衣類カバーの効果とニトリや無印・100均で揃うおすすめアイテム15選!オリジナルカバーの作り方もご紹介

O_28 衣類カバー

城間千裕

衣類カバー、ご家庭で使っていますか?「クリーニング屋さんから受け取った時の薄いビニールカバーをそのまま使っている…」「面倒でカバー自体かけていない…」なんてことしていませんか?衣類カバーは、かけるだけで衣類を虫やほこりを防いでくれるので衣替えには必需品です。その衣類カバーの使い方をおすすめグッズとあわせてご紹介します。

衣類カバーって本当に必要なの?その効果のいろいろ

O_28_1 衣類カバー

特に湿気が多い時期や、衣替えの時期には冬物に衣類カバーをかけてあげたいところです。衣類カバーの効果が分かれば、きっとあなたもすぐに買いに行きたくなるかもしれません。その効果を詳しく解説していきます。

防虫効果

しっかりと衣類を覆うカバーをつけてあげれば、虫が寄ってきません。ただし、きちんと洗濯かクリーニングで清潔にしてからでないと食べこぼしや汗汚れなどに菌が寄ってきます。汚れたままでは衣類カバーをかけても意味がありませんので、きちんと綺麗に洗ってから衣類カバーをつけましょう。

お気に入りの服が虫に食われて裾が破けたりしてしまうこともありますので、衣類カバーはつけた方が得策です。

ほこりから服を守る

押入れやクローゼットは、開け閉めする際にほこりがたちますから必ずほこりが付着します。それを予防し、衣類を綺麗に保つことができるのが衣類カバーです。「1着ずつ全部カバーに入れないといけないの?」と考えると面倒かもしれませんが、3着一緒に入る便利なタイプもありますので後ほどご紹介します。

タバコ臭・部屋のにおいから服を守る

タバコのニオイやペットのニオイ、お魚を料理するときのニオイ、梅雨時期は湿気のこもったニオイなど様々なニオイが部屋には漂うものです。衣類カバーを使うことで、そういった生活臭からも衣類を守れます。

クリーニングに出したばかりのコートも嫌なニオイがついていたら、着たくなくなったり再度クリーニングに出したくなったりします。そんなことがないように、大切な衣類はカバーをつけましょう。

衣類同士の擦れを防ぐ

冬のお洋服は、ウールコートなど毛玉ができやすい生地が多いです。1着1着も分厚くなるため、クローゼットにぎゅうぎゅう詰めにしてハンガーにかけると、使うたびに洋服同士が擦れてしまいます。擦れてしまうことで、毛玉や痛みにつながります。ファー付きコートや本革ジャケットなども擦れてしまうと長く着られなくなりますので、衣類カバーが必要です。

クローゼットがすっきり見えるから視覚的にも良い

ほこり・虫・生活臭から衣類を守るために必要な衣類カバーですが、見た目的にも良い効果をもたらします。衣類カバーの色を統一したり、複数枚収納できるものやおしゃれなカバーをかけてあげればクローゼットがすっきり見え、統一感も出ますので好みの柄にするとさらに気分も上がります。

シンプルでおしゃれな衣類カバーおすすめ6選!

衣類カバーと言っても、カラーはもちろん様々な機能がついたものなどたくさんの商品が市販されています。1枚1枚収納するタイプや、何着も収納できるタイプなどショップごとにおすすめをご紹介します。

安くて使いやすいニトリ

洋服カバー(ポーリー2枚組)

ニトリのものは、やはりお値段以上の製品が魅力的なので安くて使いやすいカバーです。ブラウンとベージュから選べて、透明窓もついているので見た目すっきりなのに何が入っているから見やすくなっています。

インテリアに馴染むブラウンで男性もの・女性ものをしまうにも使いやすい色味で2枚入りとお得です。お洋服が多いという方でも、ニトリの製品ならまとめて買いやすいお値段です。

公式サイトはコチラ

衣類カバースーツ・ジャケット用(8枚入り)

衣類を湿気・害虫・ほこりから守ってくれます。前が透明フィルムなので中身が一目でわかります。取替え時期かチェックできるシールがついていますので、買い替え忘れの心配がないです。防虫・防カビ・抗菌成分配合で長期保管も安心して収納できます。1枚ずつかぶせるタイプです。

公式サイトはコチラ

白でシンプルにまとまる無印良品の不織布衣類カバー

View this post on Instagram

@yoco_mnがシェアした投稿

無印良品と言えばシンプルなデザインが人気です。衣類カバーもシンプルにホワイトのみで、さらに防虫効果のある生地を使用しています。通気性の良い不織布素材を使用しています。ショート丈・ロング丈もありますので手持ちの衣類ごとに合わせやすくなっています。

公式サイトはコチラ

イケア好きには…

衣類カバーSKUBB

イケアが好きなあなたには、SKUBBがおすすめです。3枚セットで1枚はロング丈なので冬のコートや結婚式のワンピースなどを保管できます。カラーはホワイトのみでシンプルに収納できます。1枚だけ買い足したい時が少々不便ですが、1300円弱なので衣替え時期でなくても着る頻度が低い洋服のカバーとして使用できます。

【IKEA】SKUBB ホワイト 30179464 洋服カバー

公式サイトはコチラ

洋服カバー3枚セットPLURING

ikeaらしいかわいいドット柄でちょっと人と変わった柄を使いたいならこちらもおすすめです。ほこりからしっかり守ってくれます。SKUBBよりも薄手ですが、ドレスやワンピースなどを収納するのにちょうどよい薄さです。

【IKEA】PLURING 洋服カバー3枚セット, 透明ホワイト

公式サイトはコチラ

機能性抜群!カインズ衣類カバー

カインズの衣類カバーも、お値段も手ごろなうえに機能的でおすすめです。ちょっと他製品と変わっているのがカバーを開けるときに前開きということです。こうすることで収納しやすく、取り出しやすくなっています。

また、マチつきなので分厚いスーツやダウンジャケットなども余裕で入ります。全面がフィルムになっており、何が入っているかぱっと見やすく防虫・防カビ・防臭機能付きで嬉しい仕様ばかりです。

公式サイトはコチラ

おしゃれさんが好きな衣類カバーは3coins

300円均一といえば3coinsです。衣類カバーも無地ではなく可愛いデザイン柄ですので、おしゃれな方が好きなあなたにおすすめです。防虫効果はありませんが、可愛いのでワンシーズンなど短期間保管する時に良いでしょう。

可愛い柄だと捨てる時に躊躇するかもしれませんが、こいった衣類カバーは洗濯できませんので、1年毎を目安に買い替えましょう。後ほどご紹介する手作り衣類カバーなら、洗濯して繰り返し使えるものもありますよ!好きな柄が入った布で収納できるので、手作りが好きなら買うよりも作るものおすすめです。

公式サイトはコチラ

防虫なら無敵のムシューダ防虫カバー

CMで「においがつかないムシューダ!」というフレーズを聞いた覚えがあると思います。UVカット機能もついた防虫カバーです。開封した際独特の香りがするのは、防虫・防臭効果を配合しているからです。ホームセンターやドラッグストアで購入できます。価格は100円均一やスリーコインズにはかないませんが、機能性を見ると一番お買い得感のある衣類カバーです。

【エステー】ムシューダ 防虫カバー

公式サイトはコチラ

ミセスロイド防虫カバー 1年防虫

こちらもスーパーで見かけたことがあるかもしれません。安心の日本製で、消臭成分配合。気になるニオイをカバーの表面で消臭してくれて、大切な洋服に匂いがつくのを防ぎます。カビの発育を抑えてくれる防カビ剤も配合されており、衣類保管時の黄ばみまで防ぎます。

前を開く形構造になっているので、出し入れもしやくなっています。両面ともに不織布タイプで、皮革製のジャケットスーツ、コートやワンピース用と2種類あります。

【白元アース】ミセスロイド防虫衣類カバー

公式サイトはコチラ

ティッシュケース型の大容量洋服カバー

製造元によっては、洋服カバーと呼んでいる場合もあります。ちょっと変わっていますが、ティッシュケース型の洋服カバーも使いやすくて人気です。見た目どおり取り出しやすく、50枚で3,000円かなりお買い得感もあります。「とにかく洋服が多い!」「1枚1枚カバーしたい」あなたにおすすめです。薄手ですので、1年に1回は新しいカバーに取り替えましょう。

【フォーラル】衣類カバー レース柄

手軽に揃えたいなら100円均一で買える衣類カバー

最近の100円均一の商品は暮らしに必要なものを豊富に取りそろえているので、欲しい製品は必ずと言っていいほどありますよね。衣類カバーも数種類扱っていますので、お近くの100円均一でチェックしてみましょう。

100円均一という値段とそのほとんどが不織布を使用しており薄っぺらい作りなのは否めないので、長く使うのではなくあくまでも1年を目安に買い替えましょう。<.span>そうすることで、洋服も気持ちもすっきりします。

ダイソーの衣類カバーおすすめポイント

ダイソーの衣類カバーは色々種類があり、肩だけ覆うショートタイプもありますがおすすめはSUITCOVERとSUITBAGです。1枚入りはジップ付きで、2枚入りはジッパー無しで好みで選べます。シンプルなホワイトとグレーですので何枚あってもごちゃごちゃしない色味です。

セリアの衣類カバーおすすめポイント

セリアのスーツカバーは何と言っても、デザイン入りです。ロゴやマークなどが入ったおしゃれなテイストなので、無地よりもこういう柄物が好きなあなたにはセリアの衣類カバーがおすすめです。ドレスカバーは無地になります。

公式サイトはコチラ

キャンドウの衣類カバーおすすめポイント

セリアやダイソーよりも店舗数は減りますが、人気の100円均一キャンドウ。こちらでは、光触媒スーツカバーがおすすめです。通気性が良いとされている不織布で出来ており、光触媒加工で洋服に付いた匂いの元を分解してくれる成分が配合されています。100円均一でこういった機能性がついているのは魅力的です。

公式サイトはコチラ

衣類カバーを手作り?意外と簡単な作り方

衣類カバーは、製品並みに仕上げるのは難しいですが布があれば手作りすることが可能です。そこで作り方のコツをご紹介します。

使わない布をリサイクルできる

View this post on Instagram

@kyota0910がシェアした投稿

お子様の登園グッズなどで残った布、買い替えた後の捨てられないカーテン、お気にいりの柄のはぎれ…など何でも良いのです。いつか使うかもと思ってとっておいてある布を、捨てずにこの機会に使いましょう。

自分で作ると愛着も湧くものです。小さい布しか無い場合でも大丈夫です。ショルダーカバーというのも売られているくらいなので、ほこりは肩や胸元の方にたまりやすいということがよくわかります。洋服の肩部分を覆うカバーを作るだけでもほこりよけとして十分使えます。

衣類カバーの作り方手順

  • STEP.1
    使わない布を用意する
  • STEP.2
    カバーをかけたい衣類の横幅に布をカット
  • STEP.3
    上部と横をミシンで縫うか手縫いする

縫い物が苦手なあなたでもすぐにトライできる手軽さです。手作りするメリットは、好みの長さに作れることです。お子様のセレモニー服、ダウンについているファー部分は小さいので短い布でも覆うことができますのでぜひ一度作ってみましょう。ご家庭に布が余っているならぜひ好みの長さに手作りしてみましょう!

自分で手作りした衣類カバーは、一度作ってしまえばご家庭で洗濯して繰り返し使えるので衛生的にもおすすめです。布をお持ちでないない場合は、生地屋さんやはぎれ市などで好きな柄の布を手に入れることから始めてみましょう。

クローゼットや押入れに使うアイテムは人から見られない部分の手作りなので、肩ひじ張らず大雑把でも大丈夫です。楽しみながら作ってみましょう。

こんなのある!多機能な衣類カバー3選!

パイプハンガーカバー

ハンガーラックの上から丸ごと掛けられる製品で、その名もパイプハンガーカバーです。押入れやお部屋にそのままハンガーラックを置いているご家庭におすすめです。マジックテープ付で取り出しも楽らくでき、透明部分がきちんとあるのでいちいち開けなくても洋服を選びやすくなっています。

パイプハンガーカバーでネット通販サイトにて検索できます。サイドが開いているタイプと全て覆うタイプなどがありますので、好みで使い分けましょう。

【アイリスオーヤマ】ハンガーラック カバー

炭入り消臭衣類カバー

炭成分を配合し、嫌な臭いを消臭してくれる衣類カバーです。サイドが透明なので、奥にしまっても見えやすくなっています。長期保管する際や虫が心配な場合は、防虫剤は入れられるるポケットがありますので安心して収納できます。落ち着いたブラウンでクローゼットもすっきまとまります。

【Likorlove】活性炭衣類カバー

UVカット成分配合の衣類カバー

ハンガーラックを日光に当たりやすいリビングや和室に置いているご家庭も中にはあると思います。間取り上変更できない場合なども、UVカット成分が入った衣類カバーをつけましょう。太陽に当たると衣類は本当に退色が早いので、特に夏場はこういった成分が配合されているかチェックしましょう。UBカットの衣類カバーは、白より黒が多いです。

【アストロ】洋服カバー UVカット

衣類カバーを使うことで生まれるメリット

自分好みの衣類カバーを使うことで、すっきりとまとまり気持ちも良くなることでしょう。それに加え、違うメリットも生まれます。

クローゼットを見直すことで家計も見直す

洋服を1枚1枚衣類カバーにおさめていると、「このコート全然着てないな」「買ったときより色あせている」と色んなことに気づくと思います。

こうすることで、セールのときに似たようなコートを買わなくなったり、色あせや小さな虫食いを発見すると「いざ着よう!」というときに着られなくなってしまうのを防ぎます。クローゼットや押入れの収納を整理することは、家計も見直す良い機会になるのです。

着用頻度を思い出す

  
前述したとおり着ていない洋服が見えてくると“着ないなら手放す”という選択肢も出てきます。今やフリマサイトで中古のお洋服もすぐに売れる時代ですので、着ないのなら服が痛むまえに一度出品してみましょう。

リサイクルショップに売るよりも高く売れると若い方から主婦まで色んな世代に人気があります。衣類カバーに長期間しまったままの洋服があれば、それは良いチャンスなのかもしれません。

大切な衣類を来年も気持ちよくきる為に衣類カバーを活用しよう

クローゼットや押入れは、湿気がこもりやすいのはご存知ですよね。衣類カバーをかけてあげることで、季節を問わず湿気やカビから衣類を守り保管することができます。衣類カバーはクリーニング屋さんというイメージがあるかもしれませんが、あのカバーは一時的にかぶせてあるだけに過ぎません。

ご家庭では機能性のあるカバーをかけたり、防虫剤を使うなどして虫からも守り来年も気持ちよく着られるように衣類カバーを取り入れてみましょう。衣類収納を見直すことで、今持っている洋服が適正がどうか違う面でも向き合う良い機会になることでしょう。「クローゼット開けるたびに、衣類カバーのおかげで洋服を整理でき気持ちも良くなった!」と思えたら良いですよね!

S_02 防虫剤 効果防虫剤おすすめ14選と効果的な選び方・使い方ポイント!