムが18%、ニッケルが8%であることを示しています。

クロムとニッケルが配合されているほど強度が増し、さらに錆びにくいステンレスとなるので、この配合はかなり丈夫と言えます。太陽に長時間当たっても劣化しにくく、長い間愛用できる布団バサミとなるでしょう。

サイズ(幅×奥行×高さ) 8.5×15×31cm
素材 ステンレス
内容量 2個

【オーエ】ML2 パワーふとんばさみ2個組


こちらの布団バサミはプラスチック製ですが、強度が売りにされています。年単位で使用している方もいるほどで、買い替えの頻度が減らせ経済的です。布さらに布団を挟む力がかなり強力なので、強風でも飛ばされる心配はありません。

サイズ(幅×奥行×高さ) 27×15.5×3.2cm
素材 ポリプロピレン
内容量 2個

【ツウィンモール】ビッグらくらく布団ばさみ

この布団バサミはバネで開閉するのではなく、ギア式となっています。そのため余分な力無しで開閉でき、勢いで勝手に閉じることもないので、女性でも扱いやすくなっているのです。

また、スライド式のストッパーもが付属し、3点で支えるのでよりがっちりと布団をホールドできます。フックもついているので、枕などを干すときにも使用できますよ。

サイズ(幅×奥行×高さ) 51×16.5×27cm
素材 ポリプロピレン
内容量 2個

【Lontenrea】洗濯バサミ

大きな洗濯バサミという見た目ですが、複数使用すれば布団もばっちりホールドすることができます。そのホールド力の秘密は、2つ付属している金属のバネで、弾力があり1度挟むと外れにくくなっています。

形は布団バサミらしくないので、コートや人形など大型のものを干すときや、アウトドアでの洗濯時などにも活躍できる万能洗濯バサミです。

サイズ(幅×奥行×高さ) 16×9.8×2.4cm
素材 プラスチック
内容量 4個

【エビス】4点ホールド ふとんばさみ 2個入


布団バサミのアームに、さらに可動アームがついているちょっと特殊な形状の布団バサミです。この可動アームがあることで、4点をホールドできるため、風でずれたりめくれたりしてしまうことを徹底的に防いでくれます。

分厚い壁のベランダにも対応できるほどアームが開くので、買ってからサイズが合わなかったと言うことが少ない布団バサミです。

サイズ(幅×奥行×高さ) 16.5×3.3×29cm
素材 ポリプロピレン
内容量 2個

【ダイソー】ワンタッチふとんばさみ

ダイソーの布団バサミは片手で簡単に開くことができるタイプで、これが100円で買えるなんて大変お得です。

100円だからと言ってホールド力に問題があるわけでもなく、しっかりと布団を挟んでくれるので、とりあえずお試しで購入してみてから検討しても惜しくない値段です。

【セリア】スッキリふとんばさみ

とりあえず布団バサミが欲しいという方は、セリアを検討してみても良いでしょう。デザインが白地に青色がワンポイントとして入っていて、シンプルで馴染みやすく、さらにコの字型なので厚みのある布団や幅のあるベランダでも大丈夫です。

100円にしてはホールド力もありますので、急に布団バサミが必要になったときなどにもおすすめです。

布団バサミの収納方法は?

布団バサミは意外と大きく、使用しないときの収納に悩みがちです。どのように収納するのが良いのか見てみましょう。

布団バサミを収納するメリット

布団バサミを、適当にベランダに放置してしまっている方も少なくないかもしれませんが、しっかりと収納することで次のようなメリットがあります。

  • ベランダがスッキリ
  • 布団バサミや洗濯ハンガーなどでごちゃごちゃとしたベランダは、洗濯のやる気も失せてしまいますし、外から見えるところなら尚更きれいにしておきたいものです。

    簡単に収納しておくだけでも見栄えは変わるので、出しっぱなしの状態は避けましょう。

  • 布団バサミの汚れが防げる
  • 外にそのまま出していると、ホコリや花粉、黄砂などで布団バサミ自体が汚れてしまいます。汚れたもので布団を挟めば当然布団も汚れてしまうので、清潔を保つためにもしっかりと収納しましょう。
  • 布団バサミの劣化が防げる
  • 雨風に吹かれ続けていると、どのような素材でもだんだん劣化していきます。特にプラスチック製は本来の寿命よりぐんと劣化が早まりますので、雨風を防げるところへの収納が理想的です。

おすすめ収納方法

物置小屋の中

ベランダに物置小屋があるなら、その中へ収納するのが簡単でしょう。最低限雨風はしのげ、外から出は中身が見えませんので見栄えもいいです。

洗濯周り専用のボックスを購入

ベランダで使用する洗濯ハンガーやそのほかの洗濯バサミ、さらには掃除用具なども入るベランダにあるもの全てが収納できてしまう専用のボックスが販売されています。

フックがかけられたり、仕切りがあるなど、痒い所に手が届く仕様となっているので、本格的な収納スペースが欲しいなら購入をおすすめします。

蓋つきのボックスを用意する

布団バサミぐらいしか収納する予定がないなら、プラスチック製の蓋つきボックスで十分でしょう。小柄なものなら邪魔にもなりませんし、室内で保管することも可能になります。

洗濯バサミをスッキリ収納する方法は?洗濯バサミをスッキリ収納!100均グッズからおしゃれアイテムまでおすすめ10選!

布団バサミが壊れた!代用できるものは?

布団バサミが壊れてしまった場合は、ヒモで代用できます。幅5㎝、長さは3mほどの紐を用意し、ベランダと布団を挟むようにして結びます。布団バサミのように上から抑えるのではなく、横で止めてしまうというイメージです。

布団の大きさに合わせて紐の長さを調節する必要がありますが、いらない紐をつなぎ合わせてもいいので、家にあるもので簡単に作れます。

ストッキングやいらないコートのベルトなど、ヒモ状になるものなら何でも代用可能です。今では100均でもヒモタイプの布団バサミがあるようなので、チェックしてみてください。

ベランダが狭くても大丈夫!取り付けも簡単おすすめ物干しロープをご紹介物干しロープおすすめ12選!ベランダが狭くても大丈夫&取り付けも簡単

良い布団バサミを選べば快適に洗濯できる!

布団バサミはないと意外と不便で、布団バサミがないから布団を干さないというケースも起こりえます。

布団だけのためにわざわざ買うのはどうかと思うなら、フックつきのものや形状を考えて選べば枕や人形などにも代用できるので、一家にひとつは合っていいのではないでしょうか?

干す場所や布団に合わせて最適な布団バサミを選べば、スムーズな洗濯ができますので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

布団布団干し&人気の便利グッズおすすめ23選!干す頻度・時間の目安を知れば今日からぐっすり快眠に