新年に買い替え!おすすめ家電特集

『iRobot』のロボット掃除機“ルンバ”まるわかり!床拭きロボット“ブラーバ”もご紹介

大野優美

画像引用:PRTIMES

自動で掃除をしてくれると大人気の”ルンバ”。種類が多いので機能の違いや自分にはどの機種が合っているのかわからない方もいるのではないでしょうか。この記事では、ルンバの全機種のご紹介と機能の違いなどについてご説明します。

掃除機の種類別おすすめ人気ランキングはこちらから!
【2022年最新】掃除機の種類別おすすめ人気ランキング45選!使いやすさにこだわった選び方のポイントも

『iRobot』のロボット掃除機“ルンバ”の特徴

“ルンバ”を導入するメリットは、掃除に使っていた時間を他のことに使えるようになること、人の手で掃除するよりもっとキレイになること。

ここでは、“ルンバ”の機能を3つご紹介します。

独自のクリーニングシステムを搭載

“ルンバ”には、3段階に分けられた独自のクリーニングシステムが搭載されています。

壁際などの隅に入り込んだゴミを掻き出すエッジークリーニングブラシ、床に落ちた細かなゴミも逃さない2本のデュアルアクションブラシ、強力な吸引力を誇るパワーリフト吸引の3つです。

それぞれのクリーニングシステムの性能の高さを生かして、ゴミをしっかり吸い取ってくれます。

センサーを活用してキレイになるまで掃除

“ルンバ”は、よく汚れる場所をセンサーで感知しキレイになるまで集中的に掃除してくれます。

ダイニングテーブルの下など、気づかない食べこぼしでも、“ルンバ“が気づいてキレイにしてくれるのが魅力です。

場所を指定して掃除できる

“ルンバ”は、間取りや家具の配置などを学習し覚えることができるので、掃除する場所をピンポイントに指定できます。

また、ライフスタイルに合わせて稼働できるので、外出中や寝ている間など、好みのタイミングで掃除してもらえますよ。

ロボット掃除機“ルンバ”の全ラインナップと口コミ

ここからは、“ルンバ”の現在販売されている全機種と口コミをご紹介します。

どのような性能を持ったルンバなのか特徴と口コミを参考にして、自分に合った機種を探してみてください。

s9+

“s9+”は、見た目がスタイリッシュでとてもおしゃれです。

グッドデザイン賞を受賞しているので、目につく場所に収納しても室内の雰囲気を壊しません。

また、600シリーズに比べて40倍の吸引力を誇るので細かなゴミも吸い取ってくれて、カーペットの奥までキレイにしてくれます。

入ってほしくない禁止エリアの設定や、カーペットの上だけ掃除してほしいなどのピンポイントの指示も可能です。

新居への引越しを機に購入。何度か玄関の上がり框で立ち往生してましたが、立ち入り禁止エリアに設定して問題なく運用しています。騒音は強モードではかなりのもので夜間は使用が厳しいと感じます。スマートマップで各部屋に名前をつければ任意の部屋、区画のみ掃除してくれるのが便利。

出典:Amazon/WTさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

i7シリーズ

i7シリーズは室内の環境を学習して、効率よく掃除をします。

こちらのシリーズにはi7+とi7があるので、それぞれの特徴をご紹介します。

i7+

“i7+”は、“ルンバ”内のゴミの処理をする必要がなく、吸い取ったゴミは自動でクリーンベース内に取り込んでくれます。

また、“ブラーバ”との連携も可能でiRobot HOME アプリがあれば、どこにいてもスマホから“ルンバ”に指示を出せます。

もし、掃除中にバッテリー残量が少なくなっても、自分でホームベースに戻り充電してから、残りの箇所を掃除するので、中途半端で終わることもありません。

学習能力が高いです。1日でお部屋を覚えてくれます。絨毯の模様で分かって頂けるかと思います。携帯で掃除する時間、部屋をコントロール出来るので不在の時に毎日掃除してくれます。

出典:Amazon/Macさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

i7

“i7”と“i7+”の違いは、ゴミをクリーンベースまで吸い上げてくれるかどうかです。

“i7+”は吸い上げてくれるのでゴミ処理の手間を省くことができますが、“i7”は吸い上げてくれないのでダスト内のゴミは自分で処理する必要があります。

しかし、その分“i7+”より価格が抑えられており、吸引力など掃除機としての性能に違いはないので、ゴミ処理を自分でしても良いと考えている方にはおすすめです。

他で2週間レンタルを体験してみて、よかったので購入しました。音の大きさは普通の掃除機ぐらいかと思います。マットを敷いている場所で、少し引っかかってもめぜずに、ガンガン進んでお掃除してくれます。すごい!配線も乗り越えます。アプリのマップ履歴でどこをお掃除したか、どこにゴミがあったかがわかります。とても助かってます。買って良かった!

出典:楽天/tam9122さん


Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

i3シリーズ

i3シリーズは、ゴミ捨てまで自動で行ってくれるとても便利な機種です。

こちらのシリーズもi3とi3+があるので、どちらが自分に合っているか検討してみてください。

i3+

“i3+”は、スマートスピーカーに対応しているので、声をかけるだけで掃除を開始してくれます。

手が離せない忙しいタイミングでも「掃除して」と声で指示が出せるのはとても便利です。

また、最大60日分のゴミを自動でクリーンベースに取り込み可能。ゴミの処理という家事を一つ減らすことができます。

だいぶ掃除が楽になりました。吸い込む時の音は大きいですが助かります。朝イチで7時にアラーム代わりにセットして、自分もやる気になって一緒に掃除してます。

出典:Amazon/alohaさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

i3

“i3”は、“i3+”のゴミのクリーンベースへの取り込み機能を搭載していない機種で、価格が抑えられています。

吸引力やブラシなどの性能は“i3+”とほぼ変わらないので、価格を抑えてルンバを導入したい方におすすめです。

自身が身障者になり、従来の掃除機を使うのがしんどくなり、ルンバを購入した次第です。多少の段差をも乗り越えられるパワーがあるのが気に入りました。我家のお風呂場のドアが空いた状態になっていたので、洗い場までお掃除してくれました。(段差をも乗り越えられるパワーにビックリ

出典:Amazon/仮名にしてくださいさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

e5

“e5”は、ダスト容器が水洗いできるのでいつでも清潔に保つことができ、ゴム製のデュアルアクションブラシで細かなゴミまでキレイに掃除してくれます。

600シリーズと比べて吸引力も5倍にアップし、目に見えないゴミまで強力に吸引してくれるので、安心して掃除を任せることができます。

約45㎡の1LDKの部屋で毎日使用しています。スマホでスケジュールを組んで、仕事中に掃除をしてくれるので非常に助かっています。どこから持ってきたんだって位にホコリやごみを吸い取ってくれます。たまに充電ドッグにたどりつけない事もありますがそこも含めて可愛い存在です。ルンバが通れるようにと床に物を置かない習慣もつき、一石二鳥です。

出典:Amazon/hiroさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ルンバ 693

“ルンバ 693”は、デュアルアクションブラシが2本ついているので、髪の毛やペットの毛なども掻き出して吸引。

センサーで段差を感知するので、落下することもなく自動でルートを変更します。

初めてのお掃除ロボット購入ですが、思っていた以上にゴミが取れて感動しました。一度、堀こたつの敷物に絡まり中に落ちましたが、大丈夫でした。音も、そんなに気になりません。ただ、毎回のゴミ出しが面倒です。でも、細かい埃を見ると→毎日使いたくなります。

出典:楽天/購入者さん

楽天市場
Yahoo!ショッピング

ロボット掃除機“ルンバ”の機種別比較表

s9+ i7+ i7 i3+ i3  e5 693
おすすめの間取り 5部屋以上 3部屋以上 1〜2部屋
適した床材 ラグ、カーペット、フローリング フローリング
ゴミ捨て頻度 数ヶ月に1回 使用後毎回 数ヶ月に1回 使用後毎回
おまかせ度 間取りの自動学習、清掃履歴をマップで確認、スケジュール設定 清掃履歴をマップで確認、スケジュール設定 スケジュール設定
床ふき ブラーバジェット m6と連携が可能 ×
ペットを飼っている家におすすめ ペットの毛が絡まりにくいゴム製のブラシ ×

『iRobot』の床拭きロボット“ブラーバ”もチェック

せっかく“ルンバ”を導入するなら、一緒に床拭きロボット“ブラーバ”の導入も検討することをおすすめします。

“ブラーバ”は“ルンバ”と一緒に使うことで、より快適な生活へと導いてくれる床拭き用のお掃除ロボットです。

ここでは、“ブラーバ”の特徴とラインナップ、口コミをご紹介します。

床拭きロボット“ブラーバ”の特徴

ブラーバには、4つの特徴があります。

角まで届くエッジデザイン

“ブラーバ”は、形が四角なので壁際などの角にぴったりフィットします。

そのため、部屋の四隅もピカピカに拭き取ることができます。

水拭きとから拭きを選べる

“ブラーバ”は、水拭きと乾拭きを選択できます。

そのため、濡らしたくないけど拭き取り掃除はしたい場所と、しっかり水拭きしたい場所のどちらにも使うことができます。

障害物を感知しカーペットを濡らさない

“ブラーバ”は、自動で障害物を感知します。

そのため、カーペットのある場所や段差などは回避して掃除可能。

拭き掃除できない場所も自分で避けてくれるので、非常に便利です。

“ルンバ”と連携できる

“ブラーバ ジェット m6”は、“ルンバ”と連携できます。

“ルンバ”の稼働が終わると、自動で“ブラーバ ジェット m6”が掃除を開始。

“ルンバ”で細かなゴミまで取り除き、“ブラーバ”で油汚れなどを拭き取ることで、ピカピカの床を毎日維持できます。

“ブラーバ”の現行機種ラインナップと口コミ

ここからは、“ブラーバ”の現行機種と口コミをご紹介します。

機能と口コミを参考にしながら、どの“ブラーバ”を導入すれば良いか検討してみてください。

ブラーバ ジェット m6

“ブラーバ ジェット m6”は、“ルンバ”と連携が可能。

“ルンバ”と連携することにより、床をより清潔に保つことができます。

また、家の間取りを学習するスマートマッピングや、最適な清掃の提案、2つの清掃モードなど、機能も十分に備わっています。

掃き掃除よりも、ふきそうじのほうが大変ですが、ブラーバは水拭きもやってくれるので助かっています。洗面所の下などモップでは体をかがめないといけないところも、モソモソと動いてくれます。購入後5回くらい使っていますが、今のところ隅々まできれいにしてくれています。

出典:楽天/げん0128さん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ブラーバ ジェット 250

“ブラーバ ジェット 250”は、四角く厚みが薄いので、壁際や家具の下なども掃除できます。

また、障害物を感知できるので家具やカーペットなどを避けて動き、ジェットスプレーでベタつきやザラつきなどの汚れを浮かせて拭き取ります。

床がサラサラ、裸足が気持ち良い!ルンバに比べて、小回りが効き、真面目?な印象。ステーションがないため、収納が必要ですが、ニトリのインBOXにシンデレラフィット。付け替えシート10枚と一緒に収納しています。

出典:Amazon/K_0721さん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ブラーバ ジェット 390j

“ブラーバ ジェット 390j”は、フローリングやタイル、クッションフロアなどの床に対応。

また、専用の床用洗剤を使用することで、より汚れを落とし爽やかな香りが部屋を満たしてくれます。

付属の「NorthStarキューブ」を使うと、部屋の形や家具の位置などをより正確に把握するので、無駄なく掃除できます。

非常に良い。毎日負担なく使うことができる。音については、生後3ヶ月の子供が寝ているときにかけても目を覚まさないくらい静か。メンテナンスについても、他の機種と異なり、クイックルワイパーなど市販のウェットシートを使えるので楽。付属の雑巾を使うケースでも雑巾を洗って干す程度と、ルンバと比べた場合にメンテは非常に楽でストレスがかからない。肝心の水拭きも、きちんと落ちる。水拭きモードの方が落ちるので、子供たちの食後、テーブル下を拭くときに向いている。乾拭きモードでウェットシートを使う場合は、埃集めと合わせて軽めにかけたいときにちょうどいい。もちろん、全部をきれいにはふけないものの、家の中の8〜9割くらいは、ブラーバで拭けるようになったので、時短になってる。

出典:Amazon/あまぞねすさん

Amazon

“ルンバ”と“ブラーバ”をレンタルできる「Robot Smart Plan+」もおすすめ

“ルンバ”や“ブラーバ”を導入したい、と思っても高価なので躊躇してしまうという方もいるのではないでしょうか。
そこでおすすめなのが、「Robot Smart Plan+」という“ルンバ”と“ブラーバ”をレンタルできるサービスです。

お試しで使ってみたい、高い買い物なので失敗したくないという方はぜひ参考にしてください。

「Robot Smart Plan+」とは

「Robot Smart Plan+」には、「おためし2週間」プランと「あんしん継続」プランがあります。

「おためし2週間」は、対象モデルが全て2週間1,980円でおためしできるプランです。まずは2週間使ってみることで、自宅の間取りに合う機種や性能を体験できます。

「あんしん継続」は、月額料金で“ルンバ”や“ブラーバ”が使用可能。もし気に入らなければ最短6ヶ月で返品できるので、購入するより気軽に導入できます。

「Robot Smart Plan+」の対象製品とレンタル価格

「おためし2週間」の対象製品とレンタル価格は、以下の通りです。

対象製品 レンタル価格(税込)
ルンバ i3+ 1980円
ルンバ i3 1980円
ルンバ i7+ 1980円
ルンバ i7 1980円
ルンバ e5 1980円
ブラーバ m6 1980円

一方、「あんしん継続」の対象製品とレンタル価格は、以下のようになっています。

対象製品 レンタル価格(税込)
ルンバ s9+ 5480円
ルンバ i7+ 4180円
ブラーバ m6 2180円
ブラーバ 390j 1650円
ブラーバジェット 250 980円

「Robot Smart Plan+」申し込みの流れ

「おためし2週間」「あんしん継続」のどちらでも、申し込み方法は同じです。

  1. 「おためし2週間」もしくは「あんしん継続」の対応機種の中から導入したい機種を選択
  2. 「お申し込み」ボタンから申し込みをする
  3. 「お届け日」を選ぶ
  4. 「いますぐレンタル予約」ボタンを押す
  5. 「カートに追加」ボタンを押す
  6. 「レジに進む」ボタンを押す
  7. 決済して完了

『iRobot』の“ルンバ”とロボット掃除機デビューしよう!

“ルンバ”にはさまざまな便利機能があり、導入すると格段に掃除が楽になること間違いなし。

特に、忙しくて掃除の時間をとりにくい方、ペットを飼っている方、小さなお子様をお持ちの方におすすめです。

また、“ブラーバ”も合わせて導入するとより部屋を清潔に保つことができるので、“ルンバ”と一緒に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考:iRobot: アイロボット公式サイト

ロボット掃除機【2022年最新】ロボット掃除機おすすめ人気11選|選び方と目的別おすすめ機種も 【2022年最新】『アンカー(Anker)』のロボット掃除機を徹底比較!特徴・全ラインナップをご紹介

ご紹介した『irobot』の掃除機一覧

araou編集部

本記事でご紹介した記事は、以下の通りです。商品名をクリックすると商品紹介にジャンプします。

【ルンバ】
s9+
i7+
i7
i3+
i3
e5
693

【ブラーバ】
m6
250
390j