野球ユニフォームの泥汚れを落とす洗濯方法!靴下や帽子もまとめてきれい!

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

たかこ

野球のユニフォームは、スライディングで泥だらけになることも多く、洗濯の際、泥汚れや汗の臭いがなかなか取れず苦労しますよね。そんなしつこい泥汚れを落とし、ユニフォームをきれいに保つ方法を詳しくご紹介します。

ユニフォームを洗濯する前の準備

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

野球のユニフォームに付く汚れは、泥・皮脂汚れ・汗の3種類が基本です。皮脂汚れは油に、汗汚れは水に溶ける性質があるため、この2つは通常の洗濯でも落ちます。

しかし、泥汚れは油や水に溶けず、繊維の奥に入り込むため落ちません。毎日ゴシゴシ洗っても、汚れが落ちないと大変ですよね。しかし、洗濯機に入れる前にきちんと準備をすれば泥汚れはきれいになります。是非試してみてくださいね。

洗濯表示を確認

洗濯表示は、2016年12月1日に改正されました。どのような変更があったか、ポイントをご紹介します。

    (旧)洗濯表示

  • 洗濯について
  • 洗濯機マークが描かれていれば洗うことができ、手洗いと書いてあれば手洗いをする必要があります。数字は水温の限度を意味します。

  • 漂白について
  • フラスコにバツがついていると塩素系漂白剤が使用できません。また、酸素系漂白剤についての記載はありません。

  • 乾燥機使用について
  • 別途、タンブル乾燥についての記載があります。

  • 乾燥について
  • 洋服マークの右下に3本線が入っている場合、陰干しが必要です。

    (新)洗濯表示

  • 洗濯表示について
  • 洗濯桶にバツがついてなければ、家庭で洗うことができます。桶の下に1本線があるときは洗濯機の通常モードで、2本線があるときは洗濯機の「弱水流コース」又は「手洗いコース」など衣類に優しいコースで洗います。桶に手が入っているマークだと手洗いで洗う必要があります。また、数字は水温の限度を意味しています。

  • 漂白について
  • 三角形のマークに何も書いてないときは塩素系や酸素系漂白剤が使用でき、2本線が入っている場合は酸素系漂白剤のみ使用できます。なお、三角形にバツがついている場合は、塩素系・酸素系漂白剤ともに使用不可です。

  • 乾燥機使用について
  • 四角の中に丸が描かれた乾燥機マークに、点が2個書いてある場合は、乾燥時の槽内温度は80度まで、点が1個の場合は槽内温度は60度までとなります。また、バツがついていると乾燥機は使えません。

  • 乾燥について
  • 正方形の左上に斜線が1本ある場合、陰干しが必要です。

子供に同じ少年野球チームの人から譲り受けたユニフォームを着ているなどする場合は、改正前の洗濯表示が用いられていることもあります。どちらのタイプの洗濯表示であっても適切な方法で洗い、ユニフォームを長持ちさせましょう。

泥汚れをはたき落とす

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

泥汚れをはたいて落としておくと、頑固な泥汚れが取れやすくなります。雨の日で濡れてしまった泥汚れであっても、一度乾かしてからはたき落とすと良く落ちます。そのあと洗濯ブラシで優しくブラッシングすると、さらにきれいになりますよ。

予洗い

泥汚れがひどい部分に粉末洗剤もしくは固形洗剤を塗り込みます。裏からシャワーを当て、泥をかき出しておくと、その後の洗濯が楽になります。

ユニフォームの洗濯の方法

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

  • STEP.1
    ズボンのファスナーを締めて洗濯機に入れる
    縦型洗濯機であれば、1番下に入れると良いでしょう。1番下は最も洗浄力が高いため、汚れが落ちやすくなるからです。また、刺繍やプリントがある上着は、裏返して洗濯ネットに入れると傷みにくくなります。
  • STEP.2
    脱水後はすぐに干す
    ズボンは裏返して、ウエスト部分が筒状になるようピンチを複数留めて干すと、早く乾きます。なお、濃い色のユニフォームは陰干しをすると、色落ちを防げますよ。

ユニフォームと一緒に着るアンダーシャツや靴下も汚れがいっぱい

アンダーシャツ

ユニフォームの下に着るアンダーシャツは、泥汚れは付かなくても汗や皮脂でいっぱいで、放っておくと臭いが気になってきます。洗濯表示を確認して、酸素系漂白剤が使用可能であれば、つけ置き洗いがおすすめです。

  • STEP.1
    アンダーシャツを洗濯ネットに入れる。
  • STEP.2
    桶にお湯を入れ、規定量の粉末洗剤(なければ液体洗剤)と酸素系漂白剤を入れる
  • STEP.3
    1を洗濯ネットごと浸して、2時間程度つけておく。
  • STEP.4
    洗濯ネットごと洗濯機に入れる。
  • STEP.5
    脱水後は、裏返して陰干しをする。濃い色のアンダーシャツは色落ちしやすいため陰干しがおすすめです。

靴下

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

ユニフォーム同様泥汚れがひどい靴下も、予洗いすることが重要です。

  • STEP.1
    靴下をはたいて泥や砂を落とす。
  • STEP.2
    黒ずんだ部分を粉末洗剤又は固形石鹸と酸素系漂白剤を塗り込む。
  • STEP.3
    軽くすすいで洗濯機に入れる。
  • STEP.4
    洗剤と酸素系漂白剤を入れて洗濯機を回す。
  • STEP.5
    脱水後後、つま先部分にピンチを留めて逆さに干す。はき口のゴムが伸びやすいため、つま先をつまんで干すと伸びるのを防げます。

アンダーストッキング

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

アンダーストッキングは、ウールやアクリルなどの繊維でできているため、靴下のようにジャブジャブ洗えません。おしゃれ着用洗剤を使用して優しく手洗いしましょう。

  • STEP.1
    アンダーストッキングをはたいて泥や砂を落とす。
  • STEP.2
    黒ずんでいる部分におしゃれ着用洗剤をつけてなじませる。
  • STEP.3
    桶にぬるま湯と規定量のおしゃれ着用洗剤を入れて、押し洗いをする。
  • STEP.4
    桶の水を替えて洗剤が残らないようすすぐ。
  • STEP.5
    タオルを巻いて優しく脱水する。
  • STEP.6
    陰干しをする。濃い色のアンダーストッキングは、色落ちしやすいため陰干しをしましょう。

帽子

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

帽子もユニフォームと同様、皮脂汚れや泥汚れがたくさんつきますよね。洗濯表示を確認して洗えることを確認できたら、丁寧に洗ってあげましょう。なお、型崩れを防ぐためには手洗いがおすすめですよ。

  • STEP.1
    帽子をはたいて泥や砂を落とす。
  • STEP.2
    黒ずんでいる部分に粉末洗剤または固形石鹸と酸素系漂白剤を塗り込む。
  • STEP.3
    桶にお湯と規定量の洗剤を入れて、優しく押し洗いをする。
  • STEP.4
    桶の水を替えて洗剤がなくなるまですすぐ。
  • STEP.5
    桶に水と規定量の柔軟剤を入れて、押し沈める。柔軟剤を使用することで、臭いがつきやすい帽子の消臭・防臭ができます。
  • STEP.6
    さらにすすいでタオルで脱水する。
  • STEP.7
    形を整えて干す。

泥汚れにおすすめの洗剤

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

これからご紹介するもののうち、アタックとウタマロ石けんはドラッグストア等で購入可能ですが、その他の泥汚れ専用洗剤は店頭に置いてあることは少ないため、インターネットも確認しましょう。

泥汚れは、油にも水にも溶けない特殊な汚れです。部活動で使う場合は毎日洗わなければいけないことを考えると、少し値段が高くても、つけ置きなど簡単な作業で汚れがきれいになる、ユニフォーム専用・泥汚れ専用の洗剤がおすすめです。

なお、ユニフォームは白いものが多く、専用洗剤には白く見せるための蛍光剤が配合されていることが多いです。ユニフォームが淡い色の場合、専用洗剤を使うと色あせしてしまうため注意しましょう。

【花王】アタック高浸透リセットパワー(粉末)

漂白剤の「ワイドハイター EXパワー」と共同開発した除菌・消臭成分が配合されており、野球のユニフォームに付着した手強い汚れや黄ばみをパワフルに洗浄します。また、99%の除菌ができ、部屋干し臭を防ぎます。蛍光剤・漂白剤・柔軟剤配合のため、白いユニフォームならきれいに白くなりますよ。ただし、淡い色の場合は、色あせの可能性がありますので注意しましょう。香りはフレッシュフローラルです。

公式サイトはコチラ

【東邦】ウタマロ石けん

通常の洗濯では落ちにくい頑固な汚れに特化した、部分洗い用石けんです。基本的に全ての汚れが落ちるように作られた頼もしい商品で、洗濯前の予洗いに塗り込むだけできれいになります。石けんが衣類に馴染みやすいので、手で握って塗り込みやすいです。なお、ウタマロ石けんは蛍光剤配合のため、淡い色のユニフォームには向きません。淡い色のユニフォームには、中性で無蛍光の「ウタマロリキッド」を使用しましょう。

また、ウタマロ石けんは固形のため置き場所に困ることも多いでしょう。そんなときは、石けん置きを購入して設置するか、キューブ状に切ってガラス瓶に入れておくなどするとおしゃれに見えますし、残った石けんが水によってベトベトにならずに置いておけますよ。

公式サイトはコチラ

【矯正協会 刑務作業協力事業部】ブルースティック

ユニフォームなどの泥汚れもすっきり落とせる部分汚れ用の洗濯石鹸です。スティックタイプで握りやすく、狭いところや細かいところにも塗り込みやすいのが魅力です。蛍光剤不使用なので淡い色のユニフォームにも使用できます。また、ブルースティックは刑務所作業製品です。そのため店頭に並ぶことは稀ですが、インターネットでは購入できるため、チェックしてみましょう。

公式サイトはコチラ

【きれい研究所】茂木和哉 泥汚れZ

茂木和哉さんという方が開発した、泥汚れ専用のつけ置き洗剤です。ユニフォームをゴシゴシ洗わなくても、洗剤を入れて水につけておくだけできれいになります。泥汚れは水にも油にも溶けませんが、この洗剤は繊維の奥に入ってしまった泥を、高濃度の酵素で分解して洗います。また蛍光剤不使用なので、淡い色のユニフォームにも使えます。

【ミマスクリーンケア】バイオ濃厚洗剤ポール(酵素配合)

脅威の洗浄力から、大さじ1杯でユニフォームの泥汚れをきれいにしてくれます。また、低泡性のため泡切れが良く、すすぎが簡単に終わります。ただし、蛍光剤配合のため淡い色は色落ちしますので注意しましょう。

公式サイトはコチラ

【泥スッキリ本舗】泥スッキリ303

野球少年を子に持つ母親が紹介するほど泥汚れが落ちる洗剤です。泥のような不溶性の汚れに効果的で、酵素・ビルダー・界面活性剤の3つの力できれいにします。つけ置き時間も短く済むので、時間をかけずに洗濯することができます。また、泥汚れの種類によって適した洗剤があるのが魅力です。ユニフォームの泥の種類を確認してから購入しましょう。ただし、増白剤配合のため淡い色のユニフォームは色落ちしてしまうため注意しましょう。

  • 泥スッキリ101
  • 小中高生の体操服や上履きなどの泥汚れ向き

  • 泥スッキリ303
  • 野球のユニフォームなどに付く黒土のひどい泥汚れ向き
    (テレビや雑誌「VERY」でも紹介)

  • 泥スッキリ305
  • 赤土による汚れ向け

  • 泥スッキリ515
  • 肌にやさしく敏感肌の方向け

公式サイトはコチラ

【エスエスクリーン】泥汚れ専用洗剤 ドロンパ

泥汚れ洗剤の中でも値段が安く、コスパを求めるならこの商品がおすすめです。ただし計量スプーンが入っていないため、ご家庭で用意してください。広告・パッケージ・計量スプーンなどの費用を抑えることで、業界トップの安さを実現しています。

値段が安くても、その実力は本物です。オリジナル酵素で泥汚れを徹底的にはがすため、プロのクリーニング店も脱帽するほどの汚れ落ちです。ドロンパをお湯に溶かして、ユニフォームを揉み込み1時間もつけておけば、汚れがすっきり落ちますよ。なお、蛍光剤配合のため淡い色のユニフォームは色落ちのおそれがあります。

公式サイトはコチラ

【Life Next (ライフネクスト)】泥汚れ専用洗剤 レギュラー

元プロ野球選手の真木将樹さんが開発した洗剤です。泥汚れや血液・皮脂汚れがきれいになり、除菌消臭にも効果があります。香りはさっぱりとした柑橘系ですよ。メーカーが少年野球のお母さんたちにアンケートをとったところ、ほとんどの方はごしごし洗っているそうです。しかし、プロ野球選手のユニフォームはいつもきれいですよね。そこで、プロ野球球団のユニフォームを洗濯する際に使われていた業務用洗剤を製造している会社からアドバイスを受け、開発されたのがこの洗剤です。

洗い方は簡単で、お湯に洗剤を溶かして混ぜ、1時間程度つけておくだけでです。擦り洗いの必要がなく、業務用のため確かな汚れ落ちが期待できますよ。ただし、増白剤配合のため淡い色のユニフォームは色落ちするため注意が必要です。

公式サイトはコチラ

【UNIX(ユニックス)】野球・ユニフォーム専用洗剤 スーパーせんたくん

頑固な汚れをスーパー除去剤で分解し、黒土・赤土・泥汚れをきれいにしてくれます。ただし、増白剤使用のため淡い色は色落ちするため注意してください。

野球ボールがきれいになる便利グッズ【イケモト】ボールクリーナーブラシ 軟式球専用

ボールは、一つひとつ手拭きできれいにしていることが多いと思いますが、このブラシならボールの球体にぴったり合うため、汚れを一気に掻き出せます。ボールの溝に溜まった取りにくい土や汚れも、毛が入り込んでしっかり落とせるので、ボールが簡単にきれいになります。

公式サイトはコチラ

ユニフォームを持ち帰る子供にやってほしいことリスト

野球のユニフォームの泥汚れを落とす方法

子どもが自分で洗濯してくれたら嬉しいですが、難しいのが現状です。それでも以下のリストだけでもやってくれると、お母さんの洗濯が楽になりますね。

ユニフォームをかばんに入れる前に泥をはたく

事前に泥をはたいてくれるだけで、汚れがぐっと落ちやすくなります。

使い終わったユニフォームはビニール袋に入れる

直接カバンに入れてしまうと、カバンまで砂だらけになってしまいます。

帰ったらすぐ洗濯できるようにする

そのまま置いておくと汚れがどんどん落ちにくくなります。帰宅後、泥を乾かすために干してからはたき、またすぐに洗う場合はつけ置きをしておくと、洗濯が楽になります。

泥汚れは子供が野球で頑張っている証拠!きれいにしてあげて子どもを応援しよう!

ユニフォームにたくさん泥がついているのは、ボールを取りに行ったり、スライディングしたりと、頑張った証拠ですよね!次の野球も気持ち良くできるようにユニフォームをきれいにして、応援してあげましょう!

泥泥汚れの落とし方を知って靴や衣類をきれいに!おすすめグッズ6選はこちら